IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事の割り当てが不満な時の対処法6つ|仕事を適切に割り当てるメリット

転職の悩み・不安

仕事の割り当てに不満を感じている方も意外と多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、仕事の割り当てが不満な時の対処法について徹底解説しています。また併せて、仕事を適切に割り当てるメリットについてもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

更新日時:

仕事の割り当てに不満を抱く人は多い?

仕事の割り当てに不満を抱く人は多い?

みなさんは、今のご自身の仕事の割り当てについて満足しているでしょうか。 「自分だけ仕事を多く割り当てられている」と仕事の割り当てについて不満を抱いているビジネスパーソンは意外と多く、それが原因でストレスを溜めこんだり、中には離職を決意する人すらいます。 この記事では仕事の割り当てに不満を感じた時におすすめしたい対処法や、適切な仕事の割り当てのメリットについて解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

仕事が多く割り当てられる人の特徴4つ

仕事が多く割り当てられる人の特徴4つ

同じ職場で同じようなポジションにいたとしても、なぜか仕事を多く割り当てられる人もいれば、そうではない人も存在します。 では、両者の違いはどのような点にあるのでしょうか。ここからは、仕事が多く割り当てられてしまう人によく見られる特徴を4つピックアップしてご紹介していきます。 仕事の量に不満を抱いている方は、ご自身が以下の特徴に当てはまっていないかチェックしてみてください。

仕事が多く割り当てられる人の特徴1:断れない

仕事が多く割り当てられる人の特徴1:断れない

仕事が多く割り当てられて不満を感じる人の特徴としてまずご紹介したいのが、はっきりと断れないということです。 八方美人な性格をしていたり、自尊心が低く「断って嫌われたらどうしよう」と考えすぎてしまう人は、仕事をあまりにも多く割り当てられたとしても、それをきっぱりと拒絶したり意見を申し立てることができません。 仕事を割り当ててくる相手も、このような人が不満を直接口に出せないことを分かっているのでしょう。

仕事が多く割り当てられる人の特徴2:仕事のクオリティが高い

仕事が多く割り当てられる人の特徴2:仕事のクオリティが高い

仕事のクオリティが高いというのも、仕事が多く割り当てられて不満を感じる人によくある特徴として挙げられるでしょう。 優秀で仕事のクオリティが高ければ、「あの人に仕事を任せておけば安心だ」「あの人ならきっとこの仕事をなんとかこなせいてくれる」と周囲からあてにされ、結果として仕事を多く割り当てられてしまいがちです。 優秀な人ほど仕事での負担が大きくなり、不満を感じやすいくなるでしょう。

仕事が多く割り当てられる人の特徴3:性格が大人しく真面目

仕事が多く割り当てられて不満を感じやすい人の特徴のひとつに、性格が大人しくて真面目であるということも含まれるでしょう。 真面目な人は、割り当てられた仕事に対して抗議をしたり不満を漏らしたりせずにきちんとそれをこなすものですし、大人しい性格の持ち主は多すぎる仕事の量を押し付けられたとしても、はっきりと断ることができません。 そのような性格をいいように利用され、仕事を多く割り当てられてしまいがちです。

仕事が多く割り当てられる人の特徴4:仕事熱心の人

仕事熱心であるというのも、仕事が多く割り当てられて不満を抱きやすい人によくある特徴でしょう。 仕事熱心の人は人一倍向上心が強く、また仕事をテキパキとこなして主体的に業務に取り組むため、「あの人ならこの仕事の量でもこなしてくれる」と信頼をされたり期待を寄せられ、結果として仕事を多く割り当てられてしまいがちです。

仕事の割り当てに不満がある際の対処法6つ

以上で見たように、仕事が多く割り当てられる原因はさまざまであり、そのような状態に不満を感じるのならば、原因に合わせた対処法を講ずる必要があります。 ここからは、仕事の割り当てに不満がある際におすすめしたい対処法を6つご紹介していきます。 仕事が多く割り当てられると心身ともにストレスがたまってしまいますので、早めの段階で以下のような対処法を試してみてください。

仕事の割り当てに不満がある際の対処法1:まずは質より速さを優先する

仕事の割り当てに不満がある時におすすめしたい対処法としてまず挙げられるのが、まずは質よりもスピードを重視するということです。 ただでさえ仕事量が多いのに、いちいち高いクオリティを担保していると余計に時間がかかって残業続きになってしまいますので、ひとまずはスピードを重視して効率的に仕事をこなしていくことが必要でしょう。

仕事の割り当てに不満がある際の対処法2:他の人に頼る

仕事の割り当てに不満がある際の対処法2:他の人に頼る

他の人に頼るというのも、仕事の割り当てに不満がある際の対処法として挙げられるでしょう。 責任感が強く真面目な人であればあるほど、とても自分ひとりではできない仕事量を抱え込んでしまいがちですが、時には人に頼ったり助けを求めることも必要です。 普段から職場の人とコミュニケーションを取って良好な人間関係を築いていれば、助けを求めやすいでしょう。

仕事の割り当てに不満がある際の対処法3:上司に相談してみる

仕事の割り当てに不満がある際の対処法3:上司に相談してみる

仕事の割り当てに不満がある時の対処法のひとつとして、上司に相談をするということも挙げられます。 仕事の割り当てを行うのは基本的には上司ですので、まずは今の自分が置かれたつらい状況について落ち着いて報告し、それを改善するための対処を求めてみてください。 理解のある上司であれば、あなたの言い分をきちんと聞き入れて、仕事の割り当てを変えたり配慮してくれるはずです。

仕事の割り当てに不満がある際の対処法4:仕事をむやみに引き受けない

仕事の割り当てに不満がある際の対処法4:仕事をむやみに引き受けない

仕事をむやみやたらに引き受けないというのも、仕事の割り当てが不満な時におすすめしたい対処法のひとつです。 職場の人に嫌われたくないという気持ちを捨て、「いい人」であることを辞める勇気をもつことが必要です。 「いい人」でいようとする限り、あなたのことを利用して仕事を押し付けようとする人は後を絶たないため、断る勇気をもつことが大切でしょう。

仕事の割り当てに不満がある際の対処法5:完璧にしようとしない

仕事の割り当てに不満がある時の対処法として、何でも完璧にしようとしないということも効果的でしょう。 完璧主義に陥ってしまうと、ただでさえ多い仕事量に押しつぶされてしまうため、「7~8割の完成度ならば大丈夫」と自分を良い意味で甘やかしてあげることが必要です。 高いクオリティを実現するためには仕事量が少ないことが前提ですので、仕事量が多い時はしょうがないと開き直り、スピードを重視しましょう。

仕事の割り当てに不満がある際の対処法6:ミスや失敗を恐れない

仕事の割り当てに不満がある際の対処法6:ミスや失敗を恐れない

ミスや失敗を恐れないというのも、仕事の割り当てが不満な時におすすめしたい対処法のひとつです。 「失敗したらどうしよう」「ミスをしたら職場に迷惑をかけてしまう」とあれこれと要らぬ不安事を抱えていると、そのせいで仕事の効率も能率も下がってしまうので、ミスを恐れない強い気持ちを持つことが必要でしょう。

仕事を適切に割り当てるメリット3つ

仕事を適切に割り当てるメリット3つ

いくら何事もてきぱきにこなしてくれる優秀な社員だからと言って、その人ばかりに仕事を多く割り当ててしまえば、職場に強い不満を感じて離職してしまいかねません。 職場の生産性を高めるためにも、また職場環境を改善するためにも、仕事の割り当てを適切に行うことは不可欠です。 ここからは仕事を適切に割り当てるメリットについて解説していきますので、管理職の方はぜひご覧ください。

仕事を適切に割り当てるメリット1:チームワークが良くなる

仕事を適切に割り当てるメリット1:チームワークが良くなる

仕事を適切に割り当てるメリットとしてまずご紹介したいのが、職場のチームワークが向上するということです。 仕事の割り当てが偏っておらず、公平であるならば職場内で不満やねたみなどが生じにくくなるため、結果として団結力や協調性が育まれ、職場のチームワークが高まります。 チームワークが高まれば、仕事をより効率的に行えるようになるでしょう。

仕事を適切に割り当てるメリット2:社員のやる気につながる

社員のやる気につながるというのも、仕事を適切に割り当てるメリットとして挙げられるでしょう。 同じ給料なのに自分だけ仕事量が多いと不満を感じ、仕事へのモチベーションも低下してしまいますが、仕事の割り当てが適切であるならばそのようなことは起らないため、社員は意欲的に仕事に取り組んでくれるようになります。

仕事を適切に割り当てるメリット3:社員の自主性を育てることができる

仕事を適切に割り当てるメリット3:社員の自主性を育てることができる

社員の自主性を育めるというのも、仕事を適切に割り当てることのメリットとして挙げられるでしょう。 仕事を適切に割り当てれば、社員は物理的にも精神的にも余裕をもって仕事に取り組めるようになるため、上司や先輩にわざわざ指示をされずとも自分の頭で考え、主体的に行動する癖をつけることができます。

仕事の割り当てに対する不満への対処法を知ろう

仕事の割り当てに対する不満への対処法を知ろう

今回は仕事の割り当てが不満な時の対処法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 仕事の割り当てに不満を感じた時には、上司に相談したり職場の人に頼ったりするなど、自分ひとりで問題を抱え込まないことが大切です。 適切な対処法を知り、仕事の割り当てへの不満を解消しましょう。

アクセスランキング