IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャリアの考え方3つ|キャリアアップに必要な力5つとキャリアプラン

転職事情

目指すキャリアを実現させるために、キャリアプランを立てることは重要です。ここでは、キャリアの考え方やキャリアアップに必要な力などを紹介しています。今の仕事は本当にやりたいことなのか、将来を見据えて考えるきっかけにしてください。

更新日時:

キャリアプランの考え方

キャリアプランの考え方は、やりたいことやできる強みを実現できているかが軸になります。 キャリアアップとは、自分の経歴を向上させることです。現在自分のやりたいことができているのか、今後やりたいことができるのかを見直すことも大切です。 今の仕事が向いているのか、なんとなく続けているけどピンとこないと悩んでいる方もいるでしょう。キャリアの考え方を理解し、今後のステップアップに活かしてください。

Will・ Can・ Mustのフレームで考える

Will・ Can・ Mustのフレームワークとは、仕事を通して実現したいこと(Will)を明らかにした上で自分は何ができるのか、何をできるようにならなければいけないのか(Can)を確認し実行すべきこと(Must)を考えることです。 キャリアの考え方で一般的に表現される言葉です。自分の価値観やできることに沿ってキャリアを考えるため、就職後のミスマッチも防ぐことができます。

Can(できること)を磨いて可能性を高める

キャリアプランの考え方で最も重要なことは、Canです。概要としては、社会でも通用するスキルや能力を徹底的に知り、自分ができることを深めることで多様な選択肢を持つことができることです。 選択肢が広がれば自分の可能性も高くなります。そのためにもできることを磨いて専門性を上げれば会社から期待されることも増えます。会社から期待されればモチベーションも上がり、やりがいも増えます。良い循環を作り出すことができます。

キャリアの考え方3つ

キャリアとは、積み重ねた実地の経験のことをいいます。具体的には、技術・知識を示す経験や人となりを表す考え方や人間性があります。 日々働いていると、自分のキャリアについて見直す機会はあまりないでしょう。少し時間を取って見つめ直してはいかがでしょう。ここでは、具体的な考え方を3つ紹介します。それぞれ当てはめながら考えてみてください。

キャリアの考え方1:キャリアの具体性

キャリアの考え方の1つとして挙げられる具体性とは、前職の経験によって身につけた能力によってどういった点が会社に貢献できるのかを明確にすることです。 会社は利益を上げなければいけないので、いかに早く成果を上げ会社の役に立ってくれるのかを期待しています。どういった能力があり、それを活かしどのようにキャリアアップをするのか具体的な考えが大切です。

キャリアの考え方2:キャリアの一貫性

キャリアの考え方である一貫性とはこれまでのキャリア、これからのキャリアがどう繋がっていくかを明確にすることです。 一貫性には幅を広げる場合とキャリアを深める場合の2つがあります。

キャリアの一貫性:幅を広げる

考え方の1つである幅を広げるということは、スキルや能力を身につけ、できる仕事を増やすことをいいます。 できる仕事の幅を広げれば、貴重な人材として重宝されキャリアアップを実現することもできます。さらに今後のキャリアについても、必要なスキルを分析することで準備ができチャンスを広げることができます。

キャリアの一貫性:深める

2つ目の考え方として、キャリアの幅を広げるのではなく深めるという方法もあります。特定の業務において普通の人よりも深い知識、卓越した技術を持つことです。 専門性の高い仕事であるほど年収も高い傾向にあります。キャリアアップをし、年収を増やしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。人と違う能力を活かしキャリアを積んでいくことも重要です。

キャリアの考え方3:転職で重要な軸を考える

ここからは、キャリアの考え方として転職で重要な軸について説明します。転職の理由はキャリアアップのため、やりたいことを実現するためなどさまざまです。 むやみやたらに転職をしても満足がいかずまた転職を繰り返してしまうことがあります。自分の軸をしっかり決め、ブレないようにキャリアの考え方を理解しましょう。

転職で重要な軸:なぜ転職をしたいのか改めて理由を考える

なぜ前職を辞めて転職をしようと思ったのか、理由をはっきり持つことが大切です。理由を考える方法は、どうして転職したいのかを洗い出し言語化することで、頭を整理することができます。 転職後にどうなりたいのかを具体的にし、なりたい姿を思い浮かべることが重要です。理由がしっかりしていれば困難なことが起きた時でも、前を向き進むことができます。さらに、ダラダラと転職活動をすることなく短期間で決めやすくなります。

転職で重要な軸:希望の仕事内容・雇用条件を整理する

転職を考える際、給与や待遇さらに仕事内容など自分にとって大事な条件を整理することが重要です。自分にとって譲れない条件や考え方を明確にしておくことで希望に合った会社に出会えることがあります。 整理しておかないとやりたかった仕事ができない、想像したより残業が多いなど希望と違うことが起きてしまいます。そうした想像とは違うということを避けるために、希望の仕事内容や雇用条件を整理することは大切です。

転職で重要な軸:キャリア目標を設定する

転職で重要な軸として目標を設定することも大切です。将来に対し、自分が望む目標や考え方についてじっくり考えてみると良いでしょう。最終目標に対して小さい目標を設定すれば少しずつでも達成することができます。 目標を設定することが計画通りに物事を進める第一歩です。また、目標に向かって必要なスキルや資質を磨くことができます。

キャリアアップに必要な力5つ

キャリアアップをするためには、目標やなりたい姿を明確にすることが重要ということを説明しました。ここでは、キャリアアップに必要な力を5つ紹介します。 キャリアアップに必要な力として共通している点は、自分のことを理解しており考え方も前向きであることです。それでは細かく説明していきます。

キャリアアップに必要な力1:戦略的に未来を設計する力

戦略的に未来を設計するとは、未来を思い描く力です。未来を見据えて行動するのとそうでないのでは最終的に大きな差が生まれます。 キャリアアップを目指すのであれば、どう行動すれば自分が思い描く未来にたどり着けるのか戦略的な分析をし、設計する力が求められます。 ただやみくもに計画を立てるのではなく、最小限の労力で最大の成果を発揮できることが重要です。一つ一つ戦略を立て実行することで、未来に成し得たい事を実現できます。

キャリアアップに必要な力2:自分について深く分析する力

未来を思い描く力にも関係しますが、自分について深く分析する力も必要です。自分の未来についての戦略を立てるのに自分自身の事を理解していないのでは話が進みません。 自分の強みや弱み、どうすれば充実感や満足感が得られるのかを知っておくのはとても大切です。自分を奮い立たせ行動させるのもすべて自分なので、しっかりと分析してみてください。自分について分析することで未来の自分もイメージしやすくなります。

キャリアアップに必要な力3:自分にうまく火をつける力

キャリアアップに必要な力として、無理やり火をつけるのではなくうまく火をつけることが大切です。無理をしすぎると精神的にも肉体的にも壊れてしまう可能性があります。そうなると仕事を続けること自体が難しくなり本末転倒です。 自分がどうすればやる気を発揮し、行動できるかを理解し実行する力が重要です。行動できる環境に身を置くことも、火をつけることのポイントなので自分を最大限活かせる環境を見つけましょう。

キャリアアップに必要な力4:人間関係をマネジメントする力

仕事は、一人で成し遂げることは不可能です。多くの人の協力や支えがあって成り立ちます。 キャリアアップをするためには、人間関係をマネジメントし、スムーズに動いてもらうことが大切です。押しつけではなく自分の考え方に共感してもらうこと、協力してくれる味方を多く持つことが重要です。

キャリアアップに必要な力5:一番大切なものは継続していく力

キャリアアップに必要な力を紹介してきましたが、一番大切なのは継続できる力を備えているかです。キャリアアップには障害や挫折はつきものです。何も悩むことなくスムーズに行くことなんて滅多にありません。 障害があったときでも諦めずに自分のやる気と行動を継続していく力があれば、未来の実現はできるでしょう。

キャリアの考え方について理解を深めよう!

今回は、キャリアの考え方や転職活動の際に考えておきたい軸、キャリアアップに必要な力について紹介しました。仕事は人生の中で切っても切り離せない存在です。 自分のキャリアを見直すとともに実現したいことができているのか考えてみてはいかがでしょうか。キャリアの考え方について理解を深め、豊かな人生を送りましょう。

アクセスランキング