IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

30代未経験でも転職しやすい職業6つ|失敗しない対策方法3つ

転職ノウハウ

30代で未経験の転職を探すには、資格を取り今までの仕事に近い職種を見つけるようにしましょう。30代はまだまだ未経験でも通用する仕事が多いので、情報を集めて仕事を探すことが大切になります。自己PR力を高めて、普段の活動で面接官にアピールすることを増やしましょう。

更新日時:

30代未経験の転職は難しい

30代の人で未経験の業種での転職を考えている場合は、年齢的に転職先を見つけるのが難しくなるでしょう。30代は20代と同じ扱いで会社にいることが多いので、企業によってはスキルや職歴がないと育てるのが難しいと判断するためです。 30代の人で未経験の業種での転職を考えている場合は、難しい資格や免許を取ったり、ステップアップを考えて仕事を探せば成功する確率が高くなるでしょう。

30代という年齢の壁

30代前半だとそれなりに転職先を見つけるのが難しくない職場も多いですが、35歳を過ぎると仕事を探すのが難しくなるでしょう。30代までにしたい仕事に就いていないと中途半端に仕事をしてきていると考えられてしまうからです。 自分がもし、30代で未経験の業種を見つけるときは、社会情勢や雇用形態を見極めて転職先を探すようにしましょう。

成長スピードの差

20代よりは10代の方が物事の吸収力は高くなり、また30代よりは20代の人の方が飲み込みが早いと考えるのが一般的でしょう。転職前にどのような仕事に就いていたのかにもよりますが、全くの素人よりも少しでも業務経験を積んだ人を優先して採用することが多いです。 自分が未経験での転職を考えている場合は、以前していた仕事での実績や経験をアピールして成長スピードのことをカバーできることを伝えておきましょう。

30代未経験でも転職しやすい職業6つ

30代で未経験の転職を探しても今までの職務経験があればカバーできる仕事が多いでしょう。未経験の人でも経験をしていないことでできる仕事もあるので、逆に強みに変えていくようにします。そのためには仕事に真摯に向き合う姿勢を見せるようにしましょう。 30代の人で未経験の転職を探す場合は、長い時間をかけないでもスキルが積める仕事を選んだり、今までの経験でできる職場を見つけるようにします。

職業1:金融

金融業は今までの仕事で事務の経験があり、信用がない場合は採用されません。金融は信頼関係を構築できなければできないので、長い職務経験があればそのことをアピールしたり、事務職での仕事をアピールするようにします。 金融業に転職したい未経験の30代の人は、保険会社、証券会社、銀行に勤めることが多いのでPCのスキルはもちろん法律、簿記やこれから業務に必要な資格を取って面接を受けるようにしましょう。

職業2:福祉・介護

福祉と介護の仕事は今、人手不足なので、転職しやすい仕事と言えます。体が資本になる仕事なので、福祉や介護の仕事を探す場合は待遇がしっかりした職場を探すようにしましょう。 30代の人で未経験で福祉や介護の仕事に就きたい場合は、介護福祉士や普通免許2種の免許を取っておき、AEDなどの扱いなども覚えておくようにします。転職しやすい業種と言えますが、それだけ良い職場が少ないので良く考えて探すようにしましょう。

職業3:サービス系

サービス業は販売やコールセンターでの仕事なので、今までの仕事の経験があれば転職しやすいでしょう。サービス業は人の移動が激しい職場が多いので、今までの職務経験を活かしながらできることを増やせば転職しても長く勤めることができます。 30代の未経験の人がサービス業に転職を考えている場合は、普段人と話すことが好きなことを面接の際にアピールしたり、友達が多いことを伝えてみましょう。

職業4:運送業

転職先を探す場合、運送会社の仕事は男女とも需要がある業種と言えるでしょう。今、通販を利用する人が増えて運送会社が忙しいので、職務経験が少なくても転職しやすい仕事と言えます。 30代の人で未経験で運送会社へ転職を考えていれば、大型普通免許や普通免許2種を取っておき面接の際も体を使う趣味があることをアピールしましょう。

職業5:アパレル関係

服飾などの着るものは生きていく上で必要なので、30代の人の感性を重視する会社が多いでしょう。30代のファッションを基に雑誌なども作られているので、未経験の人でもアパレル販売の仕事が探しやすいからです。 アパレル関係に転職を考えている人は、どうして服飾関係の仕事に就きたかったのかをアピールするようにして、普段から洋服が好きなことを伝えてみましょう。

職業6:IT関係

ネットを使った仕事が増えているので、プライベートや仕事でのPCのスキルがあれば転職を探しやすい業種と言えるでしょう。なぜなら今、ほとんどの仕事がネットを繋げて行われるので、需要が高く人手不足の企業が多いので未経験でも転職しやすいからです。 ITの仕事に転職を考えている人は、エクセルやワードの資格を取り、ネットワークの知識を高めて、VBやC言語、COBOLなども使えるようにしておきましょう。

未経験でも転職に失敗しない対策方法3つ

30代の未経験の人でも転職を成功させることはできます。今までの職務経験を考えて、必要な資格を取り、自己表現力を高めれば良い転職先を探すことができるでしょう。 転職をする人で未経験の職種を探すときは、さまざまな情報を集めて社会情勢や雇用形態を考えながら動いていくことが大切になります。そのためには、自分にはどのような資格が合っているのかを考えていきましょう。

対策方法1:未経験でも資格を取っておこう

未経験の仕事を探すには転職先の人を納得させられないと仕事が決まりません。難しい資格や免許を取ることで仕事への情熱をアピールするようにします。 未経験の業種の仕事を探す人は、今までの職務経験を考慮して自分に必要な資格や免許を取るようにしましょう。

対策方法2:転職エージェントを活用する

転職エージェントとは厚生労働省から許可を受けた会社が行っている転職支援サービスです。転職エージェントはコンサルタントのアドバイスを受けることもできるので、自分に向いている仕事はどのようなことなのかを理解して転職を進めることができるでしょう。 転職先を探している人で、行き詰まった人は転職エージェントを利用して適切なサポートを受けながら仕事を見つける方法もあります。

対策方法3:自己PR力を高めておく

転職先を探すには自己表現力を上げて、自身をPRする力をつける必要があるでしょう。自己PRができる人は普段活動していることに自信を持っている人なので、面接でも採用されるので自己表現力をつけておくことが重要になります。 転職先を探す人は、家族や友達に自分の良い面と悪い面を聞いてみて、面接で長所をアピールするようにしましょう。また普段、短所をどう補っているのかを言えるようにしておきます。

30代でも未経験の職業に転職することは可能

30代でも未経験の仕事に転職することはできます。今までの職務経験やこれから何をしていきいのを明確にしておき、そのためにどのような資格や努力をしているのかをアピールできれば転職先を見つけるのは難しくないでしょう。 30代の人で未経験の転職先を探す場合は、資格を取得することやこれからどのような業種が伸びているのかを把握する必要があります。そのためには自分なりに必要な情報を集めて、動いておきましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関係する情報も集めて効率よく動いていきましょう。転職の際のメリットやデメリットを覚えておくだけでなく、自分に必要な資格や取っておかないといけない資格なども知っておくことが大切です。 30代の人の未経験での転職を成功させたければ、就きたい業種の知識はもちろん仕事を探す上で必要なことを確認しておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング