IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職する時期を決めるポイント4つ|おすすめの時期

転職ノウハウ

転職をしたいと考えるのであれば、できるだけ良い時期に転職活動を行うようにしましょう。良い時期に転職活動を行うことで、スムーズに転職活動が行えることも多いです。今回は、転職におすすめの時期や転職する時期を決めるポイントなどをご紹介していきます。

更新日時:

転職におすすめの時期

転職を行う時期にこだわりがないのであれば、できるだけ良い時期に転職活動を行うことをおすすめします。転職におすすめの時期としては、2~3月や8~9月などの時期があげられます。 おすすめの時期に転職活動を行うことで、いつもよりも良い企業に転職できることも大いにあり得ます。今回は、転職におすすめの時期や転職する時期を決めるポイントなどをご紹介していきます。

2~3月:求人数が増える

12月や1月などは、年末年始を挟むことになるため、選考が途切れてしまいますので、求人の数は少ないです。その後の時期である2~3月は求人が増えてくるので、転職におすすめの時期となります。 2~3月という時期は、4月に向けて退職する人が多くなることによって、後任の補充のための求人が増えてきます。数多くの求人から選びたい人は、2月~3月の時期に転職するようにしましょう。

4~5月:ライバルが少ない

2~3月など求人数が増える時期だけが、転職に最適な時期とは限りません。4月は新卒採用を行った後ですので、4~5月の時期は求人数が少なくなります。そのため、転職活動を行う人も少なく、ライバルが少ない時期といえます。 4~5月に出ている求人は、新体制を作った後に人手が足りないといった急を要する求人が多いので、スムーズに採用される場合も多いです。即採用して欲しい時には、4~5月に転職活動を行いましょう。

8~9月:なかなか見ない求人が多い

新規事業を立ち上げる時期は4月であることも多いですが、下半期である10月に新規事業を立ち上げることもあります。そのため、8~9月といった時期は多種多様の求人を見かけることが多いです。 いつもであればあまり見かけない求人も見つけることができるので、面白い仕事をしてみたいと感じている時や新しいことにチャレンジしたいといった場合には、8~9月の時期に転職してみましょう。

転職する時期を決めるポイント4つ

転職する時期を決めるポイント4つ

いざ転職しようと思い立ったとしても、いつ転職すれば良いのか迷ってしまう人も少なくありません。転職する時期はどうやって決めれば良いのでしょうか。 転職する時期を決めるポイントとしては、現在の会社に勤めている期間やボーナスなどの金銭面の問題、年齢などがあげられます。転職する時期を決めるポイントを知って、後悔のない転職ができるようにしましょう。

ポイント1:勤めた期間

前職で勤めている期間があまりにも少ないと、転職してきてもすぐに退職されてしまうのではないかと不安になる企業も多いです。今勤めている会社に何か大きな問題がないのであれば、3年程度の勤続年数を積んでいると良いでしょう。 どうしても現在の会社で長い間勤めるのは難しいといった場合であれば、勤続年数に大きくこだわることなく転職活動を行っても構いません。転職の機会を逃さないように行動しましょう。

ポイント2:賞与や失業保険等のタイミング

賞与がある会社の場合は、夏と冬の時期の2回もらえる場合が多いです。転職してすぐの段階では、賞与をもらえることは少ないですので、賞与をもらってから転職したいという場合には、8月~9月か1月〜2月に転職活動をするようにしましょう。 また、転職した後に失業保険をもらいたいという人もいます。失業保険は、自己都合で退職する場合であれば、3カ月の給付制限があるので、お金に余裕をもって転職活動を進めましょう。

ポイント3:年齢

年齢が若ければ若いほど転職活動には有利になることが多いです。特に20代~30代前半であれば、企業からのニーズが高いため、転職先が決まるスピードも速い傾向があります。長い間勤めることが難しそうな会社であれば、早めに退職するのも良いでしょう。 現在は、就業人口の高齢化が進んでいるので、30代後半の求人も増えてきています。30代後半などであれば、管理職など人生経験や社会経験が必要な求人が多いです。

ポイント4:ライフスタイルに合わせる

女性の場合、出産や育児といったイベントがあります。勤めている場所によっては、出産や育児に対しての体制が整っていない企業もあります。育児休暇などの体制が十分でない企業であると感じている場合は、結婚や出産を行う前に転職をして、環境を整備するようにしましょう。 特に、出産や育児を行った後も正社員としてしっかり働いていきたいという女性の場合は、育児休暇などを取得できるような企業に転職しておくと安心です。

ポイント5:繁忙期を避ける

金銭面や年齢などを考慮することはもちろんですが、円満に転職することも大切となってきます。現在の会社を退職する時には、なるべく双方気持ちよく退職することが望ましいです。 円満に転職をするためには、繁忙期を避けて引継ぎの期間をしっかり設けてから転職するようにしましょう。引継ぎをしっかりするためにも、転職の意志は早めに伝えておき、伝えきれないことはメモにするなどの配慮を心がけましょう。

スムーズに転職するために必要なこと

スムーズに転職するために必要なこと

転職をしたいと考えていたとしても、中々転職活動が進まずに、結局上手く転職が行うことができず、失敗してしまうという人も少なくありません。スムーズに転職活動を行いたいと考えるのであれば、採用が増えてくる時期を狙ったり、自分が転職したいという意思をしっかり固めることが大切となってきます。 「漠然と転職できたらいいな」と考えているだけであれば、いつまでも転職することはできません。スムーズに転職するために必要なことについてご紹介します。

採用が増える時期を狙う

2~3月などは、求人数は増えますが、その分ライバルが多い時期となります。4~5月などであれば、求人数が少ない分ライバルが少ないので採用数が増えてくる時期となります。資格やアピール力などに自信がないのであれば、採用が増えてくる時期を狙って転職活動を行うようにしましょう。 反対にアピール力やスキルに自信があるのであれば、求人数が増えてくる2~3月に転職活動を行ってみるのも良いでしょう。

転職軸をしっかりと固めておく

転職軸とは、転職を志す時の動機です。例えば、残業する時間を減らしたいということや専門的なスキルを身に付けて企業したいといったことが転職軸となります。転職軸が不明確であれば、いつまでも転職できずにふらふらと今の仕事を続けてしまうことになります。 スムーズに転職したいと考えているのであれば、なぜ自分が転職したいと考えているのかという転職軸をしっかり固めておくようにしましょう。

タイミングを見極めて転職する

タイミングを見極めて転職する

転職をしたいという意志があったとしても、タイミングを逃してしまっては、結局転職に失敗してしまうことにもなりかねません。仕事が落ち着いたら転職しようといった曖昧な考えであれば、いつまでも転職ができずに、良い求人を逃してしまうことも多いです。 転職をする時には、タイミングを逃さないように転職活動をする意志を明確に持って転職活動を行うようにしましょう。

自分が転職したいと思える求人がベストタイミング

自分が転職したいと思える求人がベストタイミング

勤続年数や年齢、金銭面など転職を行う上ではさまざまなことを考えることがありますが、あまりに考えこんでしまっては、転職する時期を逃してしまうということも多いです。転職する時には、自分が転職をしたいと強く考えた時が一番のタイミングとなります。せっかくの機会を逃さないように、計画的に転職活動を進めていくようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職をする時には、いつから仕事を行うことになるのかが気になる人も多いです。前職の都合上入社時期を伸ばして欲しいということも多いです。いざという時にパニックにならないように、入社時期を延長することはできるのかなど転職後のことについても調べておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング