IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ゲーム業界の求人に強い転職エージェント6選|正しい選び方3つ

転職サービス・サイト

誰もが憧れる職業の1つでもあるゲーム業界ですが、ゲームと一言で言ってもたくさんの職種があります。今回はゲーム業界の職種についてや、ゲームに関する仕事に就くために利用すべき転職エージェントなど、転職に役立つ知っておくべき情報をたくさんご紹介します。

更新日時:

未経験でゲーム業界へ転職したいならエージェントを活用しよう

未経験でゲーム業界へ転職したいならエージェントを活用しよう

ゲーム業界に興味はあるけどスキルが無く、他の人よりも不利だからと最初から諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。実は未経験でもゲーム業界に挑戦することは可能です。 確実にゲーム業界への転職を成功させたいと思っている方は、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントを利用すべき理由についてご紹介していきます。

転職エージェントを利用すべき理由

転職エージェントを利用すべき理由は、ゲーム業界に特化した転職エージェントが多くあることです。ゲーム業界に特化したエージェントであれば、希望条件に近い求人を探してもらえますし、ゲーム会社のことを熟知したアドバイザーに相談しながら転職活動を行うこともできます。 また、数多くの求人がある中でも通常の求人とは異なる非公開求人というものがあります。この非公開求人は、エージェントを利用している人だからこそ応募できる求人なので、好条件や優良企業に出会える確率が高まります。

転職エージェントを利用する前にゲーム業界の8つの職種を知ろう

転職エージェントを利用する前にゲーム業界の8つの職種を知ろう

ゲーム業界といっても実はたくさんの職種があります。転職エージェントを利用する前に、自分がどの分野の仕事をやってみたいのか、興味があるのかを明確化しておくといいでしょう。 それでは、ゲーム業界の8つの職種についてご紹介していきます。

職種1:プログラマー

ゲームプログラマーは、企画した内容に合わせてゲームがしっかりと動くようにプログラミングしていく仕事です。開発段階のゲームを作り上げていく重要なポストとなるので、プログラミング言語などのスキルを身に付けていくことが必須項目となります。 プログラマーに興味があるという方は、事前にプログラミングスクールに通ってスキルを身に付けておくといいでしょう。

職種2:プランナー

職種2:プランナー

ゲームプランナーは、企画書や仕様書などのゲームの基礎となる部分を作り上げていく仕事です。シナリオライターやデザイナーなどと関わることが多く、チーム全体をプランニングしながら仕事を進めていきます。 必須な資格などはありませんが、コミュニケーション力があればチームで連携を取りやすく円滑に仕事を進められるので役立つでしょう。

職種3:デザイナー

ゲームデザイナーは、名前の通りでゲームのデザインを担当しながら企画や構成の方にも関わることが多い仕事です。ゲームの世界観を作り上げていき、キャラクターの設定や演出に関しても考えていく思考を使う業務が多いです。 想像力や発想力があるとゲームの中で活かせるので、いろんなアイデアを出すのが好きな人は向いている職種でしょう。

職種4:シナリオライター

職種4:シナリオライター

ゲームシナリオライターは、ゲームのストーリーを書き上げていく仕事です。ストーリー以外にも1つ1つのキャラクターの性格なども決めていく仕事なので、ゲームの展開を1から考えていく大変な仕事です。 本を読むのが好きな人や文章を書くのが好きな人に向いている職種でしょう。

職種5:サウンドクリエイター

ゲームサウンドクリエイターは、ゲームの効果音やBGMを作っていく仕事です。楽器をやっていなくてもパソコン上で作曲して音源を作れるので、スキルとしてはパソコンスキルがあるといいでしょう。 ゲームのシーンを見ながら雰囲気にある曲を当てはめていく必要があるので、作曲センスがあれば誰でも挑戦することができます。

職種6:アートディレクター

職種6:アートディレクター

ゲームアートディレクターは、デザイナーが作り上げていくゲームアートの指揮・管理をしていく仕事です。物語を理解した上でキャラクターの立ち位置や設定を修正させたりと、責任のある重要な立場です。 デザインに対する知識や人を管理する責任感が必要となる仕事なので、事前のアートなどの勉強は必須かもしれません。

職種7:制作マネージャー

ゲーム制作マネージャーは、制作していく中で必要なマネージメント・運営をしていく仕事です。クライアントとのやり取りやスケジュール管理など、広い視野を持って仕事を進めていかなければいけません。 パソコンスキルや広告デザインなどの経験をしていると役立つでしょう。

職種8:テスター

職種8:テスター

ゲームテスターは、実際にゲームをプレイしてみて不具合が無いかを小まめにチェックしていく仕事です。バグを見つけるとプログラマーと連携して修正を行います。再度プレイしてバグがあれば修正と何度も同じことを繰り返す根気強さが必要な仕事です。 特にスキルなしでも挑戦できる仕事なので、ゲーム業界での仕事が未経験でも挑戦しやすい職種でしょう。

ゲーム業界の求人に強い転職エージェント6選

ゲーム業界の求人に強い転職エージェント6選

転職エージェントの中でも、ゲーム業界の求人を多く取り扱っているエージェントをまとめてご紹介していきます。エージェントによってサポート内容も変わるので、自分に合うエージェント探しの参考にしてみましょう。

1:Type転職エージェント【SEに関する求人に強い】

Type転職エージェント

「Type転職エージェント」は、システムエンジニアやITに関する求人をたくさん扱っているエージェントです。もちろんゲーム業界の求人も多く、中でも年収アップを目指せる好条件の中から求人を探すことができるのが魅力の1つでもあります。 実際の転職成功事例をいくつか紹介されていますので、気になる方は利用する前に読んでみて下さい。

2:doda【最新の求人をチェックできる】

転職エージェントdoda

「doda(デューダ)」は、毎週月曜日と木曜日に求人情報が更新されるので、常に最新求人をチェックすることができます。ゲーム業界の人気企業に転職したいなら、転職エージェントを活用して小まめに求人情報を確認しておきましょう。 職種や勤務地、希望年収を絞って求人を探せる分かりやすい仕組みなので、転職エージェントを使ったことがない人でもおすすめです。

3:マイナビエージェント【ITに特化した求人が多い】

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、ITやWEBエンジニア、ゲーム業界に関する転職成功実績がたくさんあるエージェントです。成功実績が多いのは、優秀なキャリアアドバイザーが多く在籍しており、親身になってサポートしてくれる体制が整っているからです。 転職に関して不安なことがある方は、信頼性のある「マイナビエージェント」を利用してみてください。

4:ワークポート【未経験への転職サポート体制が充実】

ワークポート

「ワークポート」は、未経験の職種の転職を成功させるためのサポート体制が整っている転職エージェントです。ゲーム業界を目指している人におすすめの理由は、紹介できる企業例として大手ゲーム企業が数々紹介されていることです。 自分に自信がないけどゲーム業界に転職したいという気持ちが強い方は、ぜひ「ワークポート」を活用しましょう。あなたの理想の求人に繋げてくれるでしょう。

5: Geekly【ゲーム業界を熟知した専門家が在籍】

Geekly

「Geekly」は、ゲーム業界を熟知した専門家が在籍する、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。実際に利用した方からの満足度が高く、人気のある転職エージェントです。 「ゲーム業界に興味があるけど・・・」と悩んでいる人でも気軽に相談に乗ってくれるので、まずは登録して相談だけでもしてみるといいでしょう。

6:レバテックキャリア【クリエイターの求人が多数】

レバテックキャリア

「レバテックキャリア」は、ITエンジニア・WEBクリエイター専門の求人を扱う転職エージェントです。4,000件以上の求人の中からあなたに合う企業をしっかりと選んで紹介してくれます。 経験豊富なキャリアアドバイザーが的確なアドバイスをしてくれるので、他の人と差をつけた転職活動が行えます。内定率を確実に上げて望みたいのなら、転職エージェントを上手に活用しましょう。

ゲーム業界に転職するための正しいエージェントの選び方3つ

ゲーム業界に転職するための正しいエージェントの選び方3つ

転職エージェントを上手に活用するために、正しい選び方について知っておくと良いでしょう。 選び方として、エージェントの種類・掲載されている求人数・在籍するプロの専門分野の3つがあります。1つ1つしっかりと覚えておいて、実際の転職活動に役立ててみてください。

選び方1:エージェントの種類

選び方1つ目に「転職エージェントの種類」があります。転職エージェントと一言で言っても実は2種類のタイプに分かれており、1つ目は総合型転職エージェント、2つ目は特化型転職エージェントというものがあります。 総合型転職エージェントは、幅広い年代に対応したさまざまな求人を取り扱っているのが特徴となります。特化型転職エージェントは、業種や職種に特化した求人を取り扱っており、それぞれの分野を熟知した専属アドバイザーが在籍しているのが特徴です。 どちらが自分が探したい求人やスタイルに合っているのか知っておきましょう。

選び方2:掲載されている求人数

選び方2つ目に「掲載されている求人数」があります。求人数に関しては、エージェントによって掲載されている求人数が異なります。なるべく求人数を多く取り扱っているエージェントを活用したほうが、希望条件に近い求人に出会いやすいです。 ゲーム業界に特化した転職エージェントの中でも、たくさんの求人を掲載しているエージェントを選んで登録しましょう。

選び方3:在籍するプロの専門分野

選び方3つ目に「在籍するプロの専門分野」があります。転職エージェントによって在籍するキャリアアドバイザーの専門分野やタイプは異なります。事前にキャリアアドバイザーのこともしっかりと調べておくことが重要です。 実際に登録してキャリアアドバイザーのサポートを受けた利用者の感想等も参考にするといいでしょう。

転職エージェントで希望条件に近いゲーム業界求人を探そう

転職エージェントで希望条件に近いゲーム業界求人を探そう

ゲーム業界に特化した転職エージェントやエージェントの正しい選び方など、転職活動に役立つ情報をご紹介してきました。実際にゲーム業界に転職をしようと思っている方は、参考にしてみてください。 もし、未経験でゲーム業界に転職できるのか不安に感じている方は、転職エージェントに相談だけでもしてみるといいでしょう。後悔しない転職活動にするために、ぜひ転職エージェントを上手に活用しましょう。

関連タグ

アクセスランキング