IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントランキングTOP10|エージェントの選び方

転職サービス・サイト

今回は「転職エージェントランキングTOP10|エージェントの選び方」と題して、「転職エージェントランキングTOP10|エージェントの選び方」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「現代の転職エージェントランキングTOP10」についてご紹介します

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職エージェントは、担当者との協力によって転職活動が進められていく
  • 利点・強み・魅力を把握した上で自分に合うエージェント選びが大切
  • 一般的に「総合型」と「特化型」の2種類のエージェントがある

転職に関して少しでも悩んだり、どうすればいいんだろうと困ったときに頼りになる転職エージェントですが、実際に利用したことが無い人も多いでしょう。 転職エージェントの特徴を知った上で活用すれば、他の人と差をつけた条件で面接に臨めるので内定を勝ち取れるチャンスも大きくなります。 転職エージェントの中でも幅広い年代に人気の「リクルートエージェント」を利用すれば、スピード登録ですぐに求人を確認することができるのでおすすめです。

転職エージェントとは

転職エージェントとは

一般的に言われる「転職エージェント」というのは先述のように「転職希望者が転職サイトを活用する際に、具体的かつ実践的にその就活を斡旋してくれる専門のサイト」となるため、普通の転職サイトとは完全にシステムが変わってきます。 つまり転職エージェントを利用する際には、転職サイトを利用する際には一般的に付かない「担当者」が付けられ、その担当者との協力によって転職活動が進められていきます。

サポートしてくれる担当者がいる

転職エージェントを利用する際に見られる大きな魅力では、転職サイトの場合とは違い、「担当者」という形で専門のスペシャリストが付いてくれる点です。この担当者によってさまざまな「転職サイト」の情報や求人情報の提供がなされるため、随時「自分に必要な役立ち情報」を転職希望者は受け取ることが可能になります。 また転職に必要な知識や準備を着実にしてくれるため、安心して就活を行なうことができるでしょう。転職・就職に関するアドバイスを兼ねた「カウンセリング」を受けることができ、転職に際して自信がない点やわからない点についていろいろ相談することができ、さらにその先の転職に必要な知識や行動についても手取り足取り教えてくれます。

希望する条件の企業を紹介してくれる

基本的に転職エージェントを利用する上では「確実に転職することができる会社・求人情報」を率先して提供してくれるため、成功へのレールが敷かれた就活を行なうことがたやすくなります。その上で「希望する会社への転職がスムーズになる」という利点が付くため、確実に転職を成功させたいという人にとっては願ってもない支援になってくれます。

非公開の求人を紹介してくれる

また転職エージェントを利用する上で最大の利点は、転職・就職に関するアドバイスを個別に兼ねた「カウンセリング」を受けることができる点です。つまり、転職に際して自信がない点やわからない点についていろいろ相談することができ、さらにその先の転職に必要な知識や行動についても手取り足取り教えてくれます。 転職サイトを利用する場合は基本的にハローワークを利用する形とほぼ同じになるため、ここまでの支援は普通なされません。その上で各転職エージェントにおいて「独自公開している(一般のネット情報では非公開の)転職情報が満載」となるため、それらの情報を活用することによって、さらに有利な転職活動を進めていくことができるでしょう。

転職エージェントランキングTOP10

さて、先述では「転職サイトと転職エージェントの違い」をはじめ、転職エージェントを利用する上での特典・魅力などについてご紹介してきましたが、ここからは「転職エージェントランキングTOP10」と題して、主に独自に活用する上で効率の良い転職エージェントをランキング形式で発表していきます。 このランキングは飽くまで「一般的に利用されている転職エージェントにおける人気度・知名度・転職斡旋率」などを基準にしているため、利用者によっては当然個別性が見られます。

10位:レバテックキャリア

10位:レバテックキャリア

まずいろいろな転エージェントのランキングでもおすすめとされる、この「レバテックキャリア」についてのご紹介です。当サイトの魅力は「転職後のアフターサービス(アフターサポート力)」が非常に高く、その上で「転職後の利用者の満足度が非常に高いこと」で有名な転職エージェントとして認められています。 「求人情報の豊富さ」やその質、また転職に必要とされる情報収集におけるサービスは他の転職エージェントと比べて平均的になりますが、しっかり転職後でもアフターケアしてくれるサービス対応の充実は多くの利用者にとって魅力となるでしょう。

9位:マイナビエージェント

9位:マイナビエージェント

若者世代から壮年層にまでおすすめされ、さらに転職エージェントランキングでも常に上位にある「マイナビエージェント」についてのご紹介です。 当サイトでは多くの場合、「IT関連・コンピューター関係に職種に強い転職エージェント」を看板にしており、特にコンピューター関係のスキルが高い20代から50代の人にとってもかなりサポート力を持つ転職エージェントとなるでしょう。

8位:リブズキャリア

8位:リブズキャリア

一般的に「リブズキャリア」という転職エージェントは女性専用の「リクナビエージェント」になりますが、女性のキャリアアップを目指すことに特化した当社ならではの、徹底して安心できる就活サポートが充実しています。 特に面談の際でも各種企業別に「個別の能力やスキル」に焦点を当て、確実に希望する職場をつかむことのできる、総合的なサポートに徹してくれます。完全会員制で、会員ならではお得な情報も実に満載です。面談は本社・支社で行なわれますが、個別の配慮としてオンライン面談も相談可です。 転職エージェントランキングでは常に上位を勝ち取る程の支援力(サポート力)、求人情報力などを合わせ持っているため、一度は活用してみると良いでしょう。

7位:ビズリーチ

7位:ビズリーチ

多くの転職希望者による活用されている「ビズリーチ」についてのご紹介です。この転職エージェントの大きな特徴は先述のように「転職後の年収のアップ率や安定した就職活動・生活」への配慮が非常に優れている点にあり、その上でキャリアカーバーを利用する場合と同じく「ハイクラス」の企業層へ組み込める転職活動がメインとなります。 しかし転職エージェントを利用する際の難点としては「アドバイザーのサポート力」に若干不足する点が見られる傾向があり、その分を「自分で補う形でサポートしていくこと」が課されます。その際には資格の所有、高い学歴の保持、またそれまでのキャリアがフィルターに掛けられるため、その点によく配慮しておきましょう。 転職エージェントランキングでもトップにランキングされる程の実力を持つ当エージェントなので、ぜひ一度利用してみましょう。

6位:キャリアカーバー

6位:キャリアカーバー

世代を問わず転職時によく活用されるこの「キャリアカーバー」についてのご紹介です。この転職エージェントの大きな特徴は、上手く活用すればするほど、「自分の理想的な転職先へ有利に入れる」といった成長型の転職エージェントである点に見られます。 「通常のリクルート活動を行なう場合でもいわゆる「ハイクラス」と呼ばれる採用募集に組み込むための斡旋を得意としているため、たとえば不動産業への転職を望む場合でも「一流企業の名を冠する不動産への転職」がスムーズになされる傾向が高まります。 ランキングでもはやはり「必須とされる資格の取得」や「それなりに高い学歴の保持」をはじめ、それまでのキャリアにおいていわゆる一流企業・大企業に勤めていた経験の面がピックアップされるため、それらの点にも配慮しておきましょう。

5位:dodaエージェント

5位:dodaエージェント

次は「dodaエージェント」についてのご紹介です。この転職エージェントの大きな魅力は「求人数の豊富・充実度」と「転職アドバイザーの良質」に見られ、未経験職種への転職をはじめどのような環境にある転職希望者にとっても、その個別能力と仕事との相性を見積もった上で「理想的な転職先」を案内してくれるでしょう。 さらに「未経験の職種」についても情報提供力は破格に高く充実しているため、まったく知らない転職先について調べる際には、とりあえず当転職エージェントのアドバイザーに相談してみると良いでしょう。 多くの転職エージェントランキングでも常に上位に食い込む程の実績を上げており、その知名度も周知のとおりに高いため、現代でも非常に人気のあるエージェントとなります。

4位:リクルートエージェント

4位:リクルートエージェント

次はこの「リクルートエージェント」についてのご紹介です。当エージェントの魅力的な特徴はやはり「求人情報の充実した豊富さ」と「サポート力の高さ」で、当エージェントを利用した場合は必ず「自分の能力・スキルにとって理想的な職先が見付かる」などの評判も立つ程の実践的なメリットが見られます。 非常に多くの世代から常用されている転職エージェントでもあり、転職エージェントランキングでも常に上位に見られる人気のエージェントです。 それぞれの個別能力や性格などに十分配慮した上で、転職後の生活が確実に安定するように「リクルートエージェント」ならしっかりとしたサポートをしてくれるでしょう。

3位:ギークリー

3位:ギークリー

常に転職時におすすめされる「ギークリー」についてのご紹介です。当エージェントの魅力は「派遣求人」の実践でもお馴染みの「求人情報の豊富さ」と「サポート力の高さ」に見られますが、その上でさらに「一流企業から中小企業までのあらゆる就職情報」が満載的に掲載されている点が大きなメリットとなります。 さらにサイトそのものの活用方法も非常に利便性が伴い、初めて利用する人にとっても「とても簡単な情報操作だけでほとんどの項目を確認できる」といった、非常に優れたサイト・サポートとなります。

2位:ワークポート

2位:ワークポート

次は、特に壮年層の転職時におすすめされる「ワークポート」についてのご紹介です。この「ワークポート」という転職エージェントは「就職支点・転職支援サイトにおけるエリート」とも称される程のサポートレベルの高さを誇っており、とにかく「求人情報の豊富さ」や「サポート力の高さ」をはじめ、あらゆる職種分野の情報が満載しています。 20代、40代など、どのような年代から転職する場合でも、それぞれの利用者に見合った特にIT関連企業への転職斡旋を図ってくれるため、多くの利用者にとって満足のいく転職サポートとなるでしょう。

1位:Wantedly

1位:Wantedly

そして第1位は、どの年代層でもその就活支援を着実にしてくれる「Wantedly」についてのご紹介です。当エージェントの大きな魅力的な特徴は「それぞれの転職希望者の能力や環境によって求人情報・トレンドに見合わせて掲載している点」で、特にサイトの使用法においてはかなり利用しやすいサポート力が見られます。 どの年代層の就職希望者にとってのニーズ・役立ち情報も満載気味で紹介されているため、その点では情報提供力の高さと、そのサイトの使いやすさ、またその後の就活における利点がかなり高まる傾向が予測されることでしょう。 転職エージェントランキングでも常にトップに君臨する程の転職斡旋率を誇り、さらに独自非公開の役立ち情報を保持しているため、ぜひ転職を検討する際には活用しましょう。

自分に合うエージェントの選び方

まず先述しましたように、「転職サイトと転職エージェントの確実な違い」について把握しておき、その上で自分にとって「どの転職サイト・エージェントを活用するのがよいか」ということについてきちんと確認しておくことが大切です。 転職エージェントランキングや口コミ評価・評判などを常に参考にしておき、それぞれの転職エージェントに見られる利点・強み・魅力を把握した上で「自分の希望や性格に見合ったサイト」を活用することによって、着実な転職希望への成功が約束されることになるでしょう。

総合・特化型の特徴を知っておく

転職エージェントというのは一般的に「総合型転職エージェント」と「特化型転職エージェント」に分けることができ、その2種類のエージェントの特徴をもって転職活動の支援がなされます。この場合の「総合型転職エージェント」というのはいわゆる「満遍なく転職情報・求人情報を紹介する百貨店型のエージェント」となります。 上記を踏まえた上で「特化型の転職エージェント」というのはいわゆる「専門店」のエージェントとなり、たとえば「IT業界専門のエージェント」や「飲食店関係専門の転職エージェント」となる傾向が見られます。

口コミを参考にする

先述でも少し触れましたが、転職サイト・転職エージェントを活用する場合にはまず、インターネット情報として常に掲載されている「口コミ情報・評判」などもその参考にしておき、少しでも自分にとって有利に利用できるエージェントを選ぶことがおすすめされます。 転職エージェントランキングを参考にする場合でも、同時に口コミサイトによる「利用者の生の声」をきちんと確認しておき、実際に利用してどうだったか・どのような独自公開情報の利点があるかなど、その体験者にしかわからない情報を確認することは大切です。

ランキングでも得られる求人の量や質で決める

これは主にネット情報で間に合う情報収集となりますが、転職サイト・転職エージェントの両方を決めるとき、その決定の判断基準を「求人の量や質で決める」という方法はよく採られます。 つまり「求人情報が多いということは、それだけ自分の能力・スキルに見合った転職先が見付かる可能性が高くなる」ということになります。 転職エージェントランキングでもこの「求人情報の豊富さ」をそのランキングの基準にしている背景があるため、これはランキングを参考にする上でも得られる情報となるでしょう。

転職エージェントランキングを参考にしよう

この記事のまとめ
  • 転職エージェントは、担当者との協力によって転職活動が進められていく
  • 利点・強み・魅力を把握した上で自分に合うエージェント選びが大切
  • 一般的に「総合型」と「特化型」の2種類のエージェントがある

今回は「転職エージェントランキング」をメインにご紹介してきましたが、このランキングの詳細をまず把握しておき、それぞれの利点・強みを確実に活用することによって、転職希望者は理想的な活動につなげていくことができるでしょう。 転職エージェントランキングではまず「現代の転職エージェントがどのような位置付けになっているかについての情報収集」をはじめ、その情報を上手く活用することによって、転職サイト・転職エージェントの両方の活用方法の効率を上げることにつながります。 転職エージェント選びに困った場合は「リクルートエージェント」がおすすめです。さまざまな企業との繋がりが強いので、非公開求人を多く保持しています。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関連する情報もチェックしよう!

先述では「転職サイトと転職エージェント違い」や「転職エージェントランキング」などについてご紹介しましたが、実際に転職先を検索し、それに向けての転職活動を行なっていく際には、転職エージェントランキングもいろいろな必須の情報を与えてくれるでしょう。 転職時の情報は1つでも多い方が確実に利点となるため、自分にとって役立ちそうな知識・ビジョン・将来設計のためのヒントが見受けられるサイト情報は、確実に得ておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング