IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職するまでの期間を円滑に過ごすコツ5つ|転職するまでの流れ

転職ノウハウ

ここでは、現在転職を考えて悩んでいる方に、一般的にうまく転職をするにはどれくらいの期間が必要で、費やす期間はどれくらいが適当なのか、そしてその期間に何をしたらよいのかについて、具体的にお伝えします。順を追って説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

更新日時:

転職するまでの期間

転職するまでの期間

あなたは今転職を考えていますか。ここでは、スムーズな転職を成功させるために、転職活動にかける期間と、その時に自分は何をすべきか、どう動いたらよいのかを順をおって具体的にアドバイスします。ぜひ参考にしてください。

三ヵ月前から準備が必要

あなたが今すぐに転職したい、明日にでも今の仕事を辞めて、すぐ次の会社で働きたいと思っても、それは良識ある社会人としてしてはならないことです。なぜならば、あなたにとっても、今いる会社にとっても、スムーズに転職するためにはしっかりとした事前準備期間が必要だからです。 転職準備の期間は、一般的に三か月程度必要です。また、もし今あなたが無職で再就職を目指すなら、三か月以内の入社を目指しましょう。

転職するまでの期間を円滑に過ごすコツ5つ

転職するまでの期間を円滑に過ごすコツ5つ

ここから、先ほどお伝えした三か月という決められた期間でスムーズな転職や再就職を成功させるために、あなたは具体的にどんな準備をしたらよいか、そのコツを5つご紹介します。 現在在職中の方は今の仕事と、転職準備と、大変忙しい毎日になりますが、備えあれば憂いなしという言葉もあります。その期間にしっかり準備して、納得のいく転職、再就職を成功させましょう。

コツ1:求人が多い時期を知る

転職を希望しているあなたが、次の転職先に望むことは何でしょうか。給料、仕事の内容、勤務場所など、それぞれ今の仕事を退職してでも手に入れたい希望があるはずです。それらの条件を備えた求人が多ければ多いほど、あなたの選択肢は広がり、転職しやすくなります。 企業が求人を募集する時期が多い時を把握し、その期間に合わせて転職活動をしましょう。年間で最も求人が多いのは新年度の始まる前の1月下旬から3月上旬です。

コツ2:スケジュールを立てる

コツ2:スケジュールを立てる

転職までの期間、自分自身がどのように行動すべきか、スケジュールをたてます。いつまでに転職をしたいのか目標を決め、そこから逆算します。先ほどお伝えした以外に求人が多い時期は企業決算後の8~9月頃です。 おおよその目標が決まったら、まず転職についてさまざまな情報を集める時期、次に応募企業の絞り込みと、応募書類の作成をする時期、そして実際に応募をして面接に行く時期が決まります。

コツ3:転職エージェントを活用

転職するまでの期間を有効につかうためには、転職エージェントの利用がおすすめです。転職サイトは、多数の求人の中から、自分で選択、応募します。一方、転職エージェントは、あなたに担当のアドバイザーがついて、転職についてのサポートが受けられます。 あなたの希望条件と、客観的なレベルを把握し、適格な求人を紹介してくれます。ただし、最終的に決めるのはあくまであなた自身であることを肝に銘じて利用しましょう。

コツ4:事前に引継ぎ準備をしておく

コツ4:事前に引継ぎ準備をしておく

在職中の方は、事前に今自分のしている仕事を次の人にスムーズに引継ぎができるよう準備しておきます。具体的には書類をまとめたり、自分の業務の流れをフローチャート化しておいて、誰が見てもわかるようにしておくことが必要です。 退職する理由は何であれ、自分が抜けることにより、会社に迷惑がかかるようなことがあってはなりません。立つ鳥跡を濁さず、という言葉を胸に、退職直前に慌てることのないよう準備します。

コツ5:時間を有効活用する

いざ、転職や再就職をしようと思い立ち、期限を決めてスケジュールを立てても思いどおりにいくとは限りません。希望に沿った条件の求人がでなかったり、今の仕事が忙しくて情報収集している時間が取れないこともあるでしょう。 そんな時でも、すきま時間をうまく活用し、時には友人の誘いや、飲み会を断る勇気も必要です。自分で積極的に時間を作り、転職や再就職した経験のある友人に話を聞くことも大いに役立つでしょう。

転職するまでの一般的な流れ

転職するまでの一般的な流れ

ここからは順を追って、転職や再就職するまでの流れについて説明します。自分で設定した転職までの期間に何をすべきか、一般的な流れをお伝えしますので参考にしてください。 転職や再就職までの期間は、精神的にも肉体的にも、場合によっては金銭的にも厳しい期間があります。時には立ち止まってじっくり考える時間も必要です。しかし、現状に甘んじることなく、新しい道を進もうという決意は必ずあなたの人生にプラスになります。

転職準備

転職を決意したら、なるべく早く今の職場に退職の意向を伝えるべきでしょう。会社は組織で動いているので、あなたが退職した後は誰か別の人が今あなたのしている仕事を引き継ぐことになります。その準備のためにも、きちんと退職の意思を伝える必要があります。 上司や、人事担当者に退職を申し出ると、引き留められることもあるでしょう。その際には相手に納得してもらえる退職理由を伝えることが必要です。

書類作成

書類作成

転職、再就職を決意したあなたが次にすることは、新しい会社に応募する際に必ず必要になる応募書類の作成です。ほとんどの会社が履歴書と職務経歴書の提出を求めてきますので、しっかり準備しましょう。 応募書類で以前に書いたものがあれば、それをよく読み返し、現職までの職歴や取得したスキル、資格を加筆修正し、志望動機を自分の言葉でまとめましょう。履歴書に貼る写真はぜひプロに撮ってもらい自信をもって提出します。

求人応募

転職や再就職に必要な応募書類の作成を進めながら、希望条件に合った求人があれば応募をしましょう。久しぶりの就職活動となる人は、カンを取り戻すためにも一社に固執することなく、その期間に複数応募することをお勧めします。 ほとんどの会社が書類選考からなので、結果が出るのを待ってから次を応募していては、すぐに一か月くらい経過してしまい、せっかくのチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

面接

面接

転職、再就職先として希望する会社へ応募をし、書類選考が無事通過したら、いよいよ面接です。緊張して頭が真っ白になることを避けるためにも、万全の準備をして臨みましょう。 特に「現在の仕事を退職する理由と、なぜ転職先にこの会社を選んだのか」ということは必ず聞かれるので自分の言葉でしっかり伝えます。また、今回の再就職までにブランクがある人は、その期間何をしていたか、前向きな返答ができるよう準備しておきます。

内定・退職

無事面接が終わり、新しい会社から内定通知が届いたときは、速やかに相手先に御礼と入社の意志を伝えましょう。 複数の会社に応募しており、第一希望の会社からはまだ合否の結果が出ていない時は、必ず謝意を伝え、第一希望の会社の結果が出る日まで回答を保留させてもらいます。応募した順に合否がわかれば問題ないのですが、日程調整が難しい点もあります。 今の会社には退職日を伝え、引継ぎをし、退職することとなります。

転職するまでの期間をしっかりと見定めよう

転職するまでの期間をしっかりと見定めよう

ここまで、転職または再就職をしようと考えたとき、それまでの期間をどのように動いたらよいのか、具体的に順をおって説明してきました。スムーズな転職にはさまざまな困難や勇気が必要ですが、それを乗り越えた先にはきっと新たな人生が開けてくるでしょう。 これまでお伝えしたことを参考に、転職するまでの限られた期間を有効に活用し、ぜひあなたの転職、再就職に役立ててください。心から応援しています。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

次は、転職や再就職を成功させるための関連記事を二つ紹介しています。 一つ目の記事は、転職後、あるいは過去に退職した会社に期間を空けて再就職したい、出戻りたいと思った時の方法や許される期間について、二つ目の記事は、転職や再就職が決まったあとの入社する時期の交渉の方法について詳しくお伝えしています。こちらも併せてご覧ください。

関連タグ

アクセスランキング