IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一年目で転職するデメリット5つ|転職したくなる理由

悩み・不安

入社一年目で転職をする場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。また、入社一年目から転職した方が良いケースとは、どのような状況なのでしょうか。このぺージでは、「入社一年目の転職」をテーマにして、入社一年目の転職のデメリットなどについて、ご紹介しています。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 実際に働いてみるとイメージと違う職場が多い
  • 一年目で転職するとデメリットな点もある
  • 転職しようか悩んだら転職エージェントに相談してみよう

就職して一年目で転職を考えている人は意外にも多いでしょう。想像していたイメージと違ったり、人間関係が自分には合わない職場だったりと理由はさまざまですが、一度転職を考えてしまうとその後も仕事にやる気が入らないでしょう。 少しでも職場に関することで悩んでいたり、転職も視野に入れているという方は「マイナビエージェント」に登録してみましょう。

入社一年目で転職したくなる理由

入社一年目で転職したくなる理由

世間一般では、入社してから三年間は同じ会社や職場で働いた方が良いと言われています。また、同じ職場などで三年以上働いてようやく、一人前だとする見解も存在しています。 しかし、さまざまな事情から、入社してすぐの一年目から会社を辞めたくなったり、転職を考えたりする方も、少なくありません。 なぜ、入社したての一年目から、転職をしたくなることがあるのか、その理由について考察していきます。

想像していた業務とイメージが違った

入社一年目で転職を検討してしまう原因の中でも、特に多いと考えられるのが、想像していた業務や職場と現実が異なるという理由です。 入社前に抱いていた業務や職場へのイメージと、実際の業務や職場などが一致せず、理想と現実のギャップに苦しんだ結果、転職する方も多いと言われています。 入社したばかりの一年目で、もっと理想に合った職場を探すべく、転職する方もいらっしゃると考えられそうです。

人間関係や雰囲気が合わない

人間関係や雰囲気が合わない

業務内容や配属先などは、入社前のイメージや希望どおりなものの、職場に馴染めなかったり、人間関係が構築できなかったりといった理由で、入社一年目から転職するケースもあります。 どんな業務や職場でも、どこかでは人と接しなければなりません。そのため、人間関係などに馴染めないと、働きづらかったり思うように仕事ができなかったりします。 馴染みやすい職場を求めて、入社一年目で転職する方もいらっしゃるのです。

自分のやりたいことが変わった

上記で挙げた入社一年目で転職してしまう理由は、いずれも会社や職場側にも、問題がある可能性があるものです。しかし、会社や職場には問題がなくても、入社一年目から転職する方も、いると言われています。 上記のような人の中には、入社後にすぐ、やりたいことが変わったり、働きたい業界や職種が変わったりといった理由から転職する方も、いらっしゃると考えられます。

一年目で転職するデメリット

一年目で転職するデメリット

冒頭でも触れたように、世の中では、同じ企業でなるべく長く働くことが良いと考える方も多く、入社一年目から転職することについては、反対意見なども多数存在します。 なぜ、入社一年目から転職することに、反対する意見も多数あるのか、気になるところです。 そこで続いては、入社一年目で転職するデメリットについて、考察・ご紹介していきます。

デメリット1:転職面接で落とされやすい

入社一年目での転職は、転職の面接で落とされやすくなると言われています。 後述で詳しくご紹介しますが、入社一年目という大変短い期間で転職をする人に対して、人格や能力を疑問視する企業や採用担当者も、少なくないのです。 また、キャリアやビジネスに関する実績があまりないといった観点からも、入社一年目で転職すると、転職の面接で落ちやすくなると考えられます。

デメリット2:リスクの多い人材だと思われる

デメリット2:リスクの多い人材だと思われる

企業側は、なるべく優秀な人材が欲しいと考えています。企業にとっての優秀な人材とは、仕事や業務を処理したり遂行したりする能力が高く、安定して長く働く社員だと予想できます。 入社一年目で転職をした場合は、安定して働ける人材や、長期間働いてくれそうな人材かどうかという点で、不利に評価されやすいと考えられます。 すぐに転職や退職をする可能性がある人物は、企業にとってリスクのある人材と見なされがちです。

デメリット3:すぐ辞めてしまうイメージがつく

入社一年目で転職してしまうと、志望先の企業やその採用担当者に、すぐに会社を辞めそうだと感じられたり、また転職するのではないかと思われたりしてしまう可能性があります。そのため、転職活動で不利になる可能性もありそうです。 冒頭でも述べたように、まずは三年前後は、ひとつの企業や職場で働いた方が良いと考えている人も多いため、入社一年目での転職に対して、良くないイメージを抱いている方もいると予想できます。

デメリット4:スキルがないと思われる

入社一年目で転職活動をした場合、スキルや仕事に関する知識などについて、アピールしにくくなる可能性があります。 世間一般では、入社して数年間は、新人といった見方をするケースもあります。入社一年目では、まだ半人前と見なされることもあるため、そのような状態で転職活動をしても、前職もしくは現職でのスキルや知識は、あまりないと評価されてしまう危険性もあるのです。

デメリット5:将来に影響が出ることもある

デメリット5:将来に影響が出ることもある

現代社会において、転職は珍しいことではありません。しかし、日本ではまだ、なるべく転職の回数が少ない方が良いという考えも根強いと言われています。 入社一年目で転職する場合、その経歴は残ってしまい、その後転職活動などをする度に、職務経歴書などに記入しなければならなくなります。そのため、今回の転職には影響がなくても、将来的に再び転職する必要が出た時に、転職に影響を与える危険性もあるのです。

デメリット6:慎重に判断しなければならない

上記でもご紹介したように、入社一年目で転職をしてしまった場合、将来的には転職があまりできなくなったり、将来の転職で不利になったりする危険性があります。 上記のような背景から、入社一年目で転職をした場合、転職先について、慎重に考えて判断しなければなりません。そのため、転職先が決定するまでに時間がかかったり、気軽には判断できなかったりすることもあります。 「マイナビエージェント」を活用すれば、今転職すべきタイミングなのか、求める条件に近い求人があるのかなど、しっかりとサポートしてくれます。

一年目でも転職するべき理由

一年目でも転職するべき理由

上記では、入社一年目で転職した場合、どのようなデメリットがあるのかについて、考察・ご紹介しました。 入社一年目での転職には、さまざまなリスクやデメリットがありますが、状況や場合によっては、入社一年目でも転職をした方が良いケースもあります。 そこで続いては、入社一年目でも転職をした方が良いケースについて、考えていきましょう。

ちゃんとした目標がある

将来的なビジョンや揺るがない目標などがあり、それらの実現のために転職をしなければならない状況であれば、入社一年目でも転職をした方が良いこともあります。 入社してみたものの、目標を達成させるためのスキルやキャリアが詰めない業務だったり、目標や希望とは全く異なる部署などに配属されたりした場合は、入社一年目であっても、転職をして早めにキャリアチェンジした方が良いと考えられそうです。

スキルアップをしたい

スキルアップをしたい

現在の職場や業務では、成長が期待できない場合もあるでしょう。企業や職場に、成長しようという熱意が感じられなかったり、将来的なスキルやキャリアの形成とは無関係の仕事しかさせてもらえなかったりといった状況ならば、入社一年目からスキルアップのために転職するのも1つの方法です。 また、確実にスキルアップできる条件で、企業からスカウトされている場合なども、入社一年目でも転職してみる価値はあると考えられます。

ベンチャー企業に挑戦したい

ベンチャー企業の設立や、ベンチャー企業での仕事に興味がある場合は、なるべく早く転職したり、ベンチャー企業を設立したりした方が良いでしょう。ベンチャー企業にとって、時期や時代の流れは重要なため、入社一年目でも転職した方が良いこともあると考えられます。 しかし、ベンチャー企業に転職する場合は、即戦力が求められることも多いと言われています。ですから、ある程度のスキルや知識は身につけておくことが大切です。

理由が明確であれば一年目での転職もあり

この記事のまとめ
  • 実際に働いてみるとイメージと違う職場が多い
  • 一年目で転職するとデメリットな点もある
  • 転職しようか悩んだら転職エージェントに相談してみよう

今回は、入社一年目での転職について、デメリットや転職した方が良いケースなどを、さまざまな視点から考察・ご紹介しました。 入社一年目での転職は、何かと不利になることも多く、職歴やキャリアの観点から見ても、避けた方が良いケースもあります。しかし一方で、目標がはっきりしていたり、現状では成長が見込めなかったりするようなら、入社一年目でも転職した方が良いこともあります。

この記事にな関連する情報もチェックしよう!

この記事にな関連する情報もチェックしよう!

今回は、入社一年目での転職について、さまざまな視点から考察・ご紹介しました。 しかし転職は、転職先が決定すれば、終わりというものではありません。転職した後、転職先の職場でどのように過ごし、働いていくのかも重要です。 以下の記事には、転職してからの生活などに関する、関連情報が掲載されています。この機会にぜひ、参考にしてみて下さい。

アクセスランキング