IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でよくある失敗10個とは?|面接前にできるチェックのポイント

転職ノウハウ

面接の成否は、事前にどれだけの準備と対策を行うことができているかにかかっていると言っても過言ではありません。この記事では面接でよくある失敗例に加えて、面接前にできるチェックポイントについてご紹介しているのでぜひご覧ください。

更新日時:

面接で失敗する人の特徴とは?

面接で失敗する人の特徴とは?

就活にせよ転職活動にせよ、面接は必ず通過をしなければならない重要な関門です。しかし、書類選考は難なく通過するのに、いつも面接で落とされてしまうという人も一定数存在します。 面接で失敗する人は、自己分析や企業研究を怠るなど、あらかじめ時間をかけて準備すべき面接対策をしていません。 加えて、緊張しやすい人も面接の最中に頭が真っ白になっていまい失敗してしまいがちです。

面接でよくある失敗10個

面接でよくある失敗10個

面接を通過するためには、面接前に準備すべきことや面接中のマナーについて学ぶだけでなく、面接の失敗例を知り、それを反面教師とすることが大切です。 では、面接でありがちな失敗例とは具体的にどのようなものなのでしょうか。ここからは、これから面接を受ける方にチェックしてもらいたい、面接でよくある失敗を10個ピックアップしてご紹介していきます。 ぜひ他山の石としてチェックしてみてください。

面接でよくある失敗1:緊張で頭が真っ白になる

面接でよくある失敗1:緊張で頭が真っ白になる

面接でよくある失敗としてまずご紹介したいのが、緊張のあまり頭が真っ白になってしまうということです。 どうしてもこの会社に入社したいという思いが強ければ強いほど、面接本番時に緊張をしてしまい、せっかく準備しておいた面接対策が無駄になってしまうというケースも少なくありません。 緊張しやすい人は自分に合ったリラックス方法を見つけること、本命前に面接の数をこなして場馴れしておくことが必要です。

面接でよくある失敗2:企業情報を把握していない

企業情報を把握していないというのも、面接でよくある失敗のひとつとして挙げられるでしょう。 面接時には応募者がどれだけ企業分析をできているのかを確認するために、企業に関する質問をされることがよくありますが、企業情報をきちんとリサーチできていなければ、しどろもどろな回答になってしまいます。 そうなると面接官に「入社したいという熱意が伝わらない」と判断されてしまうでしょう。

面接でよくある失敗3:突飛な質問に詰まる

面接でよくある失敗3:突飛な質問に詰まる

面接でよくある失敗のひとつに、突飛な質問に詰まってしまうということも数えられるでしょう。 マニュアル人間で臨機応変さに欠けている人物は、想定外の質問を受けた時に答えに窮し、フリーズしてしまいがちです。 想定外の質問を受けたとしても落ち着いて冷静に答えられるように、事前に面接練習で突飛な質問をたくさん受けるようにしておくとよいでしょう。

面接でよくある失敗4:逆質問に答えられない

逆質問に答えられないというのも、面接でよくある失敗のひとつです。逆質問によって企業は応募者の質問力や臨機応変さなどを見定めようとしていますが、質問に答えることばかりに気を取られていると、肝心の逆質問ができなくなってしまいます。 このような時でもすらっと逆質問ができるように、「何か質問はありますか」と聞かれることを前提として、あらかじめ面接対策を行う必要があるでしょう。

面接でよくある失敗5:ビジネスマナーが身についていない

面接でよくある失敗5:ビジネスマナーが身についていない

面接でよくある失敗のひとつとして挙げられるのが、ビジネスマナーが身についていないということです。 きちんと45度の角度でお辞儀をせずに首を軽く曲げるだけのフランクなお辞儀をしてしまったり、ビジネスパーソンとして常識的な振る舞いができないのならば、それだけで面接官の心証を悪くしてしまいます。 転職アドバイザーなどのプロに徹底的に面接指導をしてもらい、ビジネスマナーを身につけることが必要でしょう。

面接でよくある失敗6:敬語が使えない

敬語が正しく使えないというのも、面接でよくある失敗のひとつです。本人は敬語を使っているつもりでも、「そうですね」を「そうっすね」、「やはり」を「やっぱ」とフランクすぎる物言いをしてしまっている人も少なくありません。 正しい丁寧な言葉づかいはビジネスパーソンとして身につけるべき基本中の基本のマナーですので、面接を受ける前に敬語をマスターしておきましょう。

面接でよくある失敗7:面接中に携帯電話が鳴る

面接でよくある失敗7:面接中に携帯電話が鳴る

面接でよくある失敗のひとつに、面接中に電話が鳴ってしまうということも含まれるでしょう。 面接時には携帯はマナーモードにしておくのが当然ですが、それを忘れて面接中に電話が鳴ったりメッセージの着信音が鳴るなどして、気まずい雰囲気になってしまうというのもありがちな失敗例です。 このような失敗をすると面接官の心証を損ねて不採用になってしまう確率が高くなるので、要注意でしょう。

面接でよくある失敗8:面接に遅刻する

面接でよくある失敗8:面接に遅刻する

面接に遅刻するというのも、面接でありがちな失敗例のひとつとして挙げられるでしょう。 面接当日に持っていく物の準備をしたり、あらかじめ会場までの交通手段やそれにかかる時間を調べておかないと、面接に遅刻してしまいます。 約束の時間に遅刻するというのはビジネスパーソンにとって致命的ですので、それだけで不採用になってしまってもおかしくはありません。

面接でよくある失敗9:面接会場を間違える

面接でよくある失敗9:面接会場を間違える

面接でよくある失敗のひとつとして、面接会場を間違えてしまうということも挙げられます。 事前に面接会場の場所についてきちんと確認しておかなければ、似たような場所を面接会場だと勘違いしてしまうこともあり得るでしょう。 面接会場を間違えたと気づいた時にはもう遅く、約束の時間に遅刻してしまうことになるので、たとえ面接会場を知っていたとしても念のため場所を再確認することが必要です。

面接でよくある失敗10:面接会場までの道に迷う

面接でよくある失敗10:面接会場までの道に迷う

面接会場までの道に迷うというのも、面接でよくある失敗のひとつでしょう。 面接会場が地元ではなく、地方から上京して面接を受けなければならないというケースも多いですが、そうなると土地勘のない場所を移動しなければならなくなるので、余計に道に迷いやすくなります。 土地勘のない場所で面接を受ける際には、道に迷って時間をロスすることを想定し、時間に余裕を持って会場入りするようにしましょう。

面接前のチェックポイント

面接前のチェックポイント

面接で失敗しないためには、面接を受ける前にきちんと準備を行っておくことが必要です。では、具体的にどのような準備を行えば本番をスムーズに迎えることができるのでしょうか。 ここからは面接前にできるチェックポイントをご紹介していきますので、これから面接を受けると言う方は、時間に余裕を持って以下の点を確認してみてください。

持ち物は前日に揃えておく

持ち物は前日に揃えておく

まず大切なのが、面接時の持ち物は前日までに用意しておくということです。面接当日の朝に持ち物の準備をすると、あると思っていたものがなくて用意に想定以上の時間がかかり、そのせいで面接に遅刻してしまうということもあり得ます。 また、焦って持ち物の用意をすると忘れ物をしてしまう確率も高くなるので、遅くとも前日までに余裕をもって持ち物の用意をしておきたいところです。

模擬面接をしておく

模擬面接をしておく

模擬面接をしておくというのも、面接前にできるチェックポイントのひとつとして挙げられるでしょう。 模擬面接を行うことで面接の雰囲気に慣れ、本番での緊張を和らげることができますし、質問に対してスムーズな受け答えができるようになります。 最近では無料で模擬面接や面接指導をしてくれる転職エージェントも増えてきていますので、そのようなものを活用してみてください。

想定される質問への回答は用意する

想定される質問への回答は用意する

面接前のチェックポイントのひとつとして、想定される質問への回答を用意しておくということも大切でしょう。 面接で聞かれる質問の多くは似通っており、事前にある程度想定することができるため、質問の想定リストを作成し、それらに対する回答も準備しておくと本番時に答えに窮する心配がなくなります。

鏡で身だしなみを見ておく

鏡で身だしなみを見ておく

鏡を見て身だしなみを整えるというのも、面接前にやるべきチェックポイントのひとつでしょう。 小さな鏡だと全身が写らず、スーツのしわやよれ、糸くずなどに気づけないことも多いので、できるならば全身鏡を使って身だしなみを整えることをおすすめします。

面接を成功させよう

面接を成功させよう

今回は面接でありがちな失敗例や面接前にチェックしておきたいポイントについてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。 面接の失敗例を知り、それを反面教師として面接対策を行えば、きっと本番で緊張せずに自分らしい魅力を面接官に十分に伝えられるようになるはずです。

アクセスランキング