IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアにおすすめの転職サイト10選|転職のメリット・デメリット3つ

職種研究

今回は「エンジニアにおすすめの転職サイト10選|転職のメリット・デメリット3つ」と題して、「エンジニアにおすすめの転職サイト10選」についての詳細情報をはじめ、その際におすすめできる「転職のメリット・デメリット3つ」をご紹介します。

更新日時:

エンジニアとは?

エンジニアの職種全般においてよく言われるのが、エンジニアとして業務での必要なスキルというのは具体的に「テクニカルスキル(専門分野で発揮できる技術)」が高いことで、その上で対話スキル・人脈・起案スキルなども業務遂行の上で十分期待されることになります。 この場合のノルマ達成能力については、特定のタスクを課された上で「一定のノルマを遂行(達成)すること」が求められ、その点での構成力が課されます。

エンジニアにおすすめの転職サイト10選

さてここからは「エンジニアにおすすめの転職サイト10選」と題して、実際にエンジニアとして転職する際にかなり役立つ転職エージェントをご紹介します。転職エージェントは各自にとって必須のツールとなるのでぜひ活用しましょう。 転職に必要な手順については、まず「自己スキル・柔軟な能力の提示」を行った上で、希望する職場を着実にサポートしてくれる信用性の高いエージェントがおすすめです。

エンジニアにおすすめの転職サイト1:リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は基本的にエンジニア企業への転職に強い「リクナビエージェント」ですが、男女・年齢の差異を問わず、キャリアアップのみを目指すことに特化した転職エージェントです。実践的かつ安定した就活サポートが魅力です。 エンジニアとして転職する際に必要な情報・スキルアップを教え、「個別の能力やスキル」を企業ニーズに効果的に見合わせるための総合的なサポートに定評があります。

エンジニアにおすすめの転職サイト2:マイナビ転職

次は「マイナビ転職」ですが、この場合はやはりエンジニアとしてのITキャリアを十分生かしたIT企業への支援・サポートが特化してなされ、理想的で安定感のある職先を紹介してくれるでしょう。 エンジニアとしての実力を十分発揮できる職務を提示し、転職に必要な書類作成の順序や手順もしっかり教えてくれる上、IT向けサイト専門の支援がなされるでしょう。

エンジニアにおすすめの転職サイト3:doda

「doda」を利用する利点は「総合的なサポート力」の高い点で、未経験・中途採用者を問わず、この場合もエンジニア関連系の職種への内定率がかなり高い点にあると言えます。 エンジニアとして働く場合、「エンジニア系の関連企業」までをリサーチし、その場合に評価点となる「自己スキル・キャリア形成」に見合った職先への支援がスムーズになされます。ぜひ一度、検討しましょう。

エンジニアにおすすめの転職サイト4:キャリトレ

キャリトレの利点は「転職希望者の能力や条件によって求人情報を適宜変更して紹介してくれる点」で、通常のエージェントの使用法においてはかなり実践的なサポート力が約束される点です。 エンジニア系を含むIT関連企業への転職の場合でも、お役立ち情報が満載気味で、その情報提供力の高さ、サイトの利便性、さらに転職後の定着率が高まる支援によって高い人気が得られています。

エンジニアにおすすめの転職サイト5:マイナビエージェント

具体的にリクルート活動を行なう上では、かなり高評価なマイナビエージェントです。いわゆる「ハイクラス」の採用枠を強みとし、エンジニアへの転職を希望する場合では「大手企業のブランドを持つIT企業への転職」が理想的になされる傾向が見られます。 エンジニアとして働く際に必要な学歴・資格取得、企業ニーズを踏まえたエンジニアとしてのあり方を取り上げ、確実な前進を支援してくれる点に定評があります。

エンジニアにおすすめの転職サイト6:パソナキャリア

パソナキャリアの大きな特典は「一般の転職エージェントに比べて求人情報が充実している点」と、さらに転職アドバイザーが良質である点に見られるでしょう。この転職エージェントもエンジニア・IT向けのサイトです。 エンジニアとして働く際に必要なスキルを教え、転職後の生活安定・キャリア形成を想定し、「転職後の定着率」に十分配慮した転職斡旋がなされます。

エンジニアにおすすめの転職サイト7:ギークリー

このギークリーの魅力は「求人情報の破格の豊富」と「サポート力の充実性」に見られ、また「大企業・中小企業を問わずの多分野での就職情報」が満載している点になるでしょう。 サイト独自の利用についても利便性が高く、エンジニアとして転職する場合に必須のスキル・能力を簡潔に教えてくれます。かなり利便性の高い、画期的な転職エージェントになるため、ぜひ押さえておきましょう。

エンジニアにおすすめの転職サイト8:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」の大きな特徴・魅力は、円滑に活用することによって「自分の適職への近道を確実に探れる」といった成長型の転職エージェントで見られる点です。 エンジニアとして転職する場合に必須となるスキルを身に付けさせてくれる上、IT関連事情を十分把握しながら、実務キャリアの効果的な活用に徹底して教えてくれます。 常に転職状況を確認しておき、自分なりに必須の情報を確保しておきましょう。

エンジニアにおすすめの転職サイト9:マイナビエージェント×IT

次は「マイナビエージェント×IT」ですが、この場合でもIT分野でのキャリア形成を十分生かしたIT企業への支援・斡旋が評価され、充実して安定感のある職先を紹介してくれるでしょう。 エンジニアとしての実力を遺憾なく発揮できる職務を提示し、転職に必要な将来ビジョンの立て方もしっかり教えてくれます。この場合でも、IT向けサイト専門の支援がなされるでしょう。

エンジニアにおすすめの転職サイト10:ワークポート

年齢と問わず、また未経験・中途採用者の差異もほとんど問わない転職エージェント「ワークポート」です。IT企業への転職支援に定評があり、求職者が転職後も充実した生活内容・転職後の定着率の引き上げに尽力してくれます。 エンジニアとしての実務キャリアを効果的に生かしたPRを提案し、良質のアドバイザーのサポートによって円滑な活動が進められます。

転職サイトを選ぶ時のポイント5つ

一般的に転職サイトというのは、誰でも活用できる「転職希望者のサイト」であり、そのサイトに掲載されている転職(就職)情報に沿って就活(転職活動)を進めていく形になります。この点では普通の転職活動と変わりません。 この転職サイトに比べて転職エージェントというのは、「エージェント」という言葉「代理人・仲介者」を活用しつつ「就活・転職活動」を斡旋してくれる実践的なサイトです。

転職サイトを選ぶ時のポイント1:サポート体制がしっかりできているか

転職サイトではまず「サポート体制がしっかりできているか」をしっかり確認しておく必要があり、それによってその後の活動内容が大きく変わります。 その上で、活動の日程調整やいくつもの会社に同時に転職希望を出すこともでき、ある程度「自由に転職活動ができる」といったメリットも見られるでしょう。 さらに自己都合に沿って転職活動ができる利点があり、具体的に転職活動をしていく際には非常に大きなメリットとなります。

転職サイトを選ぶ時のポイント2:対応能力があるか

転職サイトを選ぶ時のポイントとして次に、この「対応能力があるかどうか」というのをしっかり把握しなければなりません。これはエンジニア系職種に転職する場合には特に大切で、その対応能力によっては、自分の希望職種に就けない場合が出てきます。 この対応能力に含まれるのは主に「求人情報の充実性」や「転職アドバイザーの手腕」などであり、それぞれの充実したスキル・環境設定によって、転職斡旋力が決まります。

転職サイトを選ぶ時のポイント3:求人の多さ

転職サイトを実践的かつ効果的に活用するためには、何と言っても「求人情報が豊富にあること」が必須となるでしょう。求人情報というのは、そもそも「転職を可能にしてくれる情報幻」となるため、その情報元がなければ話になりません。 転職サイトを選ぶ際には、必ず求人情報がどれくらいあるか、また自分がエンジニア系を目指す場合ならそれに関連した情報があるかどうかを、逐一チェックしておきましょう。

転職サイトを選ぶ時のポイント4:求人の質のよさ

単純に求人情報が豊富にある・膨大にあると言っても、その求人が良質かどうかを確認することは大切です。つまり、自分がエンジニア系職種を目指す場合なら、そのエンジニア系職種に関連する企業情報、求人情報を賄ってくれるかどうかという点が問題になります。 求人情報が良質であることによって、転職後のキャリア形成・生活安定の土台も築くことができるため、将来設計をする上では非常に重要なパートになります。

転職サイトを選ぶ時のポイント5:口コミを見る

転職サイトを具体的に評価し、その性質や特典を見極める場合には、やはりネット上で紹介されている「口コミ情報(いわゆる体験者の生の声)」を直接確認しておくことが一番です。 それによって、余計な脚色(たとえば企業側・企業関連企業による脚色)などが無い純粋な評価を仰ぐことができ、エンジニア系職種を目指す場合に必要な情報をそのままインプットすることができます。

エンジニアに転職するメリット3つ

さてここからは「エンジニアに転職するメリット3つ」と題して、エンジニア系職種へ転職する際に認められる具体的なメリットについてご紹介していきます。 たとえばITエンジニア関連の職種では、今後ニーズが右上がりで推定されるため、将来ビジョンを図る上でもかなり安定した生活の土台を打ち立てることができるでしょう。自分が目指すエンジニア系職種に関する市場価値を十分確保しましょう。

エンジニアに転職するメリット1:給料が高い

たとえば外資系IT企業に勤める場合、その特典としてあげられるメリットの1つにこの「給料が高い」という利点があります。 これは主に、外資系企業だけでなくIT企業においても見られる「ノルマ主義」による利点となり、その達成率がそのまま給与に反映されるシステムによります。 そのため、40代、50代からエンジニア系職種を目指す傾向も多く、その社員の能力・スキルに沿う形で、その後の生活安定も約束されるでしょう。

エンジニアに転職するメリット2:独立しやすい

エンジニア系職種に従事する場合の特典としては、まずクラフト業ならではの「実力が身に付きやすい職種」という大きな利点が認められるため、それだけで次の転職を含め、独自開業して仕事を運営・管理していける実力が身に付きます。 これは現代で見られる転職市場でも非常に価値が高い特典となるため、エンジニア系職種に与えられたビッグな特権とも言える魅力となるでしょう。

エンジニアに転職するメリット3:専門知識を学ぶことが出来る

次に「専門知識を学ぶことができる」というメリットについてです。これは主にエンジニア系職種に就く場合には全般的に会得できるスキル・ノルマ達成能力につながるものであり、特にITエンジニア系職種に就く場合の大きなメリットとされています。 IT企業だけでなく、基本的にはコンサル系企業で働く際でもこの「専門知識を学ぶこと」は大いに期待でき、その点でもエンジニア系職種は多大なメリットを備えます。

エンジニアに転職するデメリット3つ

ここからは「エンジニアに転職するデメリット3つ」と題し、先述のメリットと反対になる不利な点についてご紹介していきます。 ITエンジニアをはじめ、やはりその職種ならではのしんどさやノルマ達成に関する辛さなどがあり、その点を十分把握していなければ、自然とカルチャーショックを受ける人も多いでしょう。エンジニア系職種の特質を十分理解して、その仕事に従事しましょう。

エンジニアに転職するデメリット1:変化が速い

エンジニア系職種というよりもこれはIT業界に関する特徴になりますが、IT系・エンジニア系職種というのは時代ニーズの移り変わりが早く、それに伴って、各職種で求められるスキルや将来ビジョンのあり方も大きく違ってきます。 ニーズの変動が非常に速い上で課されるノルマ率も膨らむことがあり、それについてはあらゆる技術・実務キャリアをもって対応できることが望ましくなるでしょう。この点での辛さをまず踏まえましょう。

エンジニアに転職するデメリット2:実力が必要

これはどんな職種に就く場合でも同じですが、特にITエンジニア系職種などのクラフト業・専門業種に就く場合、そこで課されるあらゆるニーズに対応できるだけの実力がなくてはいけません。 この場合の実力というのは先述のように、あらゆる分野に対応できる臨機応変型の実力となり、特に変動が速いIT業界で(他の社員より)活躍できる卓越した実力などが求められる場合もあります。この点へもしっかり配慮しましょう。

エンジニアに転職するデメリット3:勉強をしないといけない

これも先述と同じように、どの職種に就く場合でもそれなりに必須の作業・目標となるでしょう。企業へ転職する場合には、その企業側としてはすべての社員に「常に向上心を燃やしてほしい」という共通の目的意識があります。 つまり、どのような職種においても常に向学心に燃え、社員は自分の能力をいつも洗練させるための努力・状況設定をしておき、ニーズに対応できるよう姿勢を整えることが求められます。

エンジニアにおすすめの転職サイトを活用して見よう

今回は「エンジニアにおすすめの転職サイト10選|転職のメリット・デメリット3つ」と題し、「エンジニアにおすすめの転職サイト10選」についての詳細情報をはじめ、その際におすすめできる「転職のメリット・デメリット3つ」をご紹介しました。 転職時の情報は1つでも多い方が利点となり、自分にとって必須の知識・ビジョン・将来設計のためのヒントが見受けられるサイト情報は、確実に得ましょう。

アクセスランキング