IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職する前の心構え8つ|退職時期を想定しておこう

転職ノウハウ

新しい仕事の環境を求めたり、さらなるステップアップを目指して転職をする人も増えてきています。しかし、転職をスムーズに行うためには、今まで勤めてきた職場に対する心構えと、新しい仕事先での心構えの2つが必要となります。なので、この両方を把握しておく必要があります。

更新日時:

転職する前に退職時期を想定しておこう

転職する前に退職時期を想定しておこう

今までは同じ職場に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では新しい仕事の環境を求めたり、さらなるステップアップを目指して転職をする人も増えてきています。 しかし、転職するためには、今の職場を退職する必要があります。退職する際には、今までお世話になった職場に、できるだけ迷惑をかけないようにしないといけません。そのため、退職する前にはいくつか注意しないといけないことがあります。

繁忙期は避けよう

退職をするということは、自分が今までに持っていた仕事を別の人に引き継ぎをしないといけません。また、退職のためにいろいろな手続きなどもしてもらわないといけません。 なので、会社や業界が繁忙期を迎える時期に退職をしようとしてしまうと、現場の負担が大きくなりすぎて大きな迷惑をかけてしまいます。なので、退職をするのであれば、必ず繁忙期は避けるようにしましょう。

転職する前の心構え8つ

転職する前の心構え8つ

転職をするということは、今までお世話になった職場を離れるということになります。また、仕事の引き継ぎや、退職の手続きなど、現場にも大きな負担をかけてしまうことになります。 なので、転職をする際には、退職者はいくつか仕事や同じ職場で働く人たちに迷惑をかけないための心構えが必要となります。 もし、この心構えが不十分だと、最後に職場に迷惑をかけていった人として、円満退社ができな雰囲気になってしまいます。

心構え1:転職する必要性を明確にする

今では、新しい仕事環境を求めたり、スキルアップが目的で転職している人が増えてきています。このような目的が明確な転職は、自分にとって必要な転職です。 しかし、中には、何となく仕事が合わないなどの理由で転職を考えてしまう人がいます。このような人は本当に転職が自分にとって本当に必要か、まず明確にする必要があります。明確な理由なしに転職してしまう人は、頻繁に転職を繰り返してしまうことが多いです。

心構え2:身に付けたいスキルを知る

退職をする際に、次の仕事がすでに決まっている人もいれば、次の仕事が決まっていない人もいます。もし、次の仕事が決まっていなければ、退職後も転職活動を続けることになります。 転職活動では転職希望先の企業に自分を採用してもらえるだけの能力を持っていることを伝えないといけません。 そのため、今までの職歴によって、どのようなスキルを身につけ、どのような結果を出してきたかが重要となります。

心構え3:今の自分に足りないものを探そう

心構え3:今の自分に足りないものを探そう

転職を決心した人の中には、次の仕事も、何がしたいかもわからないという人もいます。そのような人は、まず自分にとって足りないものを探す必要があります。 今の自分にとって、足りないものがあるため、次にするべきことを判断するための材料が揃えられずに悩んでしまうという人は多いです。 また、したい仕事があっても、なかなかその仕事に就くことができないという場合にも、足りないものがある可能性があります。

心構え4:退職後の予定を立てておく

退職してから転職活動を始めるという人もいますが、できれば退職する時点で、すでに次の仕事先が決まっているということが理想です。 次の仕事が決まっている場合には、今の職場を離れる準備と、次の仕事先で必要となる準備を同時に進められるように予定を立てておく必要があります。 もし、無計画に物事を進めてしまうと、仕事の引き継ぎが間に合わなかったり、新しい仕事先でスムーズに仕事が始められなくなってしまいます。

心構え5:有休消化をする

転職のことで頭がいっぱいになってしまい、有給があることを忘れてしまうっている人は多いです。このような場合は、たいてい職場から有給休暇があることを伝えてもらうことができます。 有給休暇はまだ退職をしたわけではないため、次の職場で仕事を始めることはできませんが、前の職場から給料をもらいながら、次の職場に移るための準備期間として有効です。また、次の仕事を始める前にリフレッシュして体調も整えておきましょう。

心構え6:まずは退職の相談をする

心構え6:まずは退職の相談をする

人を強制的に働かせることはできないため、基本的には退職は本人の意志で自由にすることができます。しかし、今までお世話になってきた職場や、一緒に仕事をしてきた仲間などに、何も言わずに急に退職することは失礼なことになります。 なので、すでに退職の決意が固まっていたとしても、まずは退職の意志を示すのではなく、まずは退職を考えているという相談から入るようにしましょう。

心構え7:退職を相談する相手

退職を考えているのであれば、まずはそのことを誰かに相談をしなければなりません。職場の環境によって相談相手は変わりますが、退職する者の心構えとして、まずは上司に相談することが無難でしょう。 上司に相談をして、退職の意志を汲み取ってもらえると、そのまま退職の手続きもスムーズに行うことができます。 もし、先に同僚などに相談をして、退職の決意を固めてから上司に報告だけでしてしまうことは失礼となります。

心構え8:最後まで仕事をする

心構え8:最後まで仕事をする

退職することが確定すると、その職場からは離れることになるため、周囲からの印象や評価を気にしなくて良くなります。 しかし、退職する者の心構えとして、最後まで残った仕事は終わらせるようにしたり、引き継ぎはしっかりと行うようにしましょう。 もし、心構えが至らずに、退職までに期間の仕事を適当にしてしまうと、最終日には周囲からの印象が悪くなってしまい、円満退社ができなくなってしまいます。

転職した日の心得も知っておこう

転職をするということは、今ままで勤めてきた職場を離れるということです。そのため、今までお世話になった職場に、できるだけ迷惑をかけないためにいくつかの心構えが必要でした。 しかし、転職では退職だけでなく、新しい職場に勤めるということでもあります。そのため、転職の際には、退職の心構えだけでなく、新しい職場で仕事を始める際の心構えも必要となります。

企業の雰囲気に合う服装

今まで長く同じ企業に勤めてきた人は、その企業の雰囲気に染まってしまっていることがあります。そのため、新しい職場でも、前の職場の雰囲気に合わせた服装で出勤してしまうことがあります。 新しい職場となるため、服装は新しい職場に合わせておかないと、第一印象で損をしてしまう可能性あります。なので、新しい職場で働く心構えとして、今までとこれからを切り離して考えるようにしましょう。

自己紹介は簡潔に

自己紹介は簡潔に

新しい仕事先で自己紹介の段階では、新しく入ってきた人はどのような人か、多くの人が興味を持っています。そのような大切な自己紹介の場面で、長々と自分のことを話したり、前の仕事での自慢話しなどをしてしまうと、第一印象が悪くなってしまいます。 なので、これから一緒に仕事をするという心構えを持ち、第一印象を悪くしないためにも、自己紹介は簡潔にまとめるようにしましょう。

時間厳守

遅刻をしないというのは社会人としては最低限のルールです。しかし、最低限のルールであっても、疲れが溜まったり、気が抜けてしまったりなどして、遅刻をしてしまうということも稀にはあります。 ですが、その稀な機会を転職した初日にしてしまうと、第一印象が最悪となってしまいます。なので、これから新しい職場で働くという心構えで、初日はかなりの余裕を持って行動をするようにしましょう。

心構えをしっかり持って転職しよう

心構えをしっかり持って転職しよう

転職をする際には、今の職場を離れるための心構えと、新しい職場で働き始めるための心構えの2つが必要となります。 これらの心構えができていないと、転職という大切な仕事の切り替わりの時期に失敗をしてしまう可能性があります。なので、転職をする前にはこの2つの心構えをしっかり持っておくようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職には心構えが必要ですが、他にも転職を成功させるためには転職の目的や、その転職に必要なスキルなども持っておく必要があります。なので、転職は思い立って行うのではなく、長期的な計画で考えるようにしましょう。

アクセスランキング