IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

中小企業の優良求人を見つけるポイント8つ|働く上でのメリット

転職ノウハウ

中小企業とはどのような企業なのでしょうか。また、どうすれば中小企業の優良求人を見つけられるのでしょうか。このぺージでは、「中小企業」をテーマにして、中小企業の特徴や優良求人情報の探し方、中小企業で働くメリット・デメリットについて、考察・ご紹介しています。

更新日時:

中小企業とは

中小企業とは

日本には、さまざまな企業が存在していますが、「大企業」「中小企業」といった分類に区別することが可能です。 「中小企業」とは、大企業と比較すると、資産や従業員数が少ない企業を指す言葉だと言われています。 中小企業の定義は、業界や職種によって異なりますが、例えばサービス業の場合は、以下の引用の定義に当てはまる企業が中小企業に分類され、資本金や従業員の人数によって定義されていることが引用から読み取れます。

資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

大企業に就職することが正解ではない

大企業に就職することが正解ではない

現代社会では、大企業への就職だけが正解ではないと言われるようになっています。 大企業は、年収などが高く、福利厚生が充実しているイメージがありますが、近年は中小企業の中にも、高額年収や豊富な福利厚生を実現している企業は少なくありません。 また、中小企業は融通がきく企業が多く、大企業よりも個人を尊重した働き方や配属を行っている企業が多いと言われています。

中小企業の求人が注目されている

就職活動や転職活動の際、一昔前までは大企業の求人情報ばかりが注目されていましたが、近年は中小企業の求人情報も注目されていると言われています。 中小企業の場合、大企業よりも倍率が高くないケースもあり、採用されやすいと考えられそうです。また、中小企業の求人情報の中には、大企業以上に良い条件を提示している優良な情報も多く、個性的なものやユニークな内容の求人情報も多いとされています。

中小企業の優良求人を見つけるコツ

中小企業の優良求人を見つけるコツ

上記でも触れたように、優良な求人情報も多いと言われている中小企業ですが、どのようにすれば中小企業の優良な求人情報を見つけることができるのか、ポイントやコツについても知っておきたいところです。 そこで続いては、優良な中小企業の求人情報の探し方について、考察・ご紹介していきます。 求人情報の探し方がわからないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

1:高い技術力を持っている

良い内容の求人情報を出している中小企業でも、企業に安定性や伸びしろがない場合は、良い求人情報とは言えません。ですから、求人情報を出している中小企業が、どんな企業なのか、よく調べることは優良求人の探し方の基本とも言えるでしょう。 特に製造業やIT業界の企業の場合は、技術力が重要となります。競合と渡り合い、生き残れるほどの高い技術力を持っている企業か注目してみるのも、優良求人の探し方だと言えそうです。

2:業界内で強いシェア率を持っている

2:業界内で強いシェア率を持っている

中小企業の優良求人の探し方として、求人情報を出している企業のシェア率に注目してみるのも、ポイントです。 中小企業に転職する際は、同じ業界の競合企業や大企業にも負けずに業績を出している企業かどうかが重要となります。業界内におけるその企業の立ち位置やポジションに注目することは、大切なことです。 上記のような背景から、中小企業の業界内シェアから求人情報を探すのも、おすすめの探し方の1つと言えそうです。

3:説明会に参加する

中小企業の優良求人の探し方として、説明会への参加が挙げられます。掲載されている求人情報のスペースは、ごくわずかです。中小企業側も、重要な点や強調したい点、必要最低限の情報などしか、掲載していない可能性があります。 上記のような背景から、求人情報に掲載されている情報は、一部にすぎないと考えられます。ですから説明会に参加して、求人情報だけではわからない会社の雰囲気などについても、調べることが大切です。

4:わからないことは質問する

求人情報に掲載されている条件や情報は、一部分にすぎません。そのため、情報が不十分であったり、重要な部分が掲載されていなかったりすることもあります。 わからない部分や不明な所をそのままにして求人情報への応募や転職・就職をしてしまうと、後から後悔することになる可能性もあるでしょう。 ですから、わからない点や不明な部分については、問い合わせたり質問したりすることも、優良求人の探し方のコツだと言えそうです。

5:見学する

5:見学する

中小企業の中には、就職・転職志望者による、社内の見学を受け付けている所もあります。そのような企業を見つけた場合は、積極的に見学してみるのも、優良求人の探し方のポイントだと言えそうです。 実際に見学してみることで、社内の雰囲気や労働環境、社員の様子などを見ることができ、求人情報からは読み取ることができない部分まで、知ることができる可能性があります。

6:福利厚生を確認する

中小企業に限らず全ての企業に言えることですが、福利厚生の詳細について、求人情報に掲載していない企業もあります。そのため、年収や職種だけを見て志望したり転職・就職したりすると、採用後に後悔することになる危険性もあります。 ですから、求人情報を探す際は、福利厚生の詳細まで調べた上で、検討することが大切です。保険や有休、各制度がどのようになっているのか、明確にすることも、優良求人の探し方のコツです。

7:会社情報を確認する

7:会社情報を確認する

中小企業の求人情報へ応募をする際は、応募をする前に必ず、会社情報などを確認することをおすすめします。 企業の会社情報には、資本金や所在地、設立日や従業員数など、さまざまな情報が掲載されています。それらの会社情報を確認することで、志望する企業がどの程度の規模の企業か、信頼できそうな会社かどうかといった点について、知ることができる可能性があります。

8:休日・休暇制度を確認する

福利厚生と通じるものがありますが、中小企業の求人情報について調べる際は、休日や休暇がどのようになっているのか、確認することも大切です。 中小企業の中には、休日出勤がある可能性の企業もありますし、職種によってはお盆や年末年始の休暇が取りづらいこともあります。 企業側が提示している休日や休暇の条件でも問題ないかどうか、確認して納得した上で転職・就職すれば、後悔せずに済む確率が高まるでしょう。

中小企業で働くメリット・デメリット

中小企業で働くメリット・デメリット

続いては、中小企業で働くと、どのようなメリット・デメリットがあるのか、考察していきます。 上記でも触れましたが、中小企業には、大企業とは異なる特徴や性質があります。そのため、メリットやデメリットも、大企業で働く場合とは異なると考えられるでしょう。 この機会にぜひ、中小企業で働くメリット・デメリットについて、考えてみて下さい。

メリット

まずは、中小企業で働くメリットについて、考察していきます。 中小企業で働くメリットは、融通がきく点です。職種や業務内容、雇用形態や働き方などについて、会社に相談しやすい環境となっており、自分のやりたい仕事ができたり、働きやすい働き方で勤務できたりする可能性も高いと言われています。 また、1つの物事や分野に特化している企業が多いため、興味のある分野や技術を徹底的に伸ばせる可能性もありそうです。

デメリット

続いて、中小企業で働くデメリットについて、考えていきます。 中小企業は、大企業と比べて規模が小さく、従業員数も少ない傾向にあります。そのため、人手が足りずに長時間労働や休日出勤をざせざるを得ないこともあるでしょう。 また、企業によっては福利厚生が整ってない企業やブラック企業のようなところもあるため、優良企業とブラック企業の差が激しい点も、中小企業のデメリットと言えそうです。

自分に合う中小企業の求人を見つけよう

自分に合う中小企業の求人を見つけよう

今回は、中小企業をテーマにして、中小企業の特徴や優良求人情報の見つけ方、中小企業で働くことのメリット・デメリットなどについて、考察・ご紹介しました。 中小企業には、大企業とは異なる特徴があり、メリットやデメリットも違ったものになっています。ですから、求人情報を探す際は、中小企業の特徴をよく理解した上で探すことが大切です。 中小企業の特徴や求人情報の探し方のコツについて、この機会に覚えておきましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

転職をする際は、さまざまな可能性を考え、あらゆる情報を集めて判断することが大切です。そのためには、中小企業の特徴や優良企業の見極め方、転職活動のコツなどについても、学んでおくことをおすすめします。 以下の記事には、関連情報が多数掲載されているため、この機会に確認しておくことをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング