IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

20代未経験で転職を成功させるコツ8つ|転職する際の注意点

転職ノウハウ

20代の未経験の転職は、他の世代よりも歓迎されることも多いですが、今までの職歴や仕事の経験が必要になります。社会人としてのルールやマナーを守ることはもちろん、将来のビジョンや具体的な夢を持つことも必要になるので、仕事に対する考えをしっかり持つようにします。

更新日時:

20代で未経験の職種へ転職出来るのか

20代で未経験の職種へ転職出来るのか

20代で仕事に就いた場合、それなりに職歴をつけないと転職を成功させることはできません。30代になれば未経験の転職は難しくなりますが、20代であれば未経験の転職をすることはできます。新しいことを吸収できる力があるためです。 20代の人が未経験の仕事に転職する場合は、今までしていた仕事に近いことを選ぶ場合でも、全く異業種に就いても未経験での転職を成功させることができるでしょう。

20代前半と後半で転職事情が変化

20代前半は後半と違って会社での地位も変わってきます。20代後半になれば会社での重要な仕事を任されることもあるので、未経験の転職をするには20代前半のようが良い場合もあります。 20代の人が未経験の仕事を探す場合は、その仕事にもよりますが20代前半から転職を考えるようにしましょう。例えば、今までの経験を活かすことができる未経験の仕事を探したり、資格を取得して自分の可能性を伸ばしていきます。

20代未経験で転職を成功させるコツ8つ

20代でなくても、未経験での転職を成功させるには仕事に対する熱意や意気込みがなければ職場の人の共感を得ることができず、転職もうまくいきません。未経験の仕事の転職を成功させたければ自分でできることを誠意を持ってしていく必要があります。 20代の人が未経験の転職を成功させるには、職歴や資格を持っておくことはもちろん基本的な挨拶や仲間とのコミュニケーションをとり、職場の輪を考えて仕事をしていきましょう。

コツ1:仕事に対して意欲を見せる

転職先で仕事をする際、意欲を見せることで職場での仲間の共感を得ることができます。転職先でも、自分なりに責任感を持って取り組むことで周囲からの信頼を得ることができるからでしょう。そのためには、仕事のルールや基本的な知識を持って取り組むことをします。 例えば、残業を頼まれても嫌な顔をしないことやより良い仕事をするためにこまめにメモを取るようにして、迅速で正確な仕事をしていきましょう。

コツ2:未経験でも歓迎される職種を調べる

コツ2:未経験でも歓迎される職種を調べる

20代の人ならば、未経験で歓迎される仕事をネットや人に聞いて探して就くことが重要になるでしょう。なぜなら、自分で事前に歓迎されるかを調べておくことで転職先でも困ることが少なくなるからです。 自分で未経験を歓迎する求人を探して応募することや、異業種の仕事でも歓迎される仕事があるので、畑違いの経験を積みたければ20代のうちから探すようにしましょう。

コツ3:人生の将来設計をしっかりと考えておく

コツ3:人生の将来設計をしっかりと考えておく

自分の結婚観や老後のことを考えておくことで、仕事へのモチベーションが上がったり周囲から歓迎されることが多くなるでしょう。本人の将来設計がしっかりしていることで職場の人の信頼を得ることができるので、上司が重要な仕事を任せやすくなるからです。 面接の際に、将来起業することを話しておいたり、会社でどのようにしたいのかを伝えておきましょう。20代のうちからしっかりした考えを持っていれば採用されやすくなります。

コツ4:前職の仕事の経験を活かして転職先を探す

未経験の仕事を探す際も、前の仕事での経験を活かせることがあります。基本的な挨拶や仕事の要領を掴むのも、仕事の経験がなければできないので少しでも前職で活かせることがあれば活かすようにして未経験の仕事を探しましょう。 20代の人が未経験の仕事を探す際は、前の仕事で使っていた資格や免許を活かせるような仕事に就いたり、仕事の基本的な知識を利用して転職先での仕事に活かすようにします。

コツ5:遅刻や欠勤をしないようにする

遅刻や欠勤をしないことで職場の人の信頼を得ることができます。遅刻や欠勤をしないことは、仕事に対しての責任感を示すこととなるので、休まないことは重要になるでしょう。 自分で前の日に早く寝ることや、普段から気分転換をしておき仕事に慣れておくようにします。20代で未経験の仕事に就く場合は、給料が安い場合もあるので、基本的なことをこなしていき、信頼を得るようにして会社での地位を確立しましょう。

コツ6:協調性を大切にして仕事をする

20代で未経験の仕事に就く場合は、協調性を持たないと転職を成功させることが難しくなります。なぜなら、前の職場でも人間関係が築けずに退職したと判断されれば、信頼をしてくれなくなるので仲間とのコミュニケーションを取るようにしましょう。 自分で進んで挨拶をすることや、談笑の輪に入ることはもちろん休日やアフター5なども職場の仲間と過ごすようにして、チームワークを大切にするようにします。

コツ7:分からないことがあれば聞くようにする

20代で未経験の仕事に就くので、分からないことが多くなります。分からないことを勝手に自分で判断して動くことは失敗に繋がり、職場の人の信頼をなくすことにも繋がるでしょう。 そうならないためにも、自分が分からない部分は責任者やリーダーに聞くようにして、裏付けを取るようにしましょう。未経験の仕事を始める場合は、人に聞くことを忘れないようにします。

コツ8:新しい仕事で必要な資格を取る

20代で未経験の仕事に就く場合は、必要な資格の取得をしなければいけないことがあります。面接で資格や免許の取得を約束されていれば、なるべく早く取り信頼を得て仕事をしましょう。 未経験の分野に転職をする人は、今までとは違った資格や免許が必要な場合もあるので時間の余裕があれば、会社に言われてなくても仕事に使える他の資格や免許を取っておくようにします。

未経験の職種に転職する際の注意点

未経験の職種に転職する際の注意点

未経験の仕事だからこそはっきりしたビジョンがなければ、転職を成功させられません。20代での転職ならば、将来に目標にしていることやどうしてその会社でなければいけないのかを明確にしておく必要があるからです。 自分で履歴書を書くときは、自分が書いたことに対して答えられるようにしておきましょう。また、今までの面接での失敗をフィードバックして対策を練るようにします。

面接での質問対策は必須

自分が履歴書に書いたことに答えられなければ、転職を成功させることは難しくなるでしょう。未経験の仕事をする際も、専門的なことを聞いてこないとは限らないので理解できる限りで調べておき、答えられないと採用の幅は狭くなるからです。 自分で面接対策をする場合は、相手の目を見ることを忘れないことや面接官の話を遮らないようにして、これからしていく仕事についてある程度調べておき答えられるようにしておきましょう。

志望動機や転職理由をまとめておく

志望動機や転職理由を明確にしておかないと転職を成功させられません。20代の未経験の転職ならば、他の世代よりも明確な転職理由や志望動機が必要になります。早い時期からの考えや仕事に対する考え方がしっかりしていないと仕事を任せてもらえないでしょう。 自分の中で将来どうしていきたいのかという考えをまとめておき、すぐに言葉にできるようにしておきます。また、普段から友人や恋人と将来について話しておきましょう。

20代なら未経験でも歓迎される可能性が高い

その業種にもよりますが、20代の転職は歓迎されやすいことが多いです。少なくとも30代半ばで全く違った仕事を探すよりも20代での未経験の転職の方が企業は受け入れやすいでしょう。 また、転職ブームなので時代のニーズを捉えながら仕事を探すことも大切です。 20代の人が未経験の仕事を探す場合は、業種にもよりますがやる気や熱意を見せれば歓迎されることが多いので、仕事に対する考えをしっかり持つようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職というのは今までのキャリアを捨てることにも繋がるので、20代で仕事を探す場合もさまざな経験談を聞いて参考にすることが大切になるでしょう。なぜなら、情報を集めなければ、転職にまつわる事情がわからないからです。 自分の転職を成功させるためには、さまざまな情報を集めておきできることは何かを考えていく必要があるでしょう。そのためにはこの記事に関連する情報をチェックして、転職に活かせるようにします。

関連タグ

アクセスランキング