IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新卒1年目で転職に失敗した人の特徴6つ|第二新卒者の雇用増加

転職ノウハウ

新卒1年目での転職の現実とはどのようなものなのでしょうか。実際の転職は厳しいところですから、失敗する人の特徴についてまとめてみました。また、第二新卒での転職活動において重要だとされることに関してもまとめました。転職を考えている人は役立ててください。

更新日時:

新卒1年目なのに転職したい理由

新卒1年目なのに転職したい理由

新卒1年目であっても、転職したいと考えている人は多くいます。その理由として挙げられるのが、 ・入社したけれど社風が自分とは合わなかった。 ・やりたくない仕事をやらなければならないことになってしまった。 ・人間関係が思った通りにいかない。 ・雑務ばかりで仕事を任せてもらえない。 などがあるでしょう。 新卒1年目であれば、会社や仕事に不満を感じてしまうことも多々ありますから、そこから転職を考える人も多くなります。

入社3年以内の離職率

入社3年以内に離職することを、早期離職と言います。今では、3人に一人が早期離職をしているほど、早い段階から転職の道を選ぶ人たちが多いです。 入社3年以内の離職率が低い企業を選んで就活や転職活動をするという人も多くいますし、それだけ離職率というものは注目されていると言えます。入社しても、すぐに転職しなければならないという事態に陥らないようにしたいところです。

1年以内が一番高い

早期離職の中で離職率が一番高いのは、新卒1年目です。新卒1年目で離職し、転職する人が最も多いことからわかる通り、就活をやっと終えて入社したにも関わらず、働く場所を変えようとする人が多いのだということになります。 新卒1年目での離職は、企業にとってもメリットとデメリットがあるため、双方に緊張感を走らせるものとなると言えるでしょう。

第二新卒の募集は多い

第二新卒の募集は多く、企業からの需要は高いと言えます。第二新卒は仕事にも慣れており、ビジネスシーンでの即戦力としての活躍が期待できると考えられているからです。 このことからわかる通り、第二新卒での転職はしやすいと言えます。

新卒1年目での転職を失敗した人の特徴6つ

新卒1年目での転職を失敗した人の特徴6つ

新卒1年目で転職活動をするのであれば、ありがちな失敗をしないように気をつけなければなりません。ここでは、新卒1年目の転職での失敗をする人の特徴を6つ紹介していきます。 新卒1年目では、ほとんどの人が初めての転職を経験することになるでしょう。そういった時には、まずは落ち着いて、慎重になることを心がけてください。

1:自分を客観視できない

1:自分を客観視できない

転職に失敗する人の特徴として、自分を客観視できないということが挙げられます。自分はどういった能力を持っていて、それを企業でどれだけ活かすことができるのか、それを客観的に判断することができません。 新卒1年目だからといって、それを鑑みて甘く見てくれる面接官はいませんし、客観的に自分を見て、どのように能力を発揮することができるのかを考えながら転職活動を続けていかないと、適職には就けません。

2:転職先を決める前に現職を辞めてしまう

2:転職先を決める前に現職を辞めてしまう

転職先が決まっていない状態で現職を辞めてしまうのも、新卒1年目の転職活動にありがちなミスです。現職を手放してしまうと、転職活動をしている間、何もすることがなくなってしまいます。 そうなればいずれ収入もなくなってしまいますし、することがないというのは不安を煽る材料となってしまいます。必ず転職先を決めてから退職するようにしましょう。そうでないと、毎日焦る気持ちが募るばかりです。

3:転職に目的がない

3:転職に目的がない

転職に目的がないというのも、失敗してしまう人の特徴です。何となく転職しようというのでは、失敗するのは当然です。転職して何かを成し遂げたいとか、キャリアアップしたいとか、そういった目的がない限り、成功はしません。 新卒1年目にして転職するからには、面接官にどうして転職するのか、ということを必ず聞かれます。ですから、そこで目的がないことが伝わってしまったら不採用は免れません。

4:高望みをしすぎてしまう

4:高望みをしすぎてしまう

目標を高く持つことと、高望みをすることは違います。高望みをしすぎて、大企業しか受けない、と決めてしまったりしていたりすると、転職活動は上手くいきません。 新卒1年目だと、もっと上の企業がいいと思ってしまいがちですが、大企業でなくても優良企業はたくさんあります。きちんと企業研究をして、中小企業にも目を向けるようにしましょう。

5:自分が前職を辞めた反省をしていない

5:自分が前職を辞めた反省をしていない

前職を辞めた時に、自分に何らかの反省すべき点があったのだということをきちんと自覚しておかなければなりません。ですが、それを頑なに認めずに転職活動を続けていると、転職先でもまた同じ過ちを繰り返してしまいかねません。 新卒1年目だと、ビジネス上で自分が悪かったところや、自分が反省すべき点を把握するのは難しいこともあるでしょうから、わかる範囲で構わないので考えてみましょう。

6:適当なところで転職活動を切り上げてしまう

適当なところで転職活動を切り上げ、妥協して切り上げるというのも失敗に繋がってしまいます。転職活動は、納得するまでやるというのが基本です。疲れたからと言って、適当なところで切り上げてしまっては意味がありません。 新卒1年目にして退職してまで転職活動を始めたのですから、納得いくまでしっかりと考え、行動し続けましょう。そうしないと、転職先でもやっぱりもっと転職活動しておけば良かったと思ってしまいます。

新卒1年目での転職のメリット・デメリット

新卒1年目での転職のメリット・デメリット

新卒1年目で転職をすることに関しては、メリットとデメリットがあります。メリットとデメリットを十分に理解しておかないと、偏った視点で転職をすることになってしまうため、とても危険です。 新卒1年目での転職は、社会人としての経験が浅いということもあるため、メリットとデメリットの理解には力を入れておくべきでしょう。

メリット

新卒1年目での転職のメリットは、何よりも自分に適した企業に早めに移ることができることにあります。だらだらと働き続けるよりも、新しいステップに移って、自分の本来の力を発揮する場を見つけられるというのがメリットでしょう。 自分にとって一番合っている職場を見つけることは、なるべく早い方が良いですから、それを叶えられるのが新卒1年目の転職のメリットのひとつであると言えます。

デメリット

新卒1年目の転職のデメリットのひとつとして挙げられるのは、「なぜこんなに早く辞めるのか?」と思われてしまうということです。面接では必ず聞かれることですし、あまり良い印象を与えることではありません。 また、これまでのキャリアもありませんから、アピールすることがあまりないというのもデメリットとして挙げられます。新卒1年目ということが少し足を引っ張ってしまいます。

第二新卒で転職活動する時の注意点

第二新卒で転職活動する時の注意点

第二新卒での転職活動では、これまでの経験を何よりも大切にしましょう。かといって、自分にはこんな経験があるから物事をよく知っているとか、自信が有り余っているような振る舞いをするのは禁物です。 第二新卒での転職活動は、情報をしっかりと集め、自分に合った企業をリサーチして、どういった企業があるのかを漏れなくチェックすることも大切です。

転職理由を志望動機につなげる

転職理由は、最も志望動機につなげやすいです。面接官も、転職理由と志望動機が直結していると納得しやすいですから、志望動機が上手く作れないという人は、転職理由から繋げて考えてみてください。 転職したいと考えた理由は、必ず他の企業を志望する動機と関連していると考えられます。どうして自分が転職したいと考えたのかを、もう一度見つめ直してみましょう。

ネガティブな発言はしない

転職理由がどのようなものであっても、面接では決してネガティブな発言はしないようにしましょう。前の会社の待遇が良くなかったとか、仕事が望んだものでなかったとか、そういったことは口にしてはいけません。 面接官はそういった言葉を聞くと悪い印象を抱いてしまいますし、そういう話を聞きたいわけではありませんから、もっと将来性のある明るい話をするようにしましょう。

人間性をアピールする

人間性はぜひアピールしていきたいところです。自分がどのような人間であるかということを、存分に面接官に売り込んでいきましょう。自分の魅力を伝えていくことが重要です。 人間性は、キャリアと同様に大切な要素です。どういった人柄なのかということは、面接官が注目していることでもありますから、できるだけ表現できるようにしていきましょう。

新卒1年目での転職は慎重に

新卒1年目での転職は、慎重に行えば良い結果を残すことができます。気を配らなければならないことは多々ありますが、自分がこれからどういったキャリアを積んでいきたいかをきちんと考えて行動すれば、成功することができるでしょう。 決して焦ることなく、ひとつひとつの行動や思考に意味を持たせ、自分が何をするべきなのかをじっくりと吟味して進んでいってください。

この記事に関する情報もチェックしよう!

新卒1年目での転職に興味がある人は、ぜひこの記事にも目を通してみてください。転職に関する情報は、少しでも多く手に入れておくべきです。 転職を取り巻く情報は数多く流れていますから、ぜひ自分のものにしておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング