IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

企業が転職希望者に求めるスキル|30代以上が未経験分野へ転職するコツ

転職ノウハウ

転職活動では転職希望者が企業に希望条件があるように、企業にも転職希望者に対して希望条件を持っています。ただし、企業や業界などによって求められるスキルは異なるため、転職活動を始める前に自分が求められるであろうスキルについて把握しておく必要があります。

更新日時:

企業が転職希望者に求めるスキル

企業が転職希望者に求めるスキル

今までは同じ職場に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では自身のステップアップや、新しい職場環境を求めて転職する人も増えています。 転職活動では転職希望者が企業に希望条件があるように、企業にも転職希望者に対して希望条件を持っています。企業が転職希望者に求める条件はいろいろありますが、その1つとしてスキルが含まれることは多いです。

転職

転職は若い人の方が有利とよく言われます。若い人の方が成長の幅が大きく、長く働いてもらうことができます。しかし、40代のミドル世代の転職需要も高まってきています。 これは、若い人材を確保することが難しいことや、教育コストがかかることや離職の可能性など、いろいろな理由があります。若い世代よりも、仕事の経験や技術を持った即戦力となるミドル世代の転職希望者を求める企業もあります。

スキル

若い世代よりもミドル世代の方が仕事の経験が長く、知識や技術を持っていることが多いです。そのため、即戦力となるスキルを持ったミドル世代を求める企業もあります。転職で求めるスキルは企業や職種、業界などによって異なります。 また、IT業界などのように、人材不足であったり、育成に時間やコストがかかりすぎたりなどする場合では、若い世代よりも即戦力となれるスキルを持っていることが重視されやすくなることもあります。

業種別|企業が転職希望者に求めるスキル

業種別|企業が転職希望者に求めるスキル

転職活動で企業からスキルを求められた場合には、企業と業界で求められるスキルを持っておく必要があります。そのため、転職活動を行う前に、転職先の業界や企業で求められるスキルがある場合にはそのスキルを取得しておく必要があります。 また、企業からスキルを求められる場合には、その仕事をするために必要最低限のスキルを求められる場合もあれば、仕事に就くためにスキル以外に資格を求められる場合もあります。

業種別|企業が転職希望者に求めるスキル1:販売・サービス系・事務系

販売やサービス系の仕事ではお客さんと直接接することになります。そのため、他人に対して配慮ができるスキルを求められます。また、事務系も社内のサポートに関する仕事をするため、他の社員の仕事を把握して配慮ある仕事の仕方が求められます。 加えて、配慮のスキルだけでなく、実務に関するMOSや簿記、販売士検定など、資格を持っておくとさらに転職を有利に進めることができます。

業種別|企業が転職希望者に求めるスキル2:営業系

業種別|企業が転職希望者に求めるスキル2:営業系

営業系の仕事では当然ながら交渉に関するスキルが求められます。また、仕事に対する積極性も求められます。 営業系への転職の場合は経験と実績が重視されることも多いです。そのため、前職ではどのような業界で営業を経験して、どのような実績をあげたのかを確認されるでしょう。 また、入社後は営業としてのスキルだけでなく、自社の商品やサービスを理解したうえで、業界などの専門的な知識も身につけていく必要があります。

業種別|企業が転職希望者に求めるスキル3:金融系、コンサルタント系

金融やコンサルタントでは、その業界における非常に高度な専門知識が必要とされます。そのため、転職でこれらの職業に就く場合には、スキルも重要ですが、経験や知識を求められる場合もあります。 また、金融系では業務独占資格や証券外務員など、資格を持っていないとできない仕事もあります。他にも持っていると有利になる資格には証券アナリストやAFPなどがあります。

業種別|企業が転職希望者に求めるスキル4:クリエイティブ系

業種別|企業が転職希望者に求めるスキル4:クリエイティブ系

クリエイティブ系の仕事で求められるスキルは発想力と柔軟さです。これらがないとクリエイティブな仕事をすることができません。 また、意外と必要なのは、仕事を効率良くこなしていくスピードです。クリエイティブな仕事は納期までの期間が短いことがあります。そのため、効率良く仕事を行い、ときには柔軟な対応を求められることもあります。

転職に欠かせない転職サイト・転職エージェント5つ

転職に欠かせない転職サイト・転職エージェント5つ

転職活動では転職サイトや転職エージェントを利用するという人は多いです。転職サイトや転職エージェントを活用することで、企業や業界で求められるスキルなどについても情報収集をすることができます。 しかし、転職サイトや転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なるため、自分の求める転職条件に適したものを探して利用する必要があります。

転職に欠かせない転職サイト・転職エージェント1:リクルートエージェント

転職活動を始める際に、求人情報の数の多さ、ブランド力、認知度などによって、ひとまずリクナビNEXTに登録はしておくという人は多いです。また、リクルートは転職エージェントであるリクルートエージェントも運営しています。 リクナビNEXTと同様で、転職エージェントを初めて利用する際には、リクルートエージェントを選ぶという人も多いです。

転職に欠かせない転職サイト・転職エージェント2:マイナビエージェント

転職に欠かせない転職サイト・転職エージェント2:マイナビエージェント

リクナビと同様に、マイナビも非常にブランド力や認知度が高いです。そのため、リクナビNXETと併せてマイナビ転職を利用するという人も多いです。また、マイナビでは転職エージェントであるマイナビエージェントも運営しています。 マイナビエージェントの求人数はリクルートエージェントに劣るものの、丁寧なサポートによって利用者の満足度が非常に高いという特徴を持っています。

転職に欠かせない転職サイト・転職エージェント3:doda(インテリジェンス)

DODAはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大転職エージェントのうちの1つとなっていて、取り扱っている求人数は非常に多いです。 また、DODAでは転職活動をする女性のサポートにも力を入れています。そのため、女性にとって使いやすいサービスも多く、利用満足度も高くなっています。

転職に欠かせない転職サイト・転職エージェント4:パソナキャリア

転職に欠かせない転職サイト・転職エージェント4:パソナキャリア

パソナキャリアは求人情報の取り扱い数が業界でもトップクラスで、キャリアアドバイザーも高い専門性を持っているため、人気のある転職エージェントとなります。 パソナキャリアはもとは派遣事業をメインとしていました。そのため、企業と人をうまくマッチングしたり、企業に人を送り出すノウハウがあります。そのノウハウを活かした転職のサポートが丁寧で利用しやすいと利用者からの評判は高いです。

転職に欠かせない転職サイト・転職エージェント5:JACリクルートメント

ACリクルートメントもDODAと同様に、大手3大転職エージェントの1つです。また、ハイクラス転職に特化した転職エージェントでもあります。 JACリクルートメントの持つ大きな特徴として、アドバイザーは求職者と企業の両方を担当します。そのため、転職活動の段取りがスムーズになったり、求職者側と企業側のアドバイザー同士で意見が異なったりなどすることがありません。

30代以上が未経験分野へ転職するコツ

30代以上が未経験分野へ転職するコツ

先に述べた通り、転職をする際には即戦力となるスキルを企業から求められる場合もあります。特に、30代や40代などのミドル世代になると、即戦力を求められることも多くなります。 しかし、未経験の職種や業界などに転職をする場合には、即戦力となれるだけのスキルを持っていない場合もあります。そのため、未経験の分野へ転職をする際には少しコツが必要となります。

30代以上が未経験分野へ転職するコツ:30代以上であることの強みをアピール

未経験の分野へ転職をする際は、その分野に対する仕事の経験や専門的な知識などの面で、経験者に劣ってしまう部分があります。 しかし、30代以上であれば、今までの仕事によって積み重ねてきた経験や実績などがあります。これらは他業種や他業界へ転職したとしても、全く活かせないということはありません。 そのため、未経験であっても、これまでに身につけたスキルがどのように未経験の分野で応用できるかをアピールしましょう。

30代以上が未経験分野へ転職するコツ:未経験分野への意欲と社会人としての経験をアピール

上記で述べた通り、未経験の分野に転職をする場合でも、30代以上であればこれまでの仕事の経験が強みとなる場合があります。 また、30代以上で転職をするという行動力や、未経験の分野へ挑戦をすることに対しての挑戦心など、仕事に対しての意欲に繋がる要素も面接などではアピールするようにしましょう。

企業が転職希望者に求めるスキルについて理解を深めよう!

企業が転職希望者に求めるスキルについて理解を深めよう!

転職希望者が企業に対して条件を求める世に、企業も転職希望者に対して条件を求めます。企業が転職者に求める条件にはスキルが含まれることも多いです。 ただし、企業や業界などによって求められるスキルは異なるため、転職活動を始める前に自分が求められるであろうスキルについて理解をしておくようにしましょう。

アクセスランキング