IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エンジニアの職務経歴書の書き方ポイント7選|職務経歴書の注意点を紹介

職種研究

エンジニアの方が今よりもさらに飛躍できる舞台を求めて転職活動をする場合、どうしても欠かせないのが職務経歴書です。新しい舞台で活躍できるかどうかを決めるうえで、職務経歴書の出来が大きなカギとなります。エンジニアが職務経歴書を書くポイントや注意点を見ていきます。

更新日時:

職務経歴書とは

エンジニアでもさらなる活躍や成長ができる場や、より待遇の良いところを求めて転職活動している方は多いでしょう。エンジニアに限らず転職活動の際には、今までの職務経験を記した職務経歴書が欠かせません。 エンジニアの場合は、今までのシステム開発での実戦経験を記した職務経歴書があれば転職活動も有利に進められます。 今回はエンジニアが転職活動をうまくやって行けるような職務経歴書の書き方を見ていきます。

職務経歴書で重要なポイント

職務経歴書はエンジニアに限らず、すべての転職希望者が転職活動をしていくうえで欠かせないツールです。このため職務経歴書を作成するにはポイントを踏まえることが大切になってきます。 職務経歴書で重要なポイントはいくつかありますが、中でも重要なのが自分自身の能力や経験を活かせるかどうかや、転職希望先でやる気があるかどうかという点です。最低でもこの2点については外すことなく書いていきましょう。

職務経歴書が必要な場面

特に転職活動が初めてという方にとっては、職務経歴書が具体的にどのような場面で必要なのかがイメージできないこともあるでしょう。 多くの場合、職務経歴書は転職活動で応募先企業が行う面接で提出を求められます。企業側にとっては、応募者の力量ややる気、人間性を見極めるうえで職務経歴書も重要な判断材料としているためです。なお面接以外でも、履歴書の質を向上させる手段としても使えます。

エンジニアの職務経歴書の書き方ポイント7選

転職活動の中で不可欠な職務経歴書ですが、エンジニアが転職活動を行う場合は、今までエンジニアとして働いてきた経験を活かす目的があるだけにエンジニアらしい職務経歴書の書き方が欠かせません。 はたしてエンジニアが職務経歴書を書く際のポイントとはどのような点にあるのでしょうか。エンジニアにふさわしい職務経歴書の書き方で押さえておきたいポイントを7点見ていきましょう。

エンジニアの職務経歴書の書き方ポイント1:関わったプロジェクトを具体的に書く

エンジニアが職務経歴書を書くうえで最初に押さえておきたいポイントが、実際に関わったプロジェクトについて具体的に書くという点です。 単に今まで関わってきたプロジェクトの中で実際に行った業務を箇条書きするだけではなく、特に自分が主体的に取り組み解決した課題について書いてあると良いでしょう。

エンジニアの職務経歴書の書き方ポイント2:担当業務を分かりやすく記載する

エンジニアが職務経歴書を書くうえで次に押さえておきたいポイントが、自分が関わった担当業務について具体的かつ分かりやすく記載するという点です。 プロジェクトの中のどの業務を担当したのか、担当業務の中で見出した課題をどのようにして解決したのか、プロジェクト全体にどのように貢献したのかを書くことが重要となってきます。

エンジニアの職務経歴書の書き方ポイント3:どのような開発環境だったかを書く

エンジニアが職務経歴書を書くうえで押さえておきたいポイントの3番目が、開発環境についてです。どのような開発環境や言語で開発を行っていたのかと、応募先の企業が得意とする開発環境がマッチする度合いは非常に重要になってきます。 もし開発環境の面でお互いに合わない場合、仮に入社できても戦力になるまで時間がかかるうえ、企業側にも手間をかけてしまいかねません。このため応募先企業の開発環境も研究しておきましょう。

エンジニアの職務経歴書の書き方ポイント4:プロジェクトの役割や規模を明確に書く

エンジニアが職務経歴書を書くうえで押さえておきたいポイントの4番目が、プロジェクトの役割や規模について明確に書くという点が挙げられます。一言でシステム開発のプロジェクトといっても、担当している案件によって役割や規模にさまざまです。 そこで企業側は応募者が担当したプロジェクトの役割や規模を見て、自社のプロジェクトで使えるかどうかを見極める材料とします。

エンジニアの職務経歴書の書き方ポイント5:資格は業務に関係のある資格と語学資格のみを書く

エンジニアが職務経歴書を書くうえで押さえておきたいポイントの5つ目が、業務に関係のある資格と語学の資格のみを書くという点です。たしかに応募先企業も資格がない人物よりも、資格のある人物を取りたいと考えています。 しかしいくら資格がある方が望ましいといっても、企業側が望んでいる資格はあくまでもシステム開発に関係のあるものと語学に関する資格のみです。このためそれ以外の資格を書くと逆効果になるでしょう。

エンジニアの職務経歴書の書き方ポイント6:業界や技術の知識範囲の記載があると良い

エンジニアが職務経歴書を書く際に押さえておきたいポイントの6番目が、業界や技術に関する知識範囲についてきちんと書くという点です。自己PRの要素が強いポイントですが、同時に企業側にとっても入社後にどの分野を担当してもらうかの判断材料にもなります。 この点は自分の強みをアピールするうえで不可欠なポイントであるため、強みのある分野の知識があればぜひとも書きましょう。

エンジニアの職務経歴書の書き方ポイント7:マネジメント経験があれば記載する

エンジニアが職務経歴書を書くうえで押さえておきたいポイントで最後に挙げられるのが、マネジメントの経験があれば書いておくという点です。マネジメント経験があるかどうかも、企業側にとっては重要な判断材料に数えられます。 仮にマネジメント経験がなくても、プロジェクトリーダーやサブリーダーの経験や新人育成の経験があれば遠慮なく書きましょう。

職務経歴書の注意点とは?

エンジニアが転職活動をする中で押さえておきたい職務経歴書を書くポイントについて見てきました。一方で職務経歴書を書くうえで注意しておきたい点も何点かあります。ここでは職務経歴書を作成するうえで注意したい点をご紹介しましょう。

簡潔に書く

エンジニアが職務経歴書を書くうえで注意したい点としてまず挙げられるのが、内容を簡潔に書くという点です。 今まで積み上げた経験や知識を活かして、応募先企業でどのような業務に携わりたいのかを具体的かつ分かりやすく書いてあれば、面接する側もきちんと読み込んでくれます。 面接する側も多忙な中で職務経歴書を読むため、難しくて読む気がなくなるような内容で書かないようにしましょう。

誤字脱字に注意する

エンジニアが職務経歴書を書くうえで次に気を付けたいのが、誤字脱字に注意するという点です。 手書きで書く場合もタイプ打ちで書く場合も、どこかで必ず誤字脱字してしまう可能性があります。それ自体は仕方のないことですが、仮に誤字脱字を放置して職務経歴書を提出した場合、面接する側からの印象が悪くなりかねません。 もし誤字脱字が出てきたらタイプし直すか、手書きの場合は新しく書き直しましょう。

企業研究や業界研究のもと企業に沿った内容にする

職務経歴書を書くうえで注意したい点の3点目が、企業研究や業界研究をしたうえで企業に沿った内容にするという点です。特に応募先企業への志望動機を書く際に重要な点といえるでしょう。 単に自分の気持ちをぶつけるだけではなく、企業や業界の動向を踏まえたうえで、自分がその企業の中でどのようなことができるのかや何をしたいのかをきちんと書くことが大切です。

誰が書いても同じように見える内容にしない

職務経歴書を書くときは、誰が書いても同じように見える内容にならないようにする点も重要です。このような書き方をした場合、転職サイトや転職活動本に書かれているようなテンプレートを丸写ししたようにも見えます。 誰にでも書けるような内容を書くことは、応募先企業に対する熱意や誠意が疑われるため、選考で落ちる可能性が高くなるやり方です。

説明できない内容は書かない

職務経歴書を書く際についやってしまいがちなのが、説明できない内容を書いてしまうことです。たしかに難解でレベルの高いものに通じているようにアピールすれば、一瞬だけですが面接官に良い印象を与えられるでしょう。 しかし突っ込んだ質問によって説明できないことがあっさり見抜かれると、かえって心象を悪くしてしまいます。わからないことはわからないと正直に伝えるべきです。

エンジニアの職務経歴書の書き方を知ろう

エンジニアが転職活動をする際、職務経歴書は最も重要なツールとなります。同時に今後新しい舞台で活躍できるかどうかも、職務経歴書がきちんと書けているかどうかが大きなカギです。 ただの履歴書に添える書類と侮ることなく、今まで積んできた実績や知識、何よりも熱意を乗せてきちんと職務経歴書を書き込みましょう。

アクセスランキング