IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

苦手な人がいる職場環境を改善する方法8つ|してはいけない関わり方

転職の悩み・不安

職場に苦手な人がいるという方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、苦手な人がいる職場環境を改善する方法について徹底解説しています。苦手な人がいたとしても感情的にならず、社会人として常識的な態度を心がけるようにしましょう。

更新日時:

職場に苦手な人がいるのは仕方がないこと

職場に苦手な人がいるのは仕方がないこと

おそらく多くのビジネスパーソンが、苦手な人がいる職場環境に大なり小なりストレスを感じていることでしょう。 職場に苦手な人がいるのは社会人にとってある種の「つきもの」であり、仕方がないことでもありますので、今の職場環境を改善するために自分なりの対処法を取ることが必要です。 この記事では苦手な人がいる職場環境の改善方法について特集しているので、ぜひ最後までご覧ください。

人間関係も職場環境の一つ

人間関係も職場環境の一つ

日々の業務をこなすことだけが仕事ではありません。業務の完遂に加えて、苦手な人も含めて職場の人と良好な関係を築くのも仕事のうちです。 苦手な人がいるからと言って転職をしたとしても、転職先でもきっと同じように苦手な人ができてしまうことでしょう。 苦手な人がいる職場環境を根本的に改善することは難しいですが、自分なりに苦手な人との関わり方を工夫することで、職場環境を改善することは可能です。

苦手な人がいる職場環境を改善する方法8つ

苦手な人が職場にいれば、それだけで毎日出社するのが億劫に感じてしまうことでしょう。同じ職場の人であるならば、苦手だからと言って完全に避けるのもなかなか難しいはずです。 では、どうすればよいのでしょうか。ここからは苦手な人がいる職場環境を改善するためにできる具体的な方法を8つご紹介していきますので、今の職場環境にストレスを感じている方はぜひ参考になさってみてください。

苦手な人がいる職場環境を改善する方法1:自分から積極的に関わる

苦手な人がいる職場環境を改善する方法1:自分から積極的に関わる

苦手な人がいる職場環境を改善するための方法としてまずおすすめしたいのが、自分から積極的に苦手な人に関わるようにするということです。 逆説的なように感じるでしょうが、勝手な先入観や偏見で「苦手だなぁ」と思い込んでしまっているだけであって、実際に話をしてみると意外といい人であったというケースも少なくありません。 勝手に相手を「苦手だ」と決めつけず、コミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか。

苦手な人がいる職場環境を改善する方法2:上司に相談する

上司に相談するというのも、苦手な人がいる職場環境を改善するための方法として挙げられるでしょう。 「なんとなく苦手」「馬があわない」という漠然とした理由ではなく、嫌味や嫌がらせを受けるなど明確な理由があって相手を苦手であると感じているのならば、上司に相談して何らかの対処をしてもらうべきです。 理解のある上司ならば、あなたの職場環境改善のためにそれとなく介入してくれるでしょう。

苦手な人がいる職場環境を改善する方法3:愚痴を言える相手を見つける

苦手な人がいる職場環境を改善する方法3:愚痴を言える相手を見つける

苦手な人がいる職場環境を改善する方法のひとつとして、愚痴を言える相手を見つけるというのもおすすめです。 苦手な人だからといって、同じ職場で仕事をするからには完全に接触を断つのは無理ですが、その人の愚痴を言うことでストレスをある程度和らげることはできます。 一方的な悪口になってしまうのはよくありませんが、愚痴を共有できる人を見つけるのも一つの手でしょう。

苦手な人がいる職場環境を改善する方法4:熱中できる趣味を見つける

苦手な人がいる職場環境を改善する方法4:熱中できる趣味を見つける

熱中できる趣味を見つけるというのも、苦手な人がいる職場環境を改善する方法のひとつとして挙げられます。 仕事以外のプライベートの時間でも苦手な人のことを考えてイライラしてしまうのは、良くも悪くも暇なことが原因であるため、苦手な人のことを考える時間がないほど没頭できる趣味を見つけるのがおすすめです。

苦手な人がいる職場環境を改善する方法5:仕事だけの関係と割り切る

苦手な人がいる職場環境を改善するための方法のひとつに、「仕事だからしょうがない」と割り切るということも含まれるでしょう。 お給料をもらって働いているからには、自分がしたくないことやストレスのたまることをこなさなければならないのが社会人であって、苦手な人と接するのもその業務の一環と割り切って考えてみてはいかがでしょうか。

苦手な人がいる職場環境を改善する方法6:業務以外関わらないようにする

業務以外極力関わらないようにするというのも、苦手な人がいる職場環境を改善する方法のひとつとして効果的です。 社会人として仕事を円滑に行うためには、業務上最低限のコミュニケーションは必要ですが、業務以外ではできるだけ接触しないようにすれば、苦手な人から受けるストレスを軽減することができます。 最低限の挨拶や仕事上の会話だけに留めておけば、職場環境も改善するでしょう。

苦手な人がいる職場環境を改善する方法7:苦手な人の長所を見つける努力をする

苦手な人がいる職場環境を改善する方法7:苦手な人の長所を見つける努力をする

苦手な人がいる職場環境を改善する方法のひとつとして挙げられるのが、相手の良い部分や長所を見つける努力をするということです。 一度「この人のことが苦手だ」と思ってしまうと、どんどん相手の悪い部分にばかり目がいってしまい余計に相手に嫌悪感を持ってしまうので、そのような状態を防ぐためにも、努力して相手の良い部分や見習うべき点に目を向けてみてください。 そうすることで、相手への苦手意識が軽減します。

苦手な人がいる職場環境を改善する方法8:どうしてもつらい時には異動願いを出す

苦手な人のせいでストレスを強く感じており、出社するのが嫌になるほどの深刻な状態に追いやられているのならば、異動願いを出すというのも一つの手です。 自分なりにできる対処法を試してみたけれど効果がなく、苦手な人のせいで心身ともに強いストレスを受けているのならば、職場環境を根本的に変えるべく、部署を変える必要があるでしょう。

苦手な人にしてはいけない関わり方

苦手な人にしてはいけない関わり方

以上では、苦手な人がいる職場環境を改善する方法について具体的にご紹介してきました。このような対処法は職場環境の改善に役立ちますが、反対に社会人として絶対にやってはいけないこともあります。 ここからは職場にいる苦手な人にしてはいけない関わり方・接し方をご紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

感情的に話す

職場の苦手な人に絶対にしてはいけない関わり方としてまず挙げられるのが、感情的に話すということです。 感情的に話したところで状態は改善しませんし、苦手な人との関係が余計に悪化して、そのせいで職場の雰囲気を悪くしてしまうこともあるでしょう。 何より、そのような行動を取るとあなたの職場での評価が悪くなってしまうので、大人としてふさわしい話し方をすべきです。

誹謗中傷をする

誹謗中傷をするというのも、苦手な人に絶対にしてはいけない関わり方のひとつとして挙げられるでしょう。 パワハラやセクハラなどの明確な被害に遭ったわけではなく、ただ単に「苦手だから」「生理的に無理だから」という主観的な理由で相手を誹謗中傷するのは、人としてやってはいけないことです。 このようなことをすると、相手からハラスメントで告発されてしまうリスクもあります。

身体的なことやプライベートの悪口を言う

身体的な特徴を馬鹿にしたり、プライベートの悪口を言うのも絶対にしてはいけないNG行為のひとつでしょう。 相手の容姿に関することやプライベートのことを、相手を攻撃するための材料として用いるのはとても卑怯で卑劣なことです。

苦手な人がいる職場の環境を改善しよう

苦手な人がいる職場の環境を改善しよう

今回は苦手な人がいる職場環境の改善方法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 職場に苦手な人がいる場合、相手を変えることはできませんが自分を変えることで職場環境を改善し、状態を好転させることは可能です。 自分なりに対処法を講じて、苦手な人がいる職場環境のストレスを軽減しましょう。

アクセスランキング