IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人材業界の転職市場規模と売り上げランキング5社|転職エージェント5選

転職事情

人材業界はとても厳しい世界です。人材業界の転職市場規模について知りたい方も多いのではないでしょうか。この記事では、人材業界の転職市場規模と売り上げランキング5社などについて紹介します。人材業界の転職市場規模について理解を深めたい方は、ぜひ読んでみてください。

更新日時:

人材業界の転職市場規模

人材業界の事業内容は、就職、転職、派遣など多岐に渡り、非常に大きな規模になっています。就活中の方がよく目にする「リクルート」や「マイナビ」などは、人材業界に属する会社が運営しています。 それでは、多種多様で多くの職種のある人材業界の転職市場規模について紹介します。人材業界の転職市場規模について理解を深めたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

人材業界の転職市場規模:非正規雇用の増加と正社員雇用の減少

日本は人口減少に伴い、さらに出生率の低さが追い打ちをかけ、労働人口減少の要因になっています。人材業界は、正社員雇用は労働人口の65%と年々減少を続け、その一方で非正規雇用は増加しています。 企業は労働人口減少により顧客の奪い合いが起き、新卒採用にも非公開求人を紹介したり、エージェントが仕事を斡旋するなど、戦略的に顧客獲得に必死です。 人材業界に転職を考えている方は、転職市場規模を知ることが大切です。

人材業界の転職市場規模:市場規模は9兆円?

そんな折でも、人材業界の市場規模は電子部品・デバイス業界を抜いて、9兆円程度と高い水準を保っています。 その大半の6兆円ものシェアを占めているのは派遣業界です。派遣業界は企業の派遣依頼の充足率が90%と高く、コスト削減などの企業のニーズにより成長を遂げました。 派遣業界へ転職するメリットは、あらかじめ自分の得意分野などを設定できることです。派遣業界が今後の人材業界を反映していくと言えるでしょう。

人材業界の今の転職市場

人材業界は1980年代以降、転職率は増加の一途をたどっています。その背景には、求職者のキャリア意識が高まってきたことが挙げられます。 新卒採用のミスマッチも転職率増加の要因です。就職して3年以内で離職した人を第二新卒者と称し、その離職率は30%と言われています。企業は第二新卒という枠を設けることで、戦略的に人材を確保しています。 人材業界の今の転職市場は、人手不足の影響で採用を強化していくでしょう。

人材業界の今の転職市場:人材業界の売り上げランキング5社

人材企業への就職・転職を考えている方は、企業の転職市場規模を良く理解することは必要不可欠と言えます。 それでは人材業界の今の転職市場を、売り上げランキング形式で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

人材業界の売り上げランキング5:テクノプロ・ホールディングス株式会社

人材業界の売り上げランキング第5位は、『テクノプロ・ホールディングス株式会社』です。 テクノプロ・ホールディングス株式会社は、国内最大級の技術系人材サービスグループで、さまざまな産業の基盤を支えています。 教育研修体制やコンプライアンス強化のための取り組みにより、お客様から高い評価をいただいており、現在は業界最大手として事業を運営しています。

人材業界の売り上げランキング4:株式会社ワールドホールディングス

人材業界の売り上げランキング4位は、『株式会社ワールドホールディングス』です。 株式会社ワールドホールディングスは、人材教育ビジネス・不動産ビジネス・情報通信ビジネスなどを行っています。現在、約2万人の方々が活躍しています。年齢・性別・経験を問わず、さまざまな方が活躍できるステージを創出しています。

人材業界の売り上げランキング3:株式会社パソナグループ

人材業界の売り上げランキング第3位は、『株式会社パソナグループ』です。 株式会社パソナグループでは、年齢、性別、学歴などに関わりなく、自分の能力を最大限に発揮して「社会の問題点を解決する」という使命感と意欲のある人材を求めています。 多様な業界で培われたあなたの経験や知識を、人材ビジネスという新たな可能性に活かしましょう。 企業の好業績、若手人材の人手不足などから、転職市場規模の拡大が続いています。

人材業界の売り上げランキング2:パーソルホールディングス株式会社

人材業界の売り上げランキング第2位は、『パーソルホールディングス株式会社』です。 パーソルグループは、「雇用の創造」「人々の成長」「社会貢献」を経営理念に、働く人にさまざまな成長の場や機会を提供しています。派遣・BPOセグメント、リクルーティングセグメント、エンジニアリングセグメントなど多岐に渡ります。 派遣・BPOセグメントも好調を続け前期比約30%成長、転職市場規は大幅成長を遂げています。

人材業界の売り上げランキング1:株式会社リクルートホールディングス

人材業界の売り上げランキング第1位は、『株式会社リクルートホールディングス』です。 株式会社リクルートホールディングスは、50年以上「活き活きと輝く社会」を実現するため取り組み、一人一人が輝く豊かな世界の実現を目指し、より多くの選択肢を提供することで、多くの出会いを実現してきました。 派遣社員実稼働者数は直近14四半期連続で前年同期比100%を超える実績で、転職市場規模は拡大傾向が継続しています。

人材業界の今後の課題

人材業界は景気の影響を受けやすく、景気が悪くなると求人数は減少し、市場規模も縮小します。人材業界の今後の課題は不景気のときにどのようにして業績を伸ばすかです。 大手の会社はブランド力で人材を集め、求人数が増えている業種へ事業を拡げるなど対策もあるので市場規模は維持できるでしょう。解決策の1つとして隙間産業をターゲットに求人開拓を広げたり、人材以外の分野に進出するのも有効でしょう。

人材業界の将来性や安定性

人材業界へ就職・転職を考えている人は、人材業界がこの先どのように変化していくのか、その動向を知っておくことがとても大切です。転職市場規模を把握する手掛かりにもなります。 それでは、人材業界の将来性や安定性について紹介しますので、参考にしてください。

人材業界の将来性

人材業界の将来性は、2020年にかけてサービス経済化が変化するとされ、2020年以降は特に情報・サービス業の従事者が増加するでしょう。反対に製造業・建設業の従事者は企業の海外移転などで減少傾向にあると見込まれています。 人材業界では、これまでとは違うキャリアを持つ人材が求められます。これまでとは異なる産業・職業へ転換することが、人材業界の将来性に繋がり転職市場規模にも影響すると言えるでしょう。

人材業界の安定性

人材業界の安定性は、2020年のオリンピックまでは業界は安定していますので、転職市場の規模は拡大していくでしょう。オリンピックの後も、人材不足が解消されないようでしたら、転職市場の規模は、さらに拡大を続けていくでしょう。 人材業界もグローバル化が求められています。景気の影響を受けやすい業界ですから、転職市場の規模は、産業構造の変化にどう対応していくかで決まると言えるでしょう。

人材業界へ転職するためのポイント

人材業界へ転職するためには、転職エージェントに登録することをおすすめします。転職先として希望している企業を扱っているエージェントを選びましょう。また、希望している企業がそのエージェントの場合は、人材の採用を行っているか聞いてみるのも良いでしょう。 企業の転職市場規模を把握した上で、人材業界へ転職するにはポイントがあります。 人材業界へ転職するためのポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。

人材業界へ転職するためのポイント:好待遇の求人を見つける

人材業界へ転職するためには、好待遇の求人を見つけることがポイントです。 転職エージェントに登録すると、そのエージェントからスカウトされることもあります。面談に来た転職希望者を自社にスカウトすることは、良くあることだと言われています。たとえ、スカウトされないとしても、まず転職エージェントに登録することから始めましょう。 人材業界へ転職するには、転職市場規模を良く知り、好待遇の求人を見つけましょう。

人材業界へ転職するためのポイント:自分に合った職場を見つける

人材業界へ転職するためには、自分に合った職場を見つけることがポイントです。 転職エージェントに転職するには、RA(リクルーティングアドバイザー)営業、あるいは、CA(キャリアアドバイザー)転職希望者のキャリアについてアドバイスを行う、どちらにするか自分に見合った職場を見つけて、転職市場規模を拡大しましょう。

おすすめの転職エージェント5選

転職活動は人材業界の転職市場規模を把握して、自分の希望に合う転職エージェントを探すことから始まると言えるでしょう。転職エージェントは数多くありますので、好待遇で自分に合うことに的を絞って探しましょう。 それでは、おすすめの転職エージェント5選を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

おすすめの転職エージェント1は、転職支援実績№1を誇る業界最大手の『リクルートエージェント』です。 リクルートエージェントのアドバイザーが管理する転職希望者の数は膨大です。業界トップクラスの転職支援をしていますが、転職希望者一人一人と向き合って仕事をしていきたい方には不向きな可能性もあります。 膨大な数の求人を扱っていますので、リクルートエージェントを希望していなくても登録するのがおすすめです。

おすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

おすすめの転職エージェント2は、人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営している転職エージェント『パソナキャリア』です。 2019年オリコン顧客満足度調査において『転職エージェント』第1位を獲得しました。 求人数は業界最大手のリクルートエージェントやdoda程多くありませんが、サポートは親身で丁寧と評価がとても高いです。転職希望者一人一人と向き合って仕事をしたいという方に向いています。

おすすめの転職エージェント3:マイナビエージェント

おすすめの転職エージェント3は、人材大手のマイナビが運営する転職エージェント『マイナビエージェント』です。マイナビエージェントは、20代・30代の方に1番信頼されている転職エージェントです。 リクルートエージェント・dodaに比べて求人数は少ないですが、その分転職希望者一人一人のサポートには、かなり力を入れています。 人材企業の大手で、転職希望者一人一人と向き合いサポートしたいという方に向いています。

おすすめの転職エージェント4:doda

おすすめの転職エージェント4は、『doda』(デューダ)です。 dodaはリクルートエージェントに匹敵する、日本最大級の転職エージェントです。リクルートエージェントに比べ、転職希望者一人一人と向き合いサポートできる可能性は若干あると言えるでしょう。 dodaもリクルートエージェントと同様、膨大な求人数を扱っていますので、dodaを希望していない方でも登録はおすすめです。

おすすめの転職エージェント5:JACリクルートメント

おすすめの転職エージェント5は、ミドル・ハイクラスの転職なら『JACリクルートメント』です。 JACリクルートメントは、ロンドン発祥の外資系転職エージェントで国内実績№1です。 ハイキャリアや管理職の求人に強くマネジメント経験のある方や、キャリア・スキルに自信のある方に向いています。提案力は極めて高く、ハイキャリア案件に特化しているため、優秀な人材が求められます。

人材業界の転職市場規模について理解を深めよう!

今回は、人材業界の転職市場規模と売り上げランキング5社、おすすめの転職エージェント5選について紹介しました。 人材業界の転職市場規模を知ることは、とても大切なことなのだと感じた方も多いのではないでしょうか。人材業界は人の雇用に関わり、社会的意義のある仕事です。それだけに、とても厳しい世界です。 人材業界の転職市場規模について理解を深めましょう。

アクセスランキング