IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職しようか迷っている人が試すべき判断基準6つ|転職理由

転職ノウハウ

今回は「転職しようか迷っている人が試すべき判断基準6つ|転職理由」と題して、「転職しようか迷っている人が試すべき判断基準6つ|転職理由」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「転職する際に持つべき判断基準」についてご紹介します。

更新日時:

転職するべき理由とは

転職するべき理由とは

転職しようか迷っている人が抱える多くの理由には、まず「今の仕事が自分に合っているかどうか」という悩みと、特に「人間関係をこれ以上そこで続けていけない」といった人と人との不和の問題が多く見られる傾向があります。 その場合、純粋に「転職しようか迷っている」と言うその理由を問う際には、まず「その仕事環境そのものと自分の理想とが「どのように矛盾しているか」について考えることが大切になります。

将来のビジョンが明確

先述の続きの内容になりますが、「自分の理想的な職場」を想定する上でそれまで勤続してきた職場内容を俯瞰する場合、そこで得られる「将来のビジョン」がどのようなものか、その辺りのことを明確に考えておくことが大切になるでしょう。 この場合の「将来のビジョン」というのはたとえば「自分がその仕事においてこういう仕事がしたい・ゆくゆくはこれくらいの給料をもらいたい」などといった、現実に即したビジョンになります。

自分のやりたい事と全く違う

現在において働いている職場での仕事が、「自分が本来やりたいと考えていた仕事」と全く違うといった場合、その際には別の仕事を模索することがやはり大事になるでしょう。主に「転職しようか迷っている」と言う場合の多くの悩みはこの点にあるため、具体的に自分の仕事と理想の仕事とを見比べておくことが大切になります。 これは「その後において継続して仕事できるかどうか」に関わってくるため、非常に重要な点になります。

給料が平均以下

また給料についてですが、やはり仕事をするのは「給料をもらうこと」が第一の目的であるため、この給料が「生活費を賄える金額」、または「理想としていた金額」程度は稼げなければ、やはり継続していく仕事としては少々不足している仕事になるでしょう。 「転職しようか迷っている」と言う悩みの大半はこの「給料の高低」によって決まる傾向があるため、給料の平均額を相場で調べた上で、その辺りの理想をしっかり押さえましょう。

転職しようか迷っている人が試すべき判断基準6つ

次は「転職しようか迷っている人が試すべき判断基準6つ」と題して、転職に必要な情報収集に関する基本的な方法と、転職しようか迷っている人にとって「これだけは検討しなければならない」とされるおすすめの判断基準についてご紹介していきます。 転職しようか迷っている人の多くの悩みはやはり「やり甲斐のある仕事かどうか」や、「今後の給料の金額が不足しないかどうか」がまず大事となり、その情報確認が大切です。

判断基準1:収入が増えるのか

勤続していくことを想定して仕事に就く場合、どうしてもこの「今後の収入が増えるのかどうか」については必ず考えなければならない判断基準となるでしょう。特に転職しようか迷っている人の場合は「今と今後の給与面での想定」を踏まえながら、今後において理想的な給料が得られるかどうかは必須の検討課題となります。 その場合でも予測しか立てられない場合がありますが、できるだけ多くの同僚や先輩社員と相談してみましょう。

判断基準2:自分のやりたい仕事に出会えるのか

次に「自分のやりたい仕事に出会えるのか」についての判断基準ですが、もし「どうしてもこの職場では自分のやりたい仕事には出会えない」と判断できた場合には、すぐに別の転職先を検討することをおすすめします。 転職する際には年齢制限的な基準がやはりあるため、若いうちに転職する場合の方が遥かにお得です。転職しようか迷っている人がいれば、この判断基準をまず考えておきましょう。

判断基準3:希望する企業が雇ってくれるのか

次に「希望する企業が雇ってくれるのか」ということについてです。転職しようか迷っている人の場合、先述に引き続く形で「どうしてもその職場に自分の理想とする仕事がない場合」は、とにかく「次に転職先をある程度でも決めておいてから、今の職場を辞めることを考える」といった方法がおすすめです。 次に転職先をまず決めておかなければ、いざと言う場合に困ります。この際に、希望する企業のメドを付けましょう。

判断基準4:人間関係に我慢できない

次は転職しようか迷っている人の理由でも非常に多く見られる「人間観の不和」の問題についてですが、どうしても人間関係に我慢できないという場合には、やはり次の転職先の検討を始めておいてよいでしょう。 人間関係というのは「仕事をする上で、必ず重要な土台となるもの」なので、その関係不和の状態が続いたままでは「できる仕事」もできなくしてしまいます。この場合でも、まず次の転職先のメドを付けてからにしましょう。

判断基準5:もっとやりたい仕事が見付かった

次に「今の仕事もいいけど、もっとやりたい仕事が見付かった」と言う場合の転職の判断基準についてです。今の仕事でも続けていけるけれど、もっとやりたい仕事が見付かり、できればそちらの仕事も経験してみたいと言う場合は、まず体験入社的な内容の説明会などに参加し、少しでもそのやりたい仕事がどんなものかを確認しておきましょう。 転職しようか迷っている人にとっては魅力的な話になりますが、まずは「確認」が大事です。

判断基準6:ゆとりが持てない

今の仕事もかなり楽しいけれど、しかし「自分のプライベートの時間が持てないのが我慢できなくなった」と言う場合の転職の判断基準についてです。この理由も転職しようか迷っている人の理由に非常に多く見られ、この場合は「生活習慣を変えてみる」、「仕事への向き合い方にゆとりを持つ」などの工夫が先に検討されます。 しかし、それでもゆとりが持てない場合は、次の転職先を検討しておきましょう。

転職しようか迷っている人におすすめのエージェント

転職しようか迷っている人におすすめのエージェント

さて、ここからは「転職しようか迷っている人におすすめのエージェント」と題し、転職しようか迷っている人が利用する上で最適な情報サイトをご紹介していきます。転職する場合も就活する場合と同じく、まずは多くの「役立ち情報」をできるだけ収集しておくことが大切になります。 少しでも自分に見合う理想的な転職エージェントを見付けておきましょう。転職エージェントとは、「転職の斡旋をしてくれるサイト」を指します。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「転職希望者にとって理想的な転職先」を探すだけでなく、その後のアフターサービスも非常に充実している魅力的な転職エージェントになります。転職しようか迷っている人にとっては願ってもない「掘り出し物的な転職情報」が飛び込んでくる機会が多く、さらに転職に必要な知識やスキルを教えてくれます。 非常に丁寧に教えてくれるため、ほぼすべての転職しようか迷っている人にとっての土台となるでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

転職しようか迷っている人が最も多く利用している噂が名高い高評価の「パソナキャリア」ですが、この転職エージェントの大きな特徴はやはり「求人情報の豊富さ」と、必ず転職がスムーズに行なえる技術面のサポート力と言えるでしょう。 全国規模での転職エージェントとなるため、どの地域に住んでいる転職希望者にとっても役立ち情報が満載のサイトとなります。転職しようか迷っている場合であれば、ぜひ検討しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

次に「リクルートエージェント」についてのご紹介です。当サイトの魅力的な特徴はやはり「求人情報の豊富さ」と「サポート力の高さ」で、当サイトを利用した場合は必ず「3件以上の理想的な職先が見付かる」などの評判も立つ程の実践的なメリットが見られます。 転職しようか迷っている人がいれば、3人に1人は活用している程の高評価のエージェントになります。

転職しようか迷っている人はエージェントに相談

転職しようか迷っている人はエージェントに相談

今回は「転職しようか迷っている人が試すべき判断基準」をメインにご紹介してきましたがいかがでしょうか。転職の理由は個別でいろいろありますが、その多くは矢張り「人間関係」、「やりたい仕事が見付からない」、「給料は破格に安い」などといった、日常で困る局面にあると言えます。 これらの点を考慮した上で、すでに転職しようか迷っている場合は「少しでも早くエージェントに相談すること」を意識しましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職する際には就活時と同じく、情報確認・できるだけ多くの情報収集がとても重要になります。その情報を生かす形で転職しようか迷っている状態に区切りを付ける形で「次の職先」を見付けておき、自分の人生設計を豊かなものにしていくことが肝心です。 転職エージェント・転職サイトを上手く活用し、「自分の理想的な職場」を見付ける努力をするのはできるだけ早い方がよいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング