IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアにおすすめの転職サイト10選|サイトを選ぶ時のポイント7つ

職種研究

エンジニアになるためには、転職サイトを利用することをおすすめします。転職サイトでもエンジニアに関する求人に特化している転職サイトを利用することで、効率よく転職活動を行うことができます。ここでは、エンジニアに特化した転職サイトを紹介しています。

更新日時:

エンジニアとは

エンジニアの仕事とは、さまざまなプログラムを作成する業務の職種のことを示しています。しかし、エンジニアにはプログラミング以外にも行わないといけない業務が多数あるため、そのほかのスキルも身につけておく必要があります。 エンジニアは、経験者であれば有利に転職することができます。また、需要が高まっている職種でもあるため、多くの求人情報が紹介されているという特徴もあります。

エンジニアの職種

エンジニアはさまざまな職種に分けることができ、職種の違いによって行う仕事内容が変わってきます。自身にあったエンジニアの職種を知ることで、理想的な企業に転職することが可能です。 ITエンジニアやネットワークエンジニアなどに分けることができ、プログラミングをする大まかな仕事内容は同じですが、作成する商品が違います。エンジニアとして活躍したい場合は、あらかじめどのような職種があるのか知ることが大切です。

エンジニアにおすすめの転職サイト10選

エンジニアにおすすめの転職サイト10選

エンジニアに転職する際には、転職サイトを利用することをおすすめします。転職サイトでは多くの求人情報が取り扱われている特徴があり、手軽に求人情報を閲覧できるメリットがあります。 次に、エンジニアに転職する際におすすめの転職サイト10選を紹介します。多くの転職サイトが存在している中、エンジニアの求人に特化した転職サイトを知りたい人は参考にしてください。利用する転職サイトによって転職活動に影響が出ます。

エンジニアにおすすめの転職サイト1:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートキャリアが運営している転職サイトであるため、信頼性が高く、安心して利用することができます。また、全体的に幅広い職種の求人が紹介されているため、エンジニアの求人も探すことが可能です。 信頼できる転職サイトを探している人におすすめです。また、スカウトメール機能を利用することができますので、転職活動の負担を軽減したい人は利用してみてはいかがでしょうか。

エンジニアにおすすめの転職サイト2:マイナビ転職

マイナビ転職では、さまざまなエンジニアの職種の求人を紹介しているため、エンジニアを目指している人におすすめです。また、首都版のマイナビ転職を利用することで、東京都周辺の求人に絞って探すことができ、便利性も非常に高いです。 大手転職サイトでもあるため、紹介されている求人情報に対して信頼することができ、ブラック企業のような企業に転職してしまうリスクがありません。

エンジニアにおすすめの転職サイト3:doda

dodaでは、専門のキャリアアドバイザーが用意されているため、転職の際に発生する不安や疑問を解決してくれます。初めて転職する際に疑問や不安を抱きやすいため、初めて転職活動をする人におすすめの転職サイトです。 また、それぞれの職業に精通したアドバイザーが用意されていることで、専門的な質問にも的確に対応してくれるため、安心して転職活動を行うことが可能です。

エンジニアにおすすめの転職サイト4:Fabank

Fabankはウェブやゲーム業界に特化した転職サイトです。ウェブやゲーム関係のエンジニアになりたい人におすすめします。また、正社員はもちろんですが、派遣社員やアルバイトなどの雇用形態の求人を幅広く取り扱っている特徴があります。 エンジニアとして働く場合は正社員が一般的なイメージがありますが、最近では派遣やアルバイトのエンジニアも増えている傾向があります。好みの雇用形態で働いてみてはいかがでしょうか。

エンジニアにおすすめの転職サイト5:EN:TRY

EN:TRYは、エンジニア未経験者におすすめの転職サイトです。エンジニアに転職する際に、未経験では内定をもらえる可能性が低くなりますが、EN:TRYを利用することでエンジニアに求められている知識やスキルを身につけることが可能です。 未経験であることでエンジニアになることを諦めてしまう前に、EN:TRYを利用してエンジニアになることに挑戦してみましょう。

エンジニアにおすすめの転職サイト6:Green

Greenでは、IT関係やウェブ関係のエンジニアの求人を多く紹介している特徴があります。また、掲載している求人数が豊富であるため、他の転職サイトでは閲覧することができなかった求人情報とも出会うことが可能です。 多くの求人情報と出会うことで、より自身にあった企業と出会える可能性を高めることができ、理想の企業で働くこともできます。他の転職サイトと併用して登録してみましょう。

エンジニアにおすすめの転職サイト7:paiza転職

paiza転職では他の転職サイトとは特徴が大幅に異なるため、違う方向から転職活動をしたい人におすすめの転職サイトです。paiza転職では、コードを記入することで企業側に自身の能力をアピールすることができ、選考なしで採用されることも珍しいことではありません。 実力がある人が利用することで転職活動を効率よく進ませることができます。また、コードを入力する場合は、自身のスキルアップ方法としても活用可能です。

エンジニアにおすすめの転職サイト8:ビズリーチ

ビズリーチはハイクラスの求人を取り扱っている転職サイトであるため、高年収を目的にエンジニアになりたい人やキャリアアップしたい人におすすめの転職サイトです。 しかし、求人者が気に入った企業に応募する方法ではなく、スカウトだけで選考する仕組みを採用しているため、求人者にとっては適さない場合もあります。早期に転職先を見つけたい人は他の転職サイトを利用しましょう。

エンジニアにおすすめの転職サイト9:hello world

hello worldでは、求人者自身が企業に応募することもできますが、スタッフの方にある程度おすすめの企業に絞ってもらうことも可能です。 また、スタッフの人と相談しながら応募する企業を決めることもできるため、転職活動に慣れていない人でも安心して転職活動を行うことができます。 ITエンジニアやプログラマーの求人情報しか紹介されていないため、エンジニアになりたい人にまず登録してほしい転職サイトです。

エンジニアにおすすめの転職サイト10:FOSTER CAREER

FOSTER CAREERでは、エンジニアに求人情報を多数紹介しているだけではなく、自身の市場価値を把握し、さらに高めることも可能な転職サイトです。そのため、自身の市場価値を知りたい人や、市場価値を高めたい人は利用してみてはいかがでしょうか。 市場価値を把握することで適した転職活動を行うことができ、早期に理想的な企業に入社することもできます。無料で市場価値を確認でき、お得感が強いです。

転職サイトを選ぶ時のポイント7つ

転職サイトを活用することで効率よく転職先を決めることができますが、正しい選び方をしないと逆に効率が悪くなってしまうこともあります。そのような状況にならないためにも転職サイトの選び方を把握しておきましょう。 次に、転職サイトを選ぶポイントを7つ紹介します。転職サイトはそれぞれ特徴があるため、利用する転職サイトの違いによって転職活動の結果にも影響が出てしまいます。

転職サイトを選ぶ時のポイント1:サポート体制がしっかりできているか

転職サイトを選ぶ時のポイント1:サポート体制がしっかりできているか

転職サイトを利用する際にサポート面が充実しているかを確認することが必要です。紹介している求人情報の数が多くてもサポート面が欠けていると利用している最中に不安になってしまい、快適に転職することができません。 例えば、有料の転職サイトを利用したものの転職に失敗してしまった際に、利用料金が返還されるサポートが行われていれば安心して利用することが可能です。サポートの充実さは、公式サイトで確認できます。

転職サイトを選ぶ時のポイント2:対応能力があるか

転職サイトを選ぶ時のポイント2:対応能力があるか

転職サイトの対応能力の高さの違いによって、理想の転職先に入社できるかに影響されてしまいます。求人者は理想の転職先を選び、応募する権利がありますが、対応能力に乏しい転職サイトでは提示した企業を紹介できない可能性があります。 そのような転職サイトを利用していては求めている企業に妥協してしまい、本来働きたい条件の企業に転職できなくなってしまいます。要望に応えてくれない場合は利用をやめましょう。

転職サイトを選ぶ時のポイント3:求人の多さ

転職サイトを選ぶ時のポイント3:求人の多さ

転職サイトを選ぶポイントで、求人数の多さは重要度が高い要素です。紹介している求人数の数が少ないと企業を選ぶ幅も狭まってしまい、適した企業に転職できない可能性が出てきます。 そのような状況にならないためにも、求人数が多い転職サイトを利用することをおすすめします。多すぎで困ることはないため、紹介している求人数が少ないより多いほうが圧倒的におすすめの転職サイトである特徴です。

転職サイトを選ぶ時のポイント4:求人の質のよさ

上記では求人数が多い転職先がおすすめであることを紹介しましたが、紹介している求人の質の高さにも注目しましょう。求人数が多くても質が悪い求人ばかり紹介している転職サイトはよい転職サイトとはいえません。 質がよい求人に転職することができれば、充実したワークライフを送ることもできます。ブラック企業に転職してしまうリスクも求人の質に大きく影響されるため、質のよしあしについての知識を身につけましょう。

転職サイトを選ぶ時のポイント5:独自の支援サービスがあるか

転職サイトを選ぶ時のポイント5:独自の支援サービスがあるか

独自の支援サービスを行っている転職サイトでは、効率よく転職活動を行うことができるため、早期に転職できる可能性があります。独自のサービスは転職サイトごとに異なりますが、キャリアアドバイザーを常駐させているサービスが一般的でもあります。 また、ある職種に特化した転職サイトでは、未経験者でも入社できるようにさまざまな授業を受講することができ、知識を蓄えることが可能です。

転職サイトを選ぶ時のポイント6:転職事例があるか

転職事例が多くある転職サイトは、多くの求人者を転職させた証拠でもあるため、利用することで転職できる可能性を高めることができます。また、転職事例があれば転職サイトを信頼することもでき、安心して転職活動を行うことが可能です。 応募する企業で内定をもらえる可能性を知りたい人も多くいるのではないでしょうか。転職事例を参考にすることで、応募する企業の内定率を大まかに認識することができるようになります。

転職サイトを選ぶ時のポイント7:口コミを見る

転職サイトを選ぶ時のポイント7:口コミを見る

口コミは実際に利用した人の意見であるため、信ぴょう性が高く、信頼できる情報でもあります。口コミは転職サイトを利用するか悩んでしまった際に参考にするようにしましょう。口コミがされている全体的の評価を知ることで、利用者からの評判を知ることも可能です。 また、口コミの内容を分析することも大切ですが、口コミの数にも注目しましょう。口コミの数が少ないと利用している人数も少ないため、利用を控えましょう。

転職サイトを上手く活用しよう

転職サイトを上手く活用しよう

転職サイトをうまく活用すれば理想的な雇用条件のエンジニアになることも可能です。転職サイトはパソコンやスマホがあればいつでも求人情報を閲覧できるメリットがあるため、ちょっとした合間にも転職活動をすることができます。 転職サイトを活用して転職活動を効率化してみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング