IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

悩み・不安

今回は「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しようと題して、「「転職してよかった」と思う瞬間6つをはじめに「転職することによる魅力」をご紹介し、さらに「転職してよかった」と確実に言えるための条件についてご紹介します。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職して給料が大幅にアップしたという声が多数
  • 転職する時の準備や心構えが大切!
  • 自分の求める条件に合う求人探しが重要

確実に後悔のない人生を送るには、転職するという選択肢が正しいタイミングも人によってはあるでしょう。 転職する際の心構えや実際に転職してよかったと思える瞬間について知っておくことで、転職する際の参考になるでしょう。 転職のことで悩んでいることばあれば「マイナビエージェント」に在籍するキャリアアドバイザーに相談してみるのも一つの手です。

転職する時の心構え

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

今回は「転職するときの心構え」と題して、「転職してよかった」と確実に言えるための転職活動・転職する際の会社側への条件提示などについてご紹介します。転職するというのは基本的に「別の仕事をしたくなったから」という理由が多く、その際は「人間関係」や「仕事の勤務地」などとの折り合いの善し悪しが関わってきます。 これらの問題をすべて解決し、自分にとって「転職してよかった」と言える職先を見付けることが大切です。

年齢を重ねると選択肢が狭くなる

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

まず転職する際に重要な事柄として、この「年齢を重ねると選択肢が狭くなる」という条件を把握しておくことが大切です。転職する場合のほとんどは「一度就職した後の行動」となるため、「転職してよかった」と言えるための就職活動は必ず押さえておくことが大切です。 そのためにも「年齢によって制限される好条件」などに配慮しておき、少しでも条件の良い職先を見付けることが大事になります。この点をまず押さえておきましょう。

仕事を続けながら転職活動をする

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

ある程度の年齢を重ねた上で転職する場合には特に、この「仕事を続けながら転職活動をする」という転職時の行動パターンを着実に覚えておくことが大切です。「転職先を見付けておいてから転職する」ということがこの場合は必須のパターンとなるため、鉄則のようにしてこの行動パターンを理解しておきましょう。 「転職してよかった」と確実に言えるための条件提示も、この行動パターンを把握した後のことになります。

時間をかける

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

転職するときというのは就活時と同じように、「どこでもいいから早く職先を決めて落ち着きたい」といった心理が働きやすいもので、その逸る気持ちをまず押さえ、的確に「転職してよかった」と言える職先を押さえておくことが大切になります。 焦ってそのまま実際に転職してしまうことにより、焦った分「把握していなかった自分に不利な状況」が後からやってくることになり、結局「転職してよかった」と言えない環境になります。

「転職してよかった」と思う瞬間6つ

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

さて、先述では「転職してよかった」と言えるための確実な行動パターンについてご紹介してきましたが、ここからは「転職してよかった」と言えるための具体的な瞬間・環境条件などについてご紹介していきます。 誰でも転職した後に「転職してよかった」と言える瞬間を待ち望んでいるものであり、そのために転職活動を続けていくことは必須の鉄則であることを理解しておきましょう。

1:人間関係からの解放

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

転職した後に得られる「転職してよかった」と言える瞬間は、「それまでの人間関係に束縛されてきた自分の解放感」を得られる瞬間となるでしょう。人間関係というのは一般的に「継続して持つことによってマンネリ化して、初めはよかった人間関係も次第に悪くなっていく」というのが必須のパターンのようにされています。 このような「窮屈な人間関係」から解放される一瞬は、「転職してよかった」と言える好条件となります。

2:劣悪な労働環境からの解放

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

次は「それまでの職場環境が劣悪な場合」に覚えることができる「転職してよかった」と言える瞬間のご紹介です。これは当然の解放感・快適感となるでしょうが、それまで勤めていた職場のシフト環境・人間関係などが非常に劣悪だった場合、そこから脱出できる解放感はまさに「転職してよかった」と言える瞬間をもたらしてくれるでしょう。 このような職場の劣悪さを打破するための転職活動も、一般的に多く見られます。

3:将来性がない会社だった

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

次は「将来的なビジョンがなかった会社」からの転職時に感じる「転職してよかった」と言えるパターンについてです。それまで勤めていた会社がどう考えても場末感が抜けず、いくら頑張っても何の効果・成果も得られないような詰まらない会社だった場合、その会社からの転職時には確実に「転職してよかった」と言える瞬間となるでしょう。 このように、まず自分が勤めている会社のビジョンを把握することも大切な指標になります。

4:本当にやりたいことが見付かった

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

この場合は「それまで勤めていた会社での仕事もよかったけれど、でももっと本当にやりたい仕事が見付かったときに感じる躍動感」による衝撃で、その感動によって「転職してよかった」と言える瞬間を何度でも味わえる至極の喜びの瞬間となるでしょう。 この場合はまず「自分が本当にしたい仕事は何なのか」ということについて常日頃から真剣に考えておき、その仕事を実現に向けて斡旋していく努力が必要となります。

5:勤務地が前より遥かに近くなった

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

これは転職時でも就職時にでも大事な要素とされますが、主に就職する際には「給料・仕事内容・勤務地」の3つがまず指標とされやすく、そのうちの1つであるこの「勤務地の近さ」によって以前の勤務よりも確実に楽になった際の「転職してよかった」と言える瞬間です。 勤務地が自宅から近いというのは、連日の勤務の中では特に大きな利点となるため、この点を真剣に考えておくことは大切です。

6:給料が破格に上がった

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

これは主に「給料面に特化した見方」による「転職してよかった」と言える瞬間についてのご紹介です。給料というのは仕事をする上で、まず確実に指標とされる条件となります。その給料の高低によってやり甲斐なども大きく変わってきたり、さらには将来設計のビジョンにおける満足度にも影響するため、とても大事な要素となります。 この「給料面の好条件」を念頭に置く場合は、同時に仕事内容への配慮もしておきましょう。あなたの理想に近い給料の求人を探すなら「マイナビエージェント」に相談してみましょう。

異業種へ転職してよかったこと

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

さて、先述では「転職してよかった」と言えるいろいろな瞬間についてご紹介してきましたが、ここでは「異業種へ転職してよかったこと」と題して、転職後にうかがえる具体的な感触についてのご紹介となります。 転職することによって人間関係の幅や仕事スキルの向上などが見られることが多いため、それらの成長によって喜びが大きく感じられる瞬間は非常に多く見られます。

1:スキルが向上した

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

まず異業種への転職によって確実に変わるのは、それまで続けてきた職種での仕事内容に上乗せする形で「別の職種における能力・スキルが向上すること」です。これは仕事能力を開花させていくための大きなステップとなり、その延長では「自分が働ける仕事分野(いわゆるワークフィールド)」を破格に広げるための布石となります。 この実力を積み上げていくためのステップを、転職時には着実に獲得しましょう。

2:交友関係が広がった

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

次に転職することによって「交友関係が広がったこと」による喜びについてのご紹介です。転職する場合にはもちろんのこと、それまでの仕事分野から大きく離れる形で別の仕事分野での人間関係を構築する機会を得ます。それによって、自分と気が合う人との接点も当然増えてくるため、「転職してよかった」と言える瞬間が要所でやってくる機会が増えます。 「転職後の特典」をぜひプラスにして、自分の成長のための踏み台にしましょう。

3:新鮮な気持ちになる

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

転職した後の人は多くの場合、必ずと言ってよいほど「仕事に対して新鮮な気持ちを持てる」といった心境を持つことができます。この新鮮な気持ちによって仕事に対する覇気が湧き、やはり「転職してよかった」と言える瞬間をいくつも得ることができるようになります。 仕事というのはずっと継続していくと必ずマンネリしてしまう感覚があるため、このマンネリ感を打破するためにも「転職を有効に利用する方法」も大切になります。

転職する時の注意点

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

次に「転職するときの注意点」についてのご紹介です。転職する際には先述でも少し触れましたが、どうしても「職先を焦って決めてしまい、どこでもよいから早く決めて落ち着きたい」とする焦りの心を自分で煽ってしまう傾向を持ってしまいます。 この焦りをまず緩和させておき、自分にとって本当に理想的な職先を見付けることが大切になります。必ず「転職してよかった」と言える瞬間を獲得しましょう。

衝動的に辞めない

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

まず「それまで続けてきた会社を衝動的に辞めない」という考え方・習慣を持つことが大切で、転職を希望する場合は必ず「次の転職先が決まってからそれまでの会社を辞める」という、段階的な転職の仕方が大切になります。 衝動的にそれまでの会社を辞めてしまうことによって、次の落ち着き先が決まらない場合は、それまでよりもさらに焦ってしまう現実が待っていることでしょう。

自己分析する

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

これは転職する場合だけに限らないことですが、会社に就職する場合には必ず「自己分析をする習慣」を付けておき、「自分にとって本当の理想的な会社・仕事はどのようなものか」ということについて着実にビジョンを持っておくことが大切です。 自己分析というのは文字どおりに「自分のことを知る」ということであり、その「自分を知った上で、理想の会社に入社すること」によって「転職してよかった」と言える瞬間がやってきます。

企業調査を徹底する

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

この場合の「企業調査」というのは、就職活動・転職活動する場合の「求人情報の獲得・企業情報の確保」と同じ内容と考えてもらってかまいません。とにかく、自分がこれから転職しようとしている会社の情報を具体的に確保しておき、自分が実際に理想としている会社とどれくらいの差異があるかを確認しておくことが大切です。 それによって「転職してよかった」と言える瞬間の有無が変わってくることになります。 企業の転職事情を知るプロのキャリアアドバイザーが在籍する「マイナビエージェント」を活用すれば、どの企業が自分に合っているのか確実に知ってから転職することができます。

「転職してよかった」と思える会社で働こう

この記事のまとめ
  • 転職して給料が大幅にアップしたという声が多数
  • 転職する時の準備や心構えが大切!
  • 自分の求める条件に合う求人探しが重要

今回は、「転職してよかった」と言えるための転職活動・就職活動の方法や工夫についてご紹介してきました。転職というのは主に就職活動時と同じように、「自分のその後の将来のあり方を決めてしまう重要な場面」となるため、必ず「転職してよかった」と確実に言える行動パターンを把握しておくことが大切です。 そのためにも情報収集を効果的にしておき、自分の理想の会社・仕事探しに専念できる環境を作っておきましょう。理想の会社・仕事探しをするなら「マイナビエージェント」を活用しましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

「転職してよかった」と思う瞬間6つ|より良い条件で転職しよう

先述では「転職してよかった」と言えるいろいろな瞬間や、そのための転職活動の理想的なあり方についてご紹介してきました。転職時も就活時もまずは「自分に必要な情報収集・情報確認」をしておき、継続してその後も仕事を続けていける職先を見付けておくことが大切です。 つまり転職時に最も大事な点はこの「継続して仕事をする」という点で、理想的な転職活動に専念するためにも関連情報の確保をしっかりしておきましょう。

アクセスランキング