IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自営業からの転職を成功させるポイント5つ|おすすめの職業

転職ノウハウ

自営業からの転職は会社員からの転職とは違い難しい面があります。しかし、自営業からの転職には何が必要なのかを理解すれば、会社員への就職は難しくありません。今自分に何ができるのか、またこれからどうしていきたのかを明確にすることで道が開ける場合があります。

更新日時:

自営業は転職が難しい

自営業をしている人は組織で仕事をしていないので、会社に勤めることが難しいことがあります。会社組織で物事を考えることが難しいこともあるので、転職を希望してもなかなか受け入れてもらえないことがあるからでしょう。 自営業をしていた人で、会社での仕事を探す場合は自分の実績やしてきた経験を活かすような職業に就けるようにします。

扱いずらい

扱いずらい

自営業の人は自分のペースで店舗経営などをしてきているので、組織で働くことに慣れていません。そのために会社員に転職する際は考え方を変えたり、扱いずらいというイメージを失くす必要があるでしょう。 自営業の人が会社員に転職したい場合は、組織に馴染むことを考えながら動いていく必要があるので、必要以上に自分の意見を通すことをやめて組織で働くことに馴染むようにします。

ポジションが難しい

自営業をしてきた人はできることが少ない場合があるので、どのポジションにつかせるのか会社側が悩んでしまうことがあります。会社側にポジションが難しいと思われないようにも、資格を取り、できることを増やしていく必要があるでしょう。 会社の人は自営業をしてきた人に対してのイメージがつかみにくい事があるので、会社員として仕事をする場合は資格の取得や今までの実績を活かせるように仕事をしていきます。

事業失敗を懸念される

自営業で失敗している場合、会社の事業に対して敏感になる事があります。転職をして会社員となる場合は、会社のその後のことを考えないようにしてできることをしていくことが必要になるでしょう。 自営業の人で会社員になりたい場合は、今までの経験を引きずらないで転職先での仕事をしていく必要があるので必要以上にナーバスにならないことが必要です。

自営業から転職を成功させるためのポイント

自営業から転職を成功させるためのポイント

自営業から転職を成功させるためには、今までの実績をアピールしつつ会社側に具体的にできることを提示するようにしましょう。自営業からの転職者は扱いにくいというイメージを払拭しなければ転職を成功させることはできません。 自分の経験からできることを明確にしながら、会社側にどのような仕事ができるのかを具体的に説明するようにしましょう。また、残業や休日出勤があっても出れることを告げておきます。

1:実績をアピールする

1:実績をアピールする

自営業の前にしていた仕事があればその仕事をアピールしましょう。営業や管理職を経験していれば、採用の幅が広がるからです。また持っている資格や免許は何があるのかを話しておくようにしましょう。 自分が今までしてきた自営業以外の仕事をアピールすることや、自営業をしていても商品知識に詳しいことを強みに変えていくようにします。

2:具体的な数字を証明する

今までの営業の実績があれば、その成績をもとにできることをアピールしましょう。またノルマが必要な職場ならば、目標を達成して数値で証明することで転職を成功させることも可能です。 自分が転職する仕事で数値が重視される職場ならば、具体的な目標を達成して信頼を得るようにしましょう。

3:再就職の理由を明確にする

なぜ再就職しなければいけないのかを明確にしなければ、転職を成功させることはできません。今まで転職の経験があれば、どうして仕事を変えなければいけなかったのかを伝えて、これからどうしたいのかを会社側に言えるようにならないと信頼を得られません。 自分の再就職の経験を良い方向に考えて、得られたことが大きかったことを伝えて転職先でどのようにしていきたいのかを具体的に話せるようにしましょう。

4:自営業をしていたことでできることを示す

自営業で会社員として働くために必要な知識があればそのことを活かして仕事をしましょう。自営業から会社員への転職は、難しい部分もありますが今までの経験を活かす事ができれば転職を成功させることができます。 自営業で得た商品知識で活かせることがあれば、会社員の仕事でも活かせるようにしましょう。例えば、自分が勤める会社で、自営業をしていた時のアイデアや発想を会社に提案することもできます。

5:仕事への意気込みを伝える

どうして会社員に転職したのかその裏付けが取れるように意気込みを企業に伝えるようにしましょう。どうしてその企業でなければいけないのかや、自営業を辞めてもしたかった仕事ならばその思いを面接で伝えたり、仕事で結果として残せるようにします。 自分が自営業を辞めてでも就きたかった仕事ならば、その仕事に就くために普段していることをアピールしたり、会社に入社してどのように企業を成長させたいのかを明確にしましょう。

6:自己主張をしすぎないようにする

会社は組織で動くので自営業のように仕事をしないようにしましょう。仕事をする際も組織で動くことを忘れずにいないと長く転職先にいることはできません。 そのためには、自分の意見を無理に通すことを考えるのではなく、協調性を持って仕事をするようにしましょう。また、年齢を重ねている人は、年下の人を導けるように動いていきます。

自営業からの転職におすすめの職業

自営業から転職する場合は、慣れた仕事でなければ長く仕事が続かないことがあります。そうならないためにも自分の得意な仕事をしていく必要が出てくるでしょう。 自分が転職して会社組織で動く場合も、本人の頑張り次第で結果を残せるような仕事を探していきます。さまざまな営業や警備の管理職なども自営業の人に向いている仕事と言えるでしょう。

営業職

営業職は外仕事になるので、自由が利くことが多く自営業の経験があっても良い結果を残せます。営業職に就く場合は、具体的な数値を上司に提示したり、ノルマを達成することを忘れないことも必要になるでしょう。 営業職に就く人は、自分の働きで結果が伴うので自営業で得た商品知識や人生経験をもとに営業をしていくようにします。

管理職

自営業の経験があれば、人を使うことにも慣れているので管理職で結果を残せる場合もあるでしょう。管理職は一人一人の能力を理解することが必要になるので、自営業で得た人生経験や職務経験を活かして仕事をすることができるからです。 自営業の経験がある人で管理職に就く場合は、仕事で全体を見ることができることを上にアピールして、できることは何かを具体的に提示するようにしましょう。

同じ業界の技術職

自営業で扱っていた商品の知識があるので、その分野の技術職に就くこともできるでしょう。商品知識があることでできることが多いので、採用する側は商品に詳しい人を探していることが多いためです。 自営業で扱っていた商品に詳しい場合はそのことをアピールして、具体的な商品展開や修理業務、商品への思い入れなどを伝えるようにしましょう。

会社員のメリット・デメリット

会社員のメリット・デメリット

どのような仕事でもメリットとデメリットはあるので、それぞれの良い面を見るようにしましょう。会社員のメリットもデメリットも考え方や向き合い方次第で変えることができます。 会社員の人は仕事でメリットデメリットがあるということに左右されないで仕事をしていくことが大切になるので、目先の利益などを元に考えないことが大切になるでしょう。

メリット

会社員のメリットは決まった給料やボーナスが支払われて、社会保険に入れる点です。生きていく上で多くの年金や給料がもらえないと人生設計ができなくなるからでしょう。 自分が転職先で多くのメリットを感じるためには、給料やボーナスがもらえることを当たり前と感じないで、会社を成長させるつもりで仕事をしていくことが大切です。

デメリット

会社員のデメリットは、自営業のように自由にできない点と組織に馴染まなくてはいけない点があります。デメリットよりもメリットの方が大きいと考えて仕事をしていく必要があるでしょう。 自分で会社員の道を選んだならば、デメリットをメリットに変えるつもりで仕事をしていくようにします。

自営業から会社員へ転職しよう

自営業から会社員へ転職を考えていれば、自分に合った職場を探して良い仕事をしましょう。自分が良い仕事をすることは、ひいては家族の安心や恋人や妻や夫の幸せに繋がります。 自営業の人は今までの経験や知識を活かして自分に合った職場を探しましょう。そのためには、今までの考え方をある程度捨てることも必要になるでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

自営業から会社員になる場合はさまざまなことが変わってきます。スムーズに転職を進めるためにも必要な情報を集めていきましょう。 自分で転職に関する情報を集めて、この記事をもとに良い仕事に就けるように動いていくことが大切になります。

関連タグ

アクセスランキング