IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

30代子持ちの女性でも転職に成功するコツ6つ|聞かれる質問

転職ノウハウ

今までの日本では、一度勤めた会社で定年まで働くことが当たり前でした。しかし近年、「転職」が当たり前になっています。しかし、その中でも、30代子持ちの女性は転職が難しいと言われています。そこで、30代子持ちの女性が転職に成功するコツを考えます。

更新日時:

30代子持ち女性の雇用形態

30代子持ち女性の雇用形態

30代子持ちの女性の転職は、一般的に難しいと言われます。本人としては、まだまだ若く体力があり、働く気持ちは満々です。それに対して、子持ちであることで、子供の急な体調不良や学校の行事などのために、休まなければならないことが多くでてきます。 では、30代子持ち女性の転職先の雇用形態には、どのようなものがあるのでしょうか、見ていきます。

正社員

30代子持ちの転職先の雇用形態の一つが正社員です。雇用保険、健康保険、厚生年金といった制度があり、基本的には終身雇用のため、安定性が確保されます。また、ある程度の期間働けば、もしも妊娠した場合にも産休をとることができます。 しかし、その分仕事の責任も負わなければならず、残業などが発生する可能性も高くなります。子供の行事などで気軽に休める環境ではありません。

派遣社員

30代子持ちの転職先の雇用形態の一つが派遣社員です。雇用保険、健康保険、厚生年金といった制度は派遣会社や、派遣される先によってさまざまです。会社の業績によっては契約が終了となってしまう場合もあります。妊娠した場合も、産休がとれるかどうかは会社次第です。 しかし、正社員に比べ仕事が限られている分、休みもとりやすく、残業なども比較的少なくなります。

30代子持ちの女性でも転職に成功するコツ6つ

30代子持ちの女性でも転職に成功するコツ6つ

30代はまだ若く、バリバリ働けます。また、企業にとっても、まだ若い30代のうちに採用し育て、役に立つ社員にすることができます。しかし、30代子持ちの女性にとって、転職するときに譲れない条件はいくつかあり、そのため転職が難しいとされます。 では、30代子持ちの女性でも転職に成功するコツにはどのようなものがあるのでしょうか見ていきます。

コツ1:知識と経験など自分の強みを伝える

30代子持ちの女性は、出産のために仕事をしていない期間があったとしても、10年前後の社会人経験を持っています。また、出産と育児を経験し母になることで、その他の女性や男性にできない発想をすることができます。 社会人として、母として培ってきた自分の強みを転職希望先にしっかりと伝えることが重要です。30代子持ちであることを、ウィークポイントではなく、逆に強みにしましょう。

コツ2:資格取得などスキルアップを目指す

コツ2:資格取得などスキルアップを目指す

30代子持ちの女性の転職は、「若さと体力と気合いで頑張ります」というわけにはいきません。他の人より働く時間が制限される分、それをカバーできるスキルを持っておく必要があります。 そこでわかりやすいのが資格です。医療事務や調剤薬局事務、ファイナンシャルプランナーなどの資格を保有していれば、30代子持ちの女性の転職に有利になります。

コツ3:主婦や女性が活躍する転職先をさがす

近年、女性が企業の重要な役職に就くことによって、「女性が活躍し、女性を大切にしている企業です」というイメージアップにつなげている企業が増えています。これから人口が減っていき、高齢化社会が進む日本では、社会での女性の活躍はなくてはならないものになるためです。 そこで、30代子持ちの女性が転職先を探すときには、主婦や女性が活躍する企業を探せば、採用されやすいということになります。

コツ4:ママ友が働いている企業を見てみる

30代子持ちの女性が働きにくい、転職しにくい社会であることは確かです。しかし、それでもバリバリ働いている女性はいます。同じ幼稚園や学校のママ友を参考にしてみましょう。 ママ友がどのような企業で、どのような雇用形態で働いているのかを調べてみましょう。また、どんな時間帯で働いていて、休みはとれるのか、仕事の内容はどのようなものなのかを聞いてみましょう。

コツ5:人生設計に合わせて考える

30代子持ちの女性の転職といっても、さまざまです。もう出産はせず、子供も大きくなっているので、転職先で長くしっかり働きたい人もいれば、子供が小さいため時短で働きたい人もいます。 まだ出産を望んでいるのに時短制度も産休制度もなく、残業が多い企業に転職しても、本人にとっても、企業にとっても不利益になります。これからの人生設計に合わせて転職先を選びましょう。

コツ6:夫や家族とよく話し合う

コツ6:夫や家族とよく話し合う

30代子持ちの女性の転職に必ず必要になってくるのが、家族の協力です。自分がどのように働きたいのかを、転職活動をする前に家族とよく話し合いましょう。 転職が成功した後、どのくらいの協力が必要なのか、夫との家事や育児の分担も話し合っておくべきです。子供が体調を急に崩したときなど、どのように連絡をとって誰が対応するのかなども話し合っておきましょう。

企業でよく聞かれる質問を知っておこう

企業でよく聞かれる質問を知っておこう

30代子持ちの女性が転職したいと考えても、企業に採用されなければ働くことができません。採用されるためには、採用試験に合格する必要があります。 新卒の採用試験とは違い、30代子持ちの女性の転職の場合は、企業側からされる質問に特有のものが含まれます。企業でよく聞かれる質問を知り、対応できるようにしておきましょう。

サポート体制が整っているか

サポート体制が整っているか

30代子持ちの女性の転職で、企業が一番心配するのが、急な休みや長期的な休みです。たまになら仕方のないことですが、それが続くと、企業側に不利益を与えてしまいます。 そこでよく聞かれるのが、サポート体制が整っているかです。夫の仕事の状況や、近くに両親が住んでいるのかなどを聞かれます。急な残業になってしまったとしても、サポートしてくれる人がいるかいないかによって、採用の可否が決まってきます。

お子さんの年齢

お子さんの年齢

30代子持ちの女性の転職活動で、必ず聞かれるのがお子さんの年齢です。小学校高学年や、中学生より上の子供の場合はもしも、母親が急な残業になってしまっても、一人で留守番ができます。 しかし、1人で留守番できない年齢の子供であれば、働く時間はより制限されます。また、3歳くらいまでの年齢であれば、体調を崩し、急に休まなければならない確率が高くなります。

どのくらいこの会社で働きたいのか

30代子持ちの女性の転職活動で聞かれることの一つが、「どのくらいの期間この会社で働きたいのか」です。ある程度子供が大きくなっているため、定年まで働きたいのか。それとも、子供が小学生になるまでの短期的な期間で働きたいのか、などを聞かれます。 採用試験の際に嘘をついても意味がありません。しっかりと自分の人生設計を話し、働く期間の長短に関わりなく、自分・企業双方に良い転職になるようにしましょう。

30代子持ちの女性でも転職はできる

30代子持ちの女性でも転職はできる

30代子持ちの女性は、転職が難しいというのが今の日本の一般的な意見です。しかし、自分の人生設計をしっかりと考え、サポート体制を整え、30代子持ちの女性ならではの強みをアピールすることができれば、転職はできます。 どんどんと子持ちの女性が社会で働くことで、どんな女性でも働きやすい日本になるといいでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

30代子持ちの女性が転職するためには、ある程度、自分で働きやすい環境をつくることが重要になります。そこで次は働き方を紹介します。 また正社員で働いている子持ちが、転職する方法についてもふれています。ぜひご覧になってみてください。

アクセスランキング