IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

保育士から転職するときの注意点6つ|メリット・デメリット

転職ノウハウ

保育士から一般企業に転職したいとき、実は注意した方がいい事があると言うことをご存知でしょうか。保育士から一般企業に転職するときの注意点6つをご紹介していきます。保育士から一般企業へと転職を考えている方はぜひご覧ください。

更新日時:

保育士から一般企業に転職は可能!

保育士から一般企業に転職は可能!

「保育士をやめて一般企業に転職をしたいとおもっているけれど、保育士と一般企業は違いすぎるからためらっている。」という保育士さんは、ぜひ今回の記事をご覧ください。 保育士から一般企業に転職することは可能です。しかし注意点がいくつかあります。その注意点を正しく捉えておかないと、失敗してしまいます。 今回の記事では保育士から一般企業に転職するための注意点などをご紹介します。

一般企業の職種について知ろう

まず、保育士から一般企業に転職したいと思ったら、一般企業の職種について知りましょう。一般企業は保育士の従事してきた環境とはたいへん異なります。 1つの会社に、数えきれないほど多くの、異なる職種が混在しています。まずは一般企業の職種を知って、どの職種を目指して保育士を辞めるか考えてみてください。 さまざまな職種を知ると視野が広がります。

保育士の資格を活かせる仕事

保育士の資格を活かせる仕事

つづきましては、保育士の資格を活かせる仕事をご紹介していきましょう。 保育士の資格保有を条件としている事が多い職業は、「児童福祉施設」です。「児童福祉施設」のスタッフさんは、子どもの命と向きある大切な職業です。虐待や育児放棄などの重大なシチュエーションにも介入していかなくてはいけません。 保育士から児童福祉施設のスタッフさんなら、抵抗無く転職できるでしょう。

平均月収はどのくらい変わるのか

保育士から一般企業に転職が上手くいくと、高い場合だと50,000円程度、保育士より一般企業の方が月収があがります。 保育士の月収は低いので一般企業で成果を上げていった方が月収は高くなります。保育士は仕事のリスクや大変さに比べて月収が低い仕事として有名です。転職するときには、エージェントや採用担当者に調査をして、自分の年齢・経験では月収がいくらになるのか調べましょう。

保育士から転職するときの注意点6つ

保育士から転職するときの注意点6つ

それでは、今回の記事のメインに移りましょう。「保育士から転職するときの注意点6つ」です。 保育士は一般企業と比べると特殊な世界です。独立して経営されていることが多い保育園は、一般企業が取り引き先と営業活動をしたり、商品を収めたりサービスを開発している訳ではありません。 業界の常識が異なります。それを理解した上で読んでいってください。

注意点1:職場に相応しい身だしなみ

保育士が一般企業に転職するときの注意点その1は、「職場に相応しい身だしなみ」でしょう。 保育士の仕事柄、バッチリメイクもネイルも出きない環境だったのではないでしょうか。しかし一般企業に転職するのであれば、企業イメージに合わせたメイクやヘアメイク、通勤ファッションコーディネートや香水を選ばなくてはいけません。 しっかり雑誌などでチェックしましょう。

注意点2:社会人としてのルール

注意点2:社会人としてのルール

保育士が一般企業に転職するときの注意点その2は、「社会人としてのルール」でしょう。 保育士という仕事は、子どもが中心となります。しかし一般企業は子どもの介入はなく大人同士のやり取りで成り立っています。 敬語などの言葉遣いや、名刺交換の方法などの一般マナーを兼ね備えていなくては、転職をするのは難しい事です。

注意点3:給料面だけで仕事を決めない

保育士が一般企業に転職するときの注意点その3は、「給料面だけで仕事を決めない」ことでしょう。 保育士が一般企業の転職の求人募集を見ると、その給料の高さに「こんなにも良い所があるんだ」と即決してしまうことが多いです。しかし業務が違いすぎる事や、保育士とは異なるストレスの感じ方から長続きしません。 給料が今より良いからと言って、即決してはいけません。

注意点4:企業説明会には参加する

注意点4:企業説明会には参加する

保育士が一般企業に転職するときの注意点その4は、「企業説明会には参加する」ことでしょう。 企業説明会は企業側も、良い人材をゲットするために必死で参加しています。自社に興味を持って質問をしてくれたり、足を運んで説明を聞いてくれる就職活動者には本気で向き合ってくれます。 ぜひ分からない事や、不安な事を聞きにいきましょう。

注意点5:視野を広く持つ

注意点5:視野を広く持つ

保育士が一般企業に転職するときの注意点その5は、「視野を広く持つ」ことでしょう。 一般企業に転職するに際して、憧れはある事でしょう。しかし視野を広く持ってください。1つの職種にこだわらずに、その職種に関連する他の職種なども視野に入れるとチャンスが広がっていきます。 一般企業で「前職保育士優遇」としている企業は少ないので、少ないチャンスをものにしましょう。

注意点6:前職を引きずらない

保育士が一般企業に転職するときの注意点その6は、「前職を引きずらない」ことでしょう。 保育士という特殊な言わば専門職についていたので、業界のイロハやルールが身に付いている事でしょう。しかし一般企業は全く異なります。特に気をつけたいのが、あまり重要視されていない事で「保育士ではこのルールだったから、一般企業でもそうだろう」と安易におもって行動してしまう事です。

一般企業に転職した場合のメリット・デメリット

一般企業に転職した場合のメリット・デメリット

それでは、つづきまして一般企業に転職した場合のメリットとデメリットをご紹介していきましょう。 何事にもメリットとデメリットがあります。しかし事前にメリットとデメリットを知っておけば、自分なりに改善しつつ進めていく事もできますし、避ける事もできるでしょう。今回ご紹介しますメリットとデメリットで、一般企業に転職するかどうかの判断をする材料の1つにしてください。

メリット

保育士から一般企業に転職するメリットは、「給与が上がる」ことです。 保育士から一般企業に転職すると、給与があがります。同じ拘束時間でも多い時には50,000円程度アップするので、生活は潤う事でしょう。 また、能力や勤続年数に応じて行なわれる昇給も、保育士よりいい条件で行なわれることが多いので期待できます。

デメリット

保育士から一般企業に転職するデメリットは、「知識が活かせない」ことです。 一般企業は、どうしたら子ども同士のケンカを仲裁できるかや、怒っている母親に納得してもらえるかといった経験は全く役に立ちません。 取り引き先との挨拶の仕方、名刺交換の方法、お茶を出す順番や車の座る位置、パソコンの使い方など未知の業務がたくさんあります。

資格を活かして働ける企業を探そう

資格を活かして働ける企業を探そう

いかがでしたでしょうか。保育士から一般企業に転職するときの注意点はお分かりいただけたでしょうか。 せっかく取得した保育士資格なので、転職するにしても保育士資格を活かせる職種を選ぶといいでしょう。よく考えて転職先を選んでください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回は保育士から一般企業に転職するときの注意点についてご紹介してきましたが、ご紹介はここまでです。 ぜひ下のリンクから、今回の記事に関連する情報が載っているコラムをご覧ください。

関連タグ

アクセスランキング