IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

外資系への転職で失敗しないためのポイント5つ

初回公開日:2018年12月11日

更新日:2020年11月06日

記載されている内容は2018年12月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の業界・企業研究

外資系企業への転職は年齢制限があるのでしょうか。外資系企業への転職と年齢の関わりについてご紹介していきます。また、年齢別の外資系企業への転職の時に、押さえておきたいポイントなど、外資系企業への転職にプラスになる事をご紹介します。

外資系では終身雇用制度を設けている企業がほとんどありません。この点は日本の企業との大きな違いでもあるでしょう。 その理由としてあげられるのは実力主義であることが考えらえれます。日本企業は就職し、長く勤めることで年収があがり、また退職金も増え、いわゆる年功序列であるケースがほとんどです。 それに対し、外資系企業は圧倒的実力主義であるため成果かが出れば年収もあがることもあり転職が頻繁に行われます。そのため外資系には終身雇用がほとんど存在しません。

外資系の特徴3:チームプレーより個人プレー

上記で何度も触れていますが、外資系は実力主義である企業がほとんどです。 仕事内容としても、ポジションが職務ごとに明確に決まっているため、チームで結果を挙げ評価される、結果が出ず連帯責任を背負うなどのケースが基本なく、個人の職務を個人の力のみで成功させ個人が評価されるまたは、仕事の成果が出ず1人ただけ責任を背負うことのが外資系企業の特徴でもあります。 しのため、日本の企業で多くみられるチームプレーではなく圧倒的に個人プレーであることが多いのです。

外資系ヘの転職に成功するためのポイント

外資系ヘの転職に成功するためのポイント
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

外資系企業への就職、転職では様々な能力、キャリアなどが求められます。 今回は、外資系への転職の成功率を上げるためのポイントを5つあげました。外資系は非常に難しい業界とされているため、ぜひ参考にして転職を成功させましょう。

外資系ヘの転職に成功するためのポイント1:自己分析を行う

外資系企業への転職を考えている場合自己分析を欠かさず行う事をします。 自分はどのような特徴がありまたどんな性格をしているのかを自分自身で把握している必要があります。 面接の際、初対面である面接官に対し自分はどんな人間であるのかを正確伝える必要があります。これは自分自身が自分の事を理解していなければ伝えることは不可能です。 自己分析は自分をアピールする上で欠かせない武器となるので確実に行い外資系企業への転職に挑みましょう。

外資系ヘの転職に成功するためのポイント2:マニュアルに頼らない

外資系企業はマニュアル化されていない事が多いです。そのため、困った時には普段はそれぞれ自立して仕事をしている仲間に聞かなくてはいけません。 「マニュアルがあるから何とかなるだろう」とタカをくくっていると大きな失敗をします。 マニュアルに頼らず、自分の頭で考えたり、経験者に相談して確実な方法で仕事を進めていきましょう。外資系に転職するための方法として、プロのアドバイスをもらいたいという方は「リクルートエージェント」に相談してみましょう。

外資系ヘの転職に成功するためのポイント3:転職エージェントを利用する

外資系への転職を考えている人は転職エージェントの活用をします。 外資系は非常に専門性が強く選考試験の内容も他の業界とは違いフェルミ推定やケーススタディなどの能力を試される試験内容が多いため、外資系に精通したエージェントやキャリアアドバイザーを活用することにより転職成功率は格段に上がることでしょう。 外資系の転職を考えている人に転職エージェントは以下4つになっています。 ・ビズリーチ ・JACリクルートメント ・リクルートエージェント ・マイナビエージェント 詳しい内容はあとで紹介します。

外資系ヘの転職に成功するためのポイント4:企業説明会に参加する

転職に年齢制限がない、外資系企業に転職するためにできる方法その5「企業説明会に積極的に参加する」です。 外資系企業は、やる気と実力のある人であれば年齢をとわず採用してくれます。企業説明会に参加した時には、質問をしたり挨拶をしたりして、積極的に行動しましょう。礼儀を重んじる日本企業より、柔軟な対応をしてくれる事が多いです。

外資系ヘの転職に成功するためのポイント5:実績をアピールする

外資系企業は、先ほども簡単にご紹介したとおり、「成果主義」です。成果にいたるまでのプロセスはほとんど評価されません。どれだけ結果を出せるかで評価されます。 また、外資系企業は数字にシビアです。転職するにあたり、面接などで過去の実績を聞かれた時に数字で答えられるように準備しておきましょう。 入社してから何年目にどのような売り上げだったのかや、賞をもらって評価されたのか、などがポイントとなってきます。外資系企業に転職するなら、結果を短期間でだせる人材になってください。

外資系への転職で転職エージェント4選

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング