IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

金融のスキルを活かせる転職先6つ|転職を成功させるポイント

転職ノウハウ

金融機関から他企業へ転職をお考えの方、転職先はもうお決まりでしょうか。激務の金融機関からの転職となるとどこも魅力的な企業に見えますが、自身との相性など、調べるべき事項はたくさんあるでしょう。今回は金融機関からの転職のノウハウについて、ご紹介します。

更新日時:

金融業界から転職したい理由

世の中のお金を管理し、景気向上のサポートを行う金融業界は、数ある職業の中でも重要視されています。給料の良さや社会的地位の高さ、仕事内容のスマートさなどから、新卒生にも人気が高い職業と言えるでしょう。 しかし、新卒生からの憧れとは対照的に、仕事内容や環境が非常にシビアで、離職者が多い事は事実とされています。就職から1年とたたず、仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

自由な時間が取れない

金融機関は給与面だけでなく休みが取れるホワイトな企業であるイメージが強くあります。しかし、「自由な時間が取れない」と言う理由から、離職してしまう人は少なくありません。 自由な時間が取れない理由には、銀行員が取るべき資格や試験が多すぎる事にあります。特に銀行員は入行して数年間、資格取得などの勉強のせいで自由時間が潰れてしまうため、日々の勉強苦から、初期に離職してしまう人が多くいると推測されます。

ノルマが辛い

金融機関は各支店の職員ごとにノルマを決め、作業を行います。中には職員に高いノルマを設定させ、達成できないと上司や本部などから厳しく対処する金融機関も少なくありません。 高いノルマは職員にストレスを与え、日々の業務に重くのしかかります。そしてノルマへのストレスに耐えきれず、一部の行員は離職してしまうのでしょう。最近ではノルマの見直しを行う機関も増えましたが、いまだ見直されていない所も少なくありません。

マナーに厳しい

金融機関は命や時間に並んで人間にとって大切な「お金」を取り扱うサービス業です。当然、職員一人ひとりに高い意識が求められ、顧客に対して誠実なマナーで対応することが当たり前とされています。 マナーを一つ間違えてしまうと上司や本部・顧客から叱責される事もあり、マナーの厳しさが耐えられないと言う方も少なくありません。普通のサービス業とは異なる異質な雰囲気に耐えられず、ドロップアウトしてしまう人もいます。

金融のスキルを活かせる転職先6つ

金融機関は金融の専門職なので、一見つぶしが効かない職業とも言われています。そのため転職が難しく、やめにくい職業と思う方も少なくありません。しかし、金融機関で培われたスキルは汎用性が高く、他の職業でも活かす事が可能です。 ここからは、金融のスキルを活かせる転職先を6つ紹介していきます。金融機関はつぶしが効かないと諦めず、自分に合った転職先を探してみましょう。

転職先1:経営コンサルタント

金融機関経験者の転職先に適している企業として第一に挙げられるのは、経営コンサルタントです。該当企業に対して経営の問題点や課題を発見し、解決策などを提供する仕事をしています。 金融機関の中には融資の際、該当企業の問題点などを見つけ出す仕事をするため、経営コンサルタントと共通した仕事を行うでしょう。その時の経験が、転職後にも優位に働くはずです。

転職先2:不動産

金融機関のような大きなお金を取り扱う仕事を行ってきた方は、大きな額を真摯に対応してきたと言う実績があります。金融機関と同様に大きなお金を動かす不動産業でも、そのスキルが重宝されるでしょう。 しかし、不動産業も金融機関同様、多忙な仕事の一つに分類されます。転職の際は仕事内容や業務形態などをしっかり下調べしてからにしておくと良いでしょう。

転職先3:インターネットマーケティング

硬度い発達した現代で、インターネットを中心に事業を展開する企業は大変注目されています。将来性が高く、かつ収益獲得の可能性も無限大なので、安定した転職を求める方には最適でしょう。 特にインターネットマーケティングは、お金の流れを敏感に察知できる金融機関経験者の方が転職するには持って来いです。培ったスキルを活かせば、消費者の需要の傾向を察知する事ができるはずです。

転職先4:公務員

ご自身が金融機関に就職して浅く、20代であるならば、公務員への転職も視野に入れてよいでしょう。金融機関のような信用第一の企業に受かったと言う事実があれば、公務員への転職も難しくありません。 また公務員はや比較的勉強ができると言う性格があれば受かりやすいと言われています。金融機関就職者は資格勉強で勉強癖が培われているので、試験勉強もスムーズに行えるでしょう。

転職先5:事務職

女性の方は、総合職でなく一般職で金融機関に就職した方もいるでしょう。総合職と違い窓口業務に特化した一般職の方が転職するのであれば、同じく窓口業務や事務職が最適です。 一般の企業と違いマナーや丁寧さが求められる金融機関経験者であれば、どこの企業でもウケは抜群でしょう。

転職先6:フィンテック

金融機関を長く続けてきた方にとって、他企業への就職はかなり困難です。転職をする際は、金融と何かしら関係のある企業を選ぶと良いでしょう。 そこで、長期金融機関経験者が転職するのにおすすめなのが、フィンテック系の企業です。金融テクノロジー系をメインに行う事業なので、堅い職場を経験している方であれば転職できる可能性も低くないでしょう。

金融業界から転職を成功させるポイント

ここまで、金融機関経験者が転職する理由や、金融機関で培ったスキルを活かせる転職先について紹介していきました。転職を考えている方は、参考になったでしょうか。 しかし転職は安易にできるものではありません。成功・失敗は、個人の心の持ち方に左右されるでしょう。ここからは、転職を成功させるポイントについて紹介していきます。転職が上手くいくように、ポイントを押さえていきましょう。

目標を明確にしておく

金融機関からの転職だけでなく、あらゆる企業からの転職を考えている方の心に留めておいてほしいのが、「目標を明確にしておく事」です。 目標をあいまいにして転職活動をしても、中途半端な結果しか得られません。最悪の場合、転職が成功しない事もあるでしょう。自身が達成すべき目標をしっかりと掲げ、達成のために努力する事で転職は成功します。

自分にどんな業種が合うのか知る

職業にはさまざまな性格があり、個人個人に適した側面を持っています。自分の性格や希望とマッチした職業であれば、不満なく働く事ができるでしょう。 転職する際は、自身が転職したい企業の性格や業務形態などをしっかりと調べて、自分に合うのかどうかを検討する必要があります。自分に合わない職業に就くと転職した意味を失ってしまうので、自分にどんな企業が合うのかを調べておくのは、大変重要です。

転職エージェントを活用する

転職は、自分一人の力で行うのは難しいとされています。効率よく転職を行うには、全国にある転職エージェントを活用するのが適切でしょう。 転職エージェントを効率よく活用できれば、自分に合う職業を探し出したり調べたりする時間を減らして、面接や資格取得などの時間を充実させる事ができます。一人で努力するのではなく、サポートしてくれるものを頼って転職を進めていきましょう。

転職を成功させるためにエージェントを活用しよう

今回は、金融機関に関する転職事情などについて紹介していきました。金融機関から転職を望む方は、参考にしていただけたでしょうか。 今の時代、自分の力だけでは転職は難しいとされています。中途採用を試みるなら、やはり転職エージェントの活用は欠かせないでしょう。頼れる機関をしっかりと活用し、自分の人生を左右する新しい職種を見つけてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回は金融機関からの転職について紹介しました。金融機関は職場環境がシビアであるため優秀な人材が生まれやすく、転職も優位であると言われています。しかし、それに胡坐をかいていると転職に失敗する事もあるので、気を付けてください。 また、金融機関からではなく金融機関への転職・外資系金融からの転職について気になると言う方のために、下記のページを紹介します。気になると言う方は、ぜひそちらも覗いてみてください。

関連タグ

アクセスランキング