IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアが強みを見つける方法5つ|エンジニアがアピールすべき強み3選

職種研究

エンジニアとはどんな仕事なのか、意外とよく知らないエンジニアの実態と現状を紹介しています。さらにエンジニアが知っておきたい強みとそれを知ることでどんなメリットがあるのか、分かりやすく解説しています。エンジニアとしてのキャリアをより良いものにしたい方必見です。

更新日時:

エンジニアの現状とは

エンジニアの現状とは

エンジニアという仕事は、インターネットやスマートフォンが普及した昨今でも何をしている仕事なのかあまり理解されていない仕事であるといえます。なぜなら「エンジニア」という仕事は業務内容が幅広く、身近な仕事になりづらく仕事そのものを想像しにくいからです。 いまいち想像しづらいエンジニアという仕事について、基本的な情報をこの項目でご紹介します。

エンジニアの仕事内容

エンジニアはクライアントと開発スタッフの間に立ち、クライアントの要望を開発スタッフに技術協力を得ることで形にします。エンジニアの仕事はプロジェクトの全体を把握することがとくに重要です。 エンジニアはまずクライアントの要望をまとめた仕様書を作成し、詳細な設計をした後開発スタッフに内容を伝えます。完成したプログラムが正常に動作することを確認したら、クライアントに納品することができます。

エンジニアの現状

エンジニアの現状

人手が足りている現場は存在しないとまで言われる日本の職場環境ですが、エンジニアも例外ではありません。スマートフォンの普及により、エンジニア需要はさらに拡大しています。 エンジニアとして一人前になるにはさまざまな知識と経験が必要ですので、人材育成にとても時間がかかります。しかしこの人材育成に投資することが困難な企業が増えているため、エンジニアの人手不足は加速しています。

エンジニアの需要と今後

コンピュータが今後この世からなくなることはまずありえません。従ってこれからもエンジニア需要は安定して存在し続けるでしょう。 コンピュータで使用するOSやアプリケーションなどのソフトウェアを開発したり、データベースやネットワークなどを管理するエンジニアもさらに必要になります。エンジニアとして技術を身に付ければ、転職などでも有利になることは間違いありません。

エンジニアが自分の強みを見つける方法5つ

エンジニアが自分の強みを見つける方法5つ

いくら需要があるとは言えど、自分の強みを理解していないエンジニアは好待遇を受けることは難しいでしょう。自分が他のエンジニアよりも優れている点をおさえておくことで、企業へのアピールになります。 この項目ではエンジニアが自分の強みをどのようにして見つけるべきか、その方法をご紹介します。自己分析につながるので、より客観的に自分を判断することができるでしょう。

エンジニアが自分の強みを見つける方法1:過去の経験を棚卸する

エンジニアは技術と経験が何よりも重要であることは先述したとおりです。自分の経験をすべて棚卸し、どんな経験が自分の強みとしてアピールできるかを分析しましょう。 経験の多さはそのまま評価につながります。小さなプロジェクトでも無視することなく自分の経験として留めておきましょう。

エンジニアが自分の強みを見つける方法2:工夫した業務の経験を洗い出す

エンジニアはプロジェクトの開発チームを管理するマネージャーです。マネージャーには状況に応じた柔軟な対応が求められます。そこで過去に経験した柔軟な対応や工夫を洗い出すことで、マネージャーとしての資質を自分の強みにできます。 経験の洗い出しによって、プロジェクトの道中で発生したトラブルに対し、どのように対応し解決または被害を最小限で抑えることができたか、といったストーリーを構築することができます。

エンジニアが自分の強みを見つける方法3:自分だけの専門知識を明確にする

エンジニアが自分の強みを見つける方法3:自分だけの専門知識を明確にする

エンジニアの世界にもさまざまな専門分野が存在します。そのなかで特に自分が持っている専門知識や経験を明確にすることで他にはない強みにすることができます。 自分の得意分野は何なのか、それを明確にすることで得意分野のスキルをさらに磨き、自分の強みとして堂々と伝えることができます。誰でもできる仕事だけでは強みにはなりません。

エンジニアが自分の強みを見つける方法4:資格を羅列する

資格は強みを第三者機関によって証明することができる最も合理的な手段です。他のエンジニアが持っていない資格を複数持つことで唯一無二の強みを持つことができます。 しかしただひたすら資格を見境無く取得すればよいというものではありません。社会のニーズと自分の得意分野とを比較し、もっとも有効だと思われる資格を計画的に取得することが重要です。

エンジニアが自分の強みを見つける方法5:周囲に他己分析してもらう

自分ではたいしたことないと思っている経験も、他者から見ると価値がある場合もあります。よって関係者に相談することも重要であるといえます。 エンジニアとはまったく関係が無い分野の友人に他己分析してもらうのもよいでしょう。新たな視点から自分の強みを分析できる可能性があります。

エンジニアがアピールするべき強み3選

エンジニアがアピールするべき強み3選

エンジニアに求められる資質は様ざまありますが、企業が一般的に求める技術や経験は決まってきます。社会のニーズをおさえて、自分の強みをしっかりアピールしていきましょう。 この項目ではエンジニアがアピールするべき強みをご紹介します。他の業種では真似できないものですので、唯一無二の人材を目指しましょう。

エンジニアがアピールするべき強み1:特定分野での業務知識

エンジニア業務の中でも特定の分野に特化した業務経験と知識は容易に真似できない唯一無二の強みになります。不測の事態にも柔軟に対応できるスキルを期待されるためです。 自分の得意分野と特定分野での業務知識はしっかり把握した上で、自分の強みとして構築すべきべきでしょう。

エンジニアがアピールするべき強み2:IT系の知識と技術

エンジニアがアピールするべき強み2:IT系の知識と技術

言うまでもなく、エンジニアはIT関連の技術職です。ITを使わない業務は存在しないほど重要なファクターですので、当然IT関連の知識と経験は重宝されます。 エンジニア以外の職種に転職したいと思ったときも、ITの知識と経験は優遇されるでしょう。それだけITのプロフェッショナルになることは、さまざまな場面で強みになりうるということです。

エンジニアがアピールするべき強み3:マネジメント能力

先述したとおり、エンジニアはマネージャーとしての側面を持ちます。ジャンルを問わず、マネジメント能力は高い評価を受けます。なぜならコミュニケーション能力やリーダーシップなど総合的なスキルが求められるからです。 実際にマネージャーとしてプロジェクトを牽引した経験があるなら、それはとても大きな強みになるでしょう。

エンジニアで強みになる資格とは?

エンジニアで強みになる資格とは?

エンジニアの資格として「システム監査技術者」という資格があります。情報処理技術者試験の最高位として扱われ、システムエンジニアの到達点といえる資格です。 試験の内容はデータベースやネットワークといった技術的なものではなく、業務分析などに関する出題となっています。マネジメント能力が問われる資格であるといえるでしょう。

エンジニアの強みを知ろう

エンジニアの強みを知ろう

これからもエンジニアが求められる時代が続くことは間違いありません。そんな時代の中でいかに自分が他と差をつけられるか、より明確に問われるでしょう。 自分の強みが分かればそれをさらに伸ばすこともできますし、ビジネスとして昇華することもできます。ITのプロフェッショナルとして他の人材には無い強みをさらに伸ばしていきましょう。

アクセスランキング