IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初めての転職の際にやること8つ|マナーをわきまえて円満退職

転職ノウハウ

転職を考えている人や不安に感じている人も多くいるのではないでしょうか。転職する際にはやることが多く、転職のリスクを下げるためには行うことをおすすめします。ここでは、転職する際にやることを詳しく紹介しているため、転職を考えている人は参考にしてください。

更新日時:

初めての転職への不安

初めての転職への不安

転職することは勇気がいる行動であり、年齢が増すごとに転職することが難しい傾向があります。しかし、年齢に関係なく転職することで幸せになることも不幸になることもあります。そのようにならないためにも転職する前にやることをしておくことをおすすめします。 初めて転職する際はより不安に感じてしまいやすいですが、やることを理解しておけば不安に感じることを軽減することもできます。

新しい職場に馴染めるのか

転職することで一番不安になることは、新しい職場になじむことができるかということです。特に、現在働いている職場で良好な人間関係を築けている場合は、不安になりやすいです。また、人づきあいが苦手な人も感じやすい不安でもあります。 新しい職場でなじめるかどうかは転職してみないと分からない場合が多く、対処方法を行うこともできないためやることも少ないです。

キャリアが無駄にならないか

キャリアが無駄にならないか

転職する際に今まで培ってきたキャリアが無駄にならないか不安に感じる人も多くいるのではないでしょうか。しかし、転職する職種によっては今までのキャリアが役に立たないことも多くあります。 例えば、サラリーマンの人が農家に転職する場合は、サラリーマン時代の役職などは全く役に立ちません。そのため、転職する職種が現在とかけ離れている場合は、キャリアなどは捨てる覚悟を持つことが大切です。

やりたい仕事ができるか

転職する際にやりたい仕事ができない場合も珍しいことではありません。そのような状況になってしまう原因は、転職する前にやることを怠っていた可能性が高いです。また、転職する際に求人を出している企業としっかり話し合っていない場合もあります。 例えば、料理人になるために転職したものの、洗いものや掃除ばかりさせられることも珍しいことではありません。

初めて転職の際やること8つ

初めて転職の際やること8つ

転職することは誰でも不安に感じやすいですが、いつまでも決断をこまねいていても状況が改善することはありません。初めての転職に対する不安は、さまざまなやることをしておけば軽減することもできます。 また、やることをするとしないとでは、転職後の環境も大きく変わるため、転職前にやることは多くあります。次に、転職する際にやることを紹介するので参考にしてください。

やること1:自己分析

やること1:自己分析

まず、転職する際に転職しようと考えている職種が自分に合っているかを考えることを必要です。そのためには自己分析することが効果的で、自分はどのような性格や考え方をしているかをじっくり考えることをおすすめします。 自己分析をして自分のことをより理解することで、転職しようとしている職種が自分に合っているかを確認することができます。

やること2:希望する転職先の整理

希望する転職先が複数ある場合も珍しいことではありません。しかし、転職する先が複数あると将来の見通しが立たないため、転職後に失敗してしまったり、試験で落とされてしまう場合もあります。 そのため、転職する職種が複数ある場合は、どの職種が一番自分に合っているかを決めることをおすすめします。転職する際のやることで最も重要なことであるため、よく考えて答えを出すようにしましょう。

やること3:求人サイトの登録・閲覧

やること3:求人サイトの登録・閲覧

転職を考え始めてすぐにやることができることは、求人サイトに登録して求人情報を閲覧することです。求人情報はネット環境が整っていればいつでも見ることができるため、転職を考えた初期段階でもやることができます。 いくら転職したい気持ちがあっても求人が出されていないと意味がなさないため、早めにやることでもあります。求人情報にはさまざまな情報を閲覧することができるため、多くの知識を蓄えることもできます。

やること4:同じ部所の人に転職の意を伝えておく

転職をする意を固め出したら、同僚や上司に近々やめる可能性があることを伝えるようにしましょう。転職する際にやることで忘れがちなことですが、職場の人に迷惑をかけないためにもできるだけ早く伝えておくことをおすすめします。 転職することを伝えることが遅すぎてしまうとトラブルの原因にもなる可能性があり、円満退社できない場合もあります。

やること5:転職する意を相談する

転職することを一人で決めてしまうと失敗してしまう可能性を高めてしまいます。一人の考えより多くの人の考えを聞くことで、転職した後のことをより具体的に想像することができます。特に、結婚して家族がいる場合は、配偶者にしっかり相談することをおすすめします。 転職することは、場合によっては収入が安定しなかったり、下がってしまうこともあり、家計が苦しくなる危険性もあります。

やること6:転職先の職種を調べておく

やること6:転職先の職種を調べておく

転職先の職種や業務内容は表立った内容しか把握していないケースが多いです。そのまま転職してしまうと転職後に後悔してしまいやすいです。そのため、転職する際にやることに転職先の職種をよく調べておくことをおすすめします。 転職先の業務内容を調べておくことで、想像していた業務内容かを把握することができ、改めて自分に合っているかを判断することができます。

やること7:転職先の職種を体験する

やること7:転職先の職種を体験する

転職先の職種を体験することは必ずしもできることではありませんが、研修期間や体験期間が設けられている場合は積極的に参加することをおすすめします。やることのなかで一番転職先のことを理解することでもあるため、失敗するリスクを下げることができます。 上記で紹介した隠された業務内容も把握することができ、就職しているわけではないので気軽にやめることもできます。

やること8:転職先と同じ職種の人の話を聞く

やること8:転職先と同じ職種の人の話を聞く

上記の方法はやることの中でも効果的な方法ですが必ずしも行えることではありません。転職際の職種を体験することができない場合は、転職先と同じ職種の人から話を聞くようにしましょう。上記のやることより行える可能性が高く、実際の業務内容を詳しく把握することができます。 実際に働いている人の言葉を聞くことができ、実際に働いた時のことを想像しやすいです。また、転職先のよい面も悪い面も把握することができます。

転職が決まった時の退職までの流れ

転職が決まった時の退職までの流れ

転職先が決まった時は転職先で働くことばかりに意識を取られてしまいがちですが、現在働いている企業を退職する手続きを本格的に行う必要があります。法律的には1週間程度前に退職届を提出すれば退職することは可能ですが、トラブルの原因になる可能性が高いです。 円満に退職したい場合は数ヶ月前から退職する意を伝えておくことをおすすめします。

1:退職時期を設定する

転職する際に退職期間を設定する場合は、転職先の内定が決まっている場合と決まっていない場合で異なります。内定が決まっている場合は、できるだけ早く退職する必要性が高いため、長くて1カ月以内に退職期間を設定しましょう。 まだ内定が決まっていない場合は、すぐに退職する必要性もないため、数ヵ月後に退職することを設定しましょう。

2:退職の意思表示

退職することを言葉だけで伝えてしまうとトラブルの原因になりやすいので、退職する意思表示は退職届という形で伝えることをおすすめします。その際に、退職する期間も記入するようにしましょう。 退職届を提出してもすぐに受理してくれない場合もありますが、転職する意を固めている場合は相手の言葉に負けないようにしましょう。従業員は仕事を自分の維持でやめることができますが、求人側はそれを拒否する権限はありません。

3:残務や引継ぎ

転職する前に残務や引き継ぎを行っておくことで、トラブルを回避できるだけではなく、同僚や上司に迷惑をかけずに退職することができます。そのため、退職する際にやることの中でも重要なことでもあります。 特に、役職が上になるほどやらなければならないやることでもあります。また、就職して間もない時に退職する際は、引き継ぎなどをする必要がない場合もあります。

4:当日

退職する当日にやることはないと考えている人もいますが、上記で紹介したやることを完璧に行っていても当日にやることはあります。特別難しいことではなく、今までお世話になった上司や同僚、社長などにお世話になったことを言葉で伝えるようにしましょう。 そのため、退職するためのやることが全て完了していても当日にすぐに帰らないようにしましょう。場合によっては退職金などの手続きをする必要があります。

転職する時はやることがたくさんある

転職することは不安に感じることもありますが、やることはたくさんあります。やることを多くしておくことで転職に失敗するリスクを下げることができます。そのため、転職したい気持ちだけで退職しないように心がけましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職することはさまざまなトラブルを起こしてしまう原因にもなり得ます。しかし、下準備をしっかり行っていれば円満に退職することができ、転職することも可能です。下記には、転職する際の細かな情報を紹介しているので参考にしてください。

関連タグ

アクセスランキング