IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経理に強い転職エージェント5選|エージェントを使い分けよう

転職サービス・サイト

未経験から、あるいは経験者のさらなるステップアップなど、経理へ転職する時に利用すると心強い、経理に強い転職エージェント5選についての記事です。5つの転職エージェントについての解説や特色、転職エージェントを利用する際の注意事項について解説しました。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 経理の仕事にはコミュニケーション能力や自発的な行動力などが必要
  • 簿記や会計などの知識は必要不可欠なので勉強しておこう
  • 経理に強い転職エージェントを上手に活用しよう

やりがいのある職業として人気な経理のお仕事ですが、転職しようと思ったらスキルや実績だけでは採用されない可能性があります。それは、その人自身の強みやコミュニケーション能力など、人間性が問われる部分も関わってきます。 自分が本当に向いているのか、自分の強みは何なのかをプロからアドバイスもらいませんか?「リクルートエージェント」であれば、経理に関する求人も多く、専門的なキャリアアドバイザーから的確なアドバイスをもらうことができます。

経理とは

経理とは

経理を一言で表すと、会社経営において重要な「利益」や「資産」を生み出すために、お金の管理をすることです。会社が利益や資産を生み出すためには、商品などの仕入れを行い、販売活動をするために経費を支払わなくてなりません。経理は、そういった流れの中で動く、お金の管理を行う役割を担っています。 ひとつひとつの仕事に派手さはありませんが、会社において、経営判断の重要な業務をしており、組織に欠かせない存在です。

経理に求められる人材

ここ近年、経理の役割は、単に計上された数字の集計を行えばいいという傾向が薄れてきており、数字を読み取り、会社の中にある問題を把握して、解決策や善後策を提示できる能力が求められて来つつあります。 そのためには、きちんとしたプレゼンのできるコミュニケーション能力や自発的な行動力などが必要不可欠となります。また、会社の経営数字に対して強いことは基本条件なので、簿記や会計などの知識も不可欠です。

経理に強い転職エージェント5選

転職エージェントは世の中に多く存在しますが、世の中に存在するすべての職業に対して強いエージェントは少なく、ある特定の業界や、ある特定の職種に強いといったことの方が多くなります。この項では、数ある転職エージェントの中でも、経理に強い転職エージェント5社についての、特徴などについて解説します。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートが展開するリクルートエージェントは、転職決定数ナンバーワンをうたっている転職エージェントです。 「求人の質・量が圧倒的で、幅広い求職者に対応している」、「対企業への交渉力が高く、内定率が高い」などといったプラスの口コミがある反面、「担当者の当たりはずれが大きい」、「積極性はあるが、しつこく強引なことがある」などといった、マイナスの口コミもあります。

転職実績ランキング1位

うたい文句として掲げている転職実績ランキング1位は、10万件以上とも言われている求人情報数と、口コミにあるように、キャリアアドバイザーと呼ばれている、コンサルタントの対企業への交渉力の高さにあると言えるでしょう。また、幅広い求職者に対応している点も、実績ランキングを1位に押し上げている要因の一つと言えます。 「リクルートエージェント」なら経験実績問わず、登録しておいて損のない転職エージェントのひとつです。

MS-JAPN

経理・人事・法務、あるいは総務といった、会社組織の中でも、管理部門特化型ナンバーワンをうたっている転職エージェントです。大手の転職エージェントに比べ、求人数は少な目ではありますが、経理や総務など、転職したい業種が確定している場合に、登録をしておくと良いエージェントになります。 また、求人数が気になる場合は、リクルートエージェントなどと併用して登録すると、幅広い求職ができるので、おすすめです。

管理部門に特化

20~30代の管理部門スタッフを得意とするアドバイザーも在籍していますが、30~40代の管理部門リーダークラスや、40~50代の管理部門の管理職や役員、また公認会計士事務所などのスタッフへの転職に強いアドバイザーの在籍が、管理部門特化型ナンバーワンとなった背景と言えるでしょう。 30~40代の実務経験者が、ステップアップを目指すための転職を志すため利用するのに、最も適してる転職エージェントです。

パソナキャリア

人材派遣領域において業界2位の実績を持つ、パソナにより運勢されており、求人件数50,000件以上、取引実績16,000件以上、年収アップ率67.1%以上と、実績数字を前面に出している転職エージェントです。一般的によくある、押しつけがましい提案がなく、親身で丁寧な相談と、転職すべきか悩んでいる人にもフラットに対応してくれるコンサルタントの姿勢には、定評があります。

初心者向け

履歴書や職務経歴書の添削、あるいは面接対策などのサポートに関する丁寧さや、電話やメールによる問い合わせに対するレスポンスの速さなど、転職初心者や第二新卒者には、おすすめしたいエージェントです。 また、求人内容の質の高さや、女性の気持ちがわかる相談姿勢などにも評判がありますので、未経験から経理への転職を考える20~30代の人には、利用しやすいエージェントと言えるでしょう。

4:JACリクルートメント

4:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、イギリス外資が発祥の日系転職エージェントです。どちらかと言えば、グローバルかつハイキャリアな求人案件に強いエージェントで、国内の求人案件を中心としている、他社の転職エージェントとは一線を画した存在となっています。 利用者も、高学歴でビジネス英語を当たり前に使いこなすような、ハイスペックな人たちが中心となっています。

経験者が対象

JACリクルートメントの紹介する求人案件は、スキルの高いスペシャリストを求めている内容となっております。経理の仕事でしたら、財務数字に強いとか、経理の仕事でのマネージメント経験が長いなどの能力を求められますので、経理の経験値の高い人向きの転職エージェントと言えるでしょう。

5:ジャストネットキャリア

公認会計士や税理士、あるいは企業の経理担当者など、経理の正社員の転職に特化した転職エージェントです。同じ経理の仕事でも、保持する資格や探している職種などによって、転職先を検索できるシステムは、経理での転職先を探す上で、非常に役立ちます。

運営20年以上の実績

経理関係の案件に絞られた内容と、実務内容に詳しいコンサルタントの存在など、経理への転職を考える上では、比較的成功しやすいエージェントと言えるでしょう。また、登録者は、web学習サービスを無料で利用できるため、働きながら勉強ができることも強みです。 会社設立年は1996年と、経理専門で20年以上運営している実績は、経理に特化した求人内容と、メリットのあるサポートがあってこそ、とも言えるでしょう。

転職エージェントを使う時のポイント

転職エージェントを使う時のポイント

転職エージェントは利用しさえすれば良いと言う訳ではありません。エージェント側も仕事で職業紹介やコンサルティングなどを行っている以上、職業を紹介してもらう側も、「いいところがあれば転職しよう」など、生半可な気持ちで臨むのは、相手に対して失礼にもあたります。 この項では、相談に乗ってもらい、転職を進める時、あるいは実際に職業を紹介してもらう時など、転職エージェントを使う時に注意したい項目について、いくつか解説します。

「転職したい」と意欲を伝える

「転職したい」と意欲を伝える

転職エージェントを利用する以上、「転職したい」という意欲のあることは、第一条件となります。同じ転職したいという意欲でも、「職場に嫌気がさして」とか「人間関係が辛くなった」など後ろ向きな理由ではなく、転職したいことに対する前向きな理由や、そのために自分がどんな風に研鑽し、スキルを積み上げているかなどのアピールも必要となります。

コンサルタントの相性

転職エージェント側も任意で担当者を決めているため、相手側を責めることは難しくなりますが、担当コンサルタントとの相性もまた、転職エージェントを使う際の、ポイントのひとつとなります。転職理由やキャリアプラン、現在のスキル、あるいは働くことに対する自分自身の考え方など、コンサルタントと話すことは決して少ないものではありません。 自分の考えがきちんと伝わる、そんなコンサルタントが理想的と言えます。

キャリアやスキルに嘘をつかない

転職エージェントを利用する場合、キャリアやスキルに嘘をつかないことも、気を付けたいポイントになります。資格もないのに資格を持っているとか、経験も無いのに経理職の経験があると嘘をついて転職に成功したとしても、入社後、何らかのタイミングで嘘がばれることになります。 また、そのような嘘は、自分自身のみならず、人材紹介をした転職エージェントの信頼も傷つけることとなりますので、避けたいところです。

推薦文を確認させてもらう

転職エージェントを経由して会社などの選考に応募する場合、転職エージェントからの推薦文を利用できます。この推薦文は、転職エージェントが書くもので、どこの転職エージェントでも書いてもらえます。 紹介する人の人物像や転職理由、経験やスキル、あるいは紹介理由などが記載されている推薦文の内容が、転職のカギを握っているとも言えます。自分がどう見られているのかを知るためにも、推薦文の確認をさせてもらいましょう。

経理に強い転職エージェントを利用しよう

この記事のまとめ
  • 経理の仕事にはコミュニケーション能力や自発的な行動力などが必要
  • 簿記や会計などの知識は必要不可欠なので勉強しておこう
  • 経理に強い転職エージェントを上手に活用しよう

転職エージェントは多く存在しますが、転職を成功させるのなら、ただ単に利用すれば良い訳ではありません。求人数や紹介実績だけでなく、経理の仕事に強い転職エージェントを利用することにより、転職成功への道は開けます。 経理の仕事への転職を成功させるためにも、求人数や職種内容、あるいは自分のキャリアなどを鑑みた上で、転職エージェントを使い分け、転職を成功させましょう。 どの転職エージェントを使うべきか悩んでいる人は、「リクルートエージェント」がおすすめです。

この記事に関する情報をチェックしよう!

この記事に関する情報をチェックしよう!

この記事では、経理に強い転職エージェントについての解説に留めていますが、「経理に強い転職エージェントの比較」では、実際のエージェントの評価などについても解説しています。また、「経理への転職方法・経理の仕事からの転職」では、他の職種から経理、あるいは経理から他の職種への転職について解説しています。 これら2つの記事の内容も、併せてチェックしましょう。

関連タグ

アクセスランキング