IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己分析の正しい進め方手順7つ|自己分析の間違った進め方とは?

転職ノウハウ

自己分析を適切に行うことは、転職活動における自分の市場価値を客観的に把握したり志望動機を明確にするために欠かすことができません。そこでこの記事では自己分析の正しい進め方について徹底解説しています。ぜひ参考になさってみてください。

更新日時:

自己分析の重要性とは

就活や転職活動を成功裏に進める上で欠かせないのが、正しい自己分析です。自己分析を正しく行うことができれば、自らの強みや就活・転職市場での価値を客観的に把握できますし、それを通じて明確な志望動機やキャリアビジョンを描くことができるでしょう。 このような意味において、就活・転職活動を制するためには、自己分析の正しい進め方をマスターすることが不可欠だと言っても過言ではありません。

自己分析の効果

自己分析の重要性を知るための一例として、まずはその効果について簡単に確認しておきましょう。 自己分析の正しい進め方をマスターしておけば、自分のやりたいことや自分の向き・不向きを正確に把握できるため、仕事選びにおいて失敗をするリスクをかなり減らすことができます。 また、やりたいことが明確になれば志望動機もおのずとはっきりするため、面接時に自己アピールをしやすくなるでしょう。

自己分析のメリット

自己分析の正しい進め方をマスターすることのメリットとしてまずご紹介したいのが、自分の能力や適性について客観的に把握できるということです。 就活や転職市場を勝ち抜くためには、何よりもまず自分を客観的な目で分析することが不可欠であり、この点において正しい自己分析の進め方が大きなメリットとなることでしょう。

自己分析の正しい進め方手順7つ

自己分析の正しい進め方手順7つ

以上では、自己分析の正しい進め方をマスターすることの重要性や効果・メリットについて簡単に取り上げてきました。 自分の希望する会社に入社して思い描いたキャリアビジョンを実現するためには、自己分析の正しい進め方の手順を知ることが必要です。 ここからは自己分析の正しい進め方を7つのステップに分けてご紹介していきますので、これから就活や転職活動を行う方は、ぜひご参考ください。

自己分析の正しい進め方1:自分史を洗い出す

自己分析の正しい進め方1:自分史を洗い出す

自己分析の正しい進め方としてまず大切なのが、自分史を洗い出すということです。 どんな些細なことでもよいので、これまでの人生を振り返り、自分がどのような人生を送ってきたのか、そこでどのような人と出会い、どのような経験を積んだのかを紙に書き出してみてください。 人は、過去の積み重ねによって出来上がるものですので、自分史を紐解くことで、自分というものを客観的な目で見つめ直すことができるでしょう。

自己分析の正しい進め方2:その時の詳細を周囲に聞く

その時の詳細を周囲に聞くというのも、自己分析の正しい進め方のステップとして挙げられるでしょう。 自分の目から見た出来事と他人の目から見た出来事は往々にして異なるため、より客観的な自己分析を行うためには、他人から見て自分がどのように映っていたのかを知る必要があります。 両親や兄弟といった身内に加えて、友人やお世話になった恩師などに聞いてみましょう。

自己分析の正しい進め方3:過去の経験を分解し思ったことや動機を分析

自己分析の正しい進め方3:過去の経験を分解し思ったことや動機を分析

自己分析の正しい進め方のひとつとして、過去の経験を分解して感じたことや動機を分析するということも挙げられます。 今の自分を形作った過去の経験をまずはリストアップし、それらの経験を通じて何をどのように感じ取ったのか、その時の感情が志望する職種やポジションにどのような影響を及ぼしたのかを深く考えてみましょう。 そうすることで、おのずと志望動機やキャリアビジョンの動機が明らかになります。

自己分析の正しい進め方4:分析結果から長所を探る

自己分析の正しい進め方4:分析結果から長所を探る

分析結果から自らの長所を探るというのも、自己分析の正しい進め方の手順のひとつです。 漠然と自分が考えている自らの長所と、自己分析を通じて導き出した長所とは往々にして異なるため、分析結果を通じて自分では気づくことのできなかった自らの長所を「発見」することが大切です。 自らの知られざる長所を「発見」することで、仕事の適性や能力を客観的に測ることも可能になるでしょう。

自己分析の正しい進め方5:他己分析をしてもらう

自己分析の正しい進め方5:他己分析をしてもらう

自己分析の正しい進め方のステップのひとつに、他己分析をしてもらうということも数えられるでしょう。 客観的に自己分析をしようとしても限界があるので、他者の目を通じて他己分析をしてもらうことによって、より客観的で正確な自分像を把握することができます。 親しい家族や友人でもよいですし、あるいはキャリアアドバイザーに助言をもらって他己分析をしてもらうのもよいでしょう。

自己分析の正しい進め方6:自分が将来やりたいことを明確にする

自己分析の正しい進め方6:自分が将来やりたいことを明確にする

自分が将来やりたいことを明確にするというのも、自己分析の正しい進め方のひとつとして含まれるでしょう。 将来どのようなことをやりたいのか、どのような自分になっていたいのかを考え、その最終目標に到達するためには具体的にどのようなキャリアや道を選択すればよいのかを考えてみてください。 このような自己分析の進め方を行うことで、自らの目指すべき道がはっきりと見えてくるはずです。

自己分析の正しい進め方7:将来像と長所をマッチングさせる

自己分析の正しい進め方7:将来像と長所をマッチングさせる

自己分析の正しい進め方の手順として、将来像と長所をマッチングさせることも必要でしょう。 なりたい自分像や希望する将来像を実現するために必要な能力やスキル・特質と、自らが誇りにできる長所や強みを関連づける作業が大切です。 両者を関連付けておけば、面接時に面接官から志望動機やキャリアビジョンの妥当性について質問を受けても、適切な受け答えができるはずです。

自己分析の間違った進め方3選

自己分析の間違った進め方3選

以上では、就活や転職活動を有利に進めるために欠かせない自己分析の正しい進め方についてご紹介してきました。 ここで注意したいのが、自己流の自己分析は時として悪い結果をもたらすということです。ここからは間違った自己分析の進め方についてご紹介していきますので、ぜひ反面教師として最後までチェックしてみてください。

自己分析の間違った進め方1:長所より短所ばかりを気にする

自己分析の間違った進め方としてまずご紹介したいのが、自らの長所よりも短所に目をむけてしまうということです。 もちろん自分の短所を知ることは自己分析を行う上で大切なことですが、だからと言って長所よりも短所ばかり気にしてしまうと、転職市場における自らの価値を低く見積もってしまいかねません。 自己アピールを適切に行うためにも、長所に目を向けることが大切です。

自己分析の間違った進め方2:過去の嫌なことを思い出してマイナスな自己分析になる

過去の嫌なことを思い出し、それに引きずられてマイナスな自己分析をしてしまうというのも、間違った自己分析の進め方のケースとして挙げられるでしょう。 嫌な経験やトラウマを思い出すと、ついネガティブな感情に支配されて論理的な分析ができなくなり、自分を過度に低く評価した自己分析をしてしまいがちです。 ネガティブな感情を極力排することが必要でしょう。

自己分析の間違った進め方3:時間をかけずにやろうとして浅い分析になる

時間をかけずに短時間で自己分析を行うと、浅い分析になるので注意したいところでしょう。 自己分析は短時間で行うものではなく、時間をかけてじっくりと取り組むものですので、焦ってドタバタと自己分析をしてしまうと、転職市場における自分の価値を正確に把握することも自らの長所や短所を理解することもできなくなってしまいます。

自己分析の正しい進め方を知ろう

自己分析の正しい進め方を知ろう

今回は自己分析の正しい進め方と間違った進め方の両方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 正しく自己分析を行うことができれば、就活や転職活動で大きな強みとなることでしょう。 ぜひ今回取り上げた自己分析の方法を参考にしてみてください。

アクセスランキング