IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

再応募で気を付けるべきポイント6つ・空けるべき期間

転職ノウハウ

不採用になった企業でも再応募することができます。不採用になった具体的な理由がわかっていればその欠点をなくしていけばいいからです。社会情勢や受ける企業の動向を見て、必要なスキルや経験を積み重ねて、必要な資格があれば取得して再応募しましょう。

更新日時:

不採用された会社に再応募できるのか?

不採用された会社に再応募できるのか?

一度不採用になった会社でも再応募することはできます。不採用になった会社でも受ける部署を変えることで採用の幅が広がるからです。それらの理由から不採用になった場合でも再応募は可能となっています。 自分が不採用になった会社へ再応募する場合は、より高いスキルを身につけ、その会社で必要な人材だということをアピールしましょう。

再応募で気を付けるべきポイント6つ

再応募で気を付けるべきポイント6つ

再応募する際も気をつけるポイントがあります。なぜなら1度落ちている会社なので、それなりの経験やスキルを身につけて相手を納得させる必要があるからです。前回の応募とは違うということを面接官にアピールするようにしましょう。 一度不採用になった人が再応募する場合で、人柄や性格が理由で断られていなければ、スキルや経験、コミュニケーション能力をつけて応募しましょう。

ポイント1:別の部署を狙う

ポイント1:別の部署を狙う

不採用になった会社を再応募する際は別の部署を狙うことを考えておきます。なぜなら不採用になった部署でなければ、採用の確率が上がるためです。また部署ごとで応募できるのは大手の場合が多いので別の部署を狙うのは大きな企業に限られることがあります。 不採用になった人が別の部署を狙う場合は、その仕事をするための資格やスキルを身につけておき、面接官にアピールするようにしましょう。

ポイント2:新たなスキルを身に付ける

ポイント2:新たなスキルを身に付ける

不採用になった時になかったスキルを身につけておけば、採用の確率が上がります。前回不採用になった理由がスキル不足と判断された場合は、自分なりの必要な経験や資格などを積むことで採用されることもあるからです。 自分で新たに受ける部署のスキルや資格を身につけておき、その会社でどのように活躍できるかをアピールするようにします。

ポイント3:自己PRを練り直す

ポイント3:自己PRを練り直す

自己PRがしっかりできていなければ、他の企業でも採用されないことがあります。不採用になった会社を再応募する際もしっかり自己PRをするようにしておき、自己表現や将来へのビジョンを相手の示せるようになっておく必要があるでしょう。 自分の自己PRを見直してみながら、履歴書に書いたことを聞かれても十分アピールできるように働く理由や将来自分がどうしたいのかを相手に伝えられるようにしておきます。

ポイント4:再応募する具体的な理由を述べる

不採用になった企業を再応募する際はスキルを積んでおくのと、どうしてその会社でなければいけないのかを言えるようにしておきます。そうしないと、再応募する会社は本当に必要な人材だと考えないからです。 不採用になった人が再応募する際は、スキルや経験を身につけるだけでなくその会社でどのように働いて将来どうしていきたいのかをアピールできるようにしておきましょう。

ポイント5:コミュニケーション力をアピールする

前回の不採用がコミュニケーション能力の不足が理由である場合、その部分を強化しておかないと採用には至りません。再応募のときも面接官は、コミュニケーション能力をチェックする可能性があります。 コミュニケーション能力を鍛える方法としては、地域の活動や社会人サークルなどに参加することがあります。鍛えたコミュニケーション能力は、面接官との質疑応答でアピールしましょう。

ポイント6:不採用された会社の職種の知識を付ける

不採用された企業の職種や業種の知識をつけておくことで、採用の幅が広がります。職種に詳しいと面接官が判断すれば、その分野のスキルや経験を積むことも難しくないからです。 自分で職種などの知識を高めておき、面接の際に的を得たスキルを積んでいることをアピールするようにします。そうすることで話に説得力を持たせることができるでしょう。

再応募までに空けるべき期間

再応募までに空けるべき期間

不採用された企業を受ける際はある程度の期間を空けておかないと、採用されないことがあります。再応募までの期間が短いと何も変わっていないと会社側が判断するためです。 自分で不採用になった会社へ再応募する際は、十分時間をかけてスキルや資格の取得、または他の職場での経験を積み面接官にアピールするようにします。

1年程度

1年程度

一般的に企業は1年後の再応募者に対して警戒心を抱く傾向があります。その警戒心を解くには、業務に必要な資格の取得が効果的です。資格の取得が決め手となり採用されるケースはあります。 また1年程度で再応募する人は不足していた経験を積むことも大切ですが、仕事に対する考え方を見直すことも大切です。仕事に対する考え方は言動に表れます。

2年程度

不採用になった会社が大手の企業だった場合は、落とされることも多いので企業のホームページなど見て応募する時期を考えましょう。2年ほど期間を空けることで新しい部署などもできることがあるので待ちながら応募するか考えるようにします。 2年程度で再応募する人は、企業の動向や社会情勢を考えて必要なスキルや資格、経験を積み応募するようにします。

半年

半年で応募する場合は面接官に何も変わっていないと捉えられてしまうことがあるので、採用の幅が狭まります。ある程度の期間を空けておかないと、スキルや経験、資格を取ることは無理だからです。 半年で再応募する人は、前回不採用になった理由をよく考えて応募するようにします。前回、応募する人が多かった場合や、企業側の理由でなければ再応募を考えましょう。

いつでも

再応募する時期がいつでも良いという場合は少ないです。他の企業での採用がダメだった場合の保険だと考えられることが多いので、いつでも受け入れられるとは限らないからです。 自分で再応募する際は十分な準備期間を用意しておき、不採用になった会社でどのように仕事をしていきたいのかを明確にしておきましょう。

3年以上

3年以上空けておけば、他の職場での経験や資格取得のチャンスも多くなり、採用の幅が広がります。ある程度の時間を空けておかなければ、十分な経験や資格やスキルが身につかないと考えられているためです。 3年以上空けて再応募する人は、3年間という時間を無駄に過ごしていると企業に言われないように3年という時間に見合う経験やスキルを身につけておきます。

不採用されても諦めずに再応募しよう

不採用されても諦めずに再応募しよう

不採用されても諦めずに応募することが大切になります。不採用になっても再応募する際の状況や自分の能力、企業が必要としている人が違ってくるからです。 自分が不採用にされても、資格やスキル、経験を身につけておき、期間や企業の動向などを判断して再応募するようにしましょう。働きたいと考えている企業ならば、頑張れることもあるからです。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

不採用になった企業へ再応募する際はビジネスマナーや、転職しやすい時期などを見極める必要があります。応募する際の知識を高めておかないと、採用には至らないこともあるからです。 自分でこの記事に関連する情報を集めて、知識を深めていきましょう。

アクセスランキング