IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

高卒フリーターが就職する方法8つ|効果的な履歴書の書き方

転職ノウハウ

高卒フリーターの人の就職活動はアルバイトの経験を活かして動いていく必要があります。また、受ける企業で将来どのようにしていきたいのかを明確することが重要になるでしょう。そのためには、スキル、資格、経験を積んで企業側にアピールする必要があります。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 高卒フリーターは、経験不足と企業側に考えられていることが多い
  • 仕事に対する姿勢や自分の強みを上手にアピールすることが大切
  • 履歴書の添削や面接対策を行ってくれるエージェントを上手に活用しよう

高卒フリーターは会社員の経験がないため、転職や就職する際に大変な思いをする人が多いと言われています。しっかりと就職内定を勝ち取る為には、準備するべきことやコツを知って対策をしておくことが大切です。 どこかの企業に就職したいと考えている方は、転職エージェントを上手に活用して対策しておくことをおすすめします。特に求職者へのサポート体制が充実している「マイナビエージェント」が人気です。

高卒フリーターとは

高卒フリーターとは高校を卒業して、その後会社に就職せずにそのままアルバイトをしている人です。高卒でアルバイト経験しかないので、なかなか就職先が見つからないことがあります。 高卒フリーターの人の場合、自分の能力を活かせる職場を探して、会社側に誠意を見せて正社員になれるようにしましょう。そのためには、仕事に対する熱意と努力が必要になるでしょう。

高卒フリーターは就職に不利なのか

高卒フリーターの人は高校を卒業した後、就職活動をして会社へ入社していないので経験不足と企業側に考えられていることが多いです。全ての企業の人がそう考えているわけではないですが、ビジネスマナーや就業に関することに疎いため不利になることがあるでしょう。 高卒フリーターの人の場合、会社員として働いていないので今までのアルバイトの経験を活かせる仕事に就くことが重要です。

高卒フリーターから就職する方法8つ

高卒フリーターから就職するには、仕事に一生懸命に取り組めば正社員になることができます。そのためには、ただ闇雲に努力するのではなく必要なスキルや経験、資格や免許を取りつつ自分に合った仕事を探す必要があるでしょう。 高卒フリーターの人が就職するためには、非正規社員から正社員になるための努力をするように動いていきましょう。例えば、自分の立場をわきまえつつ、できることを考えて努力をすることが大切です。

1:前向きな姿勢

どのような仕事でも前向きな姿勢がなければ、職場の上司は信頼を得て正社員になることはできません。前向きな姿勢とは、身だしなみを整えることや挨拶を忘れないこと、仕事に対する責任感を持つことです。 高卒フリーターの人が正社員になるには、前向きな言動に基づく行動をとるようにして上の人の信頼を得るようにしましょう。

2:正社員になりたい理由を明確に持つ

どうして正社員にならなければいけないのかを会社側に伝えることで、本採用されやすくなります。正社員にしかできないことや、周囲の人のことを考えた目的を他人に話せるようにならなければ、上司を納得させることができないからです。 高卒フリーターの人は、自分の利益よりも会社や環境、家族のことを考えて就職活動をしていく必要があるでしょう。そのためには、広い視野で世の中を見ていくことが大切です。

3:嘘をつかない

3:嘘をつかない

嘘をつかないというのは人として生きる上で重要なことです。なぜなら嘘をつく人は、自分に自信がない人が多いので、実力のなさを嘘でごまかしているからでしょう。 嘘をつかない人は、自分の行動に責任を持てる人なので、高卒フリーターでも嘘をつかず仕事をすれば、職場の人の信頼を得て仕事ができるようになります。そのためには、嘘をつかずできないことはできないと言ってできることを増やしていきましょう。

4:無断欠勤をしない

いくら良い会社へ就職をしても無断欠勤が続けば信用をなくし、職場にはいられなくなります。そのためには体調を整えて、ストレスを溜めないように自分を管理する必要があるでしょう。 高卒フリーターの人が正社員として就職をしたら、無断欠勤をしないように仕事で分からないことをなくしたり、職場の仲間と仲良く過ごせるようにしておくことが必要です。

5:職場で決まっていることを守る

職場での勤務時間を守ったり、正しい服装で仕事をしなければ正社員としての採用はなくなります。会社は組織の中で仕事をするので、集団行動に従えないと職場の輪を乱す人と見られてしまうからでしょう。 高卒フリーターの人はアルバイトなどで自由な格好をしていても、正社員になりたい場合は髪型や服装に好感が持てるようにしていかないと本採用にはなりません。また、就職活動中もスーツなどを着用するようにしましょう。

6:仕事を優先して物事を考える

高卒フリーターの人は仕事をアルバイト感覚で考えがちになります。一度会社に就職したら、人並みの生活を送れないことを覚悟して仕事に臨む必要があるからでしょう。 自分の生活よりも仕事や会社、取引先を優先に考えることが必要になってきます。高卒フリーターの人は仕事をアルバイトと同じに考えることをやめて、一人暮らしをすることや家族を持つようにして、仕事自体の考え方を変えていきましょう。

7:協調性を大切にする

会社は組織で動くので、協調性がなければ勤めることが難しくなるでしょう。一人一人が協調性を持たなければ、組織の崩壊に繋がるので会社は協調性を大切にする傾向があるためです。 高卒フリーターとして就職活動をする時は、アルバイトの職場で他人の考えをまとめたことをアピールしたり、リーダーをしていればそのことを伝えてみましょう。

8:与えられたポジションで最大限の努力をする

自分の立場を理解して行動に移すことで上の人の信頼を得ることができます。非正規でも、与えられた仕事をこなすことで正社員と実力が同じことをアピールできるので、会社側に大切にされて本採用の幅が広がるでしょう。 高卒フリーターの人が就職する際は、普段から何事にも正面から向き合っていることをアピールします。例えば、クラブ活動やボランティア活動で努力して、仕事では得られない経験をしたことを伝えましょう。 高卒フリーターから就職する方法を学んだ上で、面接対策や履歴書対策をプロにサポートしてもらえば、他の人と差のついた状況で面接に臨むことができます。プロにサポートしてもらいたい方は、「マイナビエージェント」を利用してみましょう。

高卒フリーターが履歴書を書く時のポイント

高卒フリーターが履歴書を書く時のポイント

高卒フリーターが履歴書を書く際は、アルバイトの時とは違う視点で書く必要があります。履歴書に書かれたことが全てになるので、職歴や学歴やどうしてこの会社でなければいけないのをはっきりさせておきましょう。 高卒フリーターの人が、履歴書を書く時は入社後の具体的なビジョンを持って志望動機や将来どうしたいのかを書くようにします。例えば、今の仕事をどこまで突き詰めるのかや、起業についても書くようにしましょう。

1:志望理由を具体的に書く

自分でどうしてこの会社でなければいけないのかを書けなければ、いくら就職活動を頑張っても採用の可能性は低くなります。学校で学んできたことが志望動機に反映させることができなければ、企業は必要な人とは考えずに採用としないからでしょう。 高卒フリーターの人が就職活動をしていくには、具体的な志望動機を書けるように就職したい会社の業種や職種を理解して履歴書を書く必要があります。

2:入社後の貢献をアピールする

自分が入社後どのように会社に貢献できるのかを書けなければ企業は採用しないでしょう。企業は慈善事業ではないので、厳しい競争を生き抜くにはその会社に必要な人を集める必要がああるからです。 高卒フリーターの人が入社した後、その会社を将来どのようにしたいのかを明確にするようにして、自分にできることを提案していくようにしましょう。

3:アルバイト経験で学んだことを書く

高卒フリーターの人の採用を考えてる企業はアルバイトの経験を大切にすることが多いでしょう。なぜなら、高卒フリーターの人がアルバイトでどのような経験をして努力したかで、企業側はこの会社に必要な人かどうかを判断するためです。 就職活動をしていく人は、アルバイトに限らず今まで得た経験やスキル、知識を使って新しい職場で何ができるかをアピールするようにしましょう。

高卒フリーターでも諦めずに就職活動をしよう

この記事のまとめ
  • 高卒フリーターは、経験不足と企業側に考えられていることが多い
  • 仕事に対する姿勢や自分の強みを上手にアピールすることが大切
  • 履歴書の添削や面接対策を行ってくれるエージェントを上手に活用しよう

高卒フリーターでも今までのアルバイトの経験を活かして就職活動をすることで活路が開けるでしょう。そのためには、普段から企業の動向や時代の流れを掴む必要があります。 高卒フリーターの人は、アルバイトの経験だけでなく普段の生活や、学生時代のクラブ活動やボランティア活動での経験をアピールするようにして、正社員になれるようにしましょう。 今までの経験や自分の強みをしっかりとアピールできれば高卒フリーターでも採用してもらえるチャンスは全然あります。自分の強みや自己PRを上手にまとめる方法を「マイナビエージェント」に在籍するキャリアアドバイザーに教わりましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関連する情報もチェックしよう!

高卒フリーターの人が就職活動をしていくには、さまざまな情報を集める必要があるでしょう。そのためには自分に都合の良い情報ばかり集めずに、現実を知ることも必要です。 高卒フリーターの人が、就職活動を成功させるためには、それぞれの職業に基づく考察ができるようになって賢い選択をしていくようにしていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング