IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職したい人におすすめの職種10選|選ぶのに必要な条件

職種研究

今回は「転職したい人におすすめの職種10選|選ぶのに必要な条件」と題して、「転職したい人におすすめの職種10選|選ぶのに必要な条件」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな「転職したい人におすすめの職種」をご紹介します。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職しやすい条件は「従業員の出入りが激しい職種」
  • 今の職場を円滑に退職するための準備は必須
  • 自分の納得できる転職活動をするならエージェントを活用しよう

一言に転職といっても考えなければいけない事や準備しないといけない事がたくさんあります。例えば、退職をする際の準備、転職するのに必要な準備などが挙げられます。事前にどんな準備が必要なのかしっかりと知っておくことで、スムーズに転職できるので調べておくことは大切です。 転職のプロが在籍する転職エージェント、「マイナビエージェント」などを活用するとより円滑に進められるので覚えておきましょう。

転職先を選ぶのに必要な条件

一般的に「転職先を選ぶ際に必要となる条件」を検討する際、「給与面」、「主な仕事内容」、「待遇面の善し悪し」、「勤務時間や勤務日数(シフト体制)」、そして「自宅から職場までの距離」などがそれぞれピックアップされるでしょう。 これらのうちでも特に「給与面」と「主な仕事内容」などについては絶対に事前確認がおすすめされやすく、その確認の有無によってその転職後の安定感が大きく左右されることがあります。

給料

まず給料・給与面の待遇についてですが、これはどんな仕事をする場合でも必ず事前確認し、少しでも待遇が良い企業を選ぶのが普通でしょう。たとえやり甲斐がすごくある会社でも、その会社からもらえる実際の(手取りの)給料が理想から大きく外れていた場合は、やはり別の転職先を検討する傾向が高いです。 このような状態に少しでも有利に転職活動を進めていけるよう、まずは「給料面の待遇」の確認がおすすめされます。

待遇

この場合の「待遇」というのはもちろん「会社に入社してからの、会社から自分に対する待遇・受け入れ方」などについてとなります。この待遇においても特に注意することがおすすめされ、たとえば学歴や資格の取得などについて、入社前後において恩赦などによる特別待遇の内容が違ってくることがあります。 待遇面の情報もしっかりと確認しておき、入社前後の違和感をなくすことがおすすめされます。

勤務時間

勤務時間

どの会社でもこの勤務時間がありますが、この勤務時間のあり方をしっかりと事前確認しておくことがおすすめされます。この場合は主に「シフト体制の確認」となりますが、このシフト体制をしっかりと事前確認することによって、入社後の自分が想定していた理想的な会社生活を送ることも可能になるでしょう。 とにかく「会社に対する自分の理想」を大事にするためにも、この勤務時間の確認はおすすめされます。

勤務日数

さらにこの勤務日数についてですが、これは一般的に「○日/月」や「○日/年」などという換算によって提示されていて、この内容はハローワークや会社の公式ホームページなどで普通に閲覧することができます。この勤務日数の確認を「転職活動に専念すること」によって忘れやすくなりがちなため、しっかり確認することがおすすめされます。 この勤務日数の確認も、先述の勤務時間の事前確認と同じくらい大事です。

転職したい人におすすめの職種10選

転職したい人におすすめの職種10選

さて、先述では「転職したい人が持つべき心得」や「転職時に確認すべき項目」などについてご紹介してきましたが、ここからは「転職したい人におすすめの職種10選」と題して、今から転職しようと考えている人に「転職しやすい職種」を10選の形でご紹介していきます。 転職先にすべき職種というのはあらかじめ決まっている場合が多く、特に「従業員の出入りが激しい職種」がおすすめされます。

職種1:美容職

まず「美容職」ですが、この美容職の求人採用率も年々上がってきている傾向が見られており、そのため転職率も非常に高いことがわかります。転職する際には先述のように「採用人数が比較多い職種でありつつ、人の出入りが多く見られる職種」がおすすめされ、その点から見てもこの美容職はかなりの高確率でおすすめされる職種とされます。 さらに美容関係の資格などを所有していれば、かなりスムーズに転職できるでしょう。

職種2:販売職

次はこの「販売職」ですが、販売職というのは業種によっていろいろと分けられてあり、アパレル関係、デジタル関係、貴金属関係、営業部門、ロンダリング関係、IT関係などと、それぞれの職種によっておすすめされる分野が違ってきます。 上記を踏まえた上で、やはり多くの場合におすすめされる転職先としては、IT関係の販売職や、営業関係の販売職が人気があり、さらにはこの場合も関連資格を所有することがおすすめされます。

職種3:事務職

職種3:事務職

次にこの「事務職」ですが、事務職への転職のおすすめはたいていの転職サイト・転職エージェントなどでも大々的に掲げられていることでしょう。事務職というのは主にワード・エクセルなどを使用したパソコン業務が主流となるため、主に「一人で自宅で独習できるタイプの資格保持」なども可能となります。 つまり、独学によって進歩できるパソコンワークがメインになるため、転職採用もされやすいことになります。

職種4:アパレル業

先述でも少しご紹介しましたが、販売職であるこのアパレル業への転職も、転職サイト・転職エージェントにおいて非常に多くの場面でおすすめされることでしょう。アパレル関連の職種の特徴は「従業員の出入りが激しいこと」で、そのため常に転職希望者を募集している傾向が見られます。 この急募の実情を逆に利用する上で、とりあえず転職してみて様子を見るという工夫もおすすめされます。

職種5:IT業界関係の業種

職種5:IT業界関係の業種

先述でもご紹介しましたが、このIT業界関係の業種を目指して転職する人は年々増えてきており、その理由としては「転職サイト・転職エージェントの転職斡旋支援の特典」として、このITキャリアを生かせる業種が多いことが、そのおすすめの理由とされています。 つまり、現代は「IT関連の職種への転職が流行している」という事実を踏まえた上で、そのための転職サイト・エージェントの支援率が高まっていることになります。

職種6:医療メーカー

次は医療メーカー部門への転職についてですが、この医療メーカーへの転職を検討する際には必ず「医療に関するそれなりの資格・知識」を持っておくことがおすすめされます。これらの「自己アピールできる特典」がなくては、他の専門スキルを持っている人に先を越される場合があるため、その辺りの自分と職種との関連をしっかり確認しましょう。 医療メーカーへの転職時には特に大学でも「薬学部専攻」の有無が問われます。

職種7:ITエンジニア

職種7:ITエンジニア

先述に引き続き、また「IT関係の職種についてのおすすめですが、このITエンジニアというのはいわゆる「ソフト・アプリなどを開発するグループ」に必要となる人材であり、特に現代のIT関連企業においては非常に重宝される存在になります。 ITエンジニア関係の資格を先に保有しておき、その上で独自スキルを高めておくだけで、その内容を自己アピールに明記しておけばそれだけで採用の口が広がることでしょう。

職種8:福祉サービス業

次は「社会福祉士や介護福祉士」などに見られる福祉サービス業への転職のおすすめです。福祉系企業というのは従来より「人材確保に奔走している傾向」が見られているため、いつからでも転職時のおすすめ業種の1つとしてピックアップされがちの職種となります。 社会福祉士であればケアマネジャーに、介護福祉士であれば特別養護老人ホームなどに継続的に勤務できる確率が上がるため、転職時のおすすめ職として十分価値があります。

職種9:出版関係の業種

次はこの出版関係の業種のおすすめですが、出版関係というのはなにも「大手○○出版社」などといった肩書きを持つ会社だけではなく、現代では非常に多くのベンチャー系企業が参入してきています。 つまり、新興企業が非常に多く発掘されている時代であるため、この新興企業を盛り上げるための人材確保に奔走する傾向が強く見られています。 この傾向を考慮する上で、出版関係の業種は転職に非常におすすめされる職種となります。

職種10:内職系の職種

職種10:内職系の職種

「内職系の職種」の転職におすすめされやすい職種についてのご紹介です。一般に「内職」と言われると「家に仕事を持ち込んでする規模の小さな仕事」というイメージが付きやすいですが、現代に見られる内職系の仕事でもIT関連の仕事が非常に広範囲に浸透しているため、パソコンワークによって高収益を見込める業種が増えています。 この安定感のあるIT業務を内職系の仕事としておき、サイドビジネスの感覚でおすすめされます。 ご紹介した中で気になる転職先が見つかったという方は、「マイナビエージェント」を活用してみましょう。あなたの理想の求人・企業に出会えるかもしれません。

転職する前にやっておくべきこと

転職する前にやっておくべきこと

さて、ここでは「転職する前にやっておくべきこと」と題して、転職に際して具体的に どのような準備が必要かということについてご紹介します。転職時に必要なことはまず「転職に際して必要な書類手続きを済ませること」にはじまり、転職前後のスケジュール管理の徹底がおすすめされるでしょう。 これらの準備をスムーズに済ませるためにも、ぜひ今からその準備の想定をしておきましょう。

退職後のスケジュールを立てる

まず大切な準備の1つに、「退職後のスケジュールを立てる」というスケジュール管理に関する準備があります。これは主に「転職する日をいつにするか」、「その転職に際して必要な行動をどのように済ませていくか」といった初歩的なプラン立てがおすすめされます。 その上で転職後(退職後)の書類手続きのタイミングを踏まえ、元職場から転職先の職場へスムーズに移動できるためのスケジュール管理がおすすめのポイントとなります。

仕事の引継ぎ準備を事前にしておくことはおすすめ

次にこの「仕事の引継ぎ準備を事前にしておく」ということの大切についてですが、これは「自分がその元職場を退職しても、きちんとその後の仕事が円滑に行なわれるための準備」になります。つまり引き続ぎの準備を済ませることになるため、この準備は元職場に対する社会的マナーとしての礼儀となります。 きちんと引き継ぎを済ませることも先述のスケジュール管理に含まれるため、十分配慮しておきましょう。

エージェントを活用したおすすめの転職準備

次に、転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職先の情報をしっかり取得した上でスムーズに転職するための準備についてのおすすめです。この過程・方法は主にハローワークなどで転職先を決める際に見られる行動に似ていますが、しかし転職エージェントを活用する場合はその過程とは大きく違ってきます。 転職エージェントを利用する際には「転職に必要なコツ」などを詳細に教えてくれるため、かなり有利になるでしょう。

しっかりと計画を立てて転職活動をしよう

この記事のまとめ
  • 転職しやすい条件は「従業員の出入りが激しい職種」
  • 今の職場を円滑に退職するための準備は必須
  • 自分の納得できる転職活動をするならエージェントを活用しよう

今回は「転職したい人におすすめの職種10選」をメインにご紹介し、転職に必要・おすすめの準備などについてご紹介してきました。転職する場合に必要なことは大きく分けて2点あり、1つ目は「元職場を円滑に退職するための準備」で、2つ目は「転職するための必要な準備を具体的に進めていく」という行動です。 これらの準備を計画的に進めていき、いざ転職する際にスムーズに済ませることを目標にしましょう。分からないことがあればプロのキャリアアドバイザーが在籍する「マイナビエージェント」に相談してみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

先述では「転職する場合におすすめの職種」と「転職する際に必要な準備」について具体的にご紹介してきましたが、実際に転職を検討する際には「転職サイト・転職エージェントなどを上手く活用すること」によって、その転職はさらにスムーズに進められます。 上記を踏まえた上で、転職に必要な情報収集を先にしておき、自分の環境や状態におすすめされる転職先・職種の情報をできるだけ多く集めておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング