IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

20代後半で転職を成功させるコツ6つ|転職する理由

転職ノウハウ

20代後半になれば、さまざまなイベントがあるため、転職活動を行う人は少なくありません。20代後半での転職は、20代前半の転職とは異なるので注意するようにしましょう。今回は、20代後半で転職する理由や20代後半からの転職を成功させるコツなどをご紹介していきます。

更新日時:

20代後半で転職する理由

20代後半で転職する理由

20代後半になってから転職を考える人は、非常に多いです。20代後半で転職する理由としては、20代後半になると結婚などを経て給与が足りなくなってしまうことや、休みが少ないということ、スキルアップしてきたので仕事の幅を広げていきたいという理由があげられます。 今回は、20代後半で転職する理由や20代後半からの転職を成功させるコツなどをご紹介していきます。

給料が少ない

20代後半になると、結婚や育児などお金が必要となってくる場面が多く出てきます。そのため、今よりももっと給料が多い会社に勤めたいと感じてくる人が多いです。 しかし、会社によっては、勤続年数を重ねて成果をあげていくことで、給料があがっていく会社もあります。その場合であれば、転職をするよりもそのまま働き続けるほうが良いという場合もあるので、給料面だけで転職したいのであれば注意するようにしましょう。

休みがない・残業が多い

休みが全くない会社や残業が多すぎる会社で勤めており、体力的にしんどいといったことも、転職したい理由としてあげられます。長時間労働や休みがない職場で働いていると、自分の時間がなくなるだけでなく、最悪過労死してしまう可能性もあります。 他の人も休日出勤や残業をしているという理由で我慢するのは、間違った考えです。自分の体のためにも休みがない会社や残業が多い会社で勤めているのであれば転職をしましょう。

もっと仕事の幅を広げたい

20代後半であれば、今までに仕事をしていた実績を活かして、スキルアップできる会社に勤めたいという人もいます。今持っているスキルを使って、仕事の幅を広げることで、さらに大きいことに挑戦していきたいという意欲を持っている人は転職活動を積極的に行いましょう。 仕事の幅を広げるために資格が必要となってくる場合は、転職活動を行う前に資格を取得するようにするとスムーズに転職が行えます。

20代後半で転職を成功させるコツ6つ

20代後半で転職を成功させるコツ6つ

20代後半での転職は、20代前半での転職とは少し異なってきます。20代後半になれば、即戦力が求められることが多いので、経験を活かせる仕事を探したり、キャリアアップできることをしっかりアピールすることが大切となってきます。 また、転職を何度か繰り返しているのであれば、面接の際に前向きな転職理由を伝えて、相手にポジティブな印象を与えることも転職を成功させるコツです。

コツ1:経験を活かせる仕事を探す

20代後半からの応募者の場合は、即戦力になれる人材かどうかを見られることが多いです。中途採用の場合は、新卒採用のようにじっくりと教育する時間はないので、即戦力にならないと採用されないこともあります。 そのため、20代後半から転職活動をするといった場合は、今までの経験を活かせる仕事を探すようにしましょう。今までの実績を提示して、戦力になれることをアピールできれば、転職を成功させることができます。

コツ2:キャリアアップしたいと伝える

コツ2:キャリアアップしたいと伝える

20代後半からの転職の理由として、今までの経験を活かしてキャリアアップしたいという理由があげられます。面接の場であっても、これからどうしていきたいのかを聞かれることが多いです。 20代後半での就職面接の際には、どのような人生設計を持っていて、この仕事につくことによってキャリアアップしたいという旨を的確に伝えるようにしましょう。具体的な目標を伝えることで採用させる確率をあげることができます。

コツ3:転職エージェントを活用する

20代後半で転職活動を行う際には、転職エージェントを活用するとスムーズに転職活動を行うことが可能です。転職先に対する相談だけでなく、履歴書や面接の対策も行ってくれます。また、年収や社風などの聞きにくいことも代わりに聞いてくれるので、安心して転職活動が行えます。 20代後半であれば、仕事でいっぱいいっぱいになることも多く、転職活動に割く時間がない人も転職エージェントを活用すると良いでしょう。

コツ4:短期間で終わらせる

20代前半での転職活動であれば、わからないことも多く時間もかかってしまうことが多いですが、20代後半での転職活動は長くても2カ月で終わることが多いです。あまり長い時間を転職活動にかけてしまっては、転職の意志が揺らいだりして誤った判断をくだしがちになってしまいます。 後悔しない転職をするためにも、20代後半から転職活動を行おうという場合は、忙しい時でも集中して短期間で終わらせるようにしましょう。

コツ5:前向きな転職理由を伝える

20代後半での転職する場合、今までにも何回か転職をしているという人も多いです。転職回数が多いと、忍耐力がないのではないかと疑われることもあります。そのため、前向きな転職理由を考えておきましょう。 出産・育児や家庭の事情などのやむを得ない事情や自らのスキルアップのための転職であれば、相手の企業に悪い印象を与えることはありません。転職を成功させるためには、前向きな印象を与えるようにしましょう。

コツ6:在職中に転職活動を行う

コツ6:在職中に転職活動を行う

転職活動は短期間で行ったほうが良いですが、どうしても長引いてしまうこともあります。転職活動が長くなって生活費が苦しくなってしまうと、本当に働きたかった会社でないのに就職してしまうといったことになりやすいです。 希望の企業に就職するためにも仕事が忙しくて転職活動ができないといった場合であれば、転職エージェントを利用するか、生活費を3か月分程用意してから転職活動を行うようにしましょう。

転職のメリット・デメリット

転職のメリット・デメリット

転職は簡単にできるものではありませんので、転職活動を行う前に転職のメリットやデメリットを知っておきましょう。転職のメリットとしては、給料が増えたり、休みが増える可能性があることがあげられます。 反対にデメリットとしては、根気がない人と見られやすかったり、給料が下がってしまう可能性もあることがあげられます。

メリット

転職は給料を上げるための手段としてあげられます。今までの培ってきたスキルを活用して、休みも多く、今までよりも給料も上がるといった環境の良い会社に転職できる可能性もあります。また、転職することで人間関係もリセットすることができるので、新しい気持ちで仕事に取り組むことができることも転職の大きなメリットです。

デメリット

複数回の転職をしていると、忍耐力がない人なのではないかと誤解されることがあり、運が悪い場合は履歴書の段階で不採用となってしまうこともあります。また、転職活動に費やす時間や体力は想像以上に多いので、疲労がたまってしまうことも多いです。 また、給料をあげたくて転職したのにも関わらず、転職を行うことで賞与をもらい損ねたり、退職金の面で不利になることもあるので注意しましょう。

20代後半の転職はベストタイミングでもある

20代後半の転職はベストタイミングでもある

20代後半は即戦力を求められることが多いですので、パソコンの操作やビジネスマナーなど最低限の知識は備えておくと転職が成功しやすくなります。 20代後半の人材は、ビジネスマナーを心得ている人が多く、経験豊富であることが多いので、企業から求められることも多く、転職活動がスムーズにいきやすい年代ですので、積極的に転職活動を行ってみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今行っている仕事と全く関係のない新しい仕事にチャレンジしようと考えている人であれば、20代後半の時期がラストチャンスとなります。異業種へ転職しようと考えている場合であれば、志望動機をしっかり考えておくようにしましょう。 また、今までフリーターなどを行っており、ビジネスマナーを身に付けていないという場合であれば、転職に当たってビジネスマナーを学んでおくことをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング