IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

受かる職務経歴書に必要な項目5つ|最終チェックポイント

転職ノウハウ

職務経歴書の正しい書き方を知っていると、転職活動で受かる確率は格段に上がります。職務経歴書がイマイチだと、企業の採用担当者は良い印象を持ってくれません。受かるためには、職務経歴書をしっかりと書かなければいけません。受かる職務経歴書の書き方を知りましょう。

更新日時:

職務経歴書とは

職務経歴書とは

転職活動において、職務経歴書は非常に重要な役割を持っています。自分の希望する企業に受かるためには、職務経歴書の書き方をしっかり知っておかなければなりません。 職務経歴書とは、これまで自分がどのような仕事をしてきたか、またその中でどういった経験をし、それらを通じて何を得たのかを企業にアピールするための書類です。ただ自分の経歴を羅列するだけでは、企業へのアピールにはならないので注意しましょう。

受かるために大切なのは「自己分析」

受かるために大切なのは「自己分析」

転職活動で良い結果を得るために、何よりも重要なのは自己分析です。自己分析とは、自分がどのような人間であるかを深く掘り下げて考えることを表します。 転職が上手く行く人は、自分に適した仕事がどんなものか、自分には何ができるのかをきちんと知っています。まずは、自分がどういった仕事で本領を発揮できるのか、しっかりと見極めておきましょう。

自分を知る4ステップ

自己分析に役立つ、4つのステップをご紹介しましょう。 1.まず、これまでの自分を振り返ります(振り返り)。 2.次に、やりたいことを考えることを考えます(WILL)。 3.さらに、今の自分にできることを考えます(CAN)。 4.最後に、やらなければならないことを考えます(MUST)。 このような順番で考えていくのが、合理的な自己分析の進め方であると言えます。さらに、書き出して考えるとわかりやすいでしょう。

受かる職務経歴書に必要な項目5つ

受かる職務経歴書に必要な項目5つ

次に、受かる職務経歴書に必要な項目5つをご紹介します。受かるための職務経歴書には、過不足ない情報を書いておかなければなりません。 必要な情報が記載されていないと、職務経歴書を読んだ企業が情報不足を理由に不採用としてしまう可能性があるからです。受かる職務経歴書を書くためには、どの項目が必要であるかを強く意識し、整理することが大切だと言えます。必ず何を書くべきなのかをひとつひとつ確かめていきましょう。

1:職務要約

1:職務要約

職務要約は職務経歴書の初めに書くもので、自分がこれまでしてきた仕事について簡単にまとめた文章を指します。受かる職務経歴書には、これは絶対に欠かせない項目です。 職務要約が書かれていると、企業側としてはその人がどのようなキャリアを積んできたのかを簡単に知ることができるので、興味を持ってくれる可能性がグッと上がります。

客観的な事実を伝える

職務要約では、主観を入れた文を書いてはいけません。あくまでも、自分がどのように行動したか、どういった仕事に従事していたかなどの客観的な視点から、相手が納得できることだけを書くようにしましょう。 「その時自分はこう思った」という感想や、明らかな誇大表現などは避けましょう。受かるための職務経歴書には、そういった文章は相応しくありません。

具体的な数字を提示する

自分が関わった仕事における、具体的な数字を提示することは、受かるためにとても効果的です。単に「売り上げが伸びた」と言うより、「30%アップした」と書いた方が相手に伝わりやすいでしょう。 具体的に数字を提示することは、職務経歴書を書く上で忘れてはならないテクニックのひとつです。自分の能力をアピールするために、積極的に使っていきましょう。

文字数は200~300程度

職務要約は長くなりすぎてはいけません。職務要約が長くなってしまうと読みにくいですし、結局何が言いたいのかわからなくなってしまいます。 文字数は200~300字くらいを目安にしておきましょう。受かる職務経歴書は読みやすく、相手にこちらの言いたいことをスムーズに伝えられるような書類です。相手へのアピールを第一に考え、長々と書くのではなく、短くまとめることを心がけてください。

2:職務経歴

2:職務経歴

職務経歴は、相手に自分の強みを伝えられるように書きましょう。これまで勤めた企業で「何をしてきたのか」、「どういった業績をあげてきたのか」を詳しく書きます。 職務経歴は、ただ勤務していた会社を書き並べれば良いというわけではありません。受かるためには、どのようなプロジェクトに関わっていたか、いくつのチームで活躍したかなど、具体的なことを書く必要があります。

逆年代順式

職務経歴書の職歴には、逆年代順式という書き方があります。これは、新しい職歴から順番に書いて行くというスタイルで、直近の職歴をアピールしたい時に有効な書き方です。 通常の書き方では直近の職歴を最後に書くことになってしまうため、採用者の目に留まりにくくなってしまうことも考えられます。これまでの仕事で、アピールできる職歴があるのであれば、逆年代順式も視野に入れてみて下さい。

3:経験と知識と能力

3:経験と知識と能力

職務経歴書には、自分が持っているスキルについてもしっかり記載しておきましょう。特に、TOEICやPCなどのスキルは、多くの企業に求められています。受かるためにはそういった知識や能力をアピールする必要があります。 また、自分の経験は余すところなく書いておきましょう。転職先で役立てることができる経験であれば、なお良いと言えます。

4:自己PR

4:自己PR

自己PRで大切なのは、「自分こそが企業の必要としている人材である」というアピールです。受かるためには企業とのマッチングが必要ですから、職務経歴書上で、自分がその企業でどう活躍できるかをアピールしましょう。 自分の持つ経験や資格などをどのように活かして力を発揮できるか、意気込みが伝わる文章が求められるため、曖昧な言葉ではなく、できるだけ具体的な例を挙げるようにすると説得力が増します。

5:志望動機

5:志望動機

受かるための職務経歴書の志望動機には、「なぜ、この企業でなけれはならないのか」をきちんと書いて下さい。企業側に「この人物は他の選択肢を持っている」と見られれば、不採用になる可能性が出てきます。 何を求めて、自分がその企業に転職したいのかを書きましょう。相手を納得させることができる志望動機があれば、「この人は我が社でしかできないことをしたいのだ」と考えてくれるでしょう。

職務経歴書の最終チェックポイント

職務経歴書の最終チェックポイント

職務経歴書を書き終えたら、必ず最終確認をして下さい。職務経歴書の体裁がぐちゃぐちゃだと一気に心証が悪くなって、受かるものも受からなくなってしまいます。職務経歴書を書く上で、最後にチェックしておきたいポイントを、きちんと押さえておいて下さい。

フォント

職務経歴書に最も相応しいフォントは、明朝体と言えます。職務経歴書はビジネス書ですから、ポップなフォントよりも、最もポピュラーな明朝体を選ぶのが無難です。 大きさは10.5~11ポイントがいいでしょう。見出しをつけるのであれば、少し大きめにするのもいいですが、あまり大きくしすぎるとかえって見づらくなってしまうので、全体のバランスは考えるべきです。

年月

職務経歴書に職歴を書く時は、自分が勤めていた年月をきちんと確認しておきましょう。年月と事実が合致していない場合は、虚偽を申告していることになってしまいかねません。 年月は、職務経歴書に書く前にしっかりと調べて、確実に正しいものを記載するようにして下さい。。

和暦と西暦の混在

職務経歴書には、和暦と西暦が混在しないように気をつけましょう。これは注意していないとやりがちなミスですから、最後に必ず確認しておいてください。 受かるためには、こういった小さなミスが命取りになります。企業側は、和暦と西暦が混ざっていると違和感を抱いてしまいますから、どちらかに統一しておきましょう。

誤字脱字

誤字脱字には最大限の注意を払いましょう。受かる職務経歴書には、誤字や脱字があってはいけません。注意力がない人なのかな、と思われてしまいますし、イメージがガクッと下がってしまうことは避けられないでしょう。 受かるためには、少しでも悪い印象を与えたくはありませんから、誤字脱字には気を配っておくべきです。

受かる職務経歴書を完成させよう

受かる職務経歴書を完成させよう

受かる職務経歴書は、ポイントさえ押さえておけば必ず作ることができます。自分がなぜその企業に入りたいと思ったのかをじっくりと考えて、それを落とし込んでいきましょう。 職務経歴書は自分を企業にアピールするためにとても重要です。どうすれば自分を表現できるか、しっかり考えて書いてください。

この記事に関する情報もチェックしよう!

職務経歴書に関する情報は多く持っておくべきです。そこで、こういった記事をあわせてチェックすることをおすすめします。企業の人事担当が、書類を見て何を考えているのかということはぜひ知っておくべきでしょう。

関連タグ

アクセスランキング