IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

事務職に強いおすすめの転職エージェント5つ|活用法3つ

転職サービス・サイト

求人倍率の高い人気な職業「事務職」ですが、誰よりも確実に内定を掴み取る転職方法をご存知ですか?実は転職エージェントを活用することで、有利に転職活動を行うことが出来ます。事務職の会社と強いパイプを持っているおすすめの転職エージェント、その活用法をご紹介します。

更新日時:

事務職への転職成功の鍵は転職エージェント

事務職は女性だけに限らず、男性からも人気を集めている職業の1つです。そんな事務職に転職するためには、自分に合う転職エージェントを見つけて活用するのが、一番の近道になります。 それでは、転職エージェントとはどんなサービスがあるのか、利用することでどんなメリットがあるのかをご紹介していきます。利用したことが無い方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントとは

転職希望者と求人を出したい企業の仲介に入ってサポートしてくれるサービスのことを転職エージェントと言います。 転職エージェントに登録すると、エージェントに在籍するプロのキャリアアドバイザーと面談をすることになります。希望条件や希望年収などあなたの転職先に求める条件を面談の中で聞き出しながら、その条件に合う求人を見極めて紹介してくれます。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを使うことで得られるメリットは、たくさんあります。希望する条件に近い求人を紹介してくれるというのは勿論のこと、企業との日程調整や合否連絡などのめんどくさい手続きはすべてサポートしてくれます。 また、企業との信頼関係が成り立っているエージェントを介してすべて行うので、自分で転職活動を行うよりもスムーズで有利に進められるというのが大きなメリットです。

転職エージェントに聞いた事務職が人気な理由

事務職と一言でいっても、一般事務や営業事務、受付や秘書といったさまざまな職種があります。そのすべての事務職に通じて言えることがあります。 それは、未経験でも挑戦しやすいこと・残業等がない・休日をしっかりと取得できるといった働く側にとっては嬉しいポイントがたくさんあります。 人気な理由について分けて詳しくご紹介していきますので、参考に読んでみてください。

未経験でも挑戦しやすい

事務職という仕事は、未経験・スキルがなくても挑戦しやすい職業です。ただし、基本的なパソコンスキルとしてWordやExcelが最低限使えると良いでしょう。 また、コミュニケーション能力の高さがあるとなお良しです。コミュニケーション能力は、企業から必要とされる人材の1つでもあります。事務職とはいえど、同部署以外の人と接する機会も大いにあります。人と接するのが得意な人は、コミュニケーション能力をアピールすると良いでしょう。

残業やノルマがない

ほとんどの事務職は、土日祝日は休みの企業が多いです。また、特にノルマなども無いので、働く側にとってのストレス要素も他の職業と比べて少ないの特徴です。 残業も少ない職業なので、仕事終わりのあとの予定も立てやすく、自分のために使う時間がしっかりと取れます。安定性を求める人なら、事務職がおすすめです。

休みを取りやすい

事務職では土日祝日は基本お休みですが、それ以外でも有給などの休暇を取りやすい職業です。仕事とプライベートをしっかりと分けて生活できるので、特に女性は働きやすいでしょう。 今の仕事で「休みが少ない」「残業が多い」といった不満がある方は、事務職への転職も視野に入れてみるといいでしょう。気になる方は、「リクルートエージェント」などのおすすめ転職エージェントを活用して、希望条件に合う転職先を探してみましょう。

事務職に強いおすすめの転職エージェント5つ

さまざまな職業の求人を保有するエージェントですが、その中でも事務職に強いおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介していきます。 それぞれのエージェントの特徴を踏まえた上で、自分に合う転職エージェントに登録してみてください。 転職エージェントの活用法についてもご紹介しているので、そちらも参考にするとよりスムーズに良い求人に出会えるでしょう。

1:リクルートエージェント【20代向け】

リクルートエージェント

リクルートエージェント」は、20代向けの求人が多く揃うエージェントです。 転職エージェントの中でも求人数はどこよりも多いので、その分、事務職関係の求人も多く保有しています。優良企業に出会える確率も高いので、20代で先のことを考えた転職であれば「リクルートエージェント」を活用しましょう。

2:Spring転職エージェント【ハイクラス向け】

転職エージェントspring

Spring転職エージェント」は、年収アップを目指して転職したいというハイクラス向けのエージェントです。 求人の質も高いので大手求人を探している人にピッタリです。事務職のことを熟知したプロのアドバイザーが徹底サポートしてくれるので、安心して転職活動を行えます。また、先のキャリアプランについても一緒に考えてくれる信頼できるエージェントでしょう。

3:type転職エージェント【年収UPしたい人向け】

type転職エージェント

「type転職エージェント」は、希望条件や希望年収が明確に決まっている人におすすめのエージェントです。 実際に利用した人の約7割の人が年収アップしています。前職が事務職ではないという人でも年収アップしているという実績がありますので、今よりも良い条件の会社に転職したいと強く思っている人は是非利用してみてください。

4:第二新卒エージェントneo【既卒・フリーター向け】

転職エージェントneo

「第二新卒エージェントneo」は、既卒やフリーター向けの求人が揃うエージェントです。 一人ひとりに親身になってサポートをしてくれると評判がよく、面接対策や履歴書添削も丁寧に分かりやすく教えてくれます。転職エージェントを利用したことが無いという人や転職活動で悩んでいることがあるという方におすすめなエージェントです。

5:転職エージェントdoda【キャリアアップ向け】

転職エージェントdoda

「doda(デューダ)」は、スキルやキャリアアップを目指して転職をしようと思っている人向けの転職エージェントです。 未経験OKの事務職求人も多いですが、研修制度が充実しているという魅力的な求人もあります。一からキャリアアップを目指す人にはピッタリの転職エージェントです。「doda(デューダ)」のみで見れる非公開求人も豊富にあるので、気になる求人があるか一度登録して見てみましょう。

事務職への転職を成功させるエージェント活用法3つ

事務職への転職活動を成功させるための転職エージェントの活用法をご紹介していきます。 活用法として、「転職活動期間を伝える」「複数の転職エージェントを活用すること」「合わないならアドバイザーを変更」の3つがあります。 どれも大切なポイントとなるのでしっかりと覚えておき、実際の転職活動で活かしましょう。

活用法1:転職活動期間を伝える

転職エージェントの活用法1つ目に、エージェント側に転職活動に費やす期間を事前に伝えておくことです。特に何も決めずに転職活動を行い、半年以上もかけてやっと転職したという人も場合によっては居ます。 長引かせないポイントとして、キャリアアドバイザーなどの担当者に「〇月までには転職したいです。」と伝え上で転職活動を行いましょう。

活用法2:複数の転職エージェントを活用

転職エージェントの活用法2つ目に、1つではなくて複数の転職エージェントを登録して活用することです。エージェントによって特徴やサポート内容、扱う求人内容が異なります。 まずは登録して、どんなキャリアアドバイザーが居るのか、どんな求人があるのか、サポート内容はどうなのか知りましょう。複数の転職エージェントを実際に使って知った上で、メインで活用するエージェントを決めましょう。

活用法3:合わないならアドバイザーを変更

転職エージェントの活用法3つ目に、担当に付いてくれるキャリアアドバイザーが信頼できる人なのか見決め、合わないなら担当者を変更してもらうことです。 エージェントによっては、強引にミスマッチな求人を紹介してくる人やほったらかしにする人が居る場合もあります。その場合は遠慮せずにしっかりと意見を伝えて、変更してもらいましょう。

転職エージェントに相談する前に取得すべき事務職スキル

転職エージェントを活用する前の準備として、事務職に必要なスキルや役立つ資格は取っておく努力をすることは大切です。 これからご紹介するスキル4つは、どの事務職にもあると役立つ資格になります。転職をスムーズに成功させる鍵になるので、気になる資格は資料請求等をしてみるといいでしょう。

簿記検定

簿記検定は、高校生などの学生でも取れる資格の1つです。その中でも日商簿記という会計・財務・経理に関する知識があるという証明になる資格はおすすめです。 営業事務に興味があるという方は、必ず取っておくと有利になるでしょう。受験資格としては、学歴や年齢に制限はないので誰でも挑戦することができます。

秘書検定

秘書検定は、ビジネスに関する常識や対応力を証明できる事務職に活かせるスキルの1つです。仕事に役立つ情報を学びながら資格取得を目指せるので、社会人なら持っておくといいでしょう。 人に与える好印象の表現の仕方を身に付けられるので、転職活動での面接に活かすことができます。転職できるのか不安という悩みを抱えている人は、挑戦してみてください。

TOEIC

TOEICは、日常会話や仕事に活かせるくらいの英語力があるということを証明できるスキルになります。外資系や海外勤務だけでなく、事務職でも活かされる部分はたくさんあるので、興味がある人は取得すべきスキルです。 スコアによって企業側が受け取る印象が異なるので、できれば700点くらいの英語力があると良いでしょう。これからの時代は英語力があると強みになるでしょう。

MOS

MOSとは、マイクロソフトオフィス スペシャリストというWordやExcel、PowerPointなどのスキルを証明するスキルです。事務職に最低限必要なエクセルやワードを使える人材だと証明できる資格になるので、取っておくと有利的に転職できる可能性が高まります。 MOS対策として分かりやすい教材もたくさん発売されているので、独学で勉強できます。パソコンスクール等でも講座を受けることができるので、調べてみるといいでしょう。

転職エージェントを使って事務職への内定を掴もう

事務職におすすめの転職エージェントや、確実に内定をもらうための転職エージェント活用法などをご紹介してきました。実際の転職活動に活かされる情報が多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。 また、事前に資格取得できるものは挑戦してみるといいでしょう。自分自身のスキルの幅も広がり、理想以上の求人を掴み取れるかもしれません。

アクセスランキング