IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職しすぎた人でも再就職できる成功の秘訣8つ|企業側の印象

転職ノウハウ

転職しすぎの人は再就職に苦労している人が多いです。しかし中にはすんなりと再就職を決める人もいます。そのような人たちは戦略をもって再就職活動をしています。記事では転職歴が多い人でも再就職できる方法を紹介しています。再就職に苦労している人は参考にしてください。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 企業が「転職しすぎ」と感じる回数は20代であれば3回、30代であれば5回
  • 履歴書や職務経歴書で自己PRを上手にできれば転職回数もカバーできる
  • 確実に転職を成功させたいならプロが在籍するエージェントを活用しよう

人それぞれ理由はあれど、面接をする企業からすると転職回数が多いというのはどんな理由でそうなったのか気になるポイントです。面接官への伝え方によっては、転職回数をカバーしつつも自分をアピールできるようになるので、今回は転職回数が多くても成功させるコツをご紹介していきたいと思います。 転職のプロが在籍する「マイナビエージェント」を活用すれば、些細な質問等にもアドバイスをもらうことが出来るのでおすすめです。

転職回数が多いと不利なのか

転職回数が多いと不利なのか

転職しすぎの人は面接のときに離職理由を聞かれることが多いです。応募する側は意識が薄いですが、採用する側は応募者の転職理由が気になります。 採用側は転職理由を気にしますが、何回ぐらいの転職だったら不安を感じるのかを下記では紹介します。また転職回数が多くても魅力がある人の特徴も紹介します。

企業が「転職しすぎ」と感じる回数

企業が応募者をみて転職しすぎと感じる回数は年齢によって異なります。また企業によっても異なります。マイナビ転職のサイトでは複数の企業にインタビューをしていますが、20代であれば3回、30代であれば5回も転職歴があれば多いと感じるとのことでした。 転職しすぎの人は採用しても同じことを繰り返すのではないかと企業側はみています。採用する企業は一人雇えばコストがかかります。採用に神経質になるのは当然です。

転職回数が多くても魅力を感じる人

転職回数が多くても魅力を感じる人

マイナビ転職のサイトでは転職回数が多くても魅力を感じる人についても、企業の人事担当者にインタビューしています。それによると転職回数が多くても魅力を感じる人材は、過去の職歴で得た経験を自分の言葉でアピールできる人や、目的意識が強い人に魅力を感じるとのことでした。 人は感情で動くと言われていますが、転職歴が多くても魅力がある人材は企業の人事担当者を動かす力があります。

転職しすぎた人の再就職の際の成功の秘訣

転職しすぎても魅力のある人材には企業側は関心を抱きますが、一般的には転職しすぎの応募者に対しては不安を抱きます。そのような企業側の不安を応募者は何とか取り除かなくてはいけません。 転職しすぎのハンディを気合いだけで克服することはできません。理にかなった戦略がなければ企業側の不安を取り除くことはできません。転職しすぎは間違いなく再就職のハンディです。

1:職務経歴書は要点を整理する

転職しすぎの人は履歴書段階で不安を抱かれます。履歴書に多くの会社が記載されていたらどんなキャリアがあるのか、一つの職場で腰を落ち着けて働くことができる人物なのか、と不安になります。 しかし過去の職歴を職務経歴書でアピールすることはできます。職務経歴書の内容が首尾一貫していれば、企業側は魅力を感じる可能性があります。転職しすぎの人にとって職務経歴書は極めて大切です。

2:実績を具体的に記入する

企業側は転職しすぎの人の能力を疑いがちです。そのような企業側の不安を払拭するには、職務経歴書などに自分の実績を具体的に記載することが大切です。 具体的に実績を記載するためには経験年数だけではなく、そこで自分が果たしてきた役割と職場での状況もしっかり伝えることが大切です。大変な職場の状況下で奮闘してきた実績は企業側の胸に刺さりやすいので、記載して堂々とアピールすることを忘れてはいけません。

3:やりたいことを明確に伝える

転職しすぎの人は企業側は評価しづらいです。そのような企業側に関心を抱いてもらうためには、やりたいことを明確に伝えるのも有効です。やりたいことを明確に伝えることで、企業側は応募者のやる気を感じます。 転職しすぎの人はやりたいことを伝えるときに、過去の実績も併せて伝えたらより企業側にアピールすることができます。最近の企業は明確にやりたいことを伝える人に魅力を感じる傾向が強いです。

4:雑用からでも始める覚悟を示す

4:雑用からでも始める覚悟を示す

企業側は転職しすぎの人を見て我慢が足りないのではないかと危惧することがあります。そのような企業側の不安を払拭するには覚悟を示すことが大切です。覚悟を示すときは具体的な言葉を添えることが大切です。 転職しすぎの人は企業側に「雑用からでも喜んで始めさせて頂きます」との具体的な言葉を伝えましょう。謙虚に頑張る姿勢をみて企業側の心が動く可能性はあります。雑用でも嫌がらずにする人は良い印象を与えやすいです。

5:人間性に問題がないことを印象づける

転職しすぎの人は職場の人間関係でトラブルを起こしているケースが少なくはありません。企業側は転職しすぎの人から人間関係の不安を感じることがあります。それは履歴書段階から感じます。 履歴書で人間性に欠陥がないことを伝えるのは難しいですが、企業側の不安を払拭するためには退職理由もきちんと記載することが大切です。面接では人間性に問題がないことをアピールするために誠実に対応しましょう。

6:必要な資格は忘れずに記載する

企業によっては資格の有無に重きを置いているところがあります。資格なしでは従事できない職務内容の企業に多いです。そのため関連する必要な資格は忘れずに履歴書に記載することが大切です。 履歴書に資格を記載するときは資格名を省略せず正式名称で書くことが大切です。正式名称で書くことで、きちんとした性格の応募者だと印象づけることができます。転職しすぎの人でも資格の有無が決め手となり採用されることはあります。

7:余計なキャリアは敢えて記載しない

転職しすぎの人は数カ月以内で離職した人もいるでしょう。そのような職歴も履歴書に記載するべきだと言う人はいますが、あまりにも短い職歴は敢えて記載しない方が無難です。 あまりにもブランクが長い時期は、職務経歴書でアルバイトとして勤務していたと記載するのも一つの手です。しかし3カ月程度のブランクは不審に思われることは少ないので、職務経歴書に記載する必要はありません。

8:前職の悪口は言わない

転職しすぎの人の中には面接のときに、前職または過去の会社の悪口を言う人がいます。しかしこれは面接の合否に悪影響を与えるので、絶対に慎まなければいけません。 悪口を言う方は悪口を言っている自覚が薄いですが、聞く方は人間性に問題があると不安に感じます。そのため退職理由を聞かれた場合は気を付ける必要があります。過去の会社がブラック企業であっても、面接段階では悪口は禁物です。 転職を成功させるためには上手に実績を伝えたり、職務経歴書をまとめることが大切になってきます。面接対策・履歴書添削等をサポートしてくれる「マイナビエージェント」をご存知ですか?無料で登録可能なので、気になる方は利用してみましょう。

転職回数が多い人の面接の際の注意点

転職しすぎの人は履歴書段階では不利になる傾向が強いです。しかし面接で評価を逆転させることは不可能ではありません。下記では具体的な面接時の注意点を紹介します。 いずれもありふれたことですが、大切さを自覚することで最善を尽くせるようになります。転職しすぎの人は面接前に準備しましょう。

転職が多い理由を答えられるようにしておく

転職しすぎる人は面接時に転職理由と前職の離職理由を聞かれることが多いです。そんなことは面接慣れしているので問題はないという人はいるでしょう。しかし準備なしで対応したら面接官に説得力のある返答をすることができません。 転職しすぎの人はハローワークや民間の面接模擬サービスを利用して、面接時の問題点を確認しておくことが大切です。ハローワークの模擬面接サービスであれば完全無料なので気軽に利用できます。

熱意や姿勢をアピールする

転職しすぎの人は応募先に熱意や謙虚に頑張る姿勢を示すことが大切です。しかし意気込みだけではいけません。熱意や謙虚に頑張る姿勢を示すときは、具体例を添えることで企業側の心に響きやすくなります。 具体的な熱意や姿勢の示し方の一例としては下記があります。熱意や姿勢の伝え方は人それぞれですが参考にしてください。 「私は前職で○○の経験があるので直ぐにお役に立てると思いますが、最初は雑用から頑張ります。」

転職しすぎた人は念入りな準備が大切

この記事のまとめ
  • 企業が「転職しすぎ」と感じる回数は20代であれば3回、30代であれば5回
  • 履歴書や職務経歴書で自己PRを上手にできれば転職回数もカバーできる
  • 確実に転職を成功させたいならプロが在籍するエージェントを活用しよう

比較的転職歴の多い人が集まる業界であっても、転職しすぎの応募者が不安を抱かれやすいのは事実です。転職しすぎの人は応募先の会社が不安を抱いているのを自覚しなければいけません。 転職しすぎの人が再就職に成功する第一歩は応募先の企業の不安を理解することです。応募先の不安を理解したあとは記事を参考に戦略を立てましょう。戦略を実行するには根気強い努力が必要ですが、再就職を成功させるために頑張りましょう。 戦略について転職のプロに相談してみるのも一つの手です。転職エージェントもたくさんありますが、その中でもおすすめなのが「マイナビエージェント」です。気になる方はぜひ無料登録して試してみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関連する情報もチェックしよう!

新卒で就職した人の離職率が高くなっていることはニュースでも報道されていますが、周囲でも転職する人は増えているでしょう。しかし転職しすぎは一部のケースを除き、再就職のハンディです。 転職しすぎて再就職に苦労している人は落ち込みそうになりますが、インターネットでは転職に関する記事も多いので参考にしてください。人の意見を知ることで自分の考えや方向性をチェックすることは大切です。

関連タグ

アクセスランキング