IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職サイトランキングTOP10|見るべきポイント

転職サービス・サイト

人気のある転職サイトを利用してどれが自分の転職条件に合致するのか知りたいという方向けな、転職サイトランキングのTOP10をご紹介します。転職サイトを閲覧する時に見るべきポイントがどこにあるのかについても言及します。転職サイトの特集です。

更新日時:

転職サイトとは

転職サイトとは

今、あなたは転職をしたいと希望していますか。もし転職をしたいと考えた場合、いろいろな情報収集の方法を想定します。その中の一つで「転職サイト」を利用されている方も少なくありません。転職サイトとは、採用する企業側が掲載している求人案内のサイトです。それを閲覧した転職希望者が自身で応募できるサービスを言います。 今回は、転職サイトをランキング形式でご紹介し、各サイトの特徴なども簡単に言及していきます。

転職サイトとエージェントの違い

一方では、転職支援サービスを行う「転職エージェント」と呼ばれているものがあります。これは、自分の目で情報を探す転職サイトとは異なります。エージェントに登録しその後サービスを利用した場合には、転職支援に関するプロのキャリアカウンセラーが仲介役になってアドバイスや支援をしてくれます。 マンツーマンで対応してくれるケースが多く、転職希望者の強みや特徴を考慮した、最適な求人企業を無料で紹介してくれます。

転職サイトのメリット

転職サイトのメリット

転職サイトとエージェントとを比べた際のメリットはなんでしょうか。大きく2つあると見ていいでしょう。一つめは、募集案件の豊富さです。求人企業もまずは転職サイトへの求人広告を出すパターンが圧倒的なので、自分で適した業種や職種を探し出せる可能性があります。 もう一つは、好きな時に好きなタイミングで閲覧して転職活動をすることができるという点です。その求人に応募するもしないも、本人次第で自由に決められます。

転職サイトのデメリット

転職サイトとエージェントとを比べた際には、デメリットも少なからずあります。エージェントを仲介させた場合には、キャリアカウンセラーが適切なアドバイスやフォローをしながら、転職成功へと促して導いてくれるのに対して、転職サイトは無人な状態です。応募者は自己責任ですべてをこなすことになります。 困ったことを解決したり面接書類や交渉ごとについても、最終的には自分の判断で決めて、話をとおしていくしかありません。

転職サイトランキングTOP10

転職サイトランキングTOP10

ここでは、転職活動時に役立つ主な転職サイトのランキングをご紹介します。転職の成功の秘訣は、より確かな情報をキャッチしながら、そこにエントリーする決心の繰り返ししかありません。転職活動を効率的に行えるよう、各ランキング上の転職サイトの掲載内容やその特徴を言及していきますので、ぜひ理解しながら上手に活用していただけることをおすすめします。

10位:ビズリーチ

転職サイトランキングの第10位には、最近、テレビCMでも見かけたことがある方も多いと思われる「ビズリーチ」がランキングでされています。国内最大級なエグゼクティブ向けの会員制転職サービスです。非公開案件を多数取り扱っていて、ここへ登録するとその情報に合わせたヘッドハンターからのスカウトのお知らせが届くシステムです。 今までに築いたスキルや実績を転職でも活かしたいと考える方にはおすすめな転職サイトです。

9位:リクルートエージェント

9位:リクルートエージェント

転職サイトランキングの第9位には、「リクルートエージェント」がランキングされています。非公開求人に関しては業界最大級とも言われ、その数も10万件は保有しているとされています。転職サイトというよりも実質的には「転職エージェント」が母体です。 求人案内だけではなく書類添削や面接へのアドバイス、各種交渉なども行っています。転職支援の数は年間2万3000名以上、万全なサービスで、転職者をフォローします。

8位:マイナビ転職

転職サイトランキングの第8位は「マイナビ転職」です。常時約8000件以上の求人掲載数を誇っている日本最大級クラスの転職サイトの一つでもあります。求人欄の他にも、巷で行われている転職関連イベントやセミナーの情報案内や、転職成功のためのノウハウを無料提供しています。 もし転職活動が初めてだという方、転職に不安があるという方は、まず分かりやすいマイナビ転職を利用してみることをおすすめします。

7位:doda

7位:doda

おすすめ転職サイトランキングの第7位は「doda(デューダ)」です。昔から知られている老舗の転職サイトの一つです。dodaは転職サイトと転職エージェントのサービスの併用ができるというのが魅力です。 また転職時に気になる適正年収を教えてくれる「年収査定」ができたり、転職先はどのような職種が合っているのかを知りたい方向けに「キャリアタイプ診断」といった、転職についての役立つコンテンツが充実しています。

6位:エン転職

転職サイトランキングの第6位は「エン転職」です。ネット検索してみるとほぼ上位の検索結果へとランクインされることで、利用者数も日ごと増えている転職サイトでもあります。コマーシャルなど宣伝も積極的に行われているので、使いやすさと分かりやすさがあるサイトです。 会員獲得などについてのマーケティングに強いことも特徴とされています。今後もさらに会員数を大幅に増やしていく期待値が持てる存在とされています。

5位:とらばーゆ

5位:とらばーゆ

転職サイトランキングの常連の一つが「とらばーゆ」です。リクルートが運営する女性転職サイトとして日本で初めて登場しました。人気ランキングでも女性からの支持が高く、もはや老舗の転職サイトと言えます。募集案件は女性に特化しているため、例えば「産休や育休取得実績ありのお仕事」といった検索上の機能も充実していることが特徴です。 女性の求人掲載は、まずここへの登録という流れが既にできあがっています。

4位:Find Job

転職サイトランキングの第4位は「Find Job」です。IT関係に強い転職サイトです。Webエンジニアやプログラマ、デザイナーやマーケティング関連などを含めたWeb関連職についての求人数や質は最優手だとされています。自分の持っている専門スキルから求人を探すこともでき、最適な案件をピンポイントで探し出せるのが特徴です。 また、あらかじめ自分のスキルを登録しておくと、条件に見合ったスカウトも入手できます。

3位:キャリトレ

3位:キャリトレ

転職サイトランキングの第3位は、テレビコマーシャルでもお馴染になりつつある「キャリトレ」です。ビズリーチが新展開している20代から30代前半向けにメインターゲットを置いた転職サイトです。若手社会人の求人に特化し、スマホに最適化させている新しいスタイルです。興味がある求人についてAIが最適な求人レコメンドするというシステムがあります。 職務経歴を登録しておけば、スカウトが届く「プラチナスカウト」もあります。

2位:ミイダス

転職ランキング第2位は「ミイダス」がランクインしています。dodaを手掛けているパーソルキャリア株式会社が展開する新サービスです。dodaで長年培ったt転職求人情報のノウハウで、無料会員ユーザーに向けて200以上の職種別、10段階以上の年齢別、学歴別の年収データを公開しています。 自分のスキルや経験は、転職市場で適切に評価されるのか確認できる人気サイトです。求人は完全独自取材で限定された案件です。

1位:リクナビNEXT

転職サイトランキングのトップ1は「リクナビNEXT」です。一般の転職者約8割が利用した経験がる転職サイトで、毎週,000件を超える新着や更新求人を取り扱う業界最大規模と言えます。求人数は転職サイトの中でもトップクラスです。 安定企業はもちろん成長中のベンチャーやスタートアップ企業の求人案件も豊富にあります。検索機能も洗練されています。また、スカウトメールの配信数もトップを誇っています。

転職サイトランキングで見るべきポイント

転職サイトランキングで見るべきポイント

転職サイトのランキングもいくつか掲載されているため、その中から、自分に適した転職サイトを選んで登録することもあるでしょう。その際にはどのような選び方のポイントやコツがあるのでしょうか。ここでは、転職サイトランキングから厳選する際の選ぶポイントについて言及します。 転職サイトランキングのさらなる深いチョイスの方法を、自分なりにも見出しておきましょう。

求人の多さ

転職の際に最も気になることと言えば、転職サイトの求人数の多さと質です。特に自分が行きたい業種についての求人数は、多いに越したことはありません。転職サイトのランキングを広く見渡しつつも、自分の転職成功の可能性や選択肢を増やす意味でも、求人数は必要な情報と言えます。各転職サイトにて公開されている情報を確認することが大切です。

どの業界に強いサイトなのか

どの業界に強いサイトなのか

転職サイトランキングを見渡してみると、各サイトにはそれぞれ特色があることに気がつきます。その際、どの業界に強いのかがなんとなくわかってきます。どんな業界の求人情報に強いサイトなのかを、事前に確認しておくことがポイントです。 自分が志望する業界が絞れているのであれば、総合転職サイトはもちろんのこと、業界の専門性に長けている転職サイトを調べることで、より最適な求人に巡り合える確率が高まります。

独自のコンテンツ

普通どのような転職サイトも、その他多くのの競合サイトとの差別化を図る意味で工夫が凝らされています。そのために、独自のサービスやコンテンツを考えて掲載しているところが多いという特徴が見られます。 転職活動のノウハウについてや、自己分析ツール、各種サービスなど、各転職サイトの独自のコンテンツが、転職希望者にとってどう役立てることができるのかを確認しておくことも大切です。

転職サイトランキングを参考に選ぼう

転職サイトランキングを参考に選ぼう

以上、転職サイトランキングのベスト10を中心に、転職サイトを見る時のポイントについてご紹介しました。転職サイトはもちろんのこと、転職支援エージェントにも注目しながら転職活動を進めていきましょう。 双方の利点を効率よく利用していくことがポイントです。最終的な目標は、どっちが良いか悪いかということではなく、理に適った転職に成功することにあります。そのための利用価値があるのであれば積極的に活用しましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

転職サイトおよび転職支援エージェントのサービスにまつわる情報は、これからもまだまだたくさん見つかるはずです。求人案件のサイト以外にも、転職に関わる心得やコツ、ノウハウ、最新情報なども随時チェックしていく習慣を忘れないようにしてください。他にも転職についての記事がありますので、こちらも併せてご覧になってください。

アクセスランキング