IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職までの流れ6ステップ|計画を立てて効率的に転職しよう

転職ノウハウ

この記事では、今、転職について考えている方に、スムーズな転職までの流れをお伝えします。転職までの流れは全部で6つのステップがあり、あらかじめ計画を立てて効率的に転職ができるように順をおって説明していきます。ぜひ参考にご覧ください。

更新日時:

転職までの流れを理解する

転職までの流れを理解する

あなたは今、転職について考えていますか。ここでは、現状を変えたい、あるいは自分の可能性にチャレンジするために転職活動をしたいと思っている方に、転職までの流れについて説明します。ぜひ参考にしてみてください。

転職活動期間

さて、いざ転職をしようと思い立ったときに、転職活動にかける期間はどれくらいが適当でしょうか。在職中の方は、良いところが見つかったからといって、すぐに転職というわけにはいきません。転職をするのにもそれなりの準備と予備知識が必要です。 転職活動期間は、転職までの流れを考慮し、三か月程度が適切です。何か資格を取得してから転職する場合を除き、逆にそれ以上長く転職活動をするのは効率がよくありません。

転職活動の事前準備

転職活動の事前準備

転職活動を始めるにあたって、その事前準備も怠ってはなりせん。転職をスムーズに成功させるためには、転職までの流れを考慮し、あらかじめ現在の自分自身の状況と、社会情勢、労働市場を把握しておく必要があります。そのために必ずしなくてはならないことを二つお伝えします。

自己分析

まず一つ目は自己分析です。これまでの自分自身の生き方や行動を振り返り、その時どのように感じてどう対処してきたかを客観的に見つめなおすことです。 これにより、自分の価値観がわかります。自分の職業に対する適性や、なぜこの仕事につきたいか、自分の人生で成し遂げたいことは何なのかがはっきりしてきます。自己分析は面倒がらずに必ずしましょう。現時点のあなたについて新しい発見があるでしょう。

情報収集

二つ目は情報収集です。あなたが転職したいと思う理由は何なのかを、今一度整理します。その上で自分が希望するような職種、あるいは給料、やりがいなどを満たしてくれそうな会社の求人がどれくらいあるのか、情報収集をします。 転職エージェントを利用するのも一つの方法です。これまでの人脈や、転職経験のある友人知人から話を聞くのも大変参考になることでしょう。他に求人情報サイトやハローワークなども利用できます。

転職までの流れ6ステップ

転職までの流れ6ステップ

ここから、実際の転職までの流れについて、6つのステップを順をおってお伝えします。転職活動中は心身ともにストレスがかかり、現在の仕事との両立も大変です。時にはゆっくり立ち止まり、いま自分が転職までの流れのどこにいるのかを確認することも必要です。 ステップ1からステップ6までありますので、参考にしてください。

ステップ1:履歴書作成する

転職までの流れステップ1は、履歴書の作成です。職務経歴書が必要なところも多いので、必ずあらかじめ準備しておきましょう。過去に作成した履歴書があれば加筆修正し、志望動機は必ず、次に希望する会社が望む人材についてリサーチして自分の言葉でまとめます。 採用担当が履歴書で一番はじめに見るのは写真です。履歴書に貼る写真はできればプロに撮ってもらい、自信をもって自分をアピールできる履歴書を提出します。

ステップ2:求人に応募する

ステップ2:求人に応募する

転職までの流れステップ2は、求人に応募することです。自分の希望を満たす求人があれば、ぜひ応募してみましょう。 また、自分の希望をすべて満たす求人があればよいのですが、そうでない場合もあります。しかし自分の中でどうしても譲れない優先順位がいくつか満たされていれば、チャレンジすることをお勧めします。面接に行けば会社の雰囲気が把握でき、行ってみたら意外とよい会社で自分に合いそうだ、ということもあります。

面接対策をする

転職までの流れのステップ3は、面接対策です。応募する会社の事業内容をよく調べて、これまで自分が培ってきた能力を、どのように活かせるかを面接で伝えられるよう準備します。 履歴書や職務経歴書に書いた内容を、自分の言葉で伝えられるよう、家族や友人に面接官になってもらい練習するのもお勧めです。鏡を見ながらの練習も効果的です。退職理由は必ず聞かれるので、前向きな言葉で答えられるよう準備しておきます。

ステップ4:面接を受ける

ステップ4:面接を受ける

転職までの流れステップ4は、面接を受けることです。応募書類の選考が通過したら、次はいよいよ面接です。 身だしなみに油断は禁物です。同じような能力の人が複数面接を受けた時、面接官の印象に最も残るのは、服装や髪形です。逆に能力があっても、良い印象を与えることができなければ採用されません。従って面接のその数時間を無駄にしないよう、最大限の努力をしましょう。 言葉遣い、立ち居振る舞いにも充分気を配りましょう。

ステップ5:内定

転職までの流れステップ5は内定をもらうことです。現在の会社を退職するまでに、次の会社の内定を得ることができたら、ベストな転職と言えます。ただ、転職活動は自分の思いどおりにスムーズに進むことばかりではありません。むしろ、思いどおりにならないことの方が多いでしょう。 でも、現状に甘んじることなく新しい道を進みはじめたあなたにとって、この試練を乗り越えた先にはきっと充実した人生が開けるでしょう。

ステップ6:退職手続きをする

転職までの流れの最後のステップ6は、退職手続きをすることです。転職を決意した時に、今の会社に退職の意思を伝えてあればベストですが、まだ上司に退職の申し出がしていない場合は速やかに報告をします。 自分が退職することによって会社に迷惑がかからないよう、あらかじめ業務の引き継ぎ書を作成しておき、誰が担当になってもあなたのしていた仕事ができるように、準備をしておかねばなりません。

転職活動を行う時のメリット

次に、転職活動を行う時のメリットについてお伝えします。人は本来、現状を維持しようとする生き物なので、転職をして今の生活をガラリと変えることは、誰しも大変勇気のいることです。しかし、それだけの決意をして行動を起こすことには大きなメリットがあります。 ここでは、在職中に転職までの流れに沿って、転職活動をするメリットと、今の会社を退職してから転職活動をするメリットについて、それぞれお伝えします。

在職中

在職中に転職活動をするメリットは、会社に在籍しているからこそ使える人脈をフル活用できることです。例えば同業他社からの情報は、会社を退職した後では入手することが難しくなります。 また、さまざまな情報を集めていくと、意外と今の会社や、自分の仕事を客観的に見つめなおすことができ、転職をせずとも自分の可能性が広げられる道が見つかる可能性も出てきます。 一度離れて見つめなおすことは非常に大切です。

退職後

退職後

会社を退職してから転職活動をするメリットは、何といっても心身共にリセットしてから再スタートができることです。これまでの仕事や人間関係から解放され、精神的にも落ち着くことができるでしょう。再スタートの前に自分自身を見つめなおすことができます。 また、雇用保険をかけていた場合、退職すると失業給付が受給できる場合があります。失業給付を受給し生活費を補いながら、転職活動をすることができます。

転職までの流れを把握し計画的に行おう

転職までの流れを把握し計画的に行おう

ここまで、転職までの流れについて、順をおって説明してきました。転職をしようと考えている人は、計画を立てて、なるべく効率よくスムーズに転職することを目指します。転職までの流れの6つのステップを意識し、目標を見失わないように、進めていきましょう。 いつまでに転職したい、という明確なビジョンをもって逆算し、どの時期にどのステップまで進めたらよいか、常に転職までの流れを意識して動きましょう。

この記事に関する情報もチェックしよう!

このあと、転職までの流れを説明する関連記事を二つ、ご紹介します。一つ目は「転職の流れ、面接や転職先の探し方」について、二つ目は「転職活動の効率的な進め方、期間、会社を辞める時期」についてお伝えしています。ぜひ併せてご覧ください。 あなたの転職がスムーズに、転職までの流れに沿って進み、良い結果がえられるよう応援しています。

関連タグ

アクセスランキング