IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大手転職エージェント11社|大手のメリットを活かし転職しよう

転職サービス・サイト

現在は転職が日常的に行われていますが、転職は失敗すると大変に困窮する事態を招きます。そのリスクを減らす意味でも大手の転職エージェントを活用するのはいい方法ですが、転職エージェントを知らない人もいます。その情報を知ることで、いい転職活動ができると言えます。

更新日時:

大手転職エージェントのメリット

日本では終身雇用制が衰退し、転職市場は大きくなる一方です。日本でも海外と同じように転職は当たり前という流れができていて、転職に関連する事業も活況を呈しています。 転職をアシストしてくれる業種に転職エージェントがあり、転職エージェントでは本人が希望の企業に採用してもらえるように手助けを行ってくれます。その中で大手の部類に入る転職エージェントを活用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

求人数が多い

求人数が多い

大手の転職エージェントは人員や宣伝費を多くかけていて、そのために扱っている求人数はとても多くなっています。この求人数の多さは選択肢の幅が増え、転職を考える人には希望に近い仕事先を選ぶことができるでしょう。 転職を行う場合に困るのは就職先が限定されることであり、そうなると本意ではないところに妥協して就業することになります。そのようなデメリットを、大手の転職エージェントは回避してくれます。

データベース化されている

データベース化されている

企業が欲しがる人材は会社ごとの傾向があり、いくら優秀な人でも会社の考え方と異なっていれば採用は難しくなるでしょう。転職市場の流れを大手の転職エージェントはデータベース化していて、その情報から最適な転職活動を行っています。 転職市場でのデータベースは求職者には興味深い情報ですが、一般的に出回っているようなものではありません。そのため大手の転職エージェントか持つデータは、とても役立つ情報でしょう。

実績が豊富

実績が豊富

大手の転職エージェントは開始からの期間が長いところが多く、豊富な実績を積み重ねているという強みがあります。これが新規参入しているところでは実績がないため、転職活動にも支障になる可能性が出るでしょう。 多くの実績を残しているということは、その転職エージェントが的確な転職活動を行っている証拠と言えます。転職は誰でも早期に採用されたいと願うため、実績が豊富にあるところが期待できると考えます。

大手転職エージェント11社

大手転職エージェント11社

転職は市場規模が拡大していて、多くの職種が業務を行うようになってきました。以前までの転職は、本人と就職先になる会社との直接的なやり取りしかありませんでしたが、今は本人と就職先との橋渡しをする業者が多くなっています。 大手の転職エージェントは就業先になる企業の採用状況や内部情報を入手していて、転職で目指す企業の内容を事前に知るには最適と言えますが、その特徴はどのようになっているのでしょうか。

1:リクルートエージェント

大手の転職エージェントの会社の中でも最大手に該当していて、求人数と利用者数が最も多いのがリクルートエージェントです。求人数が多いことで、求職者は自分の希望に近い転職先をいくつも選ぶことができるでしょう。 サポート力も評判であり、面接対応や企業への営業力もしっかりとしているので内定率も高くなっています。ただし最大手で利用者数が多いため、メールや電話での返答が遅れる場合があり、そこは注意が必要です。

2:doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多く、担当者の専門性が高いことから、あらゆる業種で適切な対応をしてくれる大手の転職エージェントです。また面接対応や職務経歴書の書き方など、親身になって対応してくれるのも高評価になっています。 dodaでは無料で転職先になる企業を閲覧することができ、転職セミナーも頻繁に行っているので、事前に転職したい企業について直接知るための機会を作ってくれています。

3:マイナビエージェント

3:マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手でも高いサポート力で注目されていて、就職できるためにキャリアアドバイザーが親切丁寧に対応してくれると評価されています。 マイナビエージェントは若い世代への対応力が強く、20代や転職回数の少ない人には有利に転職をアシストしてくれ、女性のキャリアアドバイザーも多いので女性も安心して対応してもらえます。 その反面、中高年層の人への対応力は苦手にしている傾向があります。

4:JACリクルートメント

4:JACリクルートメント

JACリクルートメントはイギリスで発祥した外資系企業であり、外資系の会社の求人数が豊富に揃っています。 JACリクルートメントは30代以降の年齢層の人に対して、管理職や高い年収を提示しているハイキャリアの職種を中心に求職活動を展開しています。 求人の内容が高いスキルと経験を必要とするので経歴が足りないような求職者には紹介できないとはっきりと答えるのは、大手ですが外資系の特徴と言ってもいいでしょう。

5:ジェイック

ジェイックは求職者のタイプに合わせてコースが選択できるようになっていて、女性や20代、第二新卒者など自分の適性に合わせて求職活動ができるようになっています。 ジェイックはスキルの乏しい人にも自社独自のビジネス研修を受けられるというサポートが無料であり、転職が成功するように後押ししてくれます。 大手の転職エージェントの中にあって、ここまで強いサポートを行ってくれるのはジェイックが一番だと言えます。

6:ハタラクティブ

6:ハタラクティブ

ハタラクティブは20代の若い世代の就職支援を中心に行っていて、若い世代の人が正社員になるための求職先を多く持っています。 大手の転職エージェントでハタラクティブは非公開になっている求人案件も多く持っていて、若い人に就職の可能性を広げている転職エージェントです。 メインターゲットを若い世代にしているため、中高年世代の人が紹介先を求めてきた場合には、満足いく結果が得られない場合もあります。

7:ファッショーネ

大手の転職エージェントの中で、このファッショーネはアパレル業界への転職を中心に行っているという特徴を持っています。アパレル業界では専門職から販売員まで、幅広く取り扱っています。 アパレル業界に特化した転職活動を行っているので、ファッショーネ独自の求人も数多く取り扱っていて、アパレル業界で働きたい人には心強い転職エージェントです。 地域ごとに専任コンサルタントを配置して、転職支援を行っています。

8:レバテックキャリア

8:レバテックキャリア

IT・WEB系のエンジニアに特化した求人活動を行っているのが、このレバテックキャリアです。他の大手の転職エージェントは多くの業種を扱っていますが、このレバテックキャリアは100%エンジニアの業種しか取り扱っていないという特徴があります。 年間で300以上の企業訪問を行っていて多くのWEB系求人を取り扱っていますが、エンジニアとして相当のスキルを必要としていて、経験の無い人では対応をしていません。

9:ワークポート

9:ワークポート

ワークポートはIT・WEB・ゲーム業界の求人を多く取り扱っていて、エンジニアだけではなく多くの職種を提案しているので評判が高い大手の転職エージェントです。 ワークポートは一人の求職者に対して多くの転職先を紹介してくれるのはいいのですが、サポート力があまり強くないため、本人次第という部分が多くなっています。 大手ですが登録が簡単であり、紹介先が多いので転職市場の傾向を見る場合に適しているでしょう。

10:パソナキャリア

パソナキャリアは人材派遣業を長く行っていたパソナが転職エージェントを行うために立ち上げた会社であり、人材派遣業で培ったノウハウと企業からの信頼感があり、取り扱い企業数がとても多くなっているという特徴があります。 パソナキャリアは求職者に対する対応が親切丁寧とする声が多く、扱っている職種も幅広いので、大手の転職エージェントの中でも利用している人はとても多くて高い評価を得ています。

11:type

11:type

typeは首都圏を中心にIT・WEB系のエンジニア業界への転職に強みを持っていて、大手でサポート力が高く、担当するキャリアアドバイザーの知識も豊富で詳しい業務内容の質問についても受け答えをしてくれます。 職種を特化しているので信頼性が厚く、エンジニアでの就職を目指している人には力強い味方になってくれるでしょう。ただし大手ですが首都圏でしか展開しておらず、他の地域は対応していません。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトの違い

転職でインターネットを活用したいと考えた場合、転職エージェントと転職サイトという二つが出てきます。どちらも求人情報が掲載されていて同じように見えますが、その内容は異なっています。 転職は人生の中でも重要なイベントであり、納得いく形で遂行したいと考えるでしょう。納得した転職活動を行うためには転職サイトと転職エージェントの違いを認識していて、自分に最適になるために上手に活用して下さい。

求人数

求人数は転職エージェントの場合は大手であれば大量の案件を持っていますが、それでも転職サイトと比較すると少なくなっています。転職サイトはただ求人情報を掲載しているだけで、その職種も特定の業種に特化していないために多くなっています。 求人数の多さは転職を考えている人にとっては大切であり、少なければ自分が希望する仕事とは違う職種に就かなければいけなくなってしまうでしょう。

企業側の採用目線

企業側の採用目線

転職サイトは企業からの求人情報を掲載しているだけですが、転職エージェントは企業側がある程度の裁量権を与えていて、転職エージェント側で採用の可能性が高いと評価されれば、実際に雇用される確率は高くなっています。 大手の転職エージェントは企業の内部事情や欲しい人材を熟知していて、長く取り引きを行っているので信用も得ているからです。 そのために大手の転職エージェントでは、紹介を拒否する場合もあります。

合格率

転職サイトは掲載している求人情報を本人が直接にコンタクトをして求職活動を行いますが、転職エージェントは企業側に本人の経歴などが報告され、それで面識を受けるので合格率は高くなっています。 転職エージェントは求職者が転職を希望する企業が求める人材と違う場合、適合するために研修やサポートを行ってくれます。 採用してもらえる可能性を高めたいのであれば、転職エージェントを選ぶ方がいいでしょう。

転職率

転職サイトや転職エージェントで就職しても、どちらも再び転職する可能性があります。ただし転職エージェントの方が雇用条件や待遇がいいことが多く、転職率は転職サイトより低いでしょう。 転職エージェントの場合、大手は担当のアドバイザーと一緒になって就職できたという経緯もあり、簡単には退職しなくなる傾向が強くなっています。 転職サイトは求人情報を掲載しているだけであり、サポートが弱いことも理由の一つです。

大手転職エージェントのメリットを活用しよう

転職エージェントも大手から中小まで、その規模は異なっています。小さいところは小さいなりにメリットがありますが、やはりメリットの大きさでは大手には及ばないでしょう。 大手の転職エージェントは多くの企業と取り引きしている実績があり、どのようなサポートをすれば就職がうまくいくのかというノウハウを持っています。 また企業の信頼度も全く違いますが他にも多くのメリットがあり、情報を知ることは大切です。

この記事に関する情報もチェックしよう

大手の転職エージェントを利用するメリットは会社によって異なっているため、自分に最適な転職エージェントを見つけるには情報は必要不可欠です。 以下の関連記事では大手の転職エージェントについての情報が掲載してありますので、これから活用したい人も、既に利用していてももっと自分に適合するする転職エージェントを探す意味でも、役立つ情報が見つかるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング