IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーターの職歴を書く方法5つ|重要なポイント3つ

転職ノウハウ

転職の際フリーターの人が履歴書に職歴を書くことで面接官に説得力を持たせることができます。職歴を書くことで何ができるのかが相手にアピールできるので、自己PRや志望動機などにも反映させることができるでしょう。フリーターの人でもアルバイトで経験を積んでおきましょう。

更新日時:

フリーターでも職歴を書くべきなのか?

フリーターでも職歴を書かないと面接で採用されない場合があるでしょう。なぜならアルバイトの経験を大切にする企業が多いためです。フリーターならばアルバイトで得た経験を面接官に話して採用してもらうようにアピールしましょう。 フリーターの人は自分の経験から何をすることができるのかをアピールして、採用を勝ち取ち取れるように動いていきます。

スキルや経験をアピールできる

スキルや経験をアピールできる

アルバイトの経験なども立派な職歴となります。非正規雇用が多いため正規社員と同じ仕事をして人も多いので、アルバイトの経験を大切にする会社が多いためでしょう。アルバイトで得た経験やスキルをアピールして採用の枠を広げるようにします。 フリーターの人で転職を考えている場合はどのようなスキルを積んでいて、また体験した経験からどのように自分が動けるのかをアピールするようにしましょう。

勤務期間もアピールポイントになる

フリーターの人でも勤務期間が長ければ責任者やリーダーを任されることもあるので、長く勤めていればそのことをアピールするようにしましょう。長く勤務できる人ならば、それだけアルバイト先で活躍していると企業は判断するためです。 勤務期間が長い人は、自分がアルバイトでどのようなスキルや経験を積んできたのかを職歴をしてアピールしましょう。

フリーターの職歴を書く方法6つ

フリーターの人でもアルバイトの経験を職歴として書くようにしましょう。そうすることで仕事に対する真摯な姿勢を面接官は感じることができるだけでなく、本人が職歴として捉えることで相手に何ができるかをアピールしやすいためです。 フリーターの人で職歴を書く場合は、適切な書き方を覚えておきアピールしやすいように書くようにしましょう。そのためにはアルバイトでの仕事をする際にきちんと経験を積んでおく必要があります。

方法1:学歴から1行空けて「職歴」と記載

方法1:学歴から1行空けて「職歴」と記載

フリーターの人が履歴書を書く場合、学歴から1行空けて職歴を書くことで、本人がアルバイトでの経験を大切にしていることをアピールできるでしょう。学歴と職歴を別にすることで、仕事と学業の区別がついていると企業側が考えるためです。 フリーターの人は履歴書の学歴の後にアルバイトの職歴を書くようにしましょう。

方法2:入社日と退社日を記載する

フリーターの人でも、職歴に入社日と退社日を書くことで本人が仕事をどのように捉えているのかを面接官は理解できるでしょう。なぜなら、詳しい日時を書くことで本人が仕事自体を重視しているのかが理解できるからです。 フリーターの人は職歴に入社日と退社日を書くようにして、どのような気持ちで入社をして、また退社する際はなぜ辞めることになったのかを答えられるようにしましょう。

方法3:会社名のあとに「アルバイト」と記載

フリーターの人が職歴に雇用形態を書くことで、どのようなことができるのかがアピールできるでしょう。なぜなら、面接の際に話を進める上でどのような仕事を任せられるのかを判断するためにも、雇用形態はっきりさせておく必要があるからです。 フリーターの人で正規の仕事を探している場合は、雇用形態をはっきりさせておき新しい職場でどのように活躍できるのかをアピールするようにしましょう。

方法4:職務経歴書にどのような仕事をしたか書く

アルバイトの経験がある人ならば職務経歴書を別紙に書いて提出しましょう。職務経歴書を別に作ることで、どのような仕事をしていたのかをアピールできるからです。アルバイトでもどのような仕事を何年間していたのかを詳しく書くようにしましょう。 職務経歴書を書く人は仕事に対して真摯に取り組んでいると面接官が捉えることがあるので、アルバイトの経験でアピールできる仕事があれば書いておくようにします。

方法5:アルバイトの退社理由を明確に書く

アルバイトの経験がある人ならば退社して理由を明確に書くようにしましょう。一身上の理由でも会社都合でも退社理由をはっきりさせることで企業側は相手がどのような考えで面接に来ているのかが理解できるからです。 フリーターの人は職歴に退社理由を書くようにしておき、どのような意向で辞めたのか話せるようにしておきましょう。また、現在どのように動いているのかを言えるようにしておきます。

方法6:肩書きがあれば職務経歴書に書くようにする

フリーターの人でも勤務期間が長く、リーダーや責任者をしていればそのことを書いてアピールしましょう。本人にどのような肩書きがあるのかで、どのような仕事を任せられるか面接官がイメージしやすいためです。 アルバイトの経験がある人で、肩書きがある場合はそのことを職務経歴書に書くようにしておき、責任者やリーダーとしてどのような仕事をしてきたのかをアピールするようにしましょう。

履歴書で重要なポイント3つ

履歴書を書く上でポイントを抑えておくことで採用される確率が上がるでしょう。ただ単に何も考えずに書くよりかは、自分の考えを持っていたり自己表現ができていなければ企業側も新しい職場での活躍できないと考えるためです。 フリーターの人が履歴書を書く際は面接官にインパクトを与えるために今までのスキルや経験から得たことを自己PRや志望動機に反映させるようにしましょう。

ポイント1:自己PRはしっかりと自分の強みを

ポイント1:自己PRはしっかりと自分の強みを

自己PRがしっかりできない人は、今までのアルバイトでの経験で多くのことを得ていません。自己PRがしっかりできなければ、仕事や自分の考えがまとまっていなく採用されてもすぐに辞めてしまうと企業側に誤解を与えてしまうからです。 フリーターの人はアルバイトで得た経験を元に職歴や自己PRを書くようにして、自分の長所をアピールして新しい職場で何ができるのかを言えるようにしておきましょう。

ポイント2:志望動機は1番大切なアピールポイント

ポイント2:志望動機は1番大切なアピールポイント

志望動機を明確に書くことで採用される確率が上がるでしょう。なぜこの会社でなければいけないのかをはっきりさせておくことで、本人のやる気や意欲を面接官にアピールできるからです。 フリーターの人は、今までのスキルや経験で何できるのかを盛り込みながら志望動機を書くようにしましょう。ただ仕事がしたいと書くよりかは今までの経験を活かすために今回の職場を選んだと記載すれば説得力が上がるからです。

ポイント3:字は綺麗に分かりやすく

履歴書の字を綺麗に書くようにしましょう。字を綺麗に書くことで職務経験を積んでいることを面接官にアピールできるだけでなく、今回の採用に真剣に取り組んでいることが相手に伝わります。 フリーターの人でも字を分かりやすく綺麗に書くことで、仕事の意欲ややる気をアピールするようにしましょう。また、履歴書をPCで作成することも考えておき、OA機器やパソコンの知識があることをアピールできます。

フリーターでも職歴の記載は大切

フリーターの人でも職歴を書くことでどのように仕事に取り組んでいるのかをアピールできます。アルバイトの職歴を書くことで、これからどのような仕事ができるのかを伝えやすくなるでしょう。 フリーターの人は履歴書の職歴を詳しく書くようにしながら、志望動機や自己PRなどもしっかりさせておき、これから新しい職場でどのような仕事をして成長していきたいのかを伝えるようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

フリーターの人が正規の仕事を探すためには適切に履歴書を書く必要があるでしょう。履歴書を書く際は職務経歴書などを添付するようにして、新しい職場でどのように活躍できるのかをアピールしましょう。 フリーターの人が正規の仕事を探すには社会情勢や雇用形態を考えながら、自分に必要な情報を集めて動くことが大切です。そのためには得た情報を活かして動くことも必要になるでしょう。

アクセスランキング