IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

薬剤師が転職で失敗する理由7選|自分の力で転職を成功させよう

転職ノウハウ

薬剤師が転職で失敗する原因は、どこにあるのでしょうか。また、どうすれば転職で失敗しづらくなるのでしょうか。このぺージでは、「薬剤師」をテーマにして、転職で失敗しする理由や、転職で失敗しづらくするための方法などについて、考察・ご紹介しています。

更新日時:

薬剤師になるには

薬剤師になるには

「薬剤師」と言えば、病院や薬局で薬の処方などに携わる、薬のスペシャリストです。薬の飲み合わせや飲み方などについても、把握しており、患者さんにとっては大変心強い存在だと言えるでしょう。 そんな薬剤師になりたいと考えている方も、いらっしゃると考えられます。 しかし、薬剤師になることは簡単ではなく、国家資格が必要となり、資格取得のためには6年制の薬科大学などで学ぶ必要もあると言われています。

薬剤師の就職先

薬剤師の就職先

国家資格が必要であり、さらに資格取得するためには専門的な勉強をしなければならない薬剤師ですが、実際に就職する場合は、どのような就職先が考えられるのか、気になるところです。 そこで続いては、薬剤師の就職・転職先について、考察・ご紹介していきます。

1:調剤薬局

薬剤師の就職先の中でも、最もメジャーなのが、調剤薬局です。調剤薬局の薬剤師は、病院やクリニックの医師が出した処方箋に従って薬を調剤する業務や、患者さん・利用者に薬の飲み方などを指導する業務に携わります。 就職・転職先の薬局にもよりますが、調剤薬局の薬剤師は、利用者と接する機会が多いため、1人1人の利用者とのコミュニケーションなども重要な職業だと言えそうです。

2:病院

薬剤師として病院に就職・転職した場合は、調剤業務や患者さんへの服薬の指導などが主な業務となります。 病院の施設内で薬剤師として働く場合、調剤薬局で働く際以上に、医師や看護師、病院内のスタッフとの連携が重要となります。また、治療や診療で使用する注射の薬を管理することもあると言われています。

3:ドラッグストア

近年、市販の薬でもより強く効果的なものが販売されるようになりました。 ドラッグストアで購入できる市販の薬は、処方箋がなくとも購入できるものがほとんどのため、飲み方や飲み合わせに関する知識が、より重要となっています。 ドラッグストアで薬剤師として働く場合は、お客さんの相談や質問に対応したり、薬の飲み方・飲み合わせの指導を行ったりすることになると考えられそうです。

4:企業

企業に薬剤師として就職・転職することも可能です。 企業の薬剤師は、医薬品の研究などに携わることが多く、新薬の臨床検査に関する相談に乗ったり、医師や薬剤師へ薬を提供したりといった業務が多いと言われています。 ですから、薬剤師が就職・転職する企業は、製薬会社などが多いと予想できそうです。

薬剤師が転職で失敗する理由7つ

薬剤師が転職で失敗する理由7つ

さまざまな就職・転職先があり、それぞれの勤め先で責任のある業務に携わっている薬剤師ですが、転職などで失敗したと感じる方もいらっしゃると言われています。 そこで続いては、薬剤師が転職で失敗してしまう理由や、転職をして後悔する原因などについて、考察していきます。 現在、薬剤師で転職をしようと検討している方や、薬剤師への転職を目指しているという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

1:決断が早すぎる

薬剤師に限らず、他の職種にも共通していますが、決断が早すぎると転職で失敗したり、採用後に後悔したりする可能性があります。 転職をする際は、採用条件や福利厚生以外に、企業の方針や労働環境、詳細な条件などについても、事前に確認してから転職することが重要です。 決断を急ぎすぎて、企業の方針や労働環境などについてよく調べずに転職すると、失敗する原因になります。

2:転職理由が曖昧

転職をする際、転職の理由が曖昧だったり明確でなかったりすると、失敗してしまう危険性があります。 転職をする場合は、転職理由を明確にし、何のために転職するのか、自分自身で理解しておくことが重要です。転職の目的や理由を明確にすることで、転職における優先順位が付けやすくなり、自分に合った調剤薬局や病院へと転職できる可能性が高まると考えられます。

3:過信がある

上記でもご紹介したように、薬剤師はたくさん勉強し、資格を取得しなければなることができない職業です。そのため、自分の知識やスキル、経歴に自信をお持ちの方も多いでしょう。 自分の知識や経歴に自信が持てることは良いことですが、過信をしすぎると、転職で失敗する危険性があります。 転職をする際は、自分の知識や経歴が、ビジネスにおいてどの程度の市場価値があるのか、客観的に分析して転職活動を行うことが大切です。

4:転職先を理解していない

4:転職先を理解していない

一言で薬剤師と言っても、勤務先によって、業務内容などは大幅に変わります。勤め先次第で、職場の雰囲気や働き方なども、大きく異なるでしょう。 これまで調剤薬局に勤務していた薬剤師が病院へ転職したり、企業に勤めていた薬剤師がドラッグストアに転職したりした場合、働き方や業務内容の違いに困惑することもあると考えられます。 ですから、転職先の特徴などをよく理解していないと、転職後に失敗する可能性もありそうです。

5:職場見学をしない

求人情報には、必要最低限の内容しか掲載されいてない可能性があります。また、職場の雰囲気などは、求人情報だけではわかならいものです。 そのため、求人に掲載されている情報だけを鵜呑みにして転職すると、失敗する可能性があります。 薬剤師の場合、転職先は薬局や病院。ドラッグストアが多いため、実際に転職先を見にいきやすくなっています。ですから、転職する前に1度見学に行ってみることをおすすめします。

6:質問・確認をしない

上述したように、求人情報には、最低限の内容しか記載されていないこともあります。ですから、疑問や不安を感じた事柄については、企業に質問や確認をしてみることが大切です。質問や確認をして、疑問・不安を払拭せずに転職すると、採用後に後悔して転職に失敗する危険性があります。 薬剤師だけでなく、全ての職業の転職に言えることですが、求人情報に疑問がある場合は、質問や確認をすることをおすすめします。

7:希望・基準が高すぎる

国家資格も取得しなければならない薬剤師は、なるのに大変な職業です。そのため転職の際に、転職先への希望や基準を高くしすぎてしまう方も、少なくないと言われています。 転職において、自分を安売りすると、失敗する原因になると言われていますが、高望みしすぎるのも、転職先が見つからないなどの原因になる可能性があります。 ですから、自分の経歴や実績を正当に評価して転職先を探すことが、失敗しない鍵だと言えそうです。

薬剤師として転職に失敗しない方法

薬剤師として転職に失敗しない方法

上記では、薬剤師が転職する際に、失敗しがちなポイントや、転職で失敗する原因について、考察しました。 せっかく国家資格を取得し、多くの人から必要とされている薬剤師になった以上は、転職で失敗したくないとお考えの方は、多いでしょう。 そこで続いては、薬剤師として、転職で失敗しないための方法やポイントについて、考察していきます。

1:優先順位を明確にする

1:優先順位を明確にする

薬剤師として転職をする場合、優先順位を決めることが重要です。 やりがいがあり残業もなく、高額年収で自分のやりたい仕事ばかりができる職場は理想と言えますが、実際に探すことは難しいでしょう。優先順位を決め、何を最優先に転職先を探すのか、明確にすることが大切です。 薬剤師の場合は、仕事の内容ややりがい、労働時間や福利厚生、年収などに注目して優先順位を明確にすると、転職で失敗しにくくなると考えられます。

2:情報を集める

何度か述べているように、求人情報には、必要最低限の情報しか掲載されていないこともあります。また、転職をする際は、転職先の薬局や病院がどのような所なのか、経営方針や規模などについても、調べておくと失敗しにくくなります。 上記のような見解から、薬剤師が転職で失敗しないためには、さまざまな情報を集めることが重要だと言えそうです。

3:営業時間内に見学に行く

3:営業時間内に見学に行く

薬剤師の場合、転職先は病院や薬局、ドラッグストアになるケースも多いため、転職する前に実際にどのような所か、見学しやすくなっています。 転職先の設備や雰囲気など、求人情報だけでは知ることができない情報が得られるため、営業時間内に職場を見学しておくと、転職で失敗しづらくなります。 企業の場合も、見学を受け付けている所は多いので、相談することで見学できる可能性があります。

転職に失敗しないためにしっかり見極めよう

転職に失敗しないためにしっかり見極めよう

今回は、「薬剤師」をテーマにして、転職で失敗する原因や、転職で失敗しないようにするためのポイントなどについて、考察・ご紹介しました。 薬剤師は、国家資格を取得しないとなれない職業ということもあり、病院・薬局などで需要のある職業です。しっかり求人情報を確認し、事前に見学などをしておけば、失敗することなく良い転職ができる可能性は高いと考えられます。情報などを見極めて、良い転職ができるようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

今回は、薬剤師が転職で失敗する原因や、転職で失敗しないためのポイントについて、考察・ご紹介しました。 薬剤師として、転職で成功するためには、薬剤師という職業や、薬剤師の転職事情について、さまざまな観点から学ぶことが大切です。 下記の記事には、薬剤師の転職に関連する情報が掲載されているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連タグ

アクセスランキング