IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

活発な状況が続く転職市場5つの背景|人材業界の売り上げランキング5社

転職事情

働き方が多様化している今だからこそ、仕事の「仕方」や「雇用のあり方」を自分自身で見極め、選べるようになってきました。その中で転職市場はどのような活発な動きをしているのでしょうか。転職が活発になりつつある現代、しっかりとした市場の動向を理解することが大切です。

更新日時:

転職市場

現代の「転職市場」は果たしてどのような傾向なのでしょうか。昔に比べて比較的自由に転職できる環境になりました。ある一定のスキルを持っている人材だけではなく、未経験からキャリアアップを目指す人、管理職など非常に多くの人が「当たりまえ」に転職できる時代です。 活発な転職市場で間違った情報に惑わされないよう、しっかりとした市場の動向を理解することが大切です。

非正規雇用の増加と正社員雇用の減少

昔のように大手企業に就職することで「安泰」と思えた時代も終わり、大手企業でさえも倒産する現代、働き方も非常に多様化しています。人々の「働く」ことへの意識も変化し、企業側の「採用状況」も厳しくなっています。 自由な働き方を選べる時代だからこそ、ひとつの企業に一生属するのではなく、活発に自身のキャリアに合わせた転職を希望し、たとえ正社員ではなくても、自身に適した環境で働くことが大事だと考えられています。

人材業界の転職市場規模は9兆円?

大手企業であっても「人材確保」が難しい現代、優秀な人材を確保することは企業の最大のミッションであり、苦戦をしている部分と言えるでしょう。そんな需要の高いマーケットに魅力を感じ、転職をする人は少なくありません。 これまでの培ったスキルをベースに企業と人の架け橋となり、転職を成功させることは非常に魅力的であり、やりがいのある仕事です。今後ますます人材業界への転職市場は活発になっていくでしょう。

活発な状況が続く転職市場5つの背景

現代の転職市場が非常に活発になっている理由はなぜでしょうか。さまざまな働き方が自由に選べる、自分にあった転職方法がインターネットを通じてすぐに入手、検索することができるもの理由のひとつと言えるでしょう。 さらに市場をしっかりリサーチしたうえで、更なる好条件を目指し、スペックの良い企業への転職を希望する人も少なくありません。今後さらに活発な状況になる転職市場について詳しくご紹介します。

活発な状況が続く転職市場1:求人の数・種類ともに増加中

どの企業も人材確保には苦戦しており、採用状況は年々厳しくなってきています。そこで企業側もこれまでの採用方法だけには留まらず、あらゆる手段を講じてより活発な動きをみせています。 幅広い業務を一人の職務にするのではなく、業務自体を分業化することで、より効果的に人員を採用することが可能となりました。これまでなかった新しい職種の求人数や仕事の種類も増加傾向を示しています。

活発な状況が続く転職市場2:仕事のボーダーレス化が進行

これまでの働き方には、役割の線引きが非常にあいまいで、業務過多により一人当たりの残業が多く発生していました。昨今、「働き方改革」などの国の施策も並行し、企業での働き方が見直されてきています。 仕事の役割にしっかりと明確なボーダーラインを決め、雇用者がより安定し、継続的に就業できる環境を整える必要があります。仕事のボーダーレス化を防ぐことは採用状況を改善する一つの大切なポイントとなるでしょう。

活発な状況が続く転職市場3:4割超の企業が中途採用人数を増やしている

現在の転職市場は非常に活発であり、いずれの企業も「中途採用」の枠が増加傾向にあります。 「終身雇用」のもとで定年まで業務を全うする従業員は少なく、キャリアアップを目指して次のステップに進む人が多い中、企業側も育てる時間を省き、即戦力になる人材を採用することでコストを軽減する傾向にあることが理由の一つと言えるでしょう。 より高いスキルの人材を確保することは、最終的には企業に大きな利益をもたらします。

活発な状況が続く転職市場4:全産業でデジタル化が加速

転職市場が活発になっている状況のひとつに、どの産業においてもデジタル化が加速しているからです。どの企業も業務の効率化を図るため取り組んでいる部分です。 どの分野においてもより詳しいIT関連業務が増加しており、従来の人材では補いきれず、より専門的な知識を持った人材の確保が企業にとって急務とされています。これまで不要と思われていた業界での新しい求人枠となり、今後ますます需要は増えていくとされています。

活発な状況が続く転職市場5:未経験・学歴不問も急増

以前は経験者ばかりを採用する傾向が多く、未経験からその業種にチャレンジしたい人にとっては非常に転職しにくい状況でした。しかし最近では未経験であっても高いモチベーションとコミュニケーション能力を持った人材であれば積極的に採用している企業が多く存在します。 たとえ経験値が不足していても、「仕事」への意欲が高く、責任感のある人材のほうが将来的に企業へ利益をもたらすことことが多いと言えます。

人材業界の今の転職市場:人材業界の売り上げランキング5社

人材業界の転職市場は非常に活発的であり、売上も年々伸び続けています。現在の転職市場をしっかり把握し、適した戦略で今も上位ランクに君臨している企業は、ほかの人材企業とどのような違いがあるのでしょうか。 活発な動きを見せる人材業界で勝ち抜くために売り上げランキング5社の傾向と特性についてご紹介します。

人材業界の売り上げランキング5:テクノプロ・ホールディングス株式会社

人材業界の中でもエンジニアなどの技術的な仕事が強みの企業と言えるでしょう。昨今、エンジニアのニーズは非常に高まり、どの企業も強化していかなければいけない課題のひとつです。 どの企業のニーズにおいても対応することができる時代に合った「企業」です。活発に変化する転職市場にも適した企業であり、専門的分野においての役割に特化した上位ランクの企業です。

材業界の売り上げランキング4:株式会社ワールドホールディングス

「人材派遣業」「請負業務」と「不動産ビジネス」・「情報通信ビジネス」の3つの軸を強みにしている福岡が本社の企業です。幅広いビジネスというより、業種に特化していることで、非常に好調な売上を推移しています。 時代の活発な変化に適応し、しっかりと転職市場を把握している企業の一つです。今後も必要とされる人材確保及び通信処理関連においては活発な動きをしっかり見極め成長し続ける企業といえるでしょう。

人材業界の売り上げランキング3:株式会社パソナグループ

リクルートホールディングス及びパーソルホールディングスに次いで、人材業界3位に位置している企業です。人のライフプロデュースをメインとし、社会傾向や問題点を解決することを企業理念として掲げています。 2020年に開催される東京オリンピックのオフィシャルスポンサーにもなっており、今後の転職市場においても大きな役割を担っています。

人材業界の売り上げランキング2:パーソルホールディングス株式会社

もともとはテンプスタッフホールディングスとして設立した会社が社名変更し、新しくなったのがパーソルホールディングです。人材業に特化しており、その他の人材サービス業においてはリクルートの次のシェアを占めている企業です。 経営理念も働く人の立場を大切にしており、業界における人材輩出企業と言ってもよいでしょう。活発に変化する転職市場にも柔軟に対応し、常にブームを作り上げるプロフェッショナル企業と言えます。

人材業界の売り上げランキング1:株式会社リクルートホールディングス

人材業界において最も高い地位で活躍しているリクルートホールディングスです。人材の斡旋業務だけではなく、不随するサービス業においても知名度は抜群です。常に新しいものを発信し続けるパイオニアです。 常に活発に動く転職市場の動向にも精通しており、新しい変化を作り出していけるだけの企業力を兼ねそろえた人材会社です。転職市場を動かす時代の先を見据え、常に新しいものを生み出し、前に進み続ける企業といえるでしょう。

おすすめの転職エージェント5選

常に活発な動きを見せる転職市場ですが、自身が転職する際にはあらゆる事前のリサーチが必要です。そのために専門的な知識を持ったエージェント先を見極めることは必要不可欠といえるでしょう。 活発に動いている業界や業種を理解しているからこそ、適切な人材を紹介できることが可能となります。活発に変化する転職市場を理解し、その時に応じた適切な転職が可能となるようエージェント選びは慎重に行うことが大切です。

おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

国内最大級の求人を保持している転職サイトです。20代~40代世代をメインにした所謂ホワイトカラー職を専門として人材紹介を行っており、求人数がかなり多く、業種にも偏りがないサイトです。 そのため幅広い転職市場を把握しており、求人数も多く保有しているエージェントのひとつです。ミドル層の転職市場に詳しく、どのような業界が活発に動いているのかを見極め、目指すべき方向性を明確にしてくれるでしょう。

おすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

業界大手の紹介会社のひとつです。大手ならではの分業制で紹介を行っており、各業界専任の担当者がフォローしてくれるのが特徴となっています。求人数も極めて多く、幅広い業界や職種から最適な転職先をサポートしてくれます。 活発に変化する転職市場の動向をしっかり分析し、条件にマッチした案件を多数揃えています。転職初心者向けに必要な情報やサポート、転職先の選び方までトータル的なバックアップが期待できるエージェントです。

おすすめの転職エージェント3:マイナビエージェント

新卒採用などで有名なリクルートに続いて知名度の高いマイナビのグループ会社です。年齢層も20代が大半のため、初めての転職や第2新卒者向けに対し「未経験OK」な求人を多数揃えている点が大きな特徴です。 そのため高年収の求職者が希望する管理者クラスの案件は少ないと言えるでしょう。若年層向けの転職市場に非常に詳しく、未経験でも活発に採用をしている企業を多数持っているのも魅力です。

おすすめの転職エージェント4:doda

国内第2位の規模を持つ総合転職サイトです。大型の転職フォーラムなども積極的に開催しており、求職者と企業をつなぐイベントも多数あります。 最大の魅力は、登録後、「非公開」で紹介を受けることができ、Dodaエージェントサービス独自が保持している「非公開求人」を多く揃えていることから、活発な転職市場に合わせた的確な紹介実績に定評のあるエージェントと言えるでしょう。

おすすめの転職エージェント5:JACリクルートメント

ミドル・ハイクラス年収600万以上向けのエージェント企業です。東証1部に上場しており、しっかりとした実績と手厚いサポートが魅力のひとつです。 多数の案件をもっており、業界に特化した一流のヘッドハンターがいます。活発に変化する転職市場においても非常に詳しく、管理職やハイクラス企業を目指す人へのサポート体制が充実しているエージェントと言えるでしょう。

転職市場について理解を深めよう!

働き方がさまざまな現代で、自身が選んだ道で好きな仕事ができる環境だからこそ、刻一刻と状況が変化する転職市場をしっかり理解し、行動する必要があります。 理解を深め、より効果的な転職への道を切り開くことができるよう情報収集を怠らず、アクティブに行動することは大切なことです。転職市場の活発な変化に取り残されることなく理解を深めていく必要があると言えるでしょう。

アクセスランキング