IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアの職種と業務内容10選|おすすの転職エージェント5選

職種研究

今回は「エンジニアの職種と業務内容10選|おすすの転職エージェント5選」と題して、「エンジニアの職種と業務内容10選」についての詳細情報をはじめ、その際におすすめできる「転職エージェント5選」をご紹介します。ぜひご参考下さい。

更新日時:

エンジニアとは

エンジニアというのは、主に「コンピューターシステムの創案・開発において、その提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わるテクニカルスキル(専門技術)」が高い上で、人脈・起案スキルなども業務遂行の上で十分期待されるクラフト関連職種になります。 いわゆるノルマ達成能力が期待されやすく、特定のタスクを課された上で「一定のノルマを遂行(達成)すること」が必須で、その点での構成力が問われます。

エンジニアの職種と業務内容10選

さて、先述では「エンジニアとして一般的に求められやすい能力・技術」についてご紹介してきましたが、ここからは「エンジニアの職種と業務内容10選」と題し、それぞれのエンジニア関連の職種に就く場合に必要となる知識・情報をご紹介していきます。 転職サイトを利用する場合でもこのエンジニアを希望する際には、まずそれぞれの職種内容を把握する必要があるため、事前に確認しておきましょう。

エンジニアの職種と業務内容1:システムエンジニア

いわゆるシステムエンジニアですが、この職種はエンジニアの中でも特にコミュニケーション能力が求められやすい職種で、チームで協力しプログラムを設計するにあたり、チーム全体で設計・実装・テスト・運用・管理などに携わる職種です。 転職サイトを利用する際でも、エンジニアを希望する場合は技術・能力はもちろん、各分野で必要となるプロジェクト管理能力、また協調性を高めることが求められるでしょう。

スキル・資格

システムエンジニアの職種に就く場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・基本情報技術者試験 ・システムアーキテクト試験 ・ネットワークスペシャリスト試験 ・オラクルマスター ・簿記検定 オラクルマスターはベンダー資格ですが、他はすべて国家資格になります。システムエンジニアとして働く場合には、その技術を裏付けるための保険(資格)が必須です。

エンジニアの職種と業務内容2:プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャは、システムの構造・機能に応じて、予算やスケジュール、開発に必要なメンバーを決定し、特定のチームを結成してプロジェクトを達成することが求められ、そのためのコスト運用も行なう職種になります。 システム開発計画の策定、プロジェクトチームの編成、プロジェクトの推進や管理がメインの業務となり、この場合もエンジニアとしての基本的な知識が必要になるでしょう。

スキル・資格

プロジェクトマネージャの職種に就く場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・プロジェクトマネージャ試験 ・ITストラテジスト試験 ・PMP試験 ・ネットワークスペシャリスト試験 ・基本情報技術者試験(応用情報技術者試験) ・ITIL この場合も国家資格がメインになります。プロジェクトマネージャとして働く場合でも、その技術を裏付けるための保障が強みになります。

エンジニアの職種と業務内容3:ネットワークエンジニア

現在の転職市場でも「ネットワークエンジニア」を希望する人は多く、主にネットワークの設計、構築、監視・運用を司る仕事がメインの職種となります。 つまり、通常でネットワーク設定する上での基礎的な技術・知識・設置に関する経験があれば問題なく、さまざまな環境下でネットワーク接続を試みます。 ネットワークを設定する場合には、顧客ニーズに直接対応することもあるため、交渉能力が求められることも特徴の1つです。

スキル・資格

ネットワークエンジニアの職種に転職する場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・シスコ技術者認定 ・ITストラテジスト試験 ・LPIC ・ネットワークスペシャリスト試験 ・基本情報技術者試験(応用情報技術者試験) ・ITIL ネットワークエンジニアとして働く場合では、主に「サーバ設定・パソコンやモバイル機能の基礎的な理解」が求められます。

エンジニアの職種と業務内容4:データベースエンジニア

データベースエンジニアというのは、主に「データベースの設計や構築、安定運用、多量データを扱う際の整合などを専門とする職種」を指して言われ、特にデータシステム・構造の改編などに詳しい人材がこのポストに就くことが多いです。 具体的には各種アプリケーションを設計する場合に連携して作業が行なわれ、データベース設計・構成にしっかり対応することが求められることになります。

スキル・資格

データベースエンジニアの職種に転職する場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・情報処理技術者試験 ・ITストラテジスト試験 ・オラクルマスター ・ネットワークスペシャリスト試験 ・OSS-DB技術者認定資格 データベースエンジニアとして働く場合では、主に「アプリ各種のセッティング・テストに関する基礎的な知識と理解」が求められます。

エンジニアの職種と業務内容5:サーバエンジニア

サーバエンジニアというのは、一般的に「Webサイト、ソーシャルゲーム(オンラインゲーム)」などのシステム設計に通じ、システム内で使用している各種サーバを構成する仕事に就く職種になります。 サーバのスペック仕様・設定やサービスの質向上を企画し、サーバ構築に用いるスクリプトやコマンドなどを用いてセキュリティ面の確保も行ないます。転職エージェントを利用する場合でも正確に情報を確認しましょう。

スキル・資格

サーバエンジニアの職種に就く場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・LPIC(Linux技術者認定資格) ・MCP(マイクロソフト認定資格) ・CCNA ・CCNP ・基本情報技術者試験(応用情報技術者試験) ・ITIL この場合も国家資格がメインになるでしょう。サーバエンジニアとして働く場合でも、その技術を裏付けるための保障に留意し、第三者に自己スキルを提示しましょう。

エンジニアの職種と業務内容6:Webエンジニア

Webエンジニアというのは、日常でユーザーが利用している他種のネットサイトを構成する職種になり、システム設計・コーティング・デコレーションなどを含め、他にもいろいろな設計を踏んでWebサイト構築のために役立てられます。 いわゆるITエンジニアとしては基本的な技術・スキルを習得していれば問題なく、転職エージェント利用時でもその能力のストックが問われることが多くなるでしょう。

スキル・資格

Webエンジニアの職種に就く場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・Webクリエイター能力認定試験 ・ITパスポート試験 ・ネットワークスペシャリスト試験 ・基本情報技術者試験 ・応用情報技術者試験 この場合も国家資格がメインになるでしょう。Webエンジニアとして働く場合でも、その技術を裏付けるための保障に留意しましょう。

エンジニアの職種と業務内容7:マークアップエンジニア

転職エージェント利用者でもこの「HTML5でのコーディング」をはじめ、CSS3の設計やコンテンツの内容を理解するのと同時に文章を構造化し、検索エンジンにも協力的なマークアップの設計、構築、監視・運用を司る仕事がメインとなる職種です。 つまり、通常でネットワーク設定する上での基本的な技術・知識・設置に関する経験が求められ、さまざまな環境でのネットワーク設計を試みる形になります。

スキル・資格

マークアップエンジニアの職種に就く場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・Webクリエイター能力認定試験 ・システムアーキテクト試験 ・ネットワークスペシャリスト試験 ・基本情報技術者試験 ・HTML5プロフェッショナル認定試験 この場合も国家資格がメインになります。マークアップエンジニアとして働く場合でも、その技術を裏付けるための保険(資格)が必須です。

エンジニアの職種と業務内容8:プログラマー

このプログラマーも転職市場では希望する求職者もかなり増えており、今後の企業ニーズもさらに高まることが期待されているプログラマー・エンジニアとなります。 主にWebプログラマーやゲームプログラマーなどが主流を担いますが、コーディング・ページやサイトのデコレーションを担う分野もプログラマーとしての実務に含まれやすくなっているため、多彩な分野の勉強が必要です。

スキル・資格

プログラマー(エンジニア)の職種に就く場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・Webクリエイター能力認定試験 ・PHP技術者認定初級試験 ・Ruby技術者認定試験 ・基本情報技術者試験 ・C言語プログラミング能力認定試験 この場合も国家資格がメインです。プログラマーとして働く場合では、主にシステム設計に関する基礎的理解が必須です。

エンジニアの職種と業務内容9:セールスエンジニア

セールスエンジニアというのは基本的に「ルートセールス」の形で仕事が任されることが多く、基本的には営業のノウハウに近い営業方針となるでしょう。企業製品を売り込みに回るセールスエンジニアとなり、その際には基本的な知識が必要です。 他社製品との違いを的確に説明でき、場合によっては演習的にその製品の内容・機能を説明することもあります。転職サイトを利用する場合でも早めの準備が必要です。

スキル・資格

セールスエンジニアの職種に就く場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・ITストラテジスト試験 ・セールススキル検定 ・ネットワークスペシャリスト試験 ・基本情報技術者試験(応用情報技術者試験) セールスエンジニアの場合は主に「セールス促進」に関する資格が求められるため、基本的にはコンサル系で求められる資格取得が望ましくなるでしょう。

エンジニアの職種と業務内容10:フィールドエンジニア

次にフィールドエンジニアですが、この職種は「顧客に直接的に、ハードウエアの設置・設定・保守・修理を行なう仕事」が課され、主にカスタマーサービスに関連する「サービスエンジニア」系の職種として認められます。 転職市場を調べる場合でも、主にデザイナー・ディレクター・セキュリティ管理の下調べをはじめ、チーム協働の場合はコミュニケーションを向上させることが必要です。

スキル・資格

フィールドエンジニアの職種に就く場合に求められる・望ましい資格では、一般に以下のような資格があげられます。 ・MCP資格 ・セールススキル検定 ・コミュニケーション検定 ・普通自動車免許 ・基本情報技術者試験(応用情報技術者試験) フィールドエンジニアの場合は主に「商品宣伝」に関する知識が求められるため、この場合もコンサル系で求められる資格取得が望ましくなるでしょう。

エンジニアにおすすの転職エージェント5選

さて、ここからは「エンジニアにおすすの転職エージェント5選」と題し、エンジニアの転職に必要な注意点・方法・コツなどをはじめ、実用的なポイントをご紹介します。 転職エージェントを利用する場合、それぞれの転職エージェントにおいて特徴・利点が違うため、まずは自己ニーズと職種ニーズとを正確に踏まえた上で、円滑に活動を進められるサイトを選んでおきましょう。

エンジニアにおすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

現在において利用者が上昇中のマイナビエージェントでは、「求職者のニーズに即した職種」を率先してくれる上で、転職に活動に有効なパフォーマンスが高く、その上でアフターフォローにも徹底して配慮してくれる理想的なサイトです。 エンジニア関連の職種へ転職する場合でも、企業情報の調査をする上で「求職者にとっての得意分野」を把握し、その上で適職への転職斡旋を確約してくれます。

エンジニアにおすすめの転職エージェント2:ギークリー

ギークリーの魅力は「求人情報の破格の豊富」と「サポート力の高さ」に見られ、また「大企業・中小企業を問わずのあらゆる就職情報」が満載している点になるでしょう。 サイト独自の利用についてもかなり利便性が高い上、Webエンジニアとして転職する場合の斡旋力が非常に高いことで定評があります。非常に利便性の高い、画期的な転職エージェントになるでしょう。

エンジニアにおすすめの転職エージェント3:TechClipsエージェント

TechClipsエージェントの大きな利点は「転職エージェントの中でも求人情報が充実している点」と、さらに転職アドバイザーが良質である点に見られます。この転職エージェントもWebエンジニア・IT向けのサイトです。 エンジニアとして働く際に必要なスキルを教え、転職後の生活安定・キャリア形成を想定し、「転職後の定着率」に十分配慮した転職斡旋を図ってくれます。ぜひ検討してみましょう。

エンジニアにおすすめの転職エージェント4:doda

「doda」を利用する場合の利点は「トータル的なサポート力」の高い点で、未経験・中途採用者を問わず、この場合もIT関連系の職種への内定率がかなり高い点にあると言えるでしょう。 Webエンジニアとして働く場合に魅力が高く、「Webエンジニア系の関連企業」を正確にリサーチし、その場合に評価点となる「自己スキル・キャリア形成」に見合った職先への支援がスムーズになされます。ぜひ検討してみましょう。

エンジニアにおすすめの転職エージェント5:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」の大きな特典・魅力は、臨機応変に活用することによって「自分の適職への近道を確実にピックアップできる」といった成長型の転職エージェントという点です。ここもぜひ検討してみましょう。 エンジニアとして転職する場合の必須のスキルを身に付けさせてくれる上、IT市場を十分調査しながら、実務キャリアの効果的な活用に徹底して能率の高い転職活を支援してくれます。

エンジニアの職種を知ろう

今回は「エンジニアの職種と業務内容10選|おすすの転職エージェント5選」と題して、「エンジニアの職種と業務内容10選」についての詳細情報をはじめ、その際におすすめできる「転職エージェント5選」をご紹介しました。 エンジニアとして転職する際には、自己スキルをもって企業ニーズを満たすことが重要で、そのための必要な情報を得る上で「即戦力性」を示すことにあるでしょう。

アクセスランキング