IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

公務員におすすめの転職サイト6つ|公務員試験の種類

転職サービス・サイト

どのようにすれば公務員に転職できるか分からない人も多くいるのではないでしょうか。公務員に転職する場合は転職サイトを利用することをおすすめします。ここでは、公務員に転職する際のおすすめの転職サイトを紹介しているので参考にしてください。

更新日時:

公務員が人気の理由

公務員が人気の理由

日本にはさまざまな職業があり、好きな職業を選んで就職することができます。さまざまな職業がある中で、華やかな職業が人気が高い傾向がありますが、公務員も人気が高い職業でもあります。そのため、公務員に転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか。 公務員に転職する場合は転職サイトを利用すれば、手軽に公務員の求人を見つけることができます。公務員にはさまざまな種類があるためよく確認しましょう。

収入が安定

収入が安定

公務員は収入が安定していることが人気が高い理由です。転職サイトで公務員の求人を探す際も、給料が高く安定している場合が多いため、魅力的に感じる職業でもあります。職業の種類にもよりますが、一般的には景気や売上高によって給料が変動してしまうこともあります。 しかし、公務員は景気に関係なく、毎月決まった給料が支給されます。また、ボーナスや昇給も安定しているため、より魅力的な職業に感じることが多いです。

福利厚生の充実

福利厚生の充実

福利厚生はさまざまな種類に分けることができますが、一般的な福利厚生は家族がいることで手当てをもらうことができます。福利厚生の手当てを支給するかどうかは、企業主が決めることができるため、全く福利厚生がない場合もあります。 公務員では福利厚生が充実しているため、安定した収入を得るだけではなく、さまざまな手当てを受けることができます。そのため、仕事自体にやる気が芽生えるということもあるでしょう。

長期的に働ける安心感

長期的に働ける安心感

転職サイトで公務員を探している人は、長期的に働ける安心感を求めている場合が多いです。誰でも自分に合った職業に就職することができれば、長期的に働きたい気持ちがありますが、景気などによってやめさせられたり、責任を取らされる場合もあります。 しかし、公務員はよっぽどのミスを行わない限りクビになることはありません。そのため、定年まで高い確率で働き続けることができる職業でもあります。

公務員におすすめの転職サイト6つ

公務員におすすめの転職サイト6つ

公務員に転職するためには、転職サイトを利用することをおすすめします。公務員は特殊な職業であるため、求人が出されることが少なく転職したい気持ちがあっても転職できないこともあります。 転職サイトを利用すれば公務員の求人を見つけることもでき、高い確率で公務員の求人と出会うことができます。次に、公務員に転職する際におすすめの転職サイトを紹介するので、公務員になりたい人は参考にしてください。

転職サイト1:リクナビNEXT

リクナビNEXTは大手転職サイトであり、転職する8割の方が利用しています。それだけの実績があるため、安心して利用することができます。また、転職サイトのイメージは、求人情報を確認して応募することが一般的ですが、リクナビではスカウトサービスを利用することができます。 スカウト登録することで、企業側から個人の職務履歴などを見て興味が湧いた場合は企業側から連絡がきます。

転職サイト2:マイナビエージェント

マイナビエージェントでは、他の転職サイトでは掲載されていない非公開求人を多く保有しています。そのため、他の転職サイトを利用するより多くの公務員の求人と出会うことができます。 また、マイナビエージェントでは20代の利用者から評価が高く、20代で公務員になりたい人におすすめの転職サイトでもあります。内定した後もアフターケアをしてくれるサービスを行っており、安心することができます。

転職サイト3:doda

dodaの転職サイトでは、何も登録しなくても転職サイト側の職員とチャットで話すことができます。そのため、転職することに不安がある人や、公務員に転職するためにはどのようにすればよいのか分からない人でも手軽に利用することができます。 すぐに知りたいことを知ることができるため、早期に転職について知りたい人におすすめの転職サイトです。転職することが初めての人にもおすすめです。

転職サイト4:エン転職

エン転職の転職サイトは、日本最大級の転職サイトです。特に、転職したい女性の方の利用者におすすめです。現在の職業をやめて転職を行いたい女性や、結婚や妊娠で一時仕事をやめていた人におすすめの転職サイトでもあります。 最近では、女性の立場も確保されつつありますが、またまだ女性が転職することは男性に比べて厳しいです。そのような時にはエン転職を利用してみてはいかがでしょうか。

転職サイト5:RE職活

RE就活の転職サイトの特徴は、20代に利用者を絞っていることです。そのため、20代で公務員などに転職しようと考えている人におすすめの転職サイトです。 また、公式サイトでは利用者の性格などを分析して、どのような職業が適しているかを診断できるサービスを行っています。そのため、どのような職業に転職するか決めていない人や、決めきれない人でも、自分に合った転職先を見つけることができる転職サイトです。

転職サイト6:ミドルの転職

上記で紹介した転職サイトは20代の利用者をメインにしていますが、ミドルの転職では30~40代の方にターゲットを絞っている転職サイトです。公務員は20代ではないと転職することができないイメージが強いですが、30代でも公務員になるチャンスは残されています。 ミドルの転職では、30~40代に適した求人情報を多く掲載しているため、転職することが厳しい年代の人におすすめの転職サイトです。

公務員試験の種類

公務員試験の種類

公務員になるためには、場合によっては試験を受けることが必要になる場合もあります。そのため、転職しようと考えておいても資格がないために求人資格に適さない場合もあります。 公務員の種類には、国家公務員と地方公務員に分けることができますが、詳しく把握していない人も多くいるのではないでしょうか。次に、国家公務員と地方公務員の違いを詳しく紹介しますので、公務員に転職したいものの違いが分からない人は参考にしてください。

国家公務員

国家公務員は医療や教育者だけではなく、外交や防衛までさまざまな職種に分けることができます。そのため、専門の知識や資格はもちろんですが、一般常識も身につけておく必要があります。 多くの職業で、就職する際には面接などをするだけの場合が多いのですが、公務員になるためには筆記テストを行い、合格する必要があります。地方公務員より国家公務員の方が難しいテストになる場合が多く、事前にテスト勉強をしておきましょう。

国家総合職

国家総合職は、政策の立案などを行う仕事を行う役職です。官僚も国家総合職で、政界に表立って登場することはありませんが、裏では多大なる仕事を遂行しています。 国家総合職になるための試験は非常に難しく、大学の入学試験よりハイレベルの試験に合格する必要があります。そのため、勉学に自信がないと受かる可能性は低く、狭き門でもあります。しかし、合格すれば国家総合職というステータスを手に入れることができます。

国家一般職

国家一般職とは、上記で紹介した国家総合職が立案した政策などを実行する人が国家一般職です。国家一般職の試験内容は、国家総合職よりもレベルが低く、高校生レベルの学力でも合格することは可能です。 そのため、進学校や学力に自信がある高校生でも、受かる可能性は十分にあります。公務員に転職しようとしている人でも、ある程度の勉強をすることで試験に合格することが可能で、幅広い人が採用される可能性があります。

地方公務員

地方公務員

公務員には国家公務員と地方公務員に分けることができますが、公務員の8割が地方公務員です。地方公務員の仕事内容や都道府県の職員や警察、消防署なども含まれています。 地方公務員の試験は種類によって大きく変わり、状況に応じで勉強をする必要があります。警察や消防の場合は、筆記試験だけではなく、体力テストなどを実施されることもあり、体力づくりも必要になります。日頃から体力づくりをすることをおすすめします。

上級

地方公務員

地方公務員の試験は幾つかに分けられ、最も難しい試験が上級です。大学卒業できるぐらいの学力が必要になる試験であり、年齢制限も30歳前後と決められていることが多いです。そのため、地方公務員に転職したいものの年齢制限で受験できない場合もあります。 上級の試験には大卒レベルの学力が必要ですが、大学を卒業している必要はなく、フリーターから地方公務員になることも可能で、幅広い人が挑戦することができます。

中級

地方公務員

地方公務員の中級の主な仕事内容は窓口での受付などが主な仕事になります。中級の試験には短大卒業の学歴が求められる場合もありますが、高卒や大学卒業でも受けることが可能な場合があります。中級は年齢制限がほぼないため、転職先に選ばれやすいです。 学力の試験も重要視されますが、中級の場合は受付業務がメインになるため、面接を重要視している傾向があります。そのため、面接時のポイントを確認することをおすすめします。

初級

地方公務員で試験レベルが最も低いのが初級です。一般的に高校卒業できる学力があれば合格ラインに届く試験なため、転職を考えている人でも試験に合格する可能性は高いでしょう。しかし、上級よりも雇用人数が少ないため、転職できる可能性も下がる傾向があります。 あまり学力に自信がない人におすすめの転職先でもあります。主に自治体が試験を用意したり、採用を決めるため、自治体によってレベルも変わってきます。

公務員に転職するなら試験対策をしておこう

公務員に転職するなら試験対策をしておこう

公務員に転職することを考えている場合は、試験対策をしっかり行っておくことをおすすめします。公務員に転職したいと考えている人は一度社会人になっているため、勉学からも離れています。そのため、過去にできた問題でも全く手がつけられないことも、珍しいことではありません。 公務員に転職する場合は、公務員の種類によって勉強する範囲が異なるため、事前に把握することで念願の公務員になることに近づくことができます。

この記事に関する情報もチェックしよう!

公務員の職種は収入が安定していることで人気が高い職種でもあります。そのため、公務員に転職したい人は多くいますが、自ら公務員をやめてしまう人もいます。公務員をやめた後に後悔してしまう場合もあるため、やめる前によく考えることをおすすめします。 下記には国家公務員から転職した際に後悔したことや、公務員になるための面接時のポイントを詳しく紹介しています。公務員の方や、なりたい人は参考にしてください。

関連タグ

アクセスランキング