IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スムーズに転職する際の手順6つ|転職する前に準備すべきこと

転職サービス・サイト

この記事では、今転職をしようか悩んでいる方に、いざ転職するためには、どのような手順で何を準備しどう動いたらよいのか、具体的にお伝えします。転職するまでには6つの手順があります。スムーズに転職をするための方法を知りたい方もぜひ参考にしてください。

更新日時:

転職する前に準備すべきこと

転職する前に準備すべきこと

あなたは現在、転職について考えていますか。転職すべきか、今の会社に残るべきか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。 ここでは、スムーズな転職を成功させるためには手順が必要であること、そしてその準備すべき内容についてお伝えします。わかりやすく手順を追って説明しますので、ぜひ参考にしてください。

辞めた後のスケジュールを立てる

今の仕事を辞めるときに、すでに次の就職先が見つかっていればよいのですが、そうでない場合もあります。次の仕事が決まっていない人は、できるだけ早く次の就職先を見つけるよう努力します。 失業給付を受けながら就職活動をすることもできます。早期に再就職が決まれば再就職手当を受給できる可能性もあります。但し、退職理由が自己都合だと、失業給付の受給まで三か月待たねばなりませんので、早期再就職を目指します。

辞めるタイミングを見極める

辞めるタイミングを見極める

仕事を辞めると決意したら、退職するタイミングを見極める必要があります。まず現在の職場の繁忙期は避けます。職場になるべく迷惑をかけないように退職することは社会人として常識です。 さらに、自分が転職したいと思うような企業の求人がたくさん出ている時期を選べるとベストです。次の仕事先を決める前に退職して、いざ就職活動をしようと思った時に、自分の望む求人が出ていなければ再就職まで時間がかかってしまうからです。

自分の業務を人に引き継ぐ準備

あなたが退職した後は、その仕事を他の人が引き継ぐことになります。そのため、自分が担当していた業務について、誰が見ても仕事の手順と内容がわかるように準備する必要があります。退職する直前に慌てないよう、必ず前もって準備しておきましょう。 具体的には、一目みてわかるよう仕事の流れをフローチャート化したものを作ること、書類を整理することなどですが、取引先に挨拶をしておくことができればなおよいでしょう。

スムーズに転職する際の手順6つ

スムーズに転職する際の手順6つ

ここからは、スムーズに転職をするには、どのように準備したらよいか、その手順を具体的に順をおって説明していきます。転職することは決めたけれど、何から始めてよいかわからない、具体的にはどう動いたらよいのかわからず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。 ここではスムーズに転職する際の手順を6つに分けて説明します。

手順1:転職しやすい時期を見極める

転職するときに、いつ転職をしたらよいか、見極めることは非常に大切です。まず今の会社に迷惑がかからない退職の時期を見極めます。そして、求人募集が多い時期に次の会社を探し、内定を得て転職するのが理想です。 一般的には新年度から新しい職場で働き始めるのが最もスムーズな転職になります。年間で最も求人募集が多いのは2月頃で次に多いのが企業決算前後の9月頃です。在職中に転職先を決められるのがベストでしょう。

手順2:決意を上司に伝える

手順2:決意を上司に伝える

転職を決意したら、上司に、いつ頃退職したいと考えているか具体的に希望を伝えます。上司はあなたが知りえない他の社員の人事も把握している可能性があるので、万一同時期に退職希望者がいれば、あなたの希望がすぐには通らない可能性もあります。 転職を引き留められることもあるでしょう。その時には、あなたの決意を自分の言葉で、上司に納得してもらえるような理由と共に伝えることが必要です。必ず準備しておきましょう。

手順3:退職の流れを上司と相談

次の手順は、上司に退職の意向を伝え、受理されたら、スムーズな退職、その後の転職に向けて日程を詰めていきます。自分が現在担当している業務はいつまでに、誰に引き継ぐのか確認しておきます。 そして日程が決まったら、あなたは自分の現在している業務に加えて、引き継ぎのための準備に取りかかります。退職の際、会社に迷惑がかからないよう、手順に沿って万全の準備をしましょう。

手順4:自分のキャリアの棚卸しと求人探し

手順4:自分のキャリアの棚卸しと求人探し

現在の会社を退職することが決まり、その時点で次の就職先が決まっていない場合、ここで自分のこれまでのキャリアの棚卸しをしましょう。なぜ転職したいのか、今の仕事を失ってでも次の仕事で得たいものは何なのか、給料、やりがい、その他、など冷静に考えてみます。 そして、自分の能力に見合った就職先を探していきます。転職エージェントを利用するのも一つの方法です。これまでの人脈や、友人から情報収集することも大切です。

手順5:書類作成と応募

次の手順は、転職を希望する会社に提出するための、応募書類を作成することです。履歴書と職務経歴書を準備し、応募希望の会社が決まったらすぐに郵送できるよう準備しておきましょう。 以前に書いた履歴書や職務経歴書があれば、内容を加筆修正し、履歴書に貼る写真はプロに撮ってもらい自信をもって提出します。

手順6:内定をもらって転職

最後の手順は、あらかじめ目標にしていた退職日までに、転職先の会社の内定を得ることです。それが実現できれば、その転職はあなたにとっても退職する会社にとっても理想的です。退職の挨拶で、次の勤務先を伝えることができるのはベストな転職と言えます。 もちろん、自分の思い描く手順どおりに進まない転職の方が多いでしょう。しかし、思い切って新しい道を進むことを決意したあなたには、きっと輝く未来が開けるでしょう。

仕事を転職するメリット・デメリット

仕事を転職するメリット・デメリット

勤務していた期間の長短はあっても、今までしてきた仕事を転職するのは、勇気がいることです。これまでと違った環境で、新しい人間関係を構築しながら、新しい仕事に就くのは、その生活に期待する反面、大なり小なり不安や心配なこともあるものです。 ここでは、仕事を転職するメリットとデメリットについてお伝えします。

メリット

転職するメリットは、何といっても今の現状に満足できなかったあなたが、自分で選んだ新しい道を進むことができることです。いろいろな手順を踏んで思い、悩み、決断して転職することは、あなたの人生にとってとても意味のあることです。 転職したら自分の可能性が広がり、人脈が広がり、給料アップの可能性もあります。たとえ、それがすぐに叶わなかったとしても、あなた自身が大きく成長できるでしょう。

デメリット

デメリット

転職をするデメリットは、転職して新しい会社に入ってみないと、その会社の内情や実際のところがわからないところです。これは、どんな転職についても言えることで、事前の情報収集やリサーチがとても重要です。 万が一働き始めてから、入社時に契約した労働条件とあまりにも違っていたときは、なるべく早く労働基準監督署などの公的機関に相談しましょう。

手順を知ってスムーズに転職しよう

手順を知ってスムーズに転職しよう

ここまで、スムーズに転職をするためにはどのような手順で準備をしたらよいかについてご案内してきました。特に、その手順を1から6の段階に分けて説明しましたので、今実際に転職に向けて動き始めている方は、自分はいまどの手順の段階なのかを把握して参考にしてみてください。 あなたの転職に、ここでお伝えした転職までの手順がお役に立つよう、応援しています。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

最後に、「スムーズに転職をする際の手順」に関連する記事を二つ、ご紹介します。 一つ目は「地方から上京して転職する際の転職活動の流れ」について、具体的にいくらかかるか等の費用の目安も挙げて、説明しています。二つ目は「地方での転職活動の方法について」地方の現状と併せて具体的にお伝えしています。ぜひご覧ください。

アクセスランキング