IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

40代での転職に有利な業界6つ|転職を成功させるコツ

転職事情

40代の転職は即戦力を求められます。今までのスキルや職務経験、資格を活かせる仕事を探しましょう。40代の人が転職先を探す場合は、実績や多くの経験をアピールすることも大切になります。職務経験や実績がない場合は、難しい資格を取得して転職先を探しましょう。

更新日時:

40歳の転職事情とは

40歳の転職事情とは

昔よりステップアップの転職はしやすくなりました。特に多くの経験を積んだ40代を歓迎する企業は多いです。しかし、企業の求める人材でなければ40代の人の転職は厳しくなるでしょう。なぜなら転職を成功させられるかどうかの今までの職歴で決まってくるからです。 40代の人で転職を考えている場合は、ネットの踊り文句に惑わされないように今までの職歴を活かせる仕事をしていきましょう。

即戦力として活躍できる年代

即戦力として活躍できる年代

40代の人は働き盛りと言われている世代で、経験が豊富な人が多いので転職しても活躍できる場合があります。転職をする際は即戦力として当てにされるので、今までの仕事が活かせる会社を探していきましょう。 転職を考えている人は、今までの職歴や経験を活かせるスキルや資格を取得して企業が求める人材になることを考えていきます。

40代での転職に有利な業界7つ

40代での転職に有利な業界7つ

40代は即戦力として働くことができれば、職の幅が広がります。なぜなら、年齢を重ねたことによる経験があるので、企業で中心人物として活躍できるからでしょう。 転職する人が40代の場合は、業界を絞って仕事探しをしていくようにしていき、自分が活躍できそうな職場を探すようにします。たとえ非正規雇用として雇われても、いずれ正規の職員になれるので雇用形態にこだわらないようにしましょう。

業界1:建築

業界1:建築

40代の人は、建築の現場監督や実際に建築に携わる仕事に就きやすいでしょう。建築は経験も必要ですが、職場の人とのコミュニケーションが取れないと難しい仕事なので、人生経験と資格を多く取得していれば就きやすい仕事と言えます。 建築の仕事をしたい人は、玉掛けや大型普通免許はもちろん危険物取扱者などの資格を取り、仕事を探すようにしましょう。

業界2:不動産

業界2:不動産

不動産業界は大きな金額の商品を扱うので、職務経験がないと勤まりません。40代の人で学歴が高い場合は不動産業に就きやすくなるでしょう。責任を伴う商品を扱うので、今までの職務経験や高い学歴がないと顧客に安心感を与えられないからです。 転職を考えている人で不動産業に入社したい場合は、宅地建物取引士の資格を取得して職探しをしましょう。

業界3:飲食

40代の人は職務経験が長いので、市場の動向を知り尽くしている場合が多いでしょう。そのため、どのような飲食業が時代のニーズに合っているのかを見抜けるので、飲食業に就くことで成功することもあります。 転職を考えている人で飲食業に転職したい場合は、今までの職務経験を活かした商品開発を考えるようにして仕事をしていきましょう。そのためには、情報を集めてどのような物が受け入れられているのかを掴む必要があります。

業界4:リサイクル

リサイクル業は今までの仕事で多くの商品を扱っていればできる仕事でしょう。今、断捨離が流行なので、今までの職務経験があればその経験をリサイクル業で活かせるからです。 40代の人でリサイクル業に転職する場合は、リサイクルだけでなくネットを利用した業務展開や、リユースのことも考えて仕事をしていくようにしましょう。社員や同僚の信頼を集めることができれば活躍できる場が増えてきます。

業界5:警備

警備の仕事も体力仕事になり、またコミュニケーションが必要になるので40代の人に向いている仕事でしょう。警備という仕事は警察との連携や今までの職務経験を活かすことができるので、40代であれば企業に信頼されやすいからです。 40代の人で警備会社への転職を考えている場合は、待遇がしっかりした企業を選ぶようにして、責任者を任されても責任感を持って取り組むようにしましょう。

業界6:店舗経営

40代の人は、今までの職務経験を活かして店舗経営で成功する人も多いでしょう。店舗経営は多くの商品を扱ってきた経験がなければ、成功することができないので多くの職務経験が問われるからです。 店舗経営を考えている人は、業務自体を主観的に考えないように仕事をしていくようにしましょう。そのためには、今まで得た知識を活かして冷静に判断していくようにします。

業界7:IT関係

プログラマーやSEといった仕事の経験がなくとも、コンピュータの知識があればITの仕事に就くことができるでしょう。なぜなら、今までの仕事でコンピュータを使う頻度が増えているからです。 40代の人でIT関係の転職を考えている場合は、エクセルやワードの資格はもちろんネットワークの知識を高めてC言語やVBを使えるようになりましょう。

40代の転職を成功させるコツ

40代の転職を成功させるコツ

転職先の会社を納得させられないと仕事を見つけることが難しくなるでしょう。40代は経験を多く積んでいると考えられているので、職歴やスキル、人生経験がないと企業側に信頼されないからです。 40代の人で転職を探している場合は、自分がどのようなことが得意なのかや、どうしてその会社でなければならないのかを、はっきりさせて仕事を探しましょう。

得意分野をアピールする

今までの職務経験に基くことで何ができるのかをアピールするようにしましょう。企業は40代の人に即戦力を求めるので、会社にどのようなことで貢献できるのかをアピールする必要があるからです。 転職を考えている人は、今までしてきたことの延長上のような仕事を探すようにして、これまでのスキルや職務経験が活かせるような転職先を見つけましょう。

チャレンジする向上心を持つ

普段からチャレンジをしていることは、面接の際にアピールすることができます。 例えば結婚相手を見つけるため活動している、体を鍛えているなど、日常的に継続していることや、前向きな考えを述べると、面接時に立派なアピールポイントとなるでしょう。 面接を受ける人は、相手を説得できる話をする必要があります。向上心を見た目として表現するため、身だしなみを整えたり、姿勢を正すこと、言葉遣いにも気を使うようにします。

経験や実績をアピールする

今まで大きな仕事をしてきたならば、そのことをアピールしましょう。自分の経験や実績があれば、転職先を探しやすくなるので多くの職務経験を積む必要があります。 40代の人で転職を考えている場合は、経験や実績を話せるように仕事をしていくようにしましょう。また経験や実績がなくても、難しい資格を取得してアピールするようにします。

40代に有利な業界へ転職をしよう

40代に有利な業界へ転職をしよう

40代の人は即戦力を求められるので、自分の力を発揮できる職場を探すようにしましょう。そのためには、今までの経験やスキルを活かせる職場を探すようにします。 40代の人の転職は動き方次第で有利にすることができるので、自分は何が得意なのかや、また自信を持って取り組めることは何なのかを理解しておく必要があるでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

40代の転職はスキルや経験はもちろん、情報を集めて動かないとうまくいかないことがあります。そうならないためにも、自分に必要な情報を集めることが必要になってくるでしょう。 転職を考えている人は、資格を取る際もさまざまな状況を把握して動いていくことが大切になります。そのためには男女別で考えた場合の転職も考えていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング