IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職に相応しい女性スーツの条件4つ|パンツスーツでもいいのか

転職ノウハウ

転職に相応しい女性スーツの条件は、スーツの色合い・柄・ボタン・スカートの丈にあり、選んだスーツによって、面接官に与える印象をガラッと変えてしまいます。スーツ選びに重要なのは、無難な物を選ぶだけでなく、希望する職種の雰囲気に合ったスーツを着用することです。

更新日時:

リクルートスーツとビジネススーツとの違い

リクルートスーツとビジネススーツとの違い

学生が着用する機会の多いリクルートスーツと社会人が着用するビジネススーツの違いは、一目見ただけでは判別できません。 また、転職を考える方の中には、転職活動にもリクルートスーツを着るべきなのか、それともビジネススーツで良いのか疑問を持たれる方もいるのではないでしょうか。 そこで今回はリクルートスーツとビジネススーツの違いをご紹介します。両者の違いを知って、転職に相応しい女性スーツを身につけましょう。

リクルートスーツとは

リクルートスーツとは、学生が就職活動のために着用される安価のスーツを指し、色も黒やネイビー、柄も無地のスーツが多く出回っています。 就活で着用されるスーツの色は、必ず黒色を選ぶ必要はなく、濃いグレーのように自分に合ったスーツを選ぶことで、採用担当者へ良い印象を与えることが出来ますが、ビジネススーツに比べて耐久性や着心地などが劣ります。

ビジネススーツとは

ビジネススーツとは、仕事の際に着用されるスーツを指し、就活生が着用するリクルートスーツと異なり、スーツの色や柄のバリエーションが豊富なので、ファッション感覚で選ばれています。 また、安価な縫製のリクルートスーツと異なり、スーツも使用される素材によって値段が変動するため、長期に渡って着る機会の多い方には、丈夫な素材を使用したスーツを購入すると良いでしょう。

転職面接にはビジネススーツがおすすめ

転職面接にはビジネススーツがおすすめ

新卒採用を目指す学生向けに作られたリクルートスーツは、転職活動時に着用するスーツに相応しくなく、面接官にも悪い印象を与えてしまうので、転職時の面接には、社会人としてビジネススーツを着用して臨みましょう。 転職活動にリクルートスーツを着用してしまうと、若者向きに作られたスーツなので年齢より老けて見えることで自身の魅力が半減してしまいかねません。

転職に相応しい女性スーツの条件4つ

転職に相応しい女性スーツの条件は、色合い、柄、ボタンの数、スカートの丈が重要なポイントに挙げられます。 転職の面接で着用する女性スーツのコーディネートによって、女性らしい優しい印象を与えたりキャリアアップを目指す活動的な印象を与えるなど、スーツ一つで女性の見せ方を変えることができます。

条件1:色合い

転職の面接当日に着用するスーツの色合いも、就活生のリクルートスーツのように黒であれば無難ですが、紺や濃いグレーのスーツを着用しても良いです。 また、スーツを着用して仕事を行う職場であれば着回しのしやすさや夏場のようにスカート・パンツだけでも活用できる色合い、グレーや茶系、ベージュ系のようにベーシックカラーのスーツも選んでも問題ありません。

黒・紺・グレー

転職活動の面接で黒色のスーツにこだわる必要はなく、転職では相手に与える印象を考慮してスーツを選びましょう。 黒・紺・グレーのように濃い色合いのスーツであれば問題ありませんが、薄い色合いであれば女性らしい優しい印象を与え、濃い色合いであれば落ち着いた大人の女性を演じさせます。 また、スーツの色に合わせて、ジャケットのインナーは白や淡い色のように清潔感を漂わせるものを選びましょう。

条件2:柄

転職活動には、なるべく無地で黒系のビジネススーツが好ましいと言われていますが、女性のスーツに多いストライプ柄のものを着用しても問題ありません。 転職に相応しいスーツの柄には、無地・ストライプのどちらも着用しても差し支えありませんが、コーディネートのしやすさから無地のスーツが良いでしょう。

無地・派手過ぎない柄

面接時にストライプ柄の入ったビジネススーツを着用することに差し支えはありませんが、控えめな柄のスーツを選ぶことが重要です。 例えば、女性ものに多い目を引くような派手な色合いや濃淡の激しいものは、転職時の面接でも避けるべき柄であり、無地や派手過ぎない柄を選ぶように心がけましょう。 また、ジャケットの下に着用するインナーもノースリーブや装飾品がついたものではなく、シンプルなデザインを合わせましょう。

条件3:ボタンの数

男女関係なく、仕事や転職の面接でスーツを着用する時には、ジャケットのボタンは必ず留めることは常識とされていますが、女性の場合は、スーツによってジャケットに付いているボタンの数や留める箇所は異なります。 例えば、ボタンが一つしかないスーツの場合、その箇所だけボタンを留めれば良いのですが、ボタンが2、3つと複数ある場合には、留める箇所がそれぞれ異なります。

1~3つボタン

ボタンが2つ、3つと付けられたジャケットを身につける時、大半の女性は、ボタンの数だけ全て留めてしまうことがあるでしょうが、レディーススーツの場合は、ボタンの数により留める位置が異なります。 ボタンが複数付いている場合は、全てのボタンを留める必要はなく、2つボタンのジャケットであれば上だけを留めて、3つボタンの場合は真ん中だけを留めます。

ボタンの数ボタンを留める位置
1つ1箇所
2つ上だけを留める
3つ真ん中だけを留める

条件4:スカートの丈

転職活動時にスカートを着用して臨む女性が多くみられますが、スカートタイルのスーツを選ぶ場合には、スカートの丈に注意しなければなりません。 スカートの丈がひざより上になってしまうと、実年齢より幼く見え、頼りない印象を与えてしまい、長すぎても不格好に見えてしまいます。 スカートの種類も極端なスリットの入ったものやフレアスカートなどを避けて、社会人の常識の範囲内でスカート選びを行ないましょう。

ひざ下約5cm

リクルートスーツの場合と同様に、面接時にスカートを着用する場合には、立った時にスカート丈はひざ下5cm、座った時にひざ上5cm以内になるものを選びましょう。 また、女性のパンツスタイルの場合には、パンツの丈がややヒールにかかるくらいを目安に調整し、長すぎる場合には裾上げをしましょう。 また、スカートを着用する時には、ストッキングを必ず着用し、黒のストッキングや黒色のタイツはマナーとして避けます。

女性はパンツスーツでもいいのか

女性の場合には、スカートとパンツスタイルのように2つの選択肢がありますが、転職活動でも必ずスカートを着用する必要はなく、希望する転職先の職種や自身の雰囲気に合わせて選びましょう。 スカート姿は、面接官に女性らしさを与え、受付や事務職、秘書などの職種を希望する方におすすめのスーツスタイルであり、反対に活動的な印象を与えたい場合には、パンツスタイルがおすすめです。

職種によってパンツスーツの方が好印象

職種によってパンツスーツの方が好印象

転職活動にもスカートを着用する女性が多くみられますが、営業職のように、活動的な職種にはパンツスタイルがおすすめです。 パンツスタイルであれば、仕事に対するやる気や上昇志向の高いキャリアウーマンを演出することができ、ベルトループの付いたスーツであればベルトを着用することでアグレッシブな印象を与えることができます。 パンツスタイルでも、スカートと同様に社会人のマナーとしてストッキングは必ず着用しましょう。

転職でいい印象を与える女性スーツを選ぼう

転職でいい印象を与える女性スーツを選ぼう

希望する職種へ転職を成功させるには、面接での受け答えなど基本的なことだけでなく、色合い・柄などコーディネート一つで面接官へ与える印象が変わるスーツ選びも重要です。 男性のネクタイのように、スカートまたはパンツスタイルのどちらかを選べる女性のスーツは、職種によってパンツスタイルを選べば面接でキャリアウーマンを演出でき、転職成功の可能性が高くなります。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

着こなし一つで印象をガラッと変えることができるスーツは、転職だけでなく仕事上でもカッコよく着こなしたいアイテムです。 そこで、レディーススーツの着こなし方やおすすめのスーツブランド、転職希望先へ好印象を与える必須アイテム「証明写真」の服装と髪型を抑えながら、転職成功を目指しませんか。

関連タグ

アクセスランキング