IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大企業を辞めて転職したいと思う理由6つ|メリット・デメリット

悩み・不安

大企業で長く勤めることが必ずしも良いとは限りません。仕事内容や、人間関係、ステップアップなどを理由に転職を考える人もいます。ですが、もし大企業からの転職を検討する場合には、そのメリットとデメリットの両方を把握しておく必要があります。

更新日時:

大企業から転職すると有利なのか

大企業から転職すると有利なのか

同じ職場で働き続けると、職場環境に慣れたり、仕事に慣れたり、などのメリットがあります。また、その働き続ける職場が大企業であれば、給料面や福利厚生なども安心できることが多いです。 しかし、同じ職場で仕事を続けることが必ずしも良いとは限りません。仕事内容や、人間関係、ステップアップなどを理由に転職を考える人もいます。ですが、もし大企業に勤めていた場合には、転職をためらったり、止められたりすることがよくあります。

履歴書・職務経歴書で目が留まりやすい

大企業に長く勤めていた場合には、転職をすることにためらいを感じてしまうこともあります。そのような人は、大企業から転職することで現状の環境よりも良い職場に就くことができるか、転職先がうまく見つかるかなどの不安を感じています。 しかし、大企業に勤めていたことは履歴書に書くことができます。そのため、採用担当者の目に留まりやすく、企業としても大企業のノウハウを持った人材は欲しいため、採用の確率は上がります。

魅力ある人材だと思われる

魅力ある人材だと思われる

大企業に勤めていたことは履歴書に書くことができます。大企業に勤めていたということは、その大企業で身に付けたノウハウを持っているということです。 その勤めていた大企業の事業内容や、転職者の職種にもよりますが、たいていの場合は企業としては即戦力となる可能性が高いため、魅力値の高い人材となります。 そのため、面接では以前の職場でどのような仕事をして、どのような能力を持っているかを重視されます。

書類選考で受かりやすい

大企業に勤めていたことは履歴書に書くことができます。履歴書は面接などの前に目を通されます。そのため、履歴書に大企業に勤めていたことが書かれていれば、その時点でその転職希望者の信頼性が上がります。 大企業に勤めていたということは、その採用試験に合格できる能力を持っていたということになります。また、職場で得たノウハウもあります。そのため、言葉でやりとりが行われない書類選考の際には、非常に有利となります。

大企業を辞めて転職したいと思う理由6つ

大企業を辞めて転職したいと思う理由6つ

大企業であれば給料面や福利厚生、社会的な信用性など、多くの面でメリットがあります。しかし、その大企業の大きなメリットを捨ててまで、転職をしたいと希望する人もいます。 しかし、その際にためらいを感じてしまったり、周囲から止める声を押しのける必要があるため、非常にパワーが必要となります。 その転職をしたいと感じる理由は人によって異なります。ですが、大企業であるからこその理由が生じてしまうこともあります。

理由1:昇進ができない組織体制

大企業では多くの人が働いています。そのため、社内の中でも競争が激しく、昇進も近しい人たちで奪い合いとなります。 そのため、早々に結果を出して大きな評価を得ることが昇進には必要となり、結果を出すためのチャンスすら奪い合いとなるため、昇進することが非常に難しいです。また、単純に実力だけで昇進ができるというわけでもなく、上司などに気に入られる必要もあります。

理由2:希望の部署・職種で働けない

大企業であれば事業規模も大きいため、部署や職種も幅広いです。また、働いている人も多いため、1人1人に希望部署や職種を聞いて、すべての人の希望を叶えてはいられません。 なので、希望している部署や職種とは違う仕事をしなければならないということも多いです。入社をする際にはやりたい仕事があったが、いつまでもやりたい仕事に近くこともできないため、本当にやりたい仕事ができる環境を求めて転職する人も多いです。

理由3:決まった仕事以外できない

理由3:決まった仕事以外できない

大企業では多くの人が仕事をしています。多くの人が連携を取って仕事をしなければならないため、仕事をする際にはルールが細かく決められています。 また、そのルールに従って毎日仕事をするため、どうしても毎日同じような仕事ばかりをすることになってしまうことが多いです。そのため、新しいことや、自分が本当にしたい仕事を求めて、転職を検討するようになる人もいます。

理由4:転勤が多い

大企業になると、支店や子会社、取引先などが全国に渡るため、仕事内容によっては頻繁に出張や転勤をしなければならなくなることもあります。 独身であったり、出張や転勤に苦を感じない人であれば問題ありませんが、家族と頻繁に離れなければいけなくなったり、慣れない土地に頻繁に行ってストレスを感じてしまうような人にとっては転職を考える原因となってしまいます。

理由5:仕事が多い

理由5:仕事が多い

大企業であればやるべき仕事はたくさんあります。そのため、毎日終わらせなければいけない仕事を、毎日終電までに終わらせることだけで必死になるということもよくあります。 また、せっかくの休日も終わっていない仕事や、トラブルのために出社しなければいけないこともあり、気が休まることがありません。このような状態が続くと、体が限界を迎えてしまって転職を考えるようになります。

理由6:評価されない

大企業であれば仕事をしている人も多くいます。そのため、1つの仕事で成果を上げても、それは多くの人が仕事をした結果から得られたものとみなされるため、個人への評価が非常に小さいことがあります。 どれだけ頑張って仕事をしても、個人の評価に繋がらないため、仕事をするモチベーションを保つことができないため、正当な評価を求めて転職を検討するようになる人もいます。

大企業から転職する際のメリット・デメリット

大企業から転職する際のメリット・デメリット

大企業に長く勤めることが良いこととは限りません。大企業に勤めるメリットはありますが、デメリットもあるためです。なので、大企業から転職を検討する場合には、そのメリットとデメリットの両方を把握しておく必要があります。

メリット

メリット

もし、大企業から中小企業に転職をした場合には、大企業のように多くの人と仕事をするわけではないため、部署や職種などの希望が聞いてもらいやすくなります。また、やりたい仕事ができる可能性も高くなり、個人への評価もされやすくなります。 そのため、仕事に対するモチベーションを維持することができ、仕事に対するストレスを抑えながら進めることができるようになります。

デメリット

大企業を辞めるということは、その大企業からもらっている給料や、手厚い福利厚生、大企業に勤めているという社会的信用などを手放すということです。 転職では、これらの環境が良くなるとは限りません。転職することで環境が悪くなってしまう可能性もあります。また、転職に失敗して、思っている仕事になかなか就けないという状況に陥る可能性も低くはありません。

自分のやりたい仕事に転職しよう

自分のやりたい仕事に転職しよう

大企業に長く勤めることが良いこととは限りません。仕事にやりがいを求める人もいれば、今の職場環境に不満がある人もいます。大企業から転職することはデメリットもありますが、メリットもあるので、新しい環境を求めて転職することも検討してみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職にはリスクがあります。なので、転職をすれば、必ず今より良い環境になるとは限りません。なので、転職をする前には、転職のメリットとデメリットをしっかりと把握しておくようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング