IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーターでも職務経歴書を作る方法6つ|まとめるコツ

転職ノウハウ

職務経歴書を知っていますか。職務経歴書とは何か、また必要な理由をご紹介します。フリーターの場合でも職務経歴書はきちんと書くべきで、ここではフリーターの場合の職務経歴書の書き方とまとめ方のコツについてご紹介させていただきますのでご参照ください。

更新日時:

職務経歴書が必要な理由

職務経歴書が必要な理由

職務経歴書を知っていますか。就職する場合にバイトでも履歴書を提出しなければなりませんが職務経歴書となると知らない方もいらっしゃるでしょう。職務経歴書とは、それまでにその人が経験した職務経験を記載した書類のことを指します。 大学を卒業し新卒で就職する場合に職務経歴書は添付しませんが、転職する場合には職務経歴書をつけてそれまでの経験をアピールできます。ここでは職務経歴書がなぜ必要かについてご説明します。

人柄を判断する

職務経歴書が必要な理由にまず挙げられるのが、その人の人柄の判断です。職務経歴書を見るとそれまでその人がどのような職場を経験したのか、またどのくらいの期間勤めたのかがわかります。それはその人の個性や人柄の判断につながります。 例えば、職場を数か月で転々とした人やアルバイトばかりの経歴では、本当に仕事を長い間できるのか不安に感じますが、数年間しかも結果を出している人の場合には転職時には有利になります。

能力を見極める

能力を見極める

職務経歴書が必要な理由として、能力を見極めるということがあります。その人がそれまでに経験した職業や業務を通しどういった結果を残したかを職務経歴書を見ることで見極めることができます。履歴書も職務経歴を書く欄はありますが、職務経歴書の場合はより詳しく書くことができ、提出した企業側もより能力について判断しやすくなります。 職務経歴書ではありますが経歴のみでなく自己PRも入れると相手も見極めやすくなります。

何を頑張ってきたのかを知る

職務経歴書が必要な理由に、何を頑張ってきたのかを知ることができるという点があります。職務経歴書ではその人が経験した職業や役職やどういう技能を身につけているかがわかります。またそれだけではなく自己PRも入っていおり、職務経歴書を読むとその人がそれまで何を頑張ったのか知ることができます。 短い期間で人を判断しなければならない人事の方にとって採用の際に重要かつ大きな判断材料となることを覚えておきましょう。

フリーターでも職務経歴書を作る方法6つ

フリーターでも職務経歴書を作る方法6つ

新卒以外で就職する際には職務経歴書を提出しなければならない場合が多いです。職務経歴書は、それまでに正社員だった場合にはその経歴を書けば問題ありませんが、フリーターなど不安定な職業に就いていた場合には職務経歴書にどういう書き方をすれば良いのでしょうか。ここではフリーターでも職務経歴書を作るための方法を6つご紹介します。

方法1:シンプルにまとめる

フリーターが職務経歴書を書くにあたり重要なことは読む相手にとって読みやすい文書になっているかということがあります。職務経歴書が読みにくく難解であると、採用側はせっかく書いた書類もあまり見てくれない可能性があります。職務経歴書はシンプルに書きましょう。 もし自己PRを入れても相手に伝わりやすいシンプルな書き方にすることが大切です。フリーターでも職務経歴書は簡潔に伝えたい内容をまとめることが重要です。

方法2:経験から何を学んだのか

方法2:経験から何を学んだのか

職務経歴書で重要なのは採用側の担当者へのアピールです。職務経験がフリーターの場合、経験のみでは相手にどれだけ能力があるのかが伝わりにくいです。フリーターの方の場合には職務経歴書に職務経験のほかにその職務を通じて何を得たのかをしっかりと書き記しましょう。 職務経験とは技能はもちろんですが人間関係をまとめたということを入れてもいいでしょう。例えばバイトリーダーとしての経験を入れてもいいでしょう。

方法3:仕事で身についたスキルを書く

職務経歴書を書く際フリーターの場合には役職もなく立場的には弱い内容になりがちです。しかしフリーターといえども職務についていたのですから、その仕事で身についたスキルがあるはずです。フリーターで職務経歴書を書く場合、その仕事を通じて自分に身についたスキルを書きましょう。 例えば、接客業なら接客スキルが身についたと書けば接客を行う職種には有利ですし、厨房でフリーターとして働いたと場合は飲食で有利でしょう。

方法4:ポジティブに書く

方法4:ポジティブに書く

職務経歴書を書く際に気を付けるのはフリーターをしている理由です。ネガティブな理由だと自分から能力がないアピールとなります。職務経歴書はフリーターしている理由をポジティブに書きましょう。特に避けるべきは、なんとなくフリーターをしているという理由です。 そうなるとライフプランがない、自分がない人との印象となります。しかし前向きな理由でフリーターをしていたことで相手を納得させ好印象を与えることができます。

方法5:仕事への前向きな気持ち

これはフリーターのみならず、全般に言えることですが職務経歴書には自己PRも含まれますので、その仕事への前向きな気持ちをきちんと書きましょう。どのような仕事をしていたとしても、これからする仕事への情熱が強い人を採用側は欲しがります。 フリーターを経て得たスキルも重要ですが、フリーターの場合には正社員にはそういった点では劣ります。それを覆すには、その仕事への前向きな気持ちを全面に出すことが重要です。

方法6:フリーターと正社員の違いを理解

フリーターの場合、仕事への責任感があるのか不安視される可能性が高いです。そういった不安を採用する側に抱かせないためフリーターと正社員の違いをはっきりと打ち出し、自分は今までしていたフリーターではなく、責任感が重い正社員になりたいという強い思いを相手に伝えるとともに、その違いをしっかりと把握しましょう。 おそらく面接でその辺の質問が来る可能性は高いですので、しっかりとその違いを理解することは必要です。

フリーターの職務経歴書をまとめるコツ

フリーターの職務経歴書をまとめるコツ

ここまでフリーターの職務経歴書を書く方法についてみてきました。ここでは、実際に職務経歴書を書く場合のコツをご紹介させていただきます。フリーターの場合は、正社員だった人よりも職務経歴書に書くべき事柄がないと悩むでしょうが、しっかりと書き方のコツを知り相手になるほどと思わせる職務経歴書を書きましょう。

職務要約

フリーターの職務経歴書をまとめる場合に重要なのは職務要約です。一目でどういった職務経験があるのかがわかるように簡潔にまとめます。まず最初にフリーターの職歴の要約文を3行程度にまとめて記述します。その後、職務経歴の詳細に関して書きます。このとき、読み手のことを考えて見やすく書くようにしましょう。 内容はもちろんですが、簡潔にわかりやすくまとめてあることは相手への印象を良くすることを覚えておきましょう。

職務経歴

職務経歴

フリーターの職務経歴書には、特にその企業に関連する職歴を書きましょう。本来ならフリーターとして同じ年数勤めた先だったとしても、より就職したい企業に近い職務をアピールするのは悪いことではありません。それにより企業側の採用担当者への強いアピールにもなり、就職できた場合にどういった面で役立つかを採用担当者へ伝えることができます。 職務経歴を書く場合は自分のスキルを就職後にどう活かすかを意識しましょう。

自己PR

フリーターの職務経歴書では自己PRが重要です。フリーターはどうしてもその不安定な職務から採用担当者から計画性のなさや能力の無さを不安視されるケースも少なくありません。そういった場合に正社員を経験してきた人よりも好印象を与えるために採用担当者へのアピールが重要になってきます。 職務経歴書で自己PRを行うことにより採用担当者に覚えてもらえる上に、自分の良いところをしっかりアピールできます。

フリーターでも職務経歴書は必要

フリーターでも職務経歴書は必要

いかがでしたか。フリーターでも職務経歴書は書かなくてはならない場合があります。そういう場合、どのような内容を書けば良いのかわかっていただけたでしょう。職務経歴書は、ただそれまでの職務経験を書いたものではなく、自分のスキルを相手に伝え、また自己PRをする場でもあります。 フリーターだった場合でも書き方のポイントをしっかりと押さえて、採用担当者をうならせる良い職務経歴書を書くようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

フリーターの職務経歴書の書き方について関連する記事がありますので、以下にご紹介させていただきます。フリーターを経て正社員を目指す方は、以下の記事をしっかりと読み参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング